アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

ドーピング・PED

なぜかJohn Rockerに同意してしまう

John Rocker。皆さんご記憶でしょうか?MLB Atlanta Bravesで短期間クローザーとして活躍した大型白人投手です。が、ほとんどの場合John Rockerといえば舌禍事件で悪名を轟かせた鼻持ちならない選手として記憶されているかと思います。当時Greg MadduxやTom Glavineを擁して常勝だったAtlanta Bravesにやってきた恐れを知らない若き新クローザー。人を食った態度でアウェイのファンと悪罵の交換ぐらいは日常茶飯、その後人種偏見を全開にしたインタビュー記事がSports Illustrated誌に掲載後はPublic Enemy(社会の敵)ナンバーワンとなりメディアで取り上げられ、結局その影から逃れられずさすがの悪たれ坊主も成績が下降していって表舞台から消えていった選手です。当時はまだインターネットの普及が進んでいなかった時代ですが、あれがいまのソーシャルメディアの発達した現代だったとしたらどんな騒ぎになったのか。

当時、地元アトランタではRocker支持者というのはけっこういたものです。街頭のテレビのインタビューで堂々Rockerの言ってることは正しいと言い切る女性なんかも見たことがあります(サングラスはかけてましたが)。アトランタは南部ど真ん中、人種的な葛藤の大きい都市ですからRocker的な見方も支持を受けることができたようです。いまの実名ソーシャルメディアの世界だったら逆に支持者は支持を表明しにくくなるのかもしれませんし、どうなんでしょうか。そうやって考えてみると当時のBravesは中心選手の多くがアメリカ人白人だったなという気がします。McGriffなんかもいましたが…検証していないのでいまここでは印象だけで語っておきます。


さて表題の件ですが、その一昔前の人種関連発言についてではありません。最近になってRockerがPEDに関して発言したのですがそれに深く同意してしまったのでそのお話を。

Rockerの主張は、PEDのおかげでMLBもファンも散々楽しんだし、その遺産を今も受けて繁栄しているじゃないか、というものです。特にSammy SosaとMark McGwireのあのホームラン量産競争となったあのシーズンを例として挙げています。

これ、私はつくづく同意してしまったわけです。McGwireはPED使用で断罪されて涙の懺悔まで何年も苦しい思いをしました。Sosaは表向きMcGwireのような断罪モードでメディアに晒される機会はほとんど記憶にないですが静かに表舞台から消された・消えたという風に見えます。二人のあのホームラン協奏曲から遅れること数年、Barry Bondsがこの二人を抜き去って史上最多ホームランを記録したわけですが、毎日毎日、ホームランが出たのか出ないのか気になって仕方ないという興奮を味合わせてくれたという意味ではBondsよりもSosa/McGwireのときの方が上だったように感じます。後から見ればどちらもPEDで伸ばした飛距離と記録だったわけです。それを事後的になかったように扱うのは違うだろうというのは以前からときどき思っていたわけです。McGwireもSosaもBondsもなにかとんでもない悪事を起こしたかのように扱われる。McGwireは復権に向けて打撃コーチになってみたりしていますが、PEDで成績を伸ばした選手に打撃のメカニクスの指導ができるのか?という色眼鏡での否定も当然のようにつきまといます。あれだけの楽しみをファンに与えてくれた功労者を事後的なルール変更を理由に名誉をおとしめる。それは正しいのかなという疑問があります。

もちろんPEDの蔓延を防ぐための心理的防波堤としてPEDを使用した成功者は評価されないんだという実例を晒すことでの教育的効果はあるんでしょうが、あの奇跡のホームラン競争のシーズンがなかったことのようにされているのは悲しむべきことだと思います。間違いなくエキサイティングだったのですから。人々の興味が集中しMLBは多大な金銭的な恩恵と巨大なパブリシティを得たはずです。しかしMLBは当該選手たちを断罪するばかりで自らが当時得た利益は手元に残したままです。それを片手落ちだろという指摘は十分に成立する議論かと思います。

この点を指摘できるのは既にMLBから離れた仕事に従事し、イメージ的にも実際的にもMLBから切り離された立場(将来年金を貰うだけが関わりか)のRockerだから言ってしまえる部分でもあるのでしょう。



クリーンで打てない契約を球団は望まない

本当はWBCの米国チームの話をやりたかったんですが、ニュースネタになっているA-Rodの再度のPED疑惑に触れておこうかと思います。


概要としてはNew York YankeesのAlex RodriguezがPEDを処方するフロリダ州の医療機関の患者リストに名前が残っており、当該機関から継続的にPEDを処方されていたと疑われているというものです。但しA-Rod本人がMLBが実施しているPED検査にひっかかったことはありません。A-Rodは2009年にPEDの過去の使用を告白していますのでそもそも潔白ではありえないのですが、MLBの処分で言えば一度も処分されたことがないため、もし今回の事情から処分を受けるとなった場合は初の違反に当たりよって罰則としては50試合の出場停止が課されることになります。元々A-Rodは股関節の手術で今季の開幕には間に合わないことが確定しており、どこの時点からその出場停止の50試合をカウントし始めるのかからして微妙です。いずれにせよどれほど早くても夏、最悪の場合2013年はまったくプレーできないのに近くなる可能性も残ります。現在37歳、この夏には38歳になる選手が丸一年空くというのがその後のキャリアにどう影響するのか。最悪となれば今季だけでなく引退まで考えなくてはいけなくなるのかもしれません。

お金の面を考えれば2007年にYankeesと10年契約を結んでおりまだ4年も高額契約が残っているので治療に励んでぐずぐずしつつ集金継続するのが得策であり代理人(Scott Boras)もその方向で指導するはずです。これがYankeesの側から見ると邪魔なわけです。


Yankeesが贅沢税回避や来季以降に見込まれる中心選手Robinson Canoの高額FA再契約などを念頭にサラリー圧縮策にここ数年励んでいるのはMLBファンはすでにご承知のことと思いますが、ここで降ってわいたA-Rodの再度のPED疑惑を期になんとか変化球で不良債券化したA-Rodの契約を破棄できる方法はないかと模索しているという報道が出ています。

基本的にはそれはYankeesにはできないというのがルールです。PED使用への罰則は労使協定で三段階の出場停止が定められており、それ以外の罰則を加えることはできません。初回50試合の出場停止、二度目なら100試合、三度目は永久追放というのが現行ルール。罰則が軽すぎるという議論があるのは承知していますが、それは今回の件とは別問題。

メジャースポーツの契約では全ての外部医療行為はチームドクターから照会されて行われるのが原則で、Yankeesのチームドクターに照会せずに独自に外部の医者にかかった事自体が契約違反と言えるので、それを理由に契約解除が可能かどうか、などPED使用以外の部分で責めたい意向とされます。A-Rodサイドも、それをバックアップするであろう選手会もこれには強く反発するのは必至。PED罰則での労使の合意外の迂回処罰ではないか、という反論が当然のように出てくることでしょう。その結論がどう出るのかは見通せないところです。


PEDの使用問題はいくつも問題がからまっています。キャリア晩年の有力選手にとってはお金の問題とすれば50試合の出場停止などさほど痛くないでしょう。そこまでにさんざんお金も名声も得ているわけですから。もちろん殿堂入りという名誉は消える可能性もありますが、90年代以降の名選手がごっそり抜けた状態となったら野球の殿堂自体の価値が減ずるという可能性も否定できないと思うのです。名誉というのはまさに有名無実、形あるものではないのですから。成績の優秀な選手や有名選手がことごとく殿堂入りしない事態になったらどうなっていくのか。既に最多本塁打選手、最多安打選手は殿堂入りできていないですね。

またPEDで成績を伸ばして大型契約で加入してきた選手が契約締結時点でPED使用を止めるというのは球団側にとっては大変なリスクです。頭の中では過去の成績はPED込みかもなぁと思いつつもその選手と契約しているはずで、それが急にPEDを止めて成績降下されたら球団側は大損です。昨春のAlbert Pujolsの春先の大不振なんかはまさにその例で長期契約したばかりのAngelsはひやっとしたはずです。Pujolsの場合はその後復調、それがPED使用を再開したからなのかなんなのかは知るよしもないですが、Angelsから見ればPEDがどうのこうの言ってPujolsにケチを付けることよりも、大型長期契約をしたのに打てないことの方が大問題なわけです。クリーンかどうかなんて球団側からしたら興味がない。クリーンでも打てないんじゃ意味がないのです。

 A-Rodの場合だと、2009年のPED使用告白以前もそれ以降も、A-RodがクリーンかそうでないかはYankeesにとっては大きな関心ではない。要は出場して打ってくれればそれでいいわけです。なにせ10年契約でしたから。2009年の告白のときにもYankees側にとっては成績が大きく下降することが一番怖かったのであってクリーンかどうかは二の次の問題でした。まさかYankeesにしてもナイーブではないですから2007年の長期契約締結時にA-Rodが完全にクリーンだと思っていたわけでもないでしょう。2009年の告白のときもこれからクリーンとなるのかどうかでなく、既に2007年の54本塁打156打点をピークに下降ラインに入った成績がさらに下がるのかどうかの方が関心だったはずです。

それがさらに進んで成績の面では最近過去二年間合計で本塁打34本、打率も.270台、それよりも出場機会が落ちているしポストシーズンにも弱い(ポストシーズンの部分はPED関係ないか)。2013年も股関節手術で前半戦出場が見込めない。その上クリーンですらなかった。PEDで成績をブーストしていてそれでもここまで成績が落ちているとなるとYankeesとしても元々生え抜きでもないA-Rodの契約を尊重する理由がなくなっていると見ていいようです。そういう流れで迂回理由での契約解除を模索するであろうという話になっているようです。


個人的な感触で言わせてもらうと、たぶんYankeesの契約解除模索は失敗するのではないかと感じます。2009年当時のPED使用告白時にもチームドクター以外が処方を行った可能性は高く(そうでないと今度は薬事法違反で違法行為です。処方されたPEDの使用はMLB規定における「違反」行為であっても違法ではない)、それを理由に今回は契約解除を目指すものの2009年当時にはそういう動きをYankeesはしていない。つまり同様の契約違反があったのにまだ打てた2009年当時はスルーOKで、打てなくなった2013年には契約違反だと言い立てるのはダブルスタンダードで、その実は成績不振からの契約解除が真の理由だと反論されてYankeesの動きは裁判に持ち込まれて通らない可能性があります。

まあそれでもYankeesからすればダメもとで大した損はありません。成功すればA-Rodのサラリーがごっそり向こう四年間の予算から外れるわけで、その金はCanoやGranderson、または新先発投手との大型契約に振り向けられる。そういった損得勘定からしてYankeesがダメもとでA-Rod斬りに精を出すのは確定的、但し成功確率はいま表面化している程度の理由付けでは少々弱く失敗しそうなように思われます。

訳がわからない言い訳はしない方がいいと思う

明日から例のLance Armstrongのドーピング懺悔番組がオンエアになるということで一部は盛り上がっているようですが、個人的にはあまり興味がわかないです。あれだけ「やってないんだ!」と何年も言い続けて、昨年クロ裁定が確定してから、実はやってました、とか。なんでもその番組の司会者(日本で言うと徹子の部屋の黒柳徹子)によれば番組制作側が期待したほどには大懺悔大会ではなく、まだいろいろ正当化を付けたりとか全面降伏ではないらしい。私は見ないですがニュースが内容の要約はしてくれるでしょう。

スポーツ界のドーピング問題としては事実関係にはなんら変化を及ぼさないと思われますし、あるとすれば「否定して引っ張るとこうなっちゃうよ」という教訓の新たな一ページと言ったところか。なんでもArmstrongは自転車界からは追放されたが、別競技扱いであるトライアスロンに出場したいんだとかなんとか。まあ確かに一人の男の人生は競技から追放されてからも続くわけですから人生をギブアップしないこと自体は悪いこととは言いません。


ところで今回の表題ですが、Armstrongのことはオマケで本題はここからです。心から意味のわからないもう一つ別の言い訳問題が噴出しているのでそちらのお話。

今季のハイズマン賞(カレッジフットボールのMVPに当たる)のファイナリストだったNotre DameのLB Manti Te'oについて、Te'oの元ガールフレンドが白血病で死亡、その心の傷で自分を奮い立たせて今季頑張ったんだ、という感動のお話が実は全部嘘で、そもそも当該の女性は実在もしていなかった、とかいう話になっています。その女性のSNSアカウントも存在するけれどそれも実在しない人名で作られたアカウントで、使われていた写真は他人の写真だったとかなんとか…

あまりにも話が突飛すぎて理解するのに苦労してしまうのですが、Te'oがお涙ちょうだいを目指してこのストーリー全体を作ったという話…らしいです。それだけでもさっぱりわからないんですが、さらにそれに輪をかけて所属のNotre Dame大からは「Te'oは騙された!」というもっと訳のわからない公式擁護コメントも出てきて、いったい君たちはなにを言ってるんだ?状態です。Notre Dame側から出たコメントが擁護になっているのかすらわからない。

ばかばかしすぎる内容なのですが、たまたま前項で書いた通りアメスポは若干ネタ不足な隙間時期を迎えているだけに数日はこの理解不能な事件の解説や事実関係の掘り起こしで賑わいそうです。アメリカのメジャーSNSは基本実名アカウントなのでもしその人物が実在しないとなるとアカウント消去(それとも停止?なだけでデータは残る?)になるはずですが、こういうのってどうなんですか?関係者が作成したとされますから自主的に証拠隠滅するんですかね?それとも一応死人のアカウントなのでいまになってアクセスすると足が付くから放置か。というかハイズマン詐欺でしょうか?これ。ハイズマンも獲れず、BCS優勝戦も一方的大敗だったからまだいいですが、そうでなかったらどうなったんだろう、とホッとするやら呆れるやら。Notre Dameが擁護するように、そのガールフレンドが偽名でTe'oと交際していたとしても、写真もあるんだから少なくともTe'oはその顔をした誰かとは交際していたはずですよね?その子が死んだ、と連絡が来たとして…葬儀にも行かない、お墓にも行かない、その他名前が確認できるものがないということが… えーと… Notre Dameが言い訳してみようとしている想定状況からしてわかりません。

Te'o本人が言い訳するならともかく、Notre Dameまで訳のわからない言い訳に荷担しているのはよくわからないですね。相当学校側も狼狽しているということか。せっかくの復活シーズン直後にこんなどたばたとは。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文