アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

NHL/Ice Hockey

Champions Hockey League on NHL Network

CHL、Champions Hockey Leagueという謎のホッケーの試合をNHL Networkで放送していました。チーム名とイベント名から推測して欧州のChampions Leagueのホッケー版か。調べたところそのとおりでしたが、KHLのチームは含まれておらず、プロホッケーリーグがあることも知らなかったウェールズのCardiff Devilsやフランス王者も参加、表現がからいですが現状弱者連合的なもののようです。今年で設立4年目、米国内での放映は今年が初めての模様です。

プレーはまずまずで見られました。ホッケーというのは難しいスポーツで、北米のマイナーリーグホッケーでもパックがリンクを右往左往するだけの構成のない攻撃で見られたものではない場合がままあるので、それと比較してまずまずと。観客は小会場ながら入っていてサッカー風の(欧州風という言うべきか)の応援で雰囲気は悪くなかったです。
国内リーグを作って、その次には欧州チャンピオンを決める大会を作る、というのは欧州スポーツの典型で、良くも悪くもそうなんだなあという。
2月の平昌冬季五輪で大躍進したドイツのチームも3チーム参加。全32チーム参加というのは多いなあと思いました。こういうところも非アメスポ的です。欧州スポーツはいつも不思議ですが、こういうのってどうやって採算とってるのかなあと。

NHL Networkは世界的に見て唯一のライバルになりうるKHLはともかく、その他のホッケーは各種の大会を様々放映しています。

Seattle新チームの名称候補

NHLの32番目、アメリカ国内では25番目のチームとしてSeattleが正式承認されてます。当ブログでも何度か触れていた話題ですが正式には昨日の段階で加盟がオーナー会議で承認されています。但しリーグ参加のタイミングは当初の話からは1年遅れでの参入。Key Arenaの解体の話題が今年後半だったので間に合うのかなと思っていたのが、やはり足かせになった模様で参入は遅延。お金の面では1年シーズンが遅れるのはオーナーにとっては損ですが致し方なし。昨年リーグ新参入したVegas Golden Knightが大成功の初年度を飾ったように華々しい地元デビューを演出するにはこの損も取らざるを得ないというところか。
まあただNHLが1年遅れるということは、その後同市に再参入をしてくるであろうNBAの新チームとの参入時期の差が1年減るという意味でもあります。実際にNHL Seattleがリーグプレーをする前にNBAの新チームの移転なり新設なりが発表されると地元スポーツファンの興味を喰われるということにもなります。激しいアメスポジャンル間のせめぎあいです。

NHL新チームのニックネームは未定。報道によればオーナーグループが既に商標登録およびインターネットドメインを確保している名称が13個あるそうです。21世紀においてはドメインネームが確保できるかどうかは確かに大事な問題です。Emeralds, Totems, Rainiers, Evergreens, Kraken, Renegades, Sea Lions, Firebirds, Cougars, Eagles, Seals, Whales, Sockeyes。個人的にはKraken(伝説上の大蛸)が良いかなと思いましたが、普遍的無難なところだとCougars辺りなんでしょうか。

これだけNHLオーナーグループが確保しているなると、今後他のスポーツがSeattleに参入する場合にはこれらの名称は不可、またはNHLオーナーから買い取ることになります。NBAがSeattleに再参入する場合はSupersonicsの復活が有力でしょうし、これだけNHL側に抑えられているとなかなか他のアイデアはなさそうでその意味でもSonics復活でほぼ決まりか。

リーグのリーダーシップで体質改善の例

NFLで今季序盤に大きな話題になったディフェンスの選手によるQBサックの際の体重を乗せた行為への反則適用問題。すっかり沈静化しました。なぜか。実際にそういうプレーが減ったからですね。ディフェンス側の選手たちが新ルールに迅速に対応したからです。QBをぶち倒せる状態のサックの場面で、ディフェンスの選手がターゲットをずらしてQBにアームタックルをするのが多く観察できます。現在プロの彼らが子供の頃からやるなと言われきたはずのやり方でサックになってます。

NFLはファンや選手の不評不満があってもこの新適用を押し通しました。
ファン視点だと「そんなルールじゃフットボールの魅力・迫力が減る」、選手視点だと「これまで一生ずっとプレーしたきたことをそんなに簡単に変えられない」「QBのボールリリースがギリギリになった場合に現実的に止められないじゃないか」などなどの非難を浴びながら、NFLはその批判をはねのけて適用を維持。15ヤード罰退という強い罰則が試合の流れを完全に変えてしまうこともあって、違反行為は大幅減という結果をほんの1ヶ月2ヶ月の間に達成しました。
少なくとも選手側からの不満が噴出していたときに出ていた理由は事実ではなくプレースタイルは変えられたという結論になります。


これと比較するとNHLの脳震盪を避けるための対応は少々手ぬるいのかもしれません。NFLはリーグが悪者になってでも変えるのだと毅然と対応。反則をとられた側のチームのゲーム内での不利益も大きかったので対応が進みみました。

NHLは、と考えると反則行為を重ねたTom Wilsonには20試合出場停止(仲裁申請後14試合に短縮、出場停止期間中無給)まで行きましたが、チームにとってどれほど不利益があったかというと、たぶんほとんどありません。ロースターが1人少ない22人状態でプレーしているのですが、それは全員でアイスタイムを共有するホッケーではさほどの差異とはならない。一人欠けた状態で試合することは日々のケガなどでよくあることでそれが試合の勝ち負けに大きく響くという議論は聞きません。
Tom Wilsonの所属先のWashington CapitalsのWilson出場停止期間中の成績も上々で地区上位でした。

試合内ではどうか。反則をとられてペナルティボックス入りとなっても、NFLの「サック無効+15ヤード罰退+自動的に相手の1stダウン+サックのタイミングでターンオーバーが発生していてもそれも無効」ほどの多大な負の効果は試合内では発生しないです。そこまで負の効果が高いとNFLのディフェンス側は体重を乗せる行為を避ける大きな動機になりますし、実際対応が速いペースで進みました。

NHLのパワープレーの成功率は今季微増しているのですが、それでも19%程度。つまり反則で罰せられてもそれが自軍の失点として試合に影響する可能性は5回1回もない。相手のエース選手に一発ぶちかまして相手のパフォーマンスを落とす効果(数値化はできませんが)との相殺やショートハンドゴールの存在も考えればパワープレー献上の試合内での負の効果は僅か。NFLのサック問題とは差異が大きいです。

先に議論したとおり出場停止がチームに与える効果も軽微。いろいろ歯止めになっていないと見えます。そもそもそういう過剰暴力行為をする選手は主力選手でもない。
今回のWilsonの出場停止処分で最も効果が高かった部分はシーズンの1/4に当たる出場停止中の無給だったと思います。もし次回同様の行為があればサラリー半減に近いものがくだされるかもしれません。ただこれは個人への罰則でチームへの罰則がありません。出場停止中も所属先チームはWilsonへのサラリーはキャップヒットとして計算されるのでWilson並のサラリーの代わりの選手を入れることはできないなど不利益はありますが、それがチームに試合内の大きな動機づけになるかというと、かなり小さく迂遠な動機づけにとどまりそうです。
選手たちにしても100試合ほどの間に4度も危険行為を重ねても14試合の無給程度の処分という前例ができた。14試合の無給とは逆に言えば68試合分のNHLのサラリーゲットでもあります。危険行為専門でマイナーからNHLに引き上げてもらえるならまだまだ進んでヤる選手も十分存在しうるのでしょう。NHLとマイナーリーグホッケーとのサラリーの差は多大ですから。

NFLはQB保護(=脳震盪防止ではない)のためにリーグが悪者になってリーダーシップを発揮したと言えますが、NHLでは脳震盪防止が進んでいないというようにも読める結果になってます。

NHL 脳震盪問題は選手を守るためのものではないのか

NHL Washington CapitalsのTom Wilsonが20試合の出場停止を14試合に短縮されて即時出場可能になっています。Tom Wilsonは再三再四の頭部への攻撃でNHLから20試合出場停止とされその期間中のサラリーも支払われないという処罰を受けました。その後見直しを要求するもNHLコミッショナーから却下され、直後に仲裁人への上訴をしていました。仲裁人制度はNHLの労使協定で定められている制度なので、選手側の権利としては手続き上問題ありません。

問題はその仲裁人という人物が過去NFLやMLBでも仲裁人でありながらMLBから解雇された過去を持つ人だからでしょうか。ほぼ常に選手側に有利に出場停止期間を削ってきた実績をもつ人、とされます。MLB時代にはRyan BraunのPED使用の問題ではBraunに有利な裁定を下したと。その後、MLBは同氏を仲裁人から解雇。MLBは解雇にからんでコメントを避けています。またNHLでは同氏は家庭内暴力行為で出場停止を受けた Nashville PreditorsのAustin Watsonの27試合を先月18試合に短縮したばかり。

他のジャンルで家庭内暴力行為への強い罰則適用の事例が増えて定着してきている中、Watsonの出場停止短縮は逆行で珍しいかなと思っていたわけですが、これに今回のTom Wilsonも選手側有利な裁定。脳震盪防止というのはアメスポナンバーワンNFLでは最優先事項、NHLでもそうであろうと思っていたのですが、これもトレンドに逆行する出場停止短縮という裁定が出たことで、仲裁人の資質問題がクローズアップされることに。

家庭内暴力の問題は社会的要請を受けて、プロメジャースポーツが取り組んでいる問題ですね。言い方は悪いですがNFLやNHLとは直接は関係のない問題を、社会の構成員の一員として目立つプロスポーツが広告塔となって社会に広報啓蒙するために厳罰処分して見せしめにしているという図式だと思います。
一方、脳震盪問題はより内部の選手たちの保護・引退後の健康被害を未然に防ごうというより直接的な問題です。選手たちは潜在的な被害者という問題とも言えます。今回のWilsonのケースでNHL選手協会が動いて仲裁人裁定に持ち込んで「勝利」したわけですけど、これは選手たちにとって本当に勝利なのかな?という疑問を感じます。Wilsonは105試合で4度の頭部への攻撃行為を咎められて今回の処分を食ったわけです。こういう常習的な悪質行為を禁ずる・減ずることで利益を受ける選手の方が多いはずなのに。本当に選手会はこの処分を不満に思って仲裁を求めていたのか?という点がよくわかりません。

3-on-3での戦術の確立

ホッケーNHLの延長戦が3人対3人の方式に変わったのが2015−16シーズン。今季が4シーズン目。採用当時はまさに文字通り右往左往の攻守が数秒単位で入れ替わるスピード重視の激戦の延長戦が多かったのが、採用から年数を経て戦術が確立してきたのを感じます。

まずオフェンス側がパックを長時間保持する場面を多くみかけるようになりました。ホッケーは打ちモノですから通常のプレーではよほどディフェンスから距離を取って遠回しにパスをしていないことには長時間ポゼッションキープはできません。ちょっとディフェンスからちょっかいをかけられるとパス回しなど簡単に崩れる。
ところが3-on-3だとこれができるんですね。通常の5-on-5や過去の延長戦で使われた4-on-4ではパワープレーでもなければありえなかったプレーを3-on-3で意図的に採用するようになってそれで1分以上のポゼッション維持がされるのをみかけます。
どうやるか。攻撃側がパックを持ったままアタッキングゾーンから撤退するのです。ホッケーのルールではオフェンスゾーンからパックが出てしまうと自軍の全員が一度アタッキングゾーンから出ないといけない。通常ルールの5人攻撃でこれをやると何人もの前衛の選手がゾーンから出るべく後退しなくてはならず手間かつ消耗となるのですが、3人の場合、ブルーライン近くでの横パス(=攻撃側の3人のうち2人が参加)を通してもなおディフェンスの圧力がかかりそうな場合、最近の試合ではさっさと自らアタッキングゾーンから離脱して大きくパックを下げます。3人で守るディフェンスはこれを深追いできず、オフェンス側は悠々とポゼッション維持となるのです。このポゼッションキープの手は3-on-3を採用した初期には見られなかった最近の特徴ある戦術かと思います。

またその場合に前衛に行っていたもうひとりのオフェンスの選手がさほど慌てずもどってくるのもミソです。その一人は一旦アタッキングゾーンからでないと味方からのパスは受けられませんが、だからと言ってディフェンスはその選手がブルーラインを出てすぐのところでパスを受けるのも怖いのでディフェンス3人はブルーライン近辺で足止め、それより先には上がりづらい。上で言ったディフェンスが下げられたパックを深追いできない理由がこれでしょう。

さらに気の利いたチームだとこんなこともしてるの見かけます。特にアタッキングゾーンに近い側が自軍のベンチの場合にこのプレーは効果的。前衛から戻ってくる選手が自軍ベンチ方向に向かう。交代するようにも見える感じで。これをやられるとディフェンス側はベンチ前のところにどうしても張らないといけない。ただでさえ3人しかディフェンスがいないのに一人がベンチ壁際で相手選手2人(交代するのかもしれないアイス上の選手と交代して出てくるのかもしれない選手と)をマークしているとブルーラインはスカスカに。一旦下げたパックを持った攻撃陣が2-on-2の様相でアタッキングゾーンに突っ込んでくるのを防ぐのはなかなか困難、というような攻防を今季になってから何度か見ました。

3-on-3採用初期はスピードに乗ってテクニックのあるスター選手たちがスペースを生かしてそのスキルを発揮して鮮やかなゴールを決めてその爽快感がスマッシュヒットとなった3-on-3ですが、年数を重ねたことで各チームの対策が進んだということなんでしょう。以前のような一瞬も目を離せない延長戦、延長戦歓迎というようなものからは変わってきたようです。成熟してきたとも言える。
それぞれがルール内での最適解を求めて戦うのがスポーツなのでプレーする側にとってはそれで正しいのでしょうが、無責任に見る側からすると初期のハラハラ感は減ったということになります。


アメスポ微調整

アメスポの経営者はいろいろ考えてるなあと思わせることがしばしばあります。

今季からホッケーNHLのゴールキーパーが着用するプロテクターのルールが変更になりました。リーグがゴーリー全選手の身体を実測して、身体のサイズに沿って着用できるプロテクターの最大サイズを決定して、大きすぎるサイズのプロテクターを着用することでゴールの狙える範囲を狭める行為を禁止にしています。さらにプロテクターの形状自体もより身体の曲面に沿った形に改められて昨年よりも角がとれた形状にされています。
プロテクターはジャージの下、ぱっと見にはわからない地味な変更ですが、それが効いたのかどうか、NHLシーズン序盤のリーグ全体での得点が増加してます。まだ開幕1ヶ月なのでサンプルサイズとしては少々足りないので効果の評価はまたシーズンが進んでからとなりますが、こういう細かいことをやって試合の流れを変えずにゲームをよりエキサイティングなものにしようという努力をしているわけです。

他の競技でも例えばNFLのPATのラインを下げてから今季が4シーズン目になりますが、過去はほぼ自動的に1点が加わっていたPATがそうとは限らないものに変わって、さまざまなドラマが起こっていますよね。NASCARではプレーオフのポイント制に細かい調整が毎年のように入っている。NBAも細かいルールは毎年のように変わります。今年だとオフェンシブリバウンドを取った後のショットクロックのリセットを24秒ではなく14秒にしてます。これはバスケの国際ルールで採用されていたものをNBAにも取り入れたもので独自のルール変更ではないですが、良いものはどんどん取り入れる身軽さがアメスポにはあるように思います。そして変えるとなったら仕事が早いですね。

NHLの謎の休日

昨日金曜日はNHLが一試合も試合を開催しませんでした。意識して観察してきたわけではないので過去にも例があるのかもしれませんが、相当に珍しい事態ではあったはずです。その前夜の木曜日も遅い時刻の試合がなかった。なにか意図があるのか。
来週からNBAが開幕する。週末はカレッジフットボールおよびNFLがどんと構えている。MLBはポストシーズンの真っ最中。アメスポが最も混み合うこの時期の比較的ライバルの少ないこの金曜日になぜか休みの日を作る?どういう意図があったのか。前日木曜日はNFLのThursday Night Footballで大都市圏の2チームNew York GiantsとPhiladelphia Eaglesが対戦しているのにそれにはお構いなしにかぶせて多数の試合を組んだNHLがなぜこの金曜日をそんなにまでして避けたのか。シーズン中の土日でも開催地を工夫(カナダ開催が多かったり、フットボール人気の弱い都市での開催)して重ならないようにしてフットボールとも共存してきている実績もあるのになぜこの日に限って全休?

なんとか考えられる理由はカレッジホッケーの本格開幕日がこの日だったことでしょうか?別の記事でフットボールやバスケと比較してカレッジレベルでの露出が低い野球はNCAAとタイアップしてもっとユースを盛り上げるべきではないか、というコメントをいただいてます。それと似たことをNHLが意識してカレッジホッケーに一日譲ったということか?自分で書いていてもものすごく疑わしい理由なんですけど、他に理由を思いつきません。そもそもカレッジホッケーの放送なんて大半の家庭では見られないです。

Capitals豪快7ゴール & 完封発進

NHLが開幕。昨季の優勝チームWashington Capitalsのセレモニー&優勝バナー掲揚が試合前にありました。相変わらずアメスポはこの手のセレモニーの盛り上げがうまいです。シーズン中の激闘、シャンペンかけ、オフシーズンの優勝カップを各選手が24時間(だったか)専有できる間にやった奇行なども交えたビデオで盛り上げ。なお優勝リングの贈呈はこの日ではなく2日前に済ませていたそうです。

その興奮さめやらない試合開始僅か24秒でCapitalsが華麗に今季初ゴール。続けざまにそこから1分も経たないうちに2点目のゴールも入ってお祭り状態へ。結局7−0の圧勝でCapitalsが新シーズンの開幕戦を飾ってます。こんな幸せな試合もあるんですね。

その裏でCapitalsのフォワードTom Wilsonが20試合出場停止を喰ってます。理由は頭部への打撃。20試合と出場停止が長いのはこれが4度目の違反だからとか。各スポーツで脳震盪を避けるべく措置が取られているのは良いことであろうかと思います。まあだからと言ってなにせホッケーなので、なかなか根絶できないところ、今回は20試合分のサラリーも失う措置が発動され、Wilsonは$1.2 million以上を失う大きな経済的ダメージを受けることになりました。これは現行のNHL労使協定で取り決められていた措置だそうです。罰金などよりも遥かに堪える罰則です。
Wilsonは試合前のセレモニーには出席アイス上にはユニフォーム姿で登場してましたが、試合には出場できず。まあセレモニーに出席できたのは幸いでしょう。優勝バナー前でチーム写真を撮っていたのに入れなかったら悔いても悔いきれないような。

明日は西で昨季準優勝となったVegas Golden Knightsの開幕戦がありますが、そちらの盛り上げも楽しみです。

別件ですがついでに。Edmonton Oilersがドイツでプレシーズンの最後の試合を地元のKölner Haie(英語風にスペルや愛称を英訳してCologne Sharksと報道しているメディアもありますが)と対戦。なかなか盛り上がっていました。18500人収容の北米以外では世界最大のアイスホッケー会場での試合ながらチケット販売開始後10分だか30分だかで完売したという地元期待の試合。ドイツ人選手C Leon Draisaitlを擁するOilers。その父親がKölnerの監督を勤めているという親子対決。さらに試合前にはドイツのホッケー代表監督(あの冬季五輪での激闘決勝戦の記憶が蘇る)がパックドロップに登場して大喝采を浴びてました。いまがドイツホッケーにとって歴史的に最高の幸せな時期なんでしょう。

OilersというとNHL的には若きスーパースターConnor McDavidのチームとなるんですが、この日はドイツ凱旋のDraisaitlに主役の座を譲って先発もDraisaitlのラインが勤めています。Oilersのチーム事情は存じませんので放送の受け売りをすると、昨季はLeon DraisaitlはMcDavidとラインメイトだったのを、今年はDraisitlが一本立ちしてCとして別のラインを率いる体制に変えてオフェンスの厚みを上げてOilersの再生を目指す、という話です。
試合の方はまたうまいことにドイツ人コンビでTobias RiederがLeon Draisaitlから来たパスを決めて二人のドイツ人で先制点をあげてます。上で書いたCapitalsの開幕戦の祝砲ゴールとともに出来過ぎだろ、という。試合は3-3で延長戦に入った後、Oilersが勝利しています。プレシーズンなのに延長戦をやるんですね。ちなみにOilersの二人のドイツ人選手は平昌冬季五輪には参加してません。NHLが選手の派遣をしなかったので。

NHL開幕とNBAからの圧力

10月となればホッケーNHLの開幕です。今日から開幕、昨季Stanley Cupを獲得したWashington Capitalsがホームで優勝バナーの掲揚・リング贈呈などを行う予定。翌木曜日には準優勝となったVegas Golden Knightsが地元ファンの前でNHL史上に残るデビューシーズンでの大健闘を祝う予定になってます。

大雑把なアメスポカレンダーの流れとしては9月NFLおよびカレッジフットボール開幕、10月NHL開幕、11月NBA開幕と続々と各ジャンルがそれぞれのシーズンに入っていく。というのが過去の常識だったのですが、NBAがシーズン開幕を前倒しにしてきているのが気になります。今季のNBAのシーズン初戦は10/16。NHLの10/3と2週間も違わない。バスケの夏侵攻というテーマでバスケットボールが従来の冬スポーツというくくりを抜け出して通年型のスポーツになっていこうとしているということを何度か当ブログで書いています。が夏側へのシーズン拡張だけでなく、シーズン開幕を前倒しにして秋側にも侵攻していると言うこともできそうです。この秋側への拡張で被害を受けるのはNHLになるのか。それともNHLとはファン層が異なるのでNHL側には影響はないのか。それともMLBのポストシーズンに影響が出るのか出ないのか。
NBAの近年の開幕日を拾うと今年が10/16、昨年が10/17ですが、2年前は10/25で当時過去一番早い開幕。それ以前は10/27、10/28、10/29、 10/30、2011-12シーズンの労働争議でのクリスマス開幕を挟んでその前も10/26、10/27、10/28の開幕となってます。曜日で開幕日を選ぶので毎年少々ずれるのは当然なので昨年の早めの開幕もその一環かと思っていたら今年はさらに早い。過去の10月末開幕を改めてシーズンを半月伸ばしてきたということなのでしょう。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文