アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

NHL/Ice Hockey

カナダ代表残り3分から逆転勝ちでWorld Cup制覇

すばらしいフィニッシュとなったWolrd Cup of Hockey 2016。カナダのホッケーファンにはたまらない逆転劇でカナダ代表が欧州チームを2-1で下して優勝しています。MVPはカナダ代表主将Sidney Crosby。これでCrosbyはこの春のPittsburgh PenguinsでのNHL Stanley Cup優勝に続いての栄冠。2014年のソチ五輪でもカナダ代表は金メダルを獲得しています。

まず敗れた欧州チームの健闘を称えたいと思います。第1ピリオドにあげた1点を守り、逃げ切って最終第3戦に行くかと思われた終盤まで良い攻めも多数。大会前から残りモノの寄せ集めと思われ、大会に入ってからは唯一国歌を演奏してもらえない継子扱いされてきたチームが今大会を大いに盛り上げてくれました。大会前の練習試合でバラバラだったチームががっちりまとまって魅力あるチームになって行ったのは同チームのコーチ陣の努力もあったかと思います。拍手。

残り時間が少なくなりカナダが猛攻をかける中、欧州の主将Anže Kopitarが相手をゴール裏でホールディングしたとして反則を取られたのが痛かった。流れからして致し方ない反則でKopitarを責めるわけにもいきませんが、この反則によるパワープレーでカナダが猛攻。欧州のGK Jaroslav Halakも最後まで難しいパック処理をこなしていたんですが、ついに決壊。Patrice Bergeronの空中パックをはね返したゴールが決まって同点、1-1。

しかしその直後に今度はカナダ側にハイスティックの反則が出て残り2分を切った段階で欧州のパワープレーに。決勝点の起点は、パックが欧州陣深くに入ったところで欧州が無理に早く前に進めようとしたため陣形が縦に間延びした状態でカナダ陣で起こしたターンオーバー。欧州の態勢が乱れているのを突いてJonathan Toewsが欧州陣内へ持ち込み。これ、ショートハンドなので、普通の試合だと人数の少ない側(4人)は前に2人かけてもそれ以上は突っ込んでこないことが多いと思います。人的不利から無理をせず時間を使うことに重点を置く場合が多い。で二人攻撃でどこで打つか、というところに突っ込んできたのがBrad Marchand。今大会のMVPでもおかしくなかったMarchandが突入の勢いそのまま正面からショット。これが見事に決まって44秒を残してカナダ逆転。鮮やか。あっという間の逆転でカナダがWorld Cup制覇となりました。鮮やかすぎて、あれれれ、えええ、といっているうちの逆転優勝。カナダのファンにとってはたまらないでしょうね。いやおもしろい大会でした。

試合中にはNHLコミッショナーGary Bettmanが出演。今大会や次期五輪への参加などについて少し語っていってくれました。正直あまりおもしろい話はなく肩すかしだったが。せっかく珍しくESPNに生主演するんだからもうちょっとサービスして欲しいところ。平昌五輪へのNHLの選手の派遣は今年12月頃までに決めたい、その時期に2017-18年シーズンのスケジュールを決めたいので、ということでした。まあ派遣しないと思いますが。その次の北京には派遣に少し色気を見せたニュアンスでした。World Cup of Hockeyについては次回大会を3年後にするか4年後にするかなにも決まっていないです、とのことでしたが、これだけ盛り上がったのですから次回があるのは確実でしょう。

ホッケーW杯決勝シリーズスタート

World Cup of Hockey 2016の決勝シリーズ(3戦制)が火曜日夜にスタート。カナダ代表と欧州チームというカード。欧州チームには8カ国の選手が参加。単独で今大会に参加しているロシア、チェコ、フィンランド、スウェーデン以外の国の選手達による混成チームです。メンバーにはNHLのスター選手たちが多く含まれるものの大会前の調整試合ではなにやらボロボロでもあったので期待は高くなかった欧州チーム(同じく混成だった北米チームはもっと期待が高かった)ですが見事カナダアメリカと同じA組から決勝進出。決勝を前に同チームからはtwitterで「誰も俺達に期待していなかった。誰もだ。だが俺達は信じていた。#JustUs」と内部では結束が強まっていた様子。

対するは地元カナダ代表。大会前からの本命でもある。所属選手のNHL Stanley Cup獲得数ではカナダが

ナンバーワン。しかし意外にもこのカテゴリでは欧州チームが8チーム中2位と、実力者をメンバーに揃えているのがわかります。試合前の国歌はカナダの国歌のみ。大会通じて欧州チームには国歌なしで、完全アウェイなムードも高まります。8カ国もあるので全部は演奏しきれない、どれか1国を優先するわけにもいかないという事情ですか。ちなみに北米チーム(アメリカカナダのU-23混成)の場合はカナダ国歌とアメリカ国家の両方を演奏していました。欧州チームだけが国歌なしの余り物扱い。その差が参加選手になにくそというモチベーションを与えていた可能性もあるんでしょうか。 Anže Kopitar(スロベニア、Los Angeles Kings)を主将、Tomáš Tatar、Marián Hossa、Marián Gáborík、Zdeno Cháraのスロバキア勢が目立ちます。

試合は第1ピリオド、欧州が押しまくっていたのですがカナダの2-0。ショートハンドからファストブレイクとなった瞬間にペナルティボックスから選手がちょうどリリースされそのまま攻撃参加してゴール。地元観衆歓喜。欧州も粘ったんですが3-1でカナダが先勝。中一日木曜日に第2戦。

興業としてはカナダ代表が決勝に進出さえしてくれれば成功間違いなし。開催地のTorontoはホッケーファン人口は世界でも最高の都市と思いますが、なにせNHL地元Maple Leafsが弱い。過去11シーズンでMaple Leafsがプレーオフに進出したのは1度だけで、そのときも一回戦敗退。熱いホッケーファンの鬱憤が長く溜まっている中、ポストシーズンのようなムードで応援できるのは稀なことで、鬱憤を晴らせる機会にもなりそうです。

ホッケー代表への視線の身内の厳しさについて補足

前項のアイスホッケー米代表の惨敗に対するおおっぴらな酷評について、少し補足します。

まず今回のWorld Cup of Hockeyは現在NHL放送をしていないESPN系列で久々に放送されるプロのホッケー放送でした。カレッジホッケーのFrozen Fourの中継こそありますが目立つところでESPN系列がホッケーを放送するのは同系列がNHLを捨てた2004年シーズン以来12年ぶりのこと。スポーツマスコミで絶大な影響力を持つESPN系列にWCoHが登場したのはアメリカでのホッケーの露出にとっては良い面があったと思います。しかし結果は普段の放映権を持たないしがらみがないせいかESPNからの容赦ない米代表批判という結果に終わりました。大会自体はまだ続きますし、アメリカ人若手選手を含む北米チームが勝ち進むことでまだアメリカホッケーにとって肯定的な話も出てくることはありえますが、こと米代表に関してはボロカスです。

それで連想したのがサッカーのアメリカ代表に対する報道についてです。アメリカのサッカー代表に対する報道はものすごく優しいです。これは相対的な位置が高い女子に対しても、そうでない男子に対してもそうです。女子なら先日のリオ五輪で準々決勝敗退という過去例のない惨敗大会になっても表立った批判は起こらない。男子は五輪へ二大会連続不出場でも批判されることもない。W杯で未勝利敗退に終わっても否定的なマスコミ記事が出ることはほとんどありませんでした。サッカーの世界でアメリカと同程度の実力、同じ様なサッカーの歴史の日本ではものすごい量の批判記事が各種配信されるのとまるで違うアメリカサッカーへの暖かい待遇。これはサッカーという競技の人気が長年低かったアメリカでは関係者の保護者意識が強く身内が手加減したコメントに終始しているように見えます。やっと芽が出たサッカーを批判でつぶせない、という感じです。

他のジャンルの米代表への論評も優しいものが多いように感じます。例えば昨今はカリブ勢に手も足も出ない陸上。その昔はアメリカにとっては五輪のメインイベントだった陸上短距離はその地位を譲って長くなってきましたが表立った批判はあまりない。アテネ五輪で敗れた常勝男子バスケ代表。World Baseball Classicで決勝に毎度進めない米代表野球。そういった他の米代表活動を考えても今回ほど酷評されたことが過去あったかな、と不審に思うほどの昨夜のホッケー米代表のひどい言われようなのです。

もう少しサッカーを例に比べてみたいです。先にも書いた通りアメリカではサッカーという競技が長くマイナーをかこっていたこともあるのでしょう、サッカーコミュニティの代表への辛辣な批判は少ない。サッカーを守りたいという感じがヒシヒシとするのです。それに対して今回のホッケー代表への辛辣さには同じ様な「ホッケーというジャンルを守りたい」というような感じがまったくしません。そんなボロカスに言って久しぶりにESPNでホッケーを見た人が「あ〜やっぱりホッケーはアメリカじゃダメか…」と思うことを怖れていない。

いまとなってはアメスポシーンの中でサッカーとホッケー、どちらがより露出が多いか、ファンが多いかということを考えたらこの両競技は互角に近くなっているかと思います。ある部分では既にサッカーが抜いた部分すらあるようにも思える過去10年ほど。でもアメリカサッカーはいまでもジャンルを守りたい意識が強いし、それに対してアメリカホッケーにはそういうのがないんだな、とちょっと驚く感じです。ホッケー関係者の間ではまだサッカーなんかに負けるわけはないと思っているのかもしれない。確かにNHLの売上高や放映権料など考えるとまだまだホッケーは強いですが、その差はホッケー側が思っているほど大きくはないのに、こんな辛辣で大丈夫か?という感じすらしたのです。

ここまでボロカスにこきおろして良いのか

私は昨夜Monday Night FootballをそっちのけでWorld Cup of Hockeyを見ていたわけですが、メインストリームの流れとしては月曜夜はやはりMNF、でフットボールの空き日となる今日火曜日にWorld Cup of Hockeyがグループステージの最大の山場(のはず)だったカナダ代表と米代表の激突の試合を中継。ESPNがプライムタイムにもってきています。水曜日になるとMLB Wednesday Night Baseball、木曜日にはもうフットボールの次週が始まってしまう。ここは空き日の火曜日にホッケー側が提供できるベストカードをもってきたわけです。結果はカナダの4-2。内容はカナダの快勝。これでカナダは2勝で1試合を残して準決勝進出決定。米代表は2連敗で敗退確定。ただしグループステージの残り試合がまだ木曜日にあるので米代表はふてて帰国することもできずにトロントに留まるというハメに。

米代表は初戦に混成の欧州チームに0-3で零敗したのが誤算で、この時点で敗退はちょっと残念です。メンバーはほぼベストに近い。2試合で2ゴールしか奪えなかったため今になって「なぜPhil Kesselを呼んでない?」とか言う声もありますが、まあほぼベストなのは事実。細かく言うと例の米カナダのU-23である北米チームに若手を獲られているので米国の全ての力が結集した米代表ではないです。

試合中試合後のスタジオ解説が敗退した米代表をぶった切っていたのがちょっとすごいなと思いました。Brett Hullがあきれかえったという態度で米代表の気合いのなさを酷評し続けていました。えーここまでボロカスに言っていいの?というぐらい延々と。Hull一人だけでなくESPNの中継・Sports Centerでもその点をなじる内容が続いて、私なんかはそんなにいじめてやらなくてもいいんじゃないの?なんて思いました。

隠れた好ゲーム WCoH ロシア x 北米U-23

NFL Monday Night Footballの裏番組でWorld Cup of Hockey 2016(以下WCoH)のグループリーグの一試合を見ていたのです。これがものすごく面白い試合で目が離せなくなってしまいMNFはほとんど見てません。まず状況を説明します。これはWCoHのグループステージB組の第2戦。ロシアは初戦をスウェーデン相手に落としている。「北米」チームはアメリカ・カナダの23歳以下の選手を集めた混成チームで、初戦ではフィンランドを相手に4-1で快勝。4チーム中2チームが準決勝へ進む仕組みなので北米チームが勝てば準決勝進出確定、ロシアは敗戦すれば敗退決定という状況です。

先取点を挙げたのは北米だったのですがこれが大変に絵になるゴールとなりました。ロシアのショットをセーブしたパックを受けて2015年のNHLドラフトNo.1指名だったConnor McDavid (Edmonton Oilers)が俊足を飛ばして駆け上がる。それもロシアの重鎮Pavel Datsyuk(昨季までDetroit Red Wings、今季はロシアKHL所属)を抜き去って。そこからゴール前に詰めた2016年NHLドラフト全体1位のAuston Matthews(Toronto Maple Leafs)にズバリ合わせて鮮やかなゴール。ゴール自体も鮮やかでしたけれど、この人材の配置がNHLの未来を予感させてすごいな、と。DatsyukはRed Wingsで長年NHLを代表してきた最良のテクニシャン。個人的な理由で昨季を最後にRed Wingsを退団してロシアに移籍帰国。このWCoHに北米での最後の顔見せに来ているところです。その旧世代のスーパースターを抜き去って昨年のドラ1と今年のドラ1がズバリ決めたゴール。歴史に残る世代交代のゴール!、というように私には見えました。ここで私は盛り上がってしまい、もうMNFはそっちのけに。

第1ピリオドは若さで走りまくる北米U-23のイキの良さが目立つ展開。このままこの若獅子軍団がロシアを突破して準決勝進出決定となれば、準決勝の相手はたぶんアメリカ代表かカナダ代表。これは期待できるぞとというところ。このU-23というチームを参加させた企画力の勝利です。

ところが第2ピリオドになって気合いを入れ直してきたのかロシアが一気に押し返す。4連続ゴールで一気に試合をひっくり返す。この大会の前の調整試合から冴えなかったロシアが突如大爆発。第2ピリオドが終わる前に北米が1点返して4-2で第3ピリオドへ。そこから北米の粘りが発揮されて4-3。最終盤にはエンプティネットにロシアの反則が加わり6-4での猛攻。ゴールパイプ直撃のあわや同点弾が飛ぶなど最後の最後まで行方のわからない大熱戦。ロシアが4-3で逃げ切り両チームとも1勝1敗となってます。熱い試合で堪能。若手チームがスター揃いのロシアに迫る様はMiracle on Iceも彷彿とさせるようなムードもあり、めったにない緊迫・迫力の一戦でした。ホッケー、めちゃめちゃおもしろい!と言いたくなる試合。

もう一つの混成チームである「欧州」チーム(=ロシア・フィンランド・スウェーデン・チェコ以外)もA組で二戦二勝で準決勝進出の好位置に付ける活躍。「欧州」「北米」をWCoH参加チームに加えた主催者の思惑は大当たりとなってます。

Malkin vs Crosby in Pittsburgh

ホッケーNHLの主催するWorld Cup of Hockey(開催地=Toronto)の前の最終調整試合が今夜行われます。その目玉試合はカナダ代表対ロシア代表の試合。場所はPittsburgh Penguinsの本拠地CONSOL Energy Center。なぜこれが目玉かというとPittsburghのダブルエースであるEvgeni Malkinがロシア側、もう一人のSidney Crosbyがカナダ側。Penguinsのエースがそれぞれの国を率いて地元で激突するカードだからですね。Crosby、MalkinともにNHLのMVPであるHart Trophyを獲得しているNHLの代表するフォワードです。二人ともPenguinsにドラフトされた生え抜きであるため対決は稀。それをこの機会に地元Pittsburghに持ってくるという興業センスはシーズンの盛り上げにはもってこいでしょう。

WCoHには8チームが参加。アメリカ、カナダ、ロシア、チェコ、スウェーデン、フィンランド、それ以外の欧州の混成チーム「欧州」チーム、さらに北米のU-23選手をまとめた「北米」チームの8チームによる構成。なかなかセンスいいなと思います。杓子定規に国家単位で対抗戦にすると選手層の厚みの劣る国が出るのは冬季五輪など見ても確実であり、欧州チームにまとめてしまうのは悪くないアイデア。ちなみにこのような地域の混成チームをワールドカップなどの国際大会に出場させる例はクリケットでもあります。元英国領のカリブの島国ではクリケットがプレーされているのですがいかんせん人口が小さい。そこをWest Indiesという単位でまとめて出場。これがうまくいって健闘しています。北米U-23の方もなかなか魅力的です。直近のNHLドラフトの上位指名の話題の選手たちが顔を揃えるフレッシュな顔ぶれでこちらも楽しみ。

  そういうことで見たんですけれど、ちょっと期待外れ。まあ大会本番が土曜日に迫っていることもあるのか数日前の調整試合ほどスピード感がなかった。特にロシア。まあ本番が始まればまたおもしろい試合もあることでしょう。土曜日に開幕、その日はカレッジフットボールの好カードが目白押しですから個人的にはホッケーまでは手が回らないかと思いますけれど大会が進むにつれ楽しめると良いです。放映はESPN系列で。NHL放送をしているNBC系列に今大会の放映権獲得の優先権があったのですが、同系列はパラリンピックを放送せねばならなかったりで余裕がなく、ESPNが放映権獲得。その昔ESPNがNHL中継をしていた当時の懐かしいテーマミュージックがなかなか良いです。

World Cup of Hockey前のエキシビションを見て

フットボールシーズン幕開けのこの時期ですが、どうしても気になったことがあったので。アイスホッケーの国別対抗戦World Cup of Hockey(以下WCoH)が来週開幕予定。場所はカナダ・トロントで。その前段として数日前から参加各国によるエキシビションゲームが北米各地で行われています。ESPNやNHL Networkなどで放送されています。同大会が開かれるのはこれが三回目。その内容が皆元気そうにガンガンプレーしていて良いなあと思ったのです。

このWCoHにはNHL所属の選手達が大挙参加しており、イベントの主催者はNHLとNHLPA(選手会)。開催時期はNHLのシーズンが10月に始まる直前の時期。おわかりでしょうか。MLBとMLBPAが主催する野球のWorld Baseball Classicとほぼ同じスタイルのイベントなのです。

なにが気になったかというとWCoHでは地元カナダ・アメリカを含め参加国はほぼベストメンバーを揃えており、プレーぶりもあまり露骨なボディチェックはまだ見かけませんが(まだ大会前ですし)スター連中も溌剌とプレーしている。これがWBCだとMLBのベストメンバーにならないのが寂しいかなあ、と。野球の場合、投手への負担が他のポジションと比較して著しく大きいこと、そしてMLBのシーズンが休みもろくになく長期にわたることから、春先3月にコンディションを仕上げるのに適さないということがあるわけです。その辺の事情は野球ファンの方々は既にご存じのことかと思います。それに比較するとほとんど同じ開催条件なのにホッケーはこれだけ各国が準備できてしまうのだなあと。いつか野球でそれができるようになることはあるんだろうか、というのが私の思ったことなのです。

日本の野球では既に先発投手の中五日制が確立している。MLBでは中四日のまま。そして毎年大量の故障投手が出る。MLBコミッショナーが試合数の削減に言及したことがありましたが、あれはたぶんプレーオフの日程を増やしたいという辺りが本音かと思いますからMLBのシーズンが楽になることはなさそう。そうなってしまうと他のスポーツのように国別対抗戦をジャンルの人気の刺激剤にすることは難しそうです。なんかもったいない気がしますね。WBC、あんなにおもしろいのに。

大人になったCrosby

今日語っておかないと語る機会がなくなりそうなのでNHL Stanley Cup Finalについて。

Pittsburgh Penguinsが4勝2敗でSan Jose Sharksを退けて優勝。PittsburghのエースでキャプテンであるSidney Crosbyにとっては二度目の優勝。プレーオフMVPも受賞しての満点フィニッシュとなりました。シーズン中のHC解任・新HC登場。試合内容も冴えないという話を当ブログでもあげつらっていたあのPenguinsが年が変わって2016年になってから一気にまとまり、レギュラーシーズン終盤に勝ちまくった勢いをそのままStanley Cup制覇までたどり着きました。ホッケーはコレとピンポイントで勝因を挙げるのは難しいスポーツかと思いますが、その中でCrosbyの二度目の戴冠はよく走りきったなというイメージです。

Penguinsにとっては今回が4度目のNHL制覇。2009年の3度目の優勝のときはCrosbyを始め魅力と才能のある若い選手がメンバーに揃っていてNHLにすごい王朝を築けるのかもという期待があったのですが、あれから7年かけてなんとかCrosby時代2度目の優勝に届きました。この二度の優勝の間にChicago Blackhawksが3度のNHLを制覇をしてPenguinsよりも先にNHL常勝・王朝のイメージを得たのはPenguinsにとっては悔しかったでしょうが、このCrosby時代2度目の優勝でCrobyもやっと歴史的に見てスーパースターとしての地位を固めたことになるんじゃないでしょうか。

試合直後のインタビューの中で前回優勝当時からの盟友GK Marc-Andre Fleuryについて問われて「複雑だろうけど」なんて気遣っていたりしました。Fleuryは先発GKの地位を追われてプレーオフでは先発僅か1試合、出場2試合。完全に裏方に。でもFleury、カップを頭上に掲げる順では4番目(か5番目)と随分優遇されていて、Malkinやプレーオフ最多ゴールだったKesselより先だったりもしました。プレーオフで大活躍となった新人G Matt Murrayの扱いも含めてシーズンオフから来季にかけてまだチーム内力学でいろいろ起こりそうです。

Crosbyはこの7年間、脳震盪で長期欠場・引退すら取り沙汰されることになるなど長い長い7年間でした。喋りや表情が大人っぽくなったという評もありますが、私から見ると暗くなったようにも見える。若くしてNHLを制覇した当時はフロップが多いとかなんとかアンチ(やっかみと私には思えましたが)からの攻撃が多かったのが、暗くなって近年はそういう批判は減った。それが良いことかどうか。NHLの看板選手になるにはNHLの文化に合ったこういう暗さ(男らしさ?)を演出しないとダメなんですかね?どう言っていいのかわからないですがちょっと残念な気もします。なんというかNHLの外へアピールできる魅力が減ってしまったような。7年。本当に長かったなと改めて思いました。

Penguins史上初の地元での優勝決定を逃す

Pittsburgh Penguinsが王手をかけていたStanley Cup Final第5戦はPittsburghの地元Consol Energy Centerで同所史上最大の動員での試合となりましたが、San Jose Sharksが4-2でとって、Penguinsは地元でのStanley Cup制覇に失敗。まだ第7戦で再びConsol Energy Centerに戻ってきて優勝の可能性もありますが、過去3度の優勝時はいずれもアウェイでの優勝決定。Penguins初の地元での優勝決定の機会を逃したことに。

試合内容もいただけないところ。今シリーズ4戦で一度もSan Joseにリードを与えていなかったのが試合開始早々に失点、次いで追加点でSan Jose 2-0でスタート。しかし直後にPenguinsもゴールに迫り、22秒の間隔で2ゴールを返して2-2。試合開始約5分で両軍併せて4ゴールとゴールラッシュのスタートに。その後は試合も落ち着いて、最終スコアは終了2分を切った時点でのエンプティネットを加えて4-2。今シリーズほぼフォワードを3ラインのみで廻していたというSan Joseの粘り勝ち。

少し興味深かったのは今シリーズ、相手から挑発されても相手にせずプレーに集中していたSidney Crosbyが応戦したことですか。挑発と言ってもホッケーと他のスポーツは違います。ホッケーで挑発といったら審判の目を逃れた場所でバーンとクロスチェックだとか他のスポーツなら十分反則罰金が出るようなことを仕掛けてくる。ドアが開いたベンチエリアにCrosbyを押し倒す。そんな行為にまったく反応せず立ち上がって去っていくという、逆に凄みさえあるCrosbyのいじめられっ子ぶりだったのが、この日は応戦してました。なにか気持ちの違いがあったんでしょうか。

バスケだと7戦制で3勝1敗となるとめったにシリーズの逆転勝利はないですが(先日のGolden Stateのカムバック逆転勝利はNBA史上10例目)、ホッケーでは割とあること。Pittsburghの3勝2敗となって次は日曜日に@San Jose。激戦が見たいです。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文