アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

NHL/Ice Hockey

NHL Global Series スウェーデン編

金曜の夕方、変な時間帯にNHLが試合をやってるなと思ったらColorado AvalancheとOttawa Senatorsがスウェーデンで試合をしていたのでした。約10年前から数年、NHLは欧州に多数のチームを送り込んでレギュラーシーズン冒頭部分を彼の地でやっていた時期がありました。多い年だと6チームも送り込み、NHLチーム同士の対戦の他、欧州の地元チームとの対戦をこなしたりNHLの欧州戦略の先兵として戦っていたわけです。ここしばらくそんな話を聞かないと思っていたら今日・明日上記の2チームがスウェーデンで公式戦を行うのだそうです。2チームだけ、ストックホルムで二試合。どういう意味合いがあるのかよくわかりませんがこういう形で欧州興業が復活。


この日の試合は3-3で延長戦へ。そう、昨シーズンから始まった延長戦の3-on-3の欧州初披露となりました。元々欧州のリンクは国際式で幅も広いところで3-on-3。どうなるかと思って見てましたが、Ottawaが美しいデザインプレーで決勝ゴールを決めて1分ほどであっさり勝負を決めました。3人でバックパス→シュートフェイクから横パス→ゴール。鮮やか。遠征興業のフィニッシュとしてはこれは良かったのではないでしょうか。

見たところアリーナは満席。どちらを応援するというわけではないにしてもホッケーを楽しんでいる風なのは見えて良かったです。

ちなみにホッケーと関係なくアリーナ全体が大盛り上がりになった瞬間がありました。同時刻に行われていたサッカーW杯欧州予選プレーオフで、スウェーデンがイタリアに1-0で勝利した瞬間だったようです。イタリア、W杯敗退の崖っぷちですか。欧州予選は大変ですね。

Iginlaの平昌五輪出場意欲とIchiro

コメント欄でも少し書きましたがNHLの元オールスター選手であるRW Jarome Iginlaが平昌冬季五輪へ参加の意欲があるそうです。40歳、現在NHLから契約オファーが貰えず浪人FAの身です。NHLは既に今回の五輪へ選手派遣しないことを決定していますし、最近になってロシアKHLも選手の拠出を拒否する決定をしたようです。Iginlaはフリーですからカナダ代表として五輪参加は可能。マイナーリーグプロの若手選手が主となると思われていた五輪にこういう形で有名選手が出場する可能性があるということですね。ご本人はこの五輪でアピールしてNHLでのプレー続行を希望、新契約獲得に色気満々ということですから、若い選手を相手の奮戦が期待できるのかもしれません。それとも広いリンク、若い選手を相手に走り負けてこれが最後の勇姿になるのか。ちょっと注目しておきます。

それで連想したのがMLB Miami MarlinsからFAとなったIchiro選手のこと。オーナーの代わったMarlinsはIchiro選手に対するチームオプションを行使せず。大規模コストカットでNL MVP候補のGiancarlo StantonやChristan Yelichまでトレード候補とされるMarlins。StantonのMLB最大級サラリーとIchiroのそれとではコストカット効果はまるで違いますがとにかく現時点では要らないと。

で、思ったんですがIchiro選手が昨オフの段階でMarlinsから離れていたら2017年春のWorld Baseball Classicにも出場していたのかな、と。Iginlaの五輪と同じように。その場合、自分の能力をMLBの各チームに証明するために目一杯の試合をしてくれていたんじゃないかなとも想像したりします。こういうのはタイミングですよね。五輪なりWBCなり四年に一度のタイミングが合えばそういうおもしろいことが起こるし、そうでなければなにもない長いオフということに。

選手としての能力やサラリーもともかく各チームGMはチーム作りということを考えますから同じ安いサラリー、同じ程度の期待値(多少下でも)なら若手を登用するのは自然な発想で、IginlaもIchiroも難しい再雇用への道かと思いますが、華やかなキャリアを経た、それぞれのスポーツで殿堂入り確実なスター選手たちがやれるところまでやるという意気は支持したいと思います。

野球ロスの時期にアイスホッケーはいかがですか

熱戦が続いた今年のMLBプレーオフが終わり、ロス気味なところでホッケーを見ました。New Jersey Devils@Edmonton Oilers戦でした。とにかくホッケーが見たかったのです。なかなかに華麗なゴールシーンなどもあって楽しめました。シーズン序盤出遅れていたOilers(この試合の結果を含めて4-7-1)が、東で好調のDevils(同9-3-0)に快勝してシーズン反攻の狼煙を上げたような試合になってます。  

その前にはカレッジホッケーのNorth Dakota@Wisconsinなんてのも見ていました。いまはカレッジホッケーなんていうちょっと前なら相当にマイナーなジャンルもちゃんとTVで見られてしまうのですね。多チャンネル化ってすごいなと今更ながらに思いました。この両校はカレッジホッケーでは有数の動員を誇ります。特にNorth Dakotaは試合平均11,000人以上を動員。人口が少なくメジャープロスポーツが成立しえない同州では州のプライドを代表するチームと言って良いでしょう。カレッジホッケーでは強豪です。2016年にも全米制覇。遠くWisconsinまでNorth Dakotaのファンが遠征して会場を盛り上げてました。  

それで思い出したのですがNorth DakotaはいまはニックネームはFighting Hawksっていうんですね。以前はNorth Dakota Fighting Siouxでした。格好いい名前だと思っていたんですが「アメリカ先住民族への偏見助長」クレームに引っかかって変更を余儀なくされました。 他の先住民族をテーマとしたチーム名やロゴ、例えばNFL Washington Redskinsであるとか、MLB Cleveland Indiansであるとか、カレッジフットボールの強豪(今年はさっぱりですが)Florida State Seminoles(族名です)も現在も変更圧力の対象とはなっています。MLBもコミッショナーがまた最近もIndiansのロゴの変更問題に介入すると言ってましたね。 North Dakotaの場合、チーム名に「Fighting」が付いていたので上記の他のチームよりも批判対象になりやすかったのです。つまり、先住民族が好戦的民族だったという偏見を広める名前だ、というクレームにそれなりの説得力があったということのようです。 


カレッジホッケーは二年前のドラフト全体2位でJack EichelがBoston Universityから指名されたのもあってホッケーファン全体から見直されたところがあります。NHLで即トップレベルで通用するような選手がカレッジでもプレーしているんだ、と。

Vegas Golden Knights地元デビュー

4大スポーツの21世紀初の拡張新チームであるホッケーNHL Vegas Golden Knightsが火曜日にホームでの初試合を行っています。この試合、前項で書いたサッカー米代表敗退の試合終了の直後の試合開始だったのでまだそっちの現実が消化できていない段階で次が始まっちゃったという感じでしたが、予想通りきれいに作られた試合前の同チームのデビュー+先週の同地での乱射事件の追悼セレモニーをNBCSCで全編中継。リンクの壁も含めて見える企業宣伝は全部外して#VegasStrongのスローガンがアリーナ全体に掲げられていました。こういう作業はアメリカのエンタメは手早いです。

試合ですがこれがまたすごい試合になってしまいました。これがVGKにとってはホーム初戦。アウェイで二試合を消化、2戦2勝。その二試合ともが粘っこいディフェンスで相手をロースコアに引きずり込んでクラッチゴールで競り勝ちという展開だったので、今日のホームデビューもそんな試合になるだろうな、と事前に予想していました。ところが大ハズレ。開始早々に初のホームゴールが飛び出すとあっという間にゴールが入りまくって第1ピリオド半ばまでで4ゴールと爆発。満員完売の17,000人超の地元ファンにとんでもない分かり易い挨拶状となるゴールラッシュとなりました。アタックゾーン内でもディフェンスでも選手たちがこまめに相手パックに素早く手を出してターンオーバーを何度も発生させて速攻に持ち込む。耐えきれなくなった相手Arizona Coyotesが反則でペナルティボックス行き。全てがうまくはまってリード。最終スコアは5-2。あの機敏な守備が最後まで息が続くのかは疑問がありましたが逃げ切った様ですね。平日の西海岸の試合なので後半は見てません。

拡張ドラフトで他チームからかき集めた選手で構成されているんですがLW James Nealがこれで開幕三戦連続ゴールで計5ゴール。昨季はStanley Cup Finalまで進んだNashville Predators所属だった選手、その前はPittsburghにもいた選手でしたがこんな派手な活躍をすることになるとは。

Mario Lemieuxほど幸せな人はいない

昨夜はMLB National LeagueのWild-cardとNHLの開幕日が重なっていました。NLWCの方は前日のALWCに負けない荒れ試合となって先発投手があえなく轟沈。Arizona Diamondbacksが三塁打攻勢で打ち勝ってます。地元のお客さんは楽しかったのではないかと思います。最後点差が開いても追うRockiesも意地を見せるなど一発勝負にふさわしいお互いの強い気持ちは見える試合ではありました。6点のリードを守れず4回途中降板となったエースZach Geinkeが緊張した青い顔で戦況を見つめるところなんかは、一発勝負ならではの緊張感は選手・ファンともども共有しているんだなあと感じさせてくれました。

これでDiamondbacksはNLDSでNL最多勝のLos Angeles Dodgersとの対戦へ。ご存じの通りDodgersはレギュラーシーズン終盤の大失速。対Arizona戦も8勝11敗と負け越し。レギュラーシーズン番長=プレーオフで歴史的敗戦の戦歴を持つClayton Kershawが初戦で投げてくるでしょうがこれをDiamondbacks打線が捉えられるか。

同夜はNHL開幕戦。各地で早くも熱戦。昨季二連覇を達成したPittsburgh Penguinsが優勝旗掲揚セレモニーを試合前に行い、それをNBCSNがフル中継。やっぱりいいですよね。優勝後の歓喜のそれも良いですが、ひと夏を経て優勝をふり返り、さあ今年もまたやるぞという感じ。優勝を達成したチームだけに許された特権です。試合は延長戦の末St. Louis BluesがPenguinsを下しています。第3ピリオド、2点差を追いついたPenguinsに気迫を感じましたが延長戦で力尽きました。勝ち点1は確保。

で表題の件ですが、Mario LemieuxはPenguinsの生え抜きスター選手にして、現在のPenguinsのオーナーでもあります。こんな幸せなスポーツ人は他にいないんじゃないかなと試合前のセレモニーを見ていて感嘆。選手としてもPittsburgh一筋。連覇による二度の優勝を選手として経験し、そして今回オーナーとしても経験。選手・オーナーとして計五度のNHL制覇。選手としてはスーパースター、MVP得点王など多数受賞。選手としては同時代のThe Great One Wayne Gretzkyには僅かに及ばないもののスポーツ人としてはMarioの圧勝です。Penguinsの新本拠地Consol Energy Centerの外にはMarioの銅像も。

本拠地外の銅像というとNBA Michael Jordanが一番先に思い出されます。あの世界的スーパースターであるJordanもキャリアをChicago Bullsで終えることはできず晩年Washington Wizardsでプレーするハメになった(Bullsオーナーとの確執)。引退後紆余曲折あってNBAチームのオーナーとなったものの、Marioのように慣れ親しんだ在籍した元のチームを所有することはできず、優勝にはほど遠くなにやら地味にオーナー稼業をしている。有力FAは来てくれる気配もない。苦労が最近は顔から出てるような。もちろんNBAはビジネスとしてNHLより遙かに大きいですし、Jordanブランドとあのロゴもあり、お金の面ではMarioよりJordanが遙かに強力ですが、ことしあわせということを言うとMarioの方がしあわせそうに見えるのです。同じ街で長年名士として地元に愛されて、チームも強い。自分がそうだったのと同等、またはそれ以上にNHL史上に残る選手であるSidney Crosbyもいますから。Sidも長期契約で全キャリアをPittsburghで過ごすことが確定しており、いつかMarioからSidへのオーナーシップのバトンタッチなんてことが起こるのかもななんて夢想してしまう開幕戦でした。




NHL 新チームVegas、追悼ムードでチーム初戦か

日本でもニュースになっていると思いますがラスベガスで銃の乱射事件が起きました。政治的社会的にかなりインパクトのある事件となりました。(日本の方が期待するような銃規制の話はこんな事件があってもまったく進まないことは確かですが。)

今後背後関係が明らかになっていくでしょうが、現時点までの情報だと純国内産のテロということでしょうか。


アメスポ関連でいうと開幕間近だったNHL、その21世紀初の新設チームVegas Golden Knightsがいきなり影響を受けることになります。NHLはプレシーズンを終了していま水曜日の開幕を待っているところ。Golden Knightsは開幕から二試合をアウェイで戦うことになっておりホームでの初試合は来週の火曜日。とりあえず事件から一週間以上後ということで、とりあえず街は落ち着きは取り戻しているかもしれませんが、準備していたであろう華々しい初試合の演出や宣伝などに若干の手直しが必要になることもあるかも。まあ本当の事件の直後に重なるよりはよほどましでしょうが、同市初にして唯一のメジャースポーツチームのデビュー戦がいきなり乱射事件の追悼セレモニー込みで始まることになるんでしょう。

ホワイトハウス訪問の件 MLS NHL

結果的にはアイスホッケーNHLは良いタイミングでさらりと訪問表明したのが大正解だったようです。NHLの表明の半日後にNASCARがトランプ支持の強いコメントを連発したことで反トランプの人たちの反感はNASCARへ向けられてNHLは標的になることを避けられました。あれがNASCARの後だと意味合いが違ってNASCARとNHLが一緒に標的になったかもしれない。迅速な対応が功を奏したことに。

ところでサッカーMLSのホワイトハウス訪問についてここまで当ブログでは触れていません。こちらは実は別の要因で一昨年2015年の優勝チームだったPortland Timbersが翌2016年シーズン中のホワイトハウス行きをチーム側からキャンセル、結局訪問できないまま今に至っています。その前まではオバマ政権下毎年MLSチャンピオンは招待されていたのに。翌2016年の優勝チームのSeattle Soundersも訪問しないまま。もう2017年シーズンのプレーオフが始まるまで遠くないこの期に及んで過去2シーズン分訪問が滞っているのです。四大メジャーと違ってまだマイナーとメジャーの境に位置するMLSにとってはホワイトハウスに招待して貰えるだけで名誉なこと。積極的に行くべきだったのに途切れてしまった。そこへ今回の問題が起こっているので先行きは不透明です。このままMLSはホワイトハウス訪問から縁が切れてしまうかもしれません。他のメジャーのように招待を受けるかどうか検討するとかそういうレベルではない。

なぜTimbersが訪問をキャンセルしたかというと、当初予定していた2016年中のホワイトハウス訪問の日にCONCACAF Champions League(CCL)の試合が入ってしまい、CONCACAFと日程調整するも失敗。結局CCLの試合を優先して訪問延期を申し入れ。しかし2016年は大統領選挙年でもありオバマ大統領多忙。そもそもメジャープロスポーツでもないMLSが大統領との予約をキャンセルすること自体がたぶん礼を失するととられてホワイトハウス側も積極的にその後の日程を空けてくれなかったのではと思われます。そりゃそうですよね。ちなみにTimbersはホワイトハウス訪問をキャンセルまでして出場したCCLではグループリーグで敗退してノックアウトラウンド(8チーム)にすら進めなかったんですから大失敗です。

とばっちりを受けたのは昨年2016年の優勝チームSeattle Soundersでこちらもホワイトハウスを訪問できていない。これを書くに当たって調べてみましたが招待された形跡もありません。Soundersの地元はワシントン州、Timbersがオレゴン州とともに民主党の固い地盤の州。共和党のトランプ大統領にとっては優待する理由は薄い相手でもあります。このままMLSはホワイトハウスに呼んで貰えない地位に成り下がってしまうんでしょうか。せっかく一度は招待を受ける立場=メジャーの仲間入りと主張できる立場になったのに。


今季2017年シーズンのMLSはToronto FCが「MLS史上最強チーム」とまで言われる強さを発揮。プレーオフの短期決戦となればどこが勝つかわからないですが、もしTorontoが勝った場合、またもホワイトハウス行きになりにくい、トランプ共和党が招待しなさそうなチームが優勝することになっちゃいますね。招待したりしなかったりだと恣意的になるのでMLSはホワイトハウス行き招待なしが定着してしまいそうです。(または逆に招待されたら尻尾を振って二つ返事で行きますということになるのかもしれませんが。そうでないと二度続けてホワイトハウス行きの招待を蹴ったことになり将来に渡って復活の目がなくなるので)


アメリカの分断

大変なことになってきました。トランプ大統領がNBAチャンピオンGolden State Warriorsをホワイトハウスへ招待するのをキャンセルすると発表したのが一昨日。それが一気に他のメジャースポーツに飛び火して普段政治に興味のない層にも好むと好まざるとに関わらず目に見える形になってきてしまいました。キャンセルが発表された日はCarmelo AnthonyがNew YorkからOklahoma City Thunderへの移籍のニュースが出た日でもあり、本来なら大ニュースのはずのMeloの移籍が完全に吹っ飛んでしまいました。こういうのがMeloの星の巡り合わせですかね。

順を追うとまずWarriorsのエースにして、現在最も人気の高いアメスポスターと言えるStephen Curryを始め数名のWarriorsの選手がホワイトハウス行きの拒否を表明。当初はWarriorsの上層部は行って欲しそうな言動が垣間見えたんですが、結局折れてチーム内の和を優先。それを受けてホワイトハウス側がキャンセルを発表。しかし黙って侮辱を受けるようなトランプではなく、返す刀で国歌起立問題に言及。起立しないアスリートは解雇すべきと発言。それを受けた今日日曜日のNFLでは国歌演奏時に起立しない選手が一気に大量発生。以前のようにCollin Kaepernickが孤立して批判にさらされる事態から大きく事態が動いてしまった。トランプ側から見ればやぶ蛇。時系列は少し戻りますが、起立問題から間をおいていたMLBでNFLに先だって初の起立拒否者が発生。これはOakland Athleticsの新人捕手とかで、そんな立場の弱い選手が単独で思い切ったな…解雇されたらどうなるんだよ…という。この流れに反したのがNHLチャンピオンのPittsburgh Penguins。Warriorsの招待が正式撤回された後にホワイトハウス訪問することを組織として確認、発表しています。あちらこちら対応が異なり、荒れてきたな…という感じです。

トランプ当選後のメジャープロスポーツではNFL New England Patriotsが一番最初の招待対象でした。PatriotsはHC Bill BelichickやQB Tom Bradyがトランプ支持者。特にBelichickは選挙期間中から積極的に応援文書をトランプ側に提供していたという事情もあり、拒否という話にはまったくならなかった。大統領表敬訪問は慣例だからとさらっと訪問。まだトランプ当選のショックが強くてトランプ拒否のムーブメントができあがる前に済ませちゃった感じですか。

MLBの昨年のチャンピオンChicago Cubsはトランプが大統領就任する前に、前任のオバマ大統領を昨年中に訪問してこの問題を避けることに成功。オバマ大統領はChicagoにとっては地元のイリノイ州選出の議員でしたから、駆け込み訪問でしたが地元の大統領のうちに、という言い訳が立った。オバマはChicagoでもWhite Soxファンを公言しているのですが、まあそれはご愛敬。その後Cubsは今年6月にもホワイトハウスを訪問したのですがこれは「非公式訪問」だとかいうよく訳の分からない言い訳がくっついていました。

様々事情はあれ、NFL、MLB、NHLはホワイトハウス訪問。NBAは拒否。NBAとNHLはほぼ同じ時期にチャンピオンが決定するのでこの対応の差はまた嫌な話になりそうです。NBAは黒人選手が大半。NHLは非白人選手が極々僅か。ああやっぱり白人スポーツは人種融合にまるで興味ないんだね、みたいなとばっちりの批判を浴びるのはNHL側にとっては不本意でしょうが、そういうことになりかねない。そんな気がなかった選手やファンもそういう批判を浴びれば硬化してしまう人もでるかもしれない。結局はアメリカの分断は進むばかり。残念な話です。








細かい修正が手早いアメスポ

ちょっと前から気になっていた小ネタをいくつか。

フットボールの陰でアイスホッケーNHLのプレシーズンが始まっています。新拡張チームVegas Golden Knightsの試合をNHL Networkでやっていたので見学。都市名はLas Vegasなわけですが語呂も考えてでしょう、こういうチーム名になっています。4大メジャースポーツでの(移転ではなく)新チーム創設、リーグ拡張はNHLで2000年にColumbus Blue JacketとMinnesota Wildの設立があって以来でしょうから21世紀初。一時期は労働争議からシーズンキャンセル、経営不振チームの売却がうまく進まなかったりゴタゴタした時期のあったNHLですが持ち直して反転攻勢に転じたことになります。

Las VegasにはNFL Raidersも移転がNHL進出決定後に決まって、NHL側から見ればせっかく今までメジャープロスポーツのなかったLas Vegasに勇躍進出したのにRaiders移転で話題を取られた形になってます。どれほど新マーケットに食い込めるものか。4大プロスポーツの中でLas Vegasに一番早く目を付けていたNBAが結局出遅れることになったのはどんなものか。NBAは先日のHouston Rocketsの転売価格が$2.2 Billionという大変な金額で取引される好景気となっており、下手に新チームの創設とかすると既存オーナーが損をする可能性がある、という事情もあるかと思います。

別の話。NFLは昨年の視聴率の下落を気にしてか細かくTV CMの挿入方法を変えてきました。この辺は手早いな、という感じ。昨年の視聴率低下は米大統領選の報道番組に喰われたという評価が一般的でNFLの人気低下とは受け取られてはいなかったものの、それでもさっさと手を打つところはカスタマーサービスの精神でしょうか。保守的なMLBではこういう風にはならない。日本に比べればMLBでもかなり動きは早いでしょうが、アメスポ全体から見るとやはりMLBの動きはちょっと緩慢でしょう。

もうひとつ別の話。NASCARはシーズン終盤。昨季までChaseと呼んでいたプレーオフ部分を今年からPlayoffと呼ぶように変更。その方が結局分かり易いということでしょう。10年以上Chaseという名前で頑張ったんですが、ある意味無意味な頑張りであったのも確か。なぜそんなにプレーオフと呼ぶのが嫌だったのかの経緯は存じませんが、既にジャンルとしての人気のピークは一度過ぎたNASCAR。素直に分かり易さで普段見ないスポーツファンにも見て貰える機会がある方がいいのでしょう。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文