アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

格闘技

露骨な自局イベント贔屓にしても

スポーツ報道最大手のESPN Sports Centerでこのところボクシングの話題に時間を割いているのによく出くわします。例のボクシング復興ムーブメントであるPremier Boxing Champions (PBC) がESPNで放送されるようになったからです。PBCは地上波NBCでの大々的なデビュー放送を行ったり、ケーブル局各地で試合を放送するなどボクシングの反転攻勢をはかっているわけですが、今月からは遂にスポーツ放送最大手のESPNでも放送を開始。今週末にも同局で試合があるためその前宣伝を兼ねてSports Centerがボクシングネタを連日のように繰り出しているというわけです。

ESPNでは過去17年間に渡ってFriday Night Fights (FNF)というボクシングの定時番組を放送していたわけですが、そこから看板をかけ替えカード的にもグレードアップしての放送となっています。正直言えば私にはグレードアップと言われても知らない選手ばかりですがとにかくそういうことです。少なくとも舞台設定は間違いなくFNF当時よりゴージャスになるのは誰が見ても判ります。

PBC on ESPNの初回放送となった7月11日土曜日の放送は平均80万人。微妙な数字となりました。当夜はUFC 189の前座カードがFOX Sports 1で同時刻に放送されておりそちらが84.7万人。FS1とESPNのベースとなる視聴者の数ではESPNの方が圧倒的に多いという前提条件からすれば80万対85万人という数字以上にUFCがPBCに快勝したと考えて良いはず。最大手ESPNの力を示すためには二回目のPBC on ESPNの放送となる今週末の試合では前回を大きく上回る数字を出したいのでしょう。ゆえにやたらとSports Centerでも番宣に力が入っているという具合かと思います。

Battlebotsが帰ってくる

NBA Finalsの合間のCMで番宣をやっているんですがあのBattlebotsが帰ってくるようです。昔やっていた頃は大好きで見まくっていたアレが帰ってくるのかと興奮。

Battlebotsというのは3分一本勝負のロボット同士の戦い。相手ロボットを戦闘不能にするのが基本的な試合の目的です。物理的に破壊するもよし、相手をひっくり返して行動不能とするもよし、「アリーナ」内に設けられたトラップ(メタルソーが床下から出てきたりハンマーの打ち下ろし)に追い込むもよし、稀には制御不能に陥ってTKO敗戦というのもあります。重量でクラス分けされスーパーヘビー級のロボットなどは成人体重はたっぷりあってそれが巨大な刃物をぶん廻しながら突撃。お互いの金属ボディから火花が散り、あるものは無残に叩きつぶされ、あるものは腕をもがれ駆動輪をはね飛ばされ、あるものは黒煙を上げて沈黙し、その沈黙した相手を容赦なく攻める。でまたそれぞれのロボットにはWWEプロレスラー風のおどろおどろしいリングネームが付けられておりムードに一役買う。 BioHazard(医師チームが開発とか気が利いてます)とかDiabloとかあとはもう名前を忘れちゃったですがこれはもうこの会場外で走らせたらもうヤバいテロマシンだろ…っていうようなものが何体もありました。一時期の人気は凄まじく一般のおもちゃ売り場に登場する人気ロボットのフィギュアまで売っていたのです。さらには他局も真似した番組を放映し始めるなど一大ブームでした。

いま調べて見ると放映していたのは2000~2002年だったようです。ということは大学生年齢の人はなんとか覚えているかも、高校生は確実にもう知らないんですか。あれは良いです。

あれだけ人気があって各局が参入しながら突然のように同系統の番組が消えました。あっという間に消えました。人気は相当にあったのでなぜ消えたかについて得意の陰謀論で推測してみると、開発が制御不能になる、テロに利用されるのを恐れた政府関係者がいた可能性を当時思いました。時代も正に9-11のテロでWorld Trade Centerが崩れ落ちた2001年に重なります。

番組では試合だけでなくその開発チームの様子をリアリティTV風に見せる部分もあったんですけど、スーパーヘビー級のロボットを試験的に会場外の駐車場で動かしている様を見ると、これ怖いだろ、やめてくれよと思わずにはいられなかった代物ですからテロ懸念でTV局を通じて資金提供を止めるように圧力がかかった可能性は排除できないように思われます。試合会場で戦ってる分には怖くないんですけど、普通のそこら辺で走ってる姿は怖さがありましたねぇ。

そんなこんなのBattleBotsが帰ってきます。その昔のダイジェストはYouTubeでも何種類も見られます。手短なのだとこんな感じです。人間同士の格闘だったらもっと早く止めなくてはいけないのがロボットだから完全破壊されるまで続けても良いのも魅力ですね。2015年バージョンで復活ということで新機軸もあるんでしょうか。NBA Finalsが終わった翌週から放映開始のようです。

Mayweatherらしさ満点の勝利はボクシングの勝利になったか

結果から見れば大方の予想通りの試合になったと言えましょう。効率を誇るMayweatherペースでのMayweatherらしい勝利。KOに近いシーンは皆無。唯一の見所は中盤にPacquiaoが二度ラウンドを獲ったそれぞれ直後のラウンドでMayweatherが思い切って踏み込んできたところでした。あれがPacquiaoにとっては数少ないカウンターを狙える=試合を大きく動かす好機だったんですが、Pacquiaoは普通にかわして何も起こらず。状況をMayweatherに踏み込まざるを得ないようにすることができたのは良かったのにそれを生かせず単にラウンドを取り返されてスコアの差を縮められなかったのがそのまま敗戦に。

試合後のPacquiaoが「勝っていたと思った」という発言には批判が出そうです。まさかあの内容で勝っていたとは誰も思わないはず。普段から良いパンチの一発や二発は喰って上等という試合をするPacquiaoにとってはダメージはなかったかもしれませんが、ボクシングの採点からすればビハインドで10ラウンド終了時でKOしかなくなったのは明白だったように思います。それを追い込まなかった最終盤。トレーナーのFreddie Roachも口数少なかったですし、敗戦しても陣営もなぜか笑顔が多く、言っちゃ悪いですが勝利への執念に欠けていたように感じました。こうなると誰もが簡単に予想する通りの試合展開になっているのに、それに対する対策がなかった。それをさせないMayweatherのかわしのうまさが勝ったということでも良いですけど。 ロープに詰めた場面が多かったのに決定打を許さないMayweatherの余裕がハイライトですか。一番苛立っていたのはMayweatherシニアでしたね。 


セレブ大集結で会場も賑やかでした。Tom Bradyなんかは昼間はKentucky Derbyを現地観戦してそこからこの試合へ飛んできたそうです。ゲート収入ではSuper Bowlを上回ったとか。何十年に一度の大イベントというムードは満点でその意味では楽しめましたが、試合の方はメジャーイベントだという色づけを除けばMayweatherらしい普通のMayweatherの試合だったという他ないかと思います。イベントとしては大成功、試合としてはああやっぱりという試合。注目度を別にすれば好試合とは言えない。さらに大きなスキームとしてのアメリカでのボクシング人気の復興策の重大パーツとしては物足りなかったかなというところでしょうか。

いよいよ今夜ゴング Pacquiao x Mayweather

今日は昼間にケンタッキーダービーが、夜はボクシングの世紀の一戦があります。

既報の通りESPN Sports Centerを始めとしてここ二週間ほどMayweather x Pacquiao戦の話を聞かない日がありませんでした。この期間、序盤は一般には馴染みが足りなかった両者とも顔と名前は十分に一般に浸透したと考えて良いでしょう。我が街でもスポーツバーなどは予約満杯。今夜はテーブルを予約するだけで一人$30とかとられます。両者の過去の好ファイトをいくつも無料で放映もしてました。

Mayweatherに関してはここ数日は過去のDV事件についてのネガティブな報道が主流になってます。どこかから横やりが入ったんですかね。先週はMayweatherがどれほど凄い選手かという話が多かったのに、流れが変わってます。スポーツ賭博や一般ファンの投票などではほぼ6:4でPacquiao支持が多いのは好感度でPacが勝ったということか、それとも積極的なPacquiaoのファイトスタイルが支持されているのか。

盛り上げにきています

ESPNの看板番組でありアメスポ情報源のデファクトスタンダードであるSports Centerが連日長尺の時間を確保してMayweather x Pacquiao戦関連報道を続けています。あと9日として今日はEvander Holyfieldをスタジオに生出演させて正午からの放送で同戦を語らせています。どうしてもどちらが有利かどちらが勝つかについては口に出したくないようだし喋りもかなり下手で番組としては締まらないコーナーになってしまったんですが、それはともかく毎日毎日煽るなあという感じです。話は今週末にあるWladimir KlitschkoとBryant Jenningsにも及びボクシング復興プランの一環なんだなあと改めて思い知らされることに。こんなコーナーでもなければSports CenterがKlitschkoの試合を前もってこんな風に取り上げることはなかったわけですから。Klitschkoは強いのではなくただひたすらデカいのだという論説にHolyfieldが抵抗する様は時代遅れっぽいようにも感じました。

Mayweatherについては当ブログも以前に指摘していたことを同番組でもおおっぴらにあげつらっていたのが印象的でした。いわくMayweatherのファイトスタイルはウリになりにくいのでキャラと無敗の事実でウリを作っているのだという点ですね。まったく同意なんですが、それをアメスポの最大情報発信源で語るところが今回の新味かと。

あと(たぶん)前日から同番組内で流れているMayweatherの自宅訪問してのインタビュー部分も繰り返し毎時流れていて試合の存在の周知は来週の試合本番までに最高レベルに達することでしょう。PPVの新記録は確定的、どれほどの数字が出るのかわくわくしますね。

おもしろいのはその自宅インタビューの一場面でMayweatherがマクドナルドのチキンナゲットを食べているところ。その前の部分までは自家用ジェット機内を見せたり贅沢な家の中を案内したりとリッチぶりゴージャスぶりを色々と演出していたのにマックかよ!というところがおもしろかったです。

二回目のボクシング地上波 視聴者数は多いの少ないのか

評価が難しい数字が出ています。地上波NBCでのPremier Boxing Championshipの放送が先週末ありました。初回の放送の307万人視聴からは予想通りのダウンで262万人。私も見てないです。ダウン幅は一割強、初物の珍しさで見た層が消えただけと考えればまずまずと評価すべきなのでしょう。

試合は見ていないのでコメントすべきことがないですが初回二回目の四試合がすべて判定となったようで今後どう興味をつないでいけるのか。

視聴率の評価はいろいろ難しい面があります。ボクシングの定時放送としてESPN系が放映するFriday Night Fightはおおむね安定して40~50万人で推移。それと比較すれば5~6倍の視聴者を得ているわけですからPBCの二回目もボクシング放送としては相当に高いと言って良い。(ただかけている制作コストからすれば物足りないということになるんですが、それはまた別の機会に)

比較としてサッカーの話を出してみましょうか。斜陽とされるボクシングとアメスポ内で徐々に存在感を増しているサッカーなんですが、サッカーMLSの今季開幕週の視聴者数はESPN2でのカードが54万人、同夜のFOX Sports 1での放送が27万人弱の視聴者として発表されています。それぞれ前年比較(FS1は今年からなので同時期のNBCSNでの数字と比較)して大きく伸びたとしてMLS公式サイトなどは小躍りしたような記事を載せています。ただ冷静に見ると伸びたけれど、それは元々が低いからじゃないのかというツッコミもしたくなる数字ではあります。開幕週以降はMLSの視聴者数は落ちています。

上がった上がったと言っても地味なボクシング定時放送に追いついた程度なのです。かたやサッカーMLSは30~50万人程度で大喜び、ボクシングはFS1のサッカー放送の10倍近い262万人でうむむと危機感を覚えている状態なわけです。何をもって良しとするかは見る角度次第なんですよね。

NCAAレスリングトーナメント

実はこの日のバスケのNCAAトーナメントの裏でNCAAのレスリングトーナメント決勝の放送がありました。これが例年以上の好試合の連続ですっかり見入ってしまいまして、ちょうど放送時刻が重なったバスケ第1シードのVillanovaの敗戦を見るのがちょっとおろそかになってしまいました。

今年のレスリングトーナメントはすごく良かったです。ほぼ毎年見てるんですが、今年は劇的な逆転があったり例年以上に試合が煮詰まってからのポイントが動く試合が多くてとても楽しめました。カレッジレスリングはこののところルールを細かくいじってきているのが効いてきたのか膠着が少なくなって見る側に配慮した形になっています。選手は大変で終盤になってのどんでん返しを喰った選手なんかは試合後天を仰いでました。ビデオ判定もありで、とある階級の決勝では同点の残り1秒での反則があったのかなかったの判定がビデオに持ち込まれて、結果反則ポイントが認められての優勝決定という場面もありました。四連覇を達成した選手が出たOhio Stateが学校別では初優勝。Ohio Stateは何でも強いですね。


300万人超でほっと一息 ボクシング地上波放送

速報値が出てます。地上波に復帰したボクシング放送の一回目が310万人程度という数字になっています。今後まだ数字の調整が入るので最終的には300万を下回る可能性もありますがまずまず及第点は確保したようです。土曜夜という視聴率の出にくい枠を考えれば関係者は胸をなで下ろした数字となったんじゃないでしょうか。先日もレポートした通りで第一試合が決しておもしろい試合ではなかっただけによくこれだけ確保できたなという気がします。

ちなみに同じ地上波NBCではNHLのレギュラーシーズンの放送もここのところ流していますが、そちらのほぼ3倍の視聴者数です。

そう言えばその地上波放送の中で他系列のボクシング番組のスケジュール宣伝なんかもしていて、これはボクシング界が一体となって人気復興を目指したプロジェクトなんだなあというムードがそこここにしていました。

週明けの視聴率報道が怖いPremier Boxing Championship

30年ぶりに地上波NBCに帰ってきたボクシング。その試合見たんですけど、週明けに出てくる視聴率報道が怖い内容となってしまったような気がします。冒頭の一戦、Adrien Broner x John Molina Jrというカード、Molinaが12ラウンド通してまったく手が出ないまま惨敗という実におもしろくない試合でがっかり。第3ラウンドだけ当たったもののそれ以外はほとんど手も出ない。たまに出しても大振りで相手頭上25センチの空を切って当たる気配もない。今回はアメスポの流れの中で大事なイベントということで私は我慢して見ましたけれど、一般の視聴者を引き留められるような内容ではなかったと言わざるを得ないかと。散々過去書いてきた通りこの放送はボクシングというスポーツの今後を決めるボクシング界がいま出しうる全てを賭けて行ったイベントなのに、その第1試合がこれかよ、と。こんなまったく手も出せない選手を選んだのはなんなのか。Bronerが倒せるであろう選手として選んだのかなんなのかわからないですが、Bronerも倒しに行かない。戦前Bronerはショーマンだという評判もあったのですがそんなところもなく。スポーツのライブですから常におもしろい試合が行われるわけもないものの、ここまで内容が乏しいと落胆しますね。

演出の方は派手にやるのも嫌、かと言って地味過ぎるのも嫌、なんでしょう。WWE的な登場ステージはしつらえたもののライティングや音響は地味。花火が上がるわけでもない。突き抜けてないなあという演出。選手紹介のビデオも地味で下手な編集に見えました。一般視聴者の目先を掴む努力としては低い点数を付けざるを得ない。そして上述の手もでない試合へ。そもそもこの試合12ラウンドもやる意味があったんでしょうか?タイトル戦でもないのに。

細かい話ですが気になったのが登場前の選手たちにインタビューする男性がデカ過ぎ。なぜあんな長身大柄な人物を使って選手たちが短躯に見えるようにしなくてはならないのか。有名な元選手でもない(少なくとも私は知らない)のに起用して選手をみすぼらしく見せる理由がわからないです。リングサイドレポーターとなったLaila Aliは大柄な女性ですが少なくとも知名度はあるから意味はあると思いますが。

第2試合は初回からとばしていて悪くなかったですが予告KOの第4ラウンドを過ぎた辺りで試合の途中ですが私はギブアップさせてもらいました。ざっと二時間はこの放送に付き合ったので十分かなと。せめてこの第2試合の方が番組冒頭だったらなと。そしてなぜこれも12ラウンド制だったのでしょう。ラウンドが長ければ格が上の試合、というボクシング的常識はわかりますが、ボクシングを普段見ない層に対してはそういうボクシング的常識は無意味です。番組演出の中途半端さやなぜか12ラウンド制というところからして、ボクシングの外に向かってアピールするという目的意識が番組制作のどこかの時点で霧散してしまったのかもなという感じもしました。

どれほどの視聴数字が出たか楽しみかつ怖いですね。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文