アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

NHL/Ice Hockey

ここまでボロカスにこきおろして良いのか

私は昨夜Monday Night FootballをそっちのけでWorld Cup of Hockeyを見ていたわけですが、メインストリームの流れとしては月曜夜はやはりMNF、でフットボールの空き日となる今日火曜日にWorld Cup of Hockeyがグループステージの最大の山場(のはず)だったカナダ代表と米代表の激突の試合を中継。ESPNがプライムタイムにもってきています。水曜日になるとMLB Wednesday Night Baseball、木曜日にはもうフットボールの次週が始まってしまう。ここは空き日の火曜日にホッケー側が提供できるベストカードをもってきたわけです。結果はカナダの4-2。内容はカナダの快勝。これでカナダは2勝で1試合を残して準決勝進出決定。米代表は2連敗で敗退確定。ただしグループステージの残り試合がまだ木曜日にあるので米代表はふてて帰国することもできずにトロントに留まるというハメに。

米代表は初戦に混成の欧州チームに0-3で零敗したのが誤算で、この時点で敗退はちょっと残念です。メンバーはほぼベストに近い。2試合で2ゴールしか奪えなかったため今になって「なぜPhil Kesselを呼んでない?」とか言う声もありますが、まあほぼベストなのは事実。細かく言うと例の米カナダのU-23である北米チームに若手を獲られているので米国の全ての力が結集した米代表ではないです。

試合中試合後のスタジオ解説が敗退した米代表をぶった切っていたのがちょっとすごいなと思いました。Brett Hullがあきれかえったという態度で米代表の気合いのなさを酷評し続けていました。えーここまでボロカスに言っていいの?というぐらい延々と。Hull一人だけでなくESPNの中継・Sports Centerでもその点をなじる内容が続いて、私なんかはそんなにいじめてやらなくてもいいんじゃないの?なんて思いました。

隠れた好ゲーム WCoH ロシア x 北米U-23

NFL Monday Night Footballの裏番組でWorld Cup of Hockey 2016(以下WCoH)のグループリーグの一試合を見ていたのです。これがものすごく面白い試合で目が離せなくなってしまいMNFはほとんど見てません。まず状況を説明します。これはWCoHのグループステージB組の第2戦。ロシアは初戦をスウェーデン相手に落としている。「北米」チームはアメリカ・カナダの23歳以下の選手を集めた混成チームで、初戦ではフィンランドを相手に4-1で快勝。4チーム中2チームが準決勝へ進む仕組みなので北米チームが勝てば準決勝進出確定、ロシアは敗戦すれば敗退決定という状況です。

先取点を挙げたのは北米だったのですがこれが大変に絵になるゴールとなりました。ロシアのショットをセーブしたパックを受けて2015年のNHLドラフトNo.1指名だったConnor McDavid (Edmonton Oilers)が俊足を飛ばして駆け上がる。それもロシアの重鎮Pavel Datsyuk(昨季までDetroit Red Wings、今季はロシアKHL所属)を抜き去って。そこからゴール前に詰めた2016年NHLドラフト全体1位のAuston Matthews(Toronto Maple Leafs)にズバリ合わせて鮮やかなゴール。ゴール自体も鮮やかでしたけれど、この人材の配置がNHLの未来を予感させてすごいな、と。DatsyukはRed Wingsで長年NHLを代表してきた最良のテクニシャン。個人的な理由で昨季を最後にRed Wingsを退団してロシアに移籍帰国。このWCoHに北米での最後の顔見せに来ているところです。その旧世代のスーパースターを抜き去って昨年のドラ1と今年のドラ1がズバリ決めたゴール。歴史に残る世代交代のゴール!、というように私には見えました。ここで私は盛り上がってしまい、もうMNFはそっちのけに。

第1ピリオドは若さで走りまくる北米U-23のイキの良さが目立つ展開。このままこの若獅子軍団がロシアを突破して準決勝進出決定となれば、準決勝の相手はたぶんアメリカ代表かカナダ代表。これは期待できるぞとというところ。このU-23というチームを参加させた企画力の勝利です。

ところが第2ピリオドになって気合いを入れ直してきたのかロシアが一気に押し返す。4連続ゴールで一気に試合をひっくり返す。この大会の前の調整試合から冴えなかったロシアが突如大爆発。第2ピリオドが終わる前に北米が1点返して4-2で第3ピリオドへ。そこから北米の粘りが発揮されて4-3。最終盤にはエンプティネットにロシアの反則が加わり6-4での猛攻。ゴールパイプ直撃のあわや同点弾が飛ぶなど最後の最後まで行方のわからない大熱戦。ロシアが4-3で逃げ切り両チームとも1勝1敗となってます。熱い試合で堪能。若手チームがスター揃いのロシアに迫る様はMiracle on Iceも彷彿とさせるようなムードもあり、めったにない緊迫・迫力の一戦でした。ホッケー、めちゃめちゃおもしろい!と言いたくなる試合。

もう一つの混成チームである「欧州」チーム(=ロシア・フィンランド・スウェーデン・チェコ以外)もA組で二戦二勝で準決勝進出の好位置に付ける活躍。「欧州」「北米」をWCoH参加チームに加えた主催者の思惑は大当たりとなってます。

Malkin vs Crosby in Pittsburgh

ホッケーNHLの主催するWorld Cup of Hockey(開催地=Toronto)の前の最終調整試合が今夜行われます。その目玉試合はカナダ代表対ロシア代表の試合。場所はPittsburgh Penguinsの本拠地CONSOL Energy Center。なぜこれが目玉かというとPittsburghのダブルエースであるEvgeni Malkinがロシア側、もう一人のSidney Crosbyがカナダ側。Penguinsのエースがそれぞれの国を率いて地元で激突するカードだからですね。Crosby、MalkinともにNHLのMVPであるHart Trophyを獲得しているNHLの代表するフォワードです。二人ともPenguinsにドラフトされた生え抜きであるため対決は稀。それをこの機会に地元Pittsburghに持ってくるという興業センスはシーズンの盛り上げにはもってこいでしょう。

WCoHには8チームが参加。アメリカ、カナダ、ロシア、チェコ、スウェーデン、フィンランド、それ以外の欧州の混成チーム「欧州」チーム、さらに北米のU-23選手をまとめた「北米」チームの8チームによる構成。なかなかセンスいいなと思います。杓子定規に国家単位で対抗戦にすると選手層の厚みの劣る国が出るのは冬季五輪など見ても確実であり、欧州チームにまとめてしまうのは悪くないアイデア。ちなみにこのような地域の混成チームをワールドカップなどの国際大会に出場させる例はクリケットでもあります。元英国領のカリブの島国ではクリケットがプレーされているのですがいかんせん人口が小さい。そこをWest Indiesという単位でまとめて出場。これがうまくいって健闘しています。北米U-23の方もなかなか魅力的です。直近のNHLドラフトの上位指名の話題の選手たちが顔を揃えるフレッシュな顔ぶれでこちらも楽しみ。

  そういうことで見たんですけれど、ちょっと期待外れ。まあ大会本番が土曜日に迫っていることもあるのか数日前の調整試合ほどスピード感がなかった。特にロシア。まあ本番が始まればまたおもしろい試合もあることでしょう。土曜日に開幕、その日はカレッジフットボールの好カードが目白押しですから個人的にはホッケーまでは手が回らないかと思いますけれど大会が進むにつれ楽しめると良いです。放映はESPN系列で。NHL放送をしているNBC系列に今大会の放映権獲得の優先権があったのですが、同系列はパラリンピックを放送せねばならなかったりで余裕がなく、ESPNが放映権獲得。その昔ESPNがNHL中継をしていた当時の懐かしいテーマミュージックがなかなか良いです。

World Cup of Hockey前のエキシビションを見て

フットボールシーズン幕開けのこの時期ですが、どうしても気になったことがあったので。アイスホッケーの国別対抗戦World Cup of Hockey(以下WCoH)が来週開幕予定。場所はカナダ・トロントで。その前段として数日前から参加各国によるエキシビションゲームが北米各地で行われています。ESPNやNHL Networkなどで放送されています。同大会が開かれるのはこれが三回目。その内容が皆元気そうにガンガンプレーしていて良いなあと思ったのです。

このWCoHにはNHL所属の選手達が大挙参加しており、イベントの主催者はNHLとNHLPA(選手会)。開催時期はNHLのシーズンが10月に始まる直前の時期。おわかりでしょうか。MLBとMLBPAが主催する野球のWorld Baseball Classicとほぼ同じスタイルのイベントなのです。

なにが気になったかというとWCoHでは地元カナダ・アメリカを含め参加国はほぼベストメンバーを揃えており、プレーぶりもあまり露骨なボディチェックはまだ見かけませんが(まだ大会前ですし)スター連中も溌剌とプレーしている。これがWBCだとMLBのベストメンバーにならないのが寂しいかなあ、と。野球の場合、投手への負担が他のポジションと比較して著しく大きいこと、そしてMLBのシーズンが休みもろくになく長期にわたることから、春先3月にコンディションを仕上げるのに適さないということがあるわけです。その辺の事情は野球ファンの方々は既にご存じのことかと思います。それに比較するとほとんど同じ開催条件なのにホッケーはこれだけ各国が準備できてしまうのだなあと。いつか野球でそれができるようになることはあるんだろうか、というのが私の思ったことなのです。

日本の野球では既に先発投手の中五日制が確立している。MLBでは中四日のまま。そして毎年大量の故障投手が出る。MLBコミッショナーが試合数の削減に言及したことがありましたが、あれはたぶんプレーオフの日程を増やしたいという辺りが本音かと思いますからMLBのシーズンが楽になることはなさそう。そうなってしまうと他のスポーツのように国別対抗戦をジャンルの人気の刺激剤にすることは難しそうです。なんかもったいない気がしますね。WBC、あんなにおもしろいのに。

大人になったCrosby

今日語っておかないと語る機会がなくなりそうなのでNHL Stanley Cup Finalについて。

Pittsburgh Penguinsが4勝2敗でSan Jose Sharksを退けて優勝。PittsburghのエースでキャプテンであるSidney Crosbyにとっては二度目の優勝。プレーオフMVPも受賞しての満点フィニッシュとなりました。シーズン中のHC解任・新HC登場。試合内容も冴えないという話を当ブログでもあげつらっていたあのPenguinsが年が変わって2016年になってから一気にまとまり、レギュラーシーズン終盤に勝ちまくった勢いをそのままStanley Cup制覇までたどり着きました。ホッケーはコレとピンポイントで勝因を挙げるのは難しいスポーツかと思いますが、その中でCrosbyの二度目の戴冠はよく走りきったなというイメージです。

Penguinsにとっては今回が4度目のNHL制覇。2009年の3度目の優勝のときはCrosbyを始め魅力と才能のある若い選手がメンバーに揃っていてNHLにすごい王朝を築けるのかもという期待があったのですが、あれから7年かけてなんとかCrosby時代2度目の優勝に届きました。この二度の優勝の間にChicago Blackhawksが3度のNHLを制覇をしてPenguinsよりも先にNHL常勝・王朝のイメージを得たのはPenguinsにとっては悔しかったでしょうが、このCrosby時代2度目の優勝でCrobyもやっと歴史的に見てスーパースターとしての地位を固めたことになるんじゃないでしょうか。

試合直後のインタビューの中で前回優勝当時からの盟友GK Marc-Andre Fleuryについて問われて「複雑だろうけど」なんて気遣っていたりしました。Fleuryは先発GKの地位を追われてプレーオフでは先発僅か1試合、出場2試合。完全に裏方に。でもFleury、カップを頭上に掲げる順では4番目(か5番目)と随分優遇されていて、Malkinやプレーオフ最多ゴールだったKesselより先だったりもしました。プレーオフで大活躍となった新人G Matt Murrayの扱いも含めてシーズンオフから来季にかけてまだチーム内力学でいろいろ起こりそうです。

Crosbyはこの7年間、脳震盪で長期欠場・引退すら取り沙汰されることになるなど長い長い7年間でした。喋りや表情が大人っぽくなったという評もありますが、私から見ると暗くなったようにも見える。若くしてNHLを制覇した当時はフロップが多いとかなんとかアンチ(やっかみと私には思えましたが)からの攻撃が多かったのが、暗くなって近年はそういう批判は減った。それが良いことかどうか。NHLの看板選手になるにはNHLの文化に合ったこういう暗さ(男らしさ?)を演出しないとダメなんですかね?どう言っていいのかわからないですがちょっと残念な気もします。なんというかNHLの外へアピールできる魅力が減ってしまったような。7年。本当に長かったなと改めて思いました。

Penguins史上初の地元での優勝決定を逃す

Pittsburgh Penguinsが王手をかけていたStanley Cup Final第5戦はPittsburghの地元Consol Energy Centerで同所史上最大の動員での試合となりましたが、San Jose Sharksが4-2でとって、Penguinsは地元でのStanley Cup制覇に失敗。まだ第7戦で再びConsol Energy Centerに戻ってきて優勝の可能性もありますが、過去3度の優勝時はいずれもアウェイでの優勝決定。Penguins初の地元での優勝決定の機会を逃したことに。

試合内容もいただけないところ。今シリーズ4戦で一度もSan Joseにリードを与えていなかったのが試合開始早々に失点、次いで追加点でSan Jose 2-0でスタート。しかし直後にPenguinsもゴールに迫り、22秒の間隔で2ゴールを返して2-2。試合開始約5分で両軍併せて4ゴールとゴールラッシュのスタートに。その後は試合も落ち着いて、最終スコアは終了2分を切った時点でのエンプティネットを加えて4-2。今シリーズほぼフォワードを3ラインのみで廻していたというSan Joseの粘り勝ち。

少し興味深かったのは今シリーズ、相手から挑発されても相手にせずプレーに集中していたSidney Crosbyが応戦したことですか。挑発と言ってもホッケーと他のスポーツは違います。ホッケーで挑発といったら審判の目を逃れた場所でバーンとクロスチェックだとか他のスポーツなら十分反則罰金が出るようなことを仕掛けてくる。ドアが開いたベンチエリアにCrosbyを押し倒す。そんな行為にまったく反応せず立ち上がって去っていくという、逆に凄みさえあるCrosbyのいじめられっ子ぶりだったのが、この日は応戦してました。なにか気持ちの違いがあったんでしょうか。

バスケだと7戦制で3勝1敗となるとめったにシリーズの逆転勝利はないですが(先日のGolden Stateのカムバック逆転勝利はNBA史上10例目)、ホッケーでは割とあること。Pittsburghの3勝2敗となって次は日曜日に@San Jose。激戦が見たいです。

NHLはPenguins王手

ホッケーNHL Stanley Cup Final第4戦が行われてPittsburgh Penguinsが3−1で快勝、シリーズを3勝1敗として王手。Final初登場San Jose Sharksは地元でシリーズをタイに押し返すことができず崖っぷちに。内容もPittsburghの方がシリーズを通して良いように見えますし次戦第5戦が@Pitts、そこで一気に決着がついてしまうのか。第5戦は木曜日。

NBAの方も最短で金曜日に決着がついてしまう可能性があり、NHLもNBAも週末までもたずにあっさり終わってしまうとおもしろくないんですがどうなるか。

Penguinsは2009年以来のNHL王者にあと1勝。あのときの主力のSidney Crosby、Evgeni Malkin、Kris Letangは7年後の今も健在です。この三人とともに前回優勝当時に若いPenguinsのスター扱いだったGのMarc-Andre Fleuryが今季終盤・プレーオフに入って完全にベンチウォーマーになったのが若干の新味。22歳のNHLルーキーMatt Murrayが完全にとってかわってプレーオフで22試合中19試合で先発。Murrayはレギュラーシーズン82試合では13試合しか出場がなく、プレーオフでの出場の方がレギュラーシーズンよりも多くなってます。まあFleuryは前回制覇時からプレーの質に疑問が呈せられることが多かったですが、チームの生え抜きの核として(例えるとMLB YankeesのCore 4みたいな扱いで)ずっと正ゴーリーの地位を維持してきたんですが7年ぶりの優勝に再び手の届くところでプレータイムを失ってしまうことに。以前も正ゴーリーの地位が危なかったシーズンもありましたが、今回は相手が22歳の将来有望な選手。Fleury自身は31歳。今季が昨季結んだ4年の契約延長の1年目。まだ3年も高額契約が残りますがさすがにPenguinsのマネジメントもMurrayを手放せないでしょうしFleuryはどうするんですかね。

Crosby + MalkinのスーパースターフォワードコンビでNHLをこれから数年席巻するのかと思われた2008年2009年頃。二年連続Final出場。しかしその後は冴えず、やっと今季このコンビで二度目の優勝のチャンスです。久々って感じがすごく強いです。Pittsが冴えない間にChicago Blackhawksの王朝ができてしまったりしたのも以前の優勝が遙か彼方に思える理由でしょうか。改めて見るとCrosbyはなんとまだ28歳、Malkinも29歳。まだ二人とも20代だったのか、あの2009年の優勝のときはめちゃめちゃ若かったんだなあと改めて驚きます。

7年ぶりのCapitals x Penguins、Ovechkin x Crosby

NFLドラフトの真裏でNHLのプレーオフ二回戦の好カードが始まるので一言。今季NHLのレギュラーシーズンを圧して全体一位で通過したWashington Capitalsと、シーズン終盤に一気に勝ちまくり最良の状態でプレーオフに突入してきたPittsburgh Penguinsのカードです。この両チームがプレーオフで対戦するのは2009年以来。2009年のときのシリーズは個人的に大盛り上がりでした。当時のNHLは前年覇者のDetroit Red Wingsが健在。前年準優勝だった若き2大スター(Sidney CrosbyとEvgeni Malkin)を抱えたPittsburgh Penguinsが再び優勝に向かってチャレンジしていたシーズン。その前に立ちはだかったのが猛爆シューターAlex Ovechkin擁するWashington Capitalsでした。

期待に違わぬ激戦のシリーズ。第2戦ではOvechkinとCrosbyがともにハットトリックを記録したり毎夜激戦の連続。プレーオフ二回戦であることを忘れさせる猛烈に熱いシリーズでした。結果はPenguinsが4勝3敗で振り切って勝ち抜き。Penguinsはその後二年連続での王者Detroitとの対決を制してStanley Cup獲得に成功しています。あの年のプレーオフはとにかく盛り上がりました。

あれから7年。両チームのエースは変わらずOvechkinとCrosby。お互い7年分歳を取りました。今でもNHLのスターではあるでしょうが、7年前のお互い若くてはち切れそうな躍動感や期待感は減じたのは確か。良く言えば円熟期に入っての再戦とも言えましょう。Capitalsはともかく、PenguinsはCrosbyを取り巻くメンバーも7年も経ったにしては同じメンバーが多いと感じます。それだけにちょっと新鮮さには欠けるような気はしますが、シーズン前半に冴えない試合を繰り返してHCの解任・シーズン途中でのHC交替をしかけたPenguinsがどうチームを立て直してきたのかを首位Washingtonとの対戦で示せるのかは期待しています。(正直シーズン終盤のPenguinsの勝ちまくっていた時期の試合をちゃんと見てないので。すみません。)

移転一年目に23年ぶりの一回戦突破

New York Islandersがダブル延長戦の末にFlorida Panthersを振り切って一回戦を突破する場面を見ました。Islandersはこれが23年ぶりのプレーオフ一回戦突破とか。決勝点はIslandersの復活の立役者であるJohn Tavaresのラップアラウンドゴール。これはTavaresにとってキャリアのハイライトビデオ行きの名ゴールとなることでしょう。

IslandersはNew Yorkと名乗るものの昨年までは郊外Long Islandで細々と活動。施設の老朽化、動員不振もあってBrooklynに今季から移転。昨季もプレーオフ一回戦で3勝3敗まで粘って旧ホームで勝ち鬨を上げたことを記事にしたことがあります。美麗な新アリーナに移転しての一年目でいきなり一回戦突破を達成。それもスターのTavaresの鮮やかなゴールでの突破決定。日曜日に遅くまで引っ張られた試合を熱心に応援したファン、もし特に以前の旧アリーナから続きで見ている方がいたら感涙ものなのかもしれません。

個人的にはNHLのプレーオフの延長戦は苦手。レギュラーシーズンと異なるルールでサドンデスで永遠に延長戦を戦うルールなのでこの日のように二度目の延長に入ることも珍しくない。昔のNew Jersey Devilsなんかだと四度目の延長とか(両軍無得点のまま延々数時間)やられたわけです。プレーオフの煮詰まった時期ならともかく一回戦二回戦ぐらいなら、いつ決着つくかわからないものとして見続けないことにしてます。今日はたまたま(裏番組NBA Cavaliers@Detroitがほぼ決着ついた感じだった)チャンネルを変えたらまだ延長戦をやっていた、そして両軍へろへろになりながらも良く走っている感じが良かったのでしばらく見ていたら、この決勝点を見ることができました。うまく良い物を見ちゃったなという感じでした。

Islandersはレギュラーシーズン最終盤のところでわざと負けてNew York Rangersに上位シードを譲って一番乗っているPittsburgh Penguinsとの対戦となるのを避けたもの奏功しました。Rangersは1-4でPenguinsに一蹴されて早々と姿を消してます。Rangersは例のDetroit Red Wingsとの最終戦になぜか頑張って勝利したのが仇に。


他の一回戦シリーズではDallas Stars、Washington Capitalsと東西の1位シードが勝ち上がり決定。決着がついていないカードでは苦しい星勘定だったChicago Blackhawksが3勝3敗に戻したのが目を惹きます。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文