アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

New Sports/Minor Sports

Formula E、Massaも参戦して新シーズン

電動エンジンを搭載したカーレース、Formula Eの2018-19シーズンのプレビュー番組が放送されていました。元F1ドライバーのFelipe Massaが今季からFormula Eに参戦するとか。以前は秋にシーズン開幕していたと思いましたが、来るシーズンは12月開幕のようです。最終戦はニューヨーク・ブルックリンでのストリートコースで2019年7月に。

自動車産業に於けるEV化の波は既に止められない世界の潮流であるようですが、そのトレンドに対して動きが鈍いのがアメリカ連邦政府及び基幹産業。欧州やインドなどは既に自国におけるEV化の目標年限を定めているところがかなりあります(いろいろ無理をしているとは思います)が、アメリカではそういう話はまるで出てきません。
政治的には自動車産業大国という面と、産油国という面と両方の面をもつアメリカ。早急な脱化石燃料の動きは産油州であるテキサスやアラスカでは死活問題。両州とも現在の与党共和党の地盤州。そういう政治的な思惑から米国ではEV化の掛け声が他の先進各国と比較して大きく遅れているということなんだろうなあと思ってます。自動車産業の方は静かに準備はしてることとは思いますが。

EV化時代のスポーツ界での象徴にもなりそうなFormula E。今季がFormula Eの5シーズン目。過去もTVでの放映はしていましたが今年は過去以上に気合が入っているように見えます。ドライバーの方では上記の通りFelipe Massaの参戦がある。製造としては日産が初参戦(旧ルノーのチームを引き継ぎ)。日本との関わりとしては他にPanasonic Jaguar Racingというチームがあります。同チームはNelson Piquet Jr.を昨季から引き続きドライバーとして起用。スケジュール的にはアジアでは日本での開催はなく中国と香港でそれぞれ開催。
レースは全戦時間制限制で争われます。固定の周回数はなく、45分間+ラストラップ1周で争われるためざっと1時間でスタートからフィニッシュまでが完了するという仕組み。TV向けに都合よくということか、それともバッテリー容量の問題か、はたまた長いスポーツイベントを見てくれる人が減っている21世紀的事情を鑑み他のスポーツイベントと差別化、最初から短めのイベントを意図か。

DRLはe-Sportsと比較してビジネスになりうるのか

Drone Racing Leagueの創設3年目のシーズンが佳境に入ってます。DRLについては過去書きました。その名の通りドローンでレースをするのです。時速130km/h以上のスピードのドローンで3次元コースを飛び回る。全6戦のレギュラーシーズンが終わり、サウジアラビアでの決勝へ進む選手が確定したところまで放送が今週終わりました。個人的にはすごくおもしろいと思ってます。見せ方がうまいんですよね。一番最新の放映回でのレースの会場はドイツのBMW本社近くにあるBMW WELT内で開催。今季はベガスのインドア遊園地Adventuredomeなど開催場所が奇麗なところが多くなってます。初期は倉庫の中や立体駐車場や廃工場みたいなところをヒュンヒュン飛んでたもんですが、アップグレード感が高いです。

北米の選手、欧州の選手入り乱れて最終戦=2018 Allianz World Championshipへ8選手が進んでいます。ちょっと応援していたスイス人のGAB707ことGabriel Kocherは決勝に進めず。なぜGAB707かというと、この選手はちょっと他の選手と毛色が違ったからです。アメリカ人選手はレッドネックっぽかったりするのですが、GAB707はインテリでカナダの名門大学McGill大で材料工学と理論物理学の博士課程の学生。同時にドローンレーシングで二度カナダの全国大会で優勝。他にもロッククライミングが趣味という多芸・リア充な方です。こういう人が世界最高レベルのエリートFPVパイロットなのね、というところが良いかなと。

例えばカーレースとかバイクだと選手のタイプが同じタイプ・似たバックグラウンドの人たちになってしまう傾向があると思います。別にそういうタイプの人でなくてもレースはできるはずですが現実には一定の人種が揃う傾向にあるかと。X Sportsでもそんなところがありますよね。それがDRLだとそうでなくてこんな人がエリートパイロットかぁと。FPV(First Person View)なので、将来無人巡航ミサイルなどの兵器・ロボットみたいなものを遠隔操作するパイロットが必要になったときに求められるのはまさにこういう人・GAB707じゃないのかなあ、という夢想をさせてくれる選手なのです。
レース前にどういう三次元軌道でコースを攻めるのが最善なのかをコンピュータでシミュレートして試合に臨んでいる姿など、ああ21世紀なんだなあという感じでもあります。GABは美男子とまでは言いませんがすっきりした顔立ちで、外国語訛りの英語もなかなかに色っぽいような。


前回DRLに触れたときも比較したELEAGUEの方は今Call of Duty: Black Ops 4の放送になっています。正式種目ではなくて宣伝を兼ねた短期間のタイアップみたいですが。先日までMLBポストシーズンを放送していたTBSで放送。我が家でもおなじみ定番のCall of Dutyの新作の登場で弱盛り上がってはいるものの、結局のところ他人がプレーしているのを見るより自分でプレーした方が楽しそう、という気持ちになる、というのは以前も書きました。観戦スポーツとして成立するかどうかはどうなのか。ゲームをやらない人でも見るようになるのか。ゲームをやる人が見て楽しいと思えるようになるのか。将来の展開が読めません。
他方、DRLはその神業ぶりがすごくて真似してみようとも思わないというところが違うような。始める敷居はELEAGUEの種目のゲームの方がずっと低い。実際にプレーしている人の数も圧倒的に多い。DRLもシミュレーターを提供してドローンを購入せずにDRLの実際のコースを体験できるようにして始める敷居を下げる努力をしているし、シミュレーターを通して始めて腕を上げ、DRLのパイロットに昇格した選手も実際にいるようです。この辺が旧来のスポーツと違ってe-Sports的でもあります。
レギュラーシーズン最終戦のBMW WELTでのレースでは3000人の観客を入れてなかなかに盛況であったとされます。e-Sportsよりもドローンを飛ばさない人・やってみようと思ったこともない人を惹き込む力はありそうにも見えますがどんなもんか。こうやって世の中の新時代は展開していくのかなと思わせる存在です。

ビジネスで考えるとELEAGUEはゲーム会社とタイアップして直接的で太いカネの流れを作れるという点でDRLより遥かに強い。ドローンはそれ自体は普遍なので、人気が出れば後発団体が発足するだろうし賞金をアップして既存のパイロットの引き抜きもあるでしょう。格闘技団体やX Sportsイベントと似た状況になりうるんでしょうね。

カレッジフットボール専用TVコマーシャルがウケる

先週から流れ始めたこのコマーシャルがツボにハマってしまったのでご紹介してみます。日本ではほとんど人気がないと思われるDr. Pepperというルートビア系の味の炭酸飲料のコマーシャルで、熱狂的なカレッジフットボールファン兼Dr. Pepper愛飲家しかいない架空の田舎街Fansvilleを舞台にしたシリーズもののコマーシャルの一部です。

カレッジフットボールファンのはずの息子のベッドの下にサッカー雑誌があったのを親が見つけてしまい、両親が息子を説教するという設定がウケてしまいました。母は「あなたの年頃はいろんなスポーツに興味を持つのは自然なことだから」となぐさめ、父「最初はサッカーかもしれないが、その次にはラクロスを見たりするようになるんだ」と嘆く。おわかりのことかと思いますが年頃の息子がポルノ雑誌を隠し持っていたのがバレたという、まあ世界のどこででも昔はあったであろうシチュエーションのパロディです。
これ、最初は笑って普通に見ていたんですけど、いまの時代は紙媒体のポルノ雑誌って入手困難なんじゃないんですかね?このシチュエーション自体が若い世代には意味不明なのかもしれません。

それはともかくカレッジフットボールの対極にされるのはサッカーやラクロスなんだなあというところがおもしろいです。サッカーはいまでこそ観戦スポーツとして市民権を得ましたが、それはほんのここ10年強のこと。現在のアメリカ人成人にとってはまだサッカーはあとから出てきた、伝統的なアメスポ価値観とは別モノなんでしょうね。だからこういうCMが成立する。それがラクロスとなるとさらに新しく違和感が高いと。
裏を返せばこういうふうに言及されてジョークとして成立するほどには存在感を獲得しつつあるという証明でもあるのでしょう。両ジャンルとも当ブログではサッカーはMLSが零細マイナーな頃から、ラクロスもほとんど日本では報道がないであろうMajor League Lacrosseなどを何度もご紹介してきた競技でありますから、ちょっとした感慨があります。いまさらMLSを紹介する必要はなくなったし、MLLもまだまだ利益体質という意味では課題は多いですが「次」があるとすれば今ならラクロスだと認知されるようになってきたのはDr. PepperのCM担当者にも認めていただいたレベルまで来てるわけですね。

最後の最後にがっかりのラクロス世界選手権

残念なものを見てしまいました。4年に一度のラクロスの世界大会である世界選手権の決勝戦が行われ、恥ずかしい審判の誤審およびタイムキーパーの三度ものアシストで米代表が逆転勝ちで優勝しています。好大会だったのに、こんなフィニッシュは見たくなかったです。

8−7とカナダがリードした試合の最終盤にカナダがポゼションを得たのですが、ここで審判がカナダ側にオフサイドがあったとしてポゼションをアメリカ側にわたす。ESPN2でのアナ・解説者も即座に誤審を指摘しましたが、ボールを得た米代表側は即座にリスタート。そのまま同点弾。これはマズい。マイナースポーツではビデオレビューがないことは仕方ないとして、この大会を左右する大事な場面での明瞭な誤審をやってのけるのは。
これだけならまだ誤審というだけで済んだのですが、それに続いて同点で米代表がラストショットを打とうかという試合時間が残り12秒から米代表は4本のシュートを打つ機会を得て最後の4本目が1秒残りで決まって逆転優勝。え?12秒から3本もシュートを打ってその3本はすべて外れてアウトバウンドになったのにまだ4本目のシュートを打ったのが入ってなお1秒残り?どうやってそんなことが起こりうるのか。
タイムキーパーが時計を止めまくり、インバウンドのたびに時間を足したからです。そんな馬鹿な。2本目が外れたときには2秒とかだったのを5秒に増やし、さらにもう一本シュートを打って0.7秒になったのを2秒に増やし、決勝ゴールの機会を確保。カナダ側には抗議の機会もないまま米代表側に有利な変更が何度も加えられての勝利。決勝点後にカナダ側は猛抗議するものの後の祭り。残念というのは抑えた表現で、正直言ってしまえばこんなことまでして勝ちたい、勝たせたいか?という感じ。がっかりですね。

連想したのが第1回WBCの日米戦、米メキシコ戦。またはロンドン五輪での女子サッカー準決勝での米カナダ戦での6秒ルール適用→インダイレクトキック→ハンドボール→PKのコンボプレゼント。なぜこんなことをしてまでアメリカに勝たせなくてはいけないのかなという場面が何年に一度か露見するときがあります。やれやれであります。

ラクロス 3強に続く各国および日本代表

前項でも書いたラクロスの世界選手権ですが、ここアメリカでは米代表とイロコイ(地域としては米加の国境線を跨いでいる)の試合を中心にTV放映しているので、日本代表戦はたぶんイロコイとの対戦となる準々決勝まで見られる機会はないかと思いますが、ここまでは日本代表は順調に3戦全勝となっているようです。次戦はドイツとプエルトリコの勝者との対戦。プエルトリコにはNCAAの現役選手がかなりいるそうなので難敵。過去の実績では日本に分がありますが、どうなることか。勝てば最上位カテゴリの青組3位との対戦が次戦となり、これがイロコイ戦となるはず。
今大会はESPN系列で主要な試合は放送されていますが、TVで放映されない試合はESPN+で視聴可能。ESPN+というのは過去ESPN3.comで無料(正確には完全無料ではないですが)でウェブ公開していたものを有料化したもの。月額$5。先日のボクシングManny Pacqiaoの試合もESPN+で放映していました。

ラクロスの世界選手権は4年毎開催で、大会での成績が次回大会(2022年カナダ西部開催予定)の予選シードも兼ねる仕組みとなってますので一戦一戦が重要。日本代表は前々回2010年英国大会の4位から、前回2014年デンバー大会で8位へと下降したため今大会では最上位カテゴリ6カ国から外れています。今回のイスラエル大会での順位戦は正念場でもあります。前回のデンバーでは新興のイスラエルに先を越され、スコットランドとのダブル延長戦で敗戦したことで8位まで下がって迎えた今大会。
日本に前回大会で勝ったスコットランドは最上位青組に入ったものの全敗で落ちてくる模様であり、日本代表にとっては3位イロコイに敗戦した後で対戦するであろう対スコットランド、イングランド、イスラエル戦などが次回カナダ大会での最上位青組復帰への最重要な試合となります。前回大会同様にこの4カ国の実力が拮抗しているのか、そこへプエルトリコなど新顔が割って入れるのか、もしそうなった場合にどこがさらに下位のグループで落とされるのか、というのが興味となります。

各種スポーツの国際大会は一極でない方がワールドを表現できて良い。サッカーW杯が歴史上成功したのは欧州に対する南米という遥か彼方の強豪国が初期から存在したからでしょう。だから三週間の船旅をしても開催してみようという意欲につながったはず。ラグビーもまた西欧対南半球という明確な地理的にも遠い対立軸があったからワールドワイドな大会という形になれた。野球のWBCにおいてはなんと言っても日本という存在があったのが良かった。アメリカとその近所の衛星国だけでの大会では地方大会のようになってしまい締まらなかったはずです。アイスホッケーなら北米対ロシアですね。その点ではバスケはいまだにアメリカ一強なのが良いのか悪いのか。
そういう視点でいうとラクロスではオーストラリアと日本が国際大会らしい地理的な遠さを演出してくれる存在だったのですが、オーストラリアがイロコイに差を付けられはじめ、北米2強が北米3強になってしまいそうな風向き。さらには米国との二重国籍選手、アメリカNCAA育ちの選手が多くを占めるイスラエルやプエルトリコが上位を占めるようになってくると北米偏重になってしまいそうで、国際色が薄くなってしまうのはちょっと残念な傾向かもしれません。そういう意味で日本やイングランド、スコットランド、オーストラリアには踏ん張って欲しい今大会の順位戦なわけです。

ラクロス世界選手権 米代表が激戦制してカナダに競り勝ち

イスラエルで行われているラクロスの2018 World Lacrosse Championshipのグループリーグ戦が佳境。最上位カテゴリである青組(6カ国総当たり)で優勝候補同士の米 x カナダの一戦があり、最後までわからない熱戦を制して米代表が11−10で勝利しています。
試合内容は常にリードしていた米代表をカナダが後半に入っての3連続ゴールで捉え、10−10の同点から激しいボールの奪い合いがあって米代表がリード。最後のカナダのポジションを得るところでカナダ側が米代表選手の用具違反を指摘。審判が検査したところ違反が見つかりペナルティとなって、カナダが1人多い状態で同点を目指して攻め立てたのですが米代表が逃げ切り。
これ、勝ちたかったからというのはわかりますが、なぜこんなグループリーグでの一戦で用具違反を言い立てたのかちょっとわからないです。試合の勝負どころで言い出したということは試合中に既にその用具違反には気づいていて(少なくとも疑っていて)、最後残り1分弱の1点ビハインドの時点まで申し立てを避けていたのでしょうが、グループリーグでの勝ち負けがそんなに重要でしょうか?この二カ国の実力は抜き出ていると考えられるので、順当にいけばどのみち決勝で対戦する。そのときまでそのネタはとっておけば良かったのに、と思えます。

それともカナダ側がどうしても1位通過がしたかったのかもしれません。というのは第3位の実力と思われるイロコイ族チームとの実力が接近している可能性があるからでしょうか。イロコイは今大会初戦で米代表相手に好試合を展開。前半を7−5、2点リードで折り返す大健闘。米代表を大いに慌てさせました。第3Qに一気に米代表のオフェンスが爆発して逆転、最終スコアは17−9(つまり後半だけなら米代表の12−2)で順当勝ちしてますが、イロコイの健闘は間違いない。さらに米代表は4位候補のオーストラリアには19−1と圧勝してます。どうも3位と4位の差はかなり大きそうなのです。
またその大会初戦の日はイロコイチームは11時間のフライト後にイスラエルに入国したばかりでそのまま試合、体調万全ではなかったのに米代表を相手に健闘をしている(後半スタミナ切れで失速したものの)。その後も3位をイロコイと争うと見られていたオーストラリア相手の直接対決にも快勝している。イロコイの実力は米加を除くとはっきり上のようだと。つまり米加のうち2位で通過した方は準決勝で一発アップセットを狙ってくる実力のあるイロコイを相手に全力投球の試合をせねばならない。対して1位通過なら比較的余裕のある試合で決勝進出が見込めるという状況と考えれば、カナダのこの段階での用具違反の申立=1位通過狙いには意味があったのかもしれません。
そんなことがありましたが試合結果は変わらず、米代表が勝利、1位通過をほぼ確実にしています。

ラクロスの世界選手権はついついイロコイを応援してしまいます。所属選手にはカレッジ時代に大活躍した華麗なプレーのLyle Thompsonを筆頭にしたThompson兄弟が所属。大型選手が米代表のディフェンダーをふっ飛ばしてのゴールなど、エキサイティングな場面も多々です。
その他では過去話題になることがなかったプエルトリコやフィリピンが下位ディビジョンで活躍しており、今後が期待されます。前回大会で急にイスラエルが注目を浴びたのと似た形でしょうか。

ラクロス米代表壮行試合 vs MLLオールスター

4年に一度のラクロスの世界選手権が二週間後からイスラエルで開幕。それを前にして米代表の壮行試合を兼ねたMajor League Lacrosseのオールスター戦がESPNUで放送されていました。通常年はMLL内で戦うオールスター戦ですが、世界選手権年とあって2014年に続いて米代表対MLLオールスターの対戦。

ラクロスの世界は米代表とカナダ代表が圧倒的に強く、この二強から優勝国が出る。カナダ以外で米代表が試合全編を通して本気を出してかからねばならない相手はイロコイだけ。他の国の実力と二強との差は相当に大きいです。その下にオーストラリア、そして前回2014年のDenver大会で躍進したイスラエルやイングランド・スコットランドなどが追うという構図です。日本は世界選手権での最高成績が4位、前回8位。他国が実力を伸ばしているのが見えた前回大会から巻き返せるのかどうか。
そういう構図のラクロスの各国の実力とあって、このMLLオールスターとの壮行試合は実は米代表にとっては全力を開放して臨める大事な腕試しの機会なのです。MLLオールスターの方が世界選手権の本番で当たる各国より強いからです。

実際に試合も好試合となりました。第4Q、米代表が連続ゴールで圧倒、14-8としたところからMLLオールスターが巻き返し。試合自体はMLLルールで行われているため、世界選手権では存在しない2ポイントゴールなども含めてMLLオールスターが一気に追い上げ。最後は13秒残りで同点ゴールを決めて延長戦へ。サドンデスの延長戦もMLLオールスターが決めて大逆転勝ちで米代表を下しています。
米代表にとっても良い経験となる敗戦になったんじゃないでしょうか。

試合中には米ラクロス協会の会長がアメスポ市場でラクロスが地位向上していく上での課題なども述べていたりとなかなかに良い番組になっていたと思いました。現状のラクロスの最大の課題はリクリエーションとしてのラクロスクラブの増加が進んでいないこととしていました。技量を重視するタイプのクラブは過去10年間で大いに増えたけれど、もっと気楽に子どもたちが加われるような環境の整備がラクロス人口の伸長のためには必要だという点が強調されていました。
ラクロスはアイスホッケーほどではないにしても装備で親の負担がほかのスポーツ比で大きいのが不利という認識。ラクロスシーズンは春。アメスポ的には野球・ソフトボールやサッカーとシーズンがかぶる中、一時期もてはやされたラクロスのプレー人口の伸びも踊り場に入った模様。次なるステージにステップアップするための時期になっているようです。

カレッジの体操競技

この冬にスポーツ局でカレッジ女子の体操競技の放送がかなり多かったのが目に付きました。ここ数年のトレンドですが今年はさらに増えたんじゃないかと思います。なぜそうなったかは見当がつきます。例の五輪での米代表女子チームの活躍をうけて体操競技の競技人口が増加した。さらに各種スポーツジャンル別の人気度調査でも体操競技の人気がアップしているのが顕在化しているからですね。

ただカレッジの体操と五輪はまったくつながらないわけです。バスケやフットボールならカレッジでの活躍がプロへの扉を開きスポーツ界のスターへの道につながるわけです。カレッジのゴルフやテニスも僅かながらプロへの道がある。Tiger WoodsやJordan Spiethはカレッジゴルフ出身ですね。水泳や陸上ならプロというと微妙ですが五輪への道はまあある。
でも体操競技にはそれはまずないでしょう。早熟型のスポーツである体操ではカレッジを経ていたんでは年齢的に五輪なんてありえない。体型を見てもがっちりしたカレッジの体操選手のそれは五輪選手たちとはまるで違う。そういうカレッジの体操が観戦スポーツとして成立しうるのか疑問視していますが、とにかく増えたのは確か。

こういうのってトレンドがあります。10年ちょっと前には多チャンネル化に乗ってカレッジベースボールの放送がとても増えたことがありました。その後ベースボールはCollege World Seriesとその前段の戦いに収束縮小されて、代わって春スポーツで男子のラクロスの放送が増えたり。他にもカレッジホッケーの放映試合も近年増えた。ラクロスとホッケーはBig Tenでの正式競技化が後押しした面がある。女子だとバレーボールが6-8年ぐらい前に増え始めてまずまずの放映規模で定着したようにも見えます。それに加えて女子の体操が最近増えたって感じでしょうか。

ハーリング in Fenway

少し以前のことですが書き落としていたので。もう一ヶ月ほど前になりますが久々にハーリングを観戦する機会がありました。ハーリングはアイルランドの国技のひとつ(もうひとつはゲーリックフットボール)で、その荒々しさとスピード感が魅力のローカルスポーツです。ボストンFenway Parkでアイルランドからやってきた4チームによる簡易トーナメントが行われその放送がありました。本式のハーリングとは異なるルールで時間も短く、ゴールの形状も簡易版(上の部分なし)、スコアの数え方も特別ルールと物足りないところはありますがそれでも久しぶりに見られてうれしかったです。
以前は着用していなかったヘルメットの着用が近年は義務づけられて以前の野卑な感じが減ったのは残念ですが、選手の安全を考えれば以前のヘルメットなしが異常だったとも言えるのでそれは仕方ない。特別ルールでの試合でも選手たちの熱いプレーぶりは伝わる良い大会ではあったと思います。
ヘルメットも着用することになって見た目が北米産スポーツであるラクロスにさらに似た感じになりました。北米先住民族由来という成り立ちへの敬意もあってたぶんアメリカではラクロスが同系スポーツの中(ハーリングの他、フィールドホッケーなど)では優位を保地続けるであろうと思われますが、それはそれとしてハーリングは男らしいエキサイティングなスポーツで、マイナースポーツ好きの方がいらしたら是非一度ご覧になっていただきたいものです。アイルランドの方々に長く愛されているのもわかります。こういう人気ローカルスポーツは良いですね。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文