アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

Motorsports

F1はESPNの支援でアメスポ市場定着なるのか

サッカーW杯の試合のない日曜日。来週末はW杯の決勝および3位決定戦になります。同じ週末にテニスの全英オープンが決勝の予定。記憶がないですがW杯年は毎回こうやってこの両イベントは最終日を重ねていましたっけ?今週末のアメスポのメニューが薄いのでテニスの決勝が今週末だったら良かったのになどと思いました。

今季からESPNがF1の米国内の放映権を得ています。スポーツメディア最大手のESPN系列は今後F1を積極推しするつもりでの乗り換えなのでしょう。今季5月にIndy 500とF1 Monaco Grand Prixを同日放送したときには、Indy終了後に続いて録画再放送したMonacoがF1のケーブル局での放送としては1995年以来最高の視聴率をあげたそうです。前年(他系列での放送)からは40%アップ。そして同じ日のIndyの方はなんと30年間で最低の数字だったとか。今後F1がどれほど支持を上げていくのかは想像がつきませんが、トレンドとしてはIndyに見切りをつけてF1に乗り換えたESPNが正しい舵取りということになりそうです。Indy 500でも神通力が切れてきたとしたらIndyCarは苦しい。
今日はF1のBritish Grand Prixを放送してました。

放映は英国で放送しているのものをそのまま流しているように見受けます。それが古臭い。こんなので良いのか。米国内のNASCARにしてもIndyCarにしてもレース画像以外に大量の文字情報が画面に流れるのが当然になっている目からすると、F1放送の順位表示(ドライバーの名前を3文字で表示)などは不親切かつ情報量不足で時代遅れに見えます。今年はESPN系列に変わって初年度なのでこのままの仕様でシーズンを過ごすのかもしれませんが、テコ入れしないとF1ドライバーの名前をほとんど知らないアメリカ市場ではこれでは役に立ちませんが。

MonacoとIndyを今年限りのセット売り

いまF1 Monaco Grand Prixが終わったところです。東部時間午前11時前。この後正午からはIndyCarのメインイベントIndy 500がスタート予定。Monacoの方はESPNで生放送。Indy 500は地上波ABCで。ABCとESPNは同系列です。事前にこの2つのレースをセットでずっと番宣していました。Monacoを持ち上げる番宣ぶりが目立ちました。

実はIndy 500は来季からNBCへと放映権が変わります。IndyはABC系列で54年も放送してきたというのですがそれが消えることになります。その代替ということなんでしょう、ESPN/ABCはF1放送にシフトするということのようです。
一昨年にF1がアメリカ資本に丸ごと買収されるという事件がありました。その後アメリカ本土でのレースが増えるという話も聞こえてこず、レース自体もアメスポ化するのかしないのかよく見えなかったのですが、アメスポ放映最強のESPNのバックアップを得てどうにかなるのか、ならないのか。

来季からIndyを放映するNBCの放映権契約は3年と短いので3年後にまた大きな動きがあるのかどうか。



追記:地上波ABCではIndy 500終了後にF1 Monacoを録画再放送していました。

NASCAR 激戦をかいくぐってTurex Jrが初優勝

今日はNASCARの今季最終戦@Miami戦があり、Martin Truex Jr.がぎりぎりの勝利で今季の優勝を決めてます。このレースは胃が痛くなるような大接戦が最後まで続く好レース。NASCARとしてはこれ以上はまず望めないような決勝レースとなりました。

優勝の権利のある4人のうちBrad Keselowskiは粘るものの終始遅れを取って、実質Turex Jr.、Kevin Harvick、Kyle Buschの3人の争いに。これはこのレースの前週までの準決勝ラウンドでもKeselowskiは他の3人より劣っていたので納得の脱落。

他陣営よりピットストップの回数を減らす戦術をとったKyle Buschが有利かにも見えたんですが、イエローフラッグ。Turex Jr.がうまく立ち回ってトップに。TurexがトップですがしかしKyle Buschの車の方が明らかに速い。どんどん差が縮まっていく。あと10周を切っていよいよ二人での勝負、差は僅かに。これは届くのか、逃げ切れるのか。逃げる方も追う方も必死でものすごい盛り上がり。

と、そこまでは明らかにスピードで勝っていたKyle Buschの周回速度がそこから伸びなくなってきた。差が縮まりきらない。残りは僅か。それを見てとってKyle Busch陣営はそれまでの内回りを選択していたのを外壁側レーンに変えてみたり毎周回ごとに可能な戦術を次々とるのですが、最後の最後までTurexはミスなしで振り切り。こんなギリギリのレースで年間優勝が決定するのかという。これは良かった。

Turex Jr.は初優勝。Furniture Row Racing所属。聞き慣れない家具屋さんのレースチームが出てきた頃は群小のチーム、いつ消えても不思議じゃないような存在だったのが、一昨年Turexで初勝利、一気に上位常連となり昨年4勝、今年7勝で最多勝。こういうのがあるからスポンサーは夢を見て参入してしまうんでしょうね。

この日のレースで人気ドライバーのDale Earnhardt Jr.が引退。女性ドライバーのDanica Patrickもシーズンフル参戦はこれが最後(Daytona500はまだ出たいそうです)。でもそういう過去の人気ドライバーの話題をまったく脇に追いやって、レースそのもので魅せたのは大喝采です。

Danica NASCARからはみ出しか

MLBもシーズンが終わりストーブリーグの方へ移行。日本がらみではYankeesのMasahiro Tanaka投手があっさりオプション行使を諦めFA回避、Yankeesに残留してます。次期監督は決まらないのでそれは少々不安要素でしょうが、今年のYankeesの若手選手たちの躍動ぶりを見たらTanakaのここからの契約の残り三年間は希望に溢れたシーズンになるでしょうから無理な移籍を画策することもなかったのでしょう。


MLBとともに春秋シーズンのメジャースポーツというとNASCARです。NASCARはプレーオフが進行中、次々週がシーズン最終レースとなります。シーズン終了を前に早くもオフシーズンネタが出てきました。女性ドライバーとしてNASCARで揉まれていたDanica PatrickがStewart-Haas Racingの10番の車を失うことが決定したようです。

2012年からNASCAR参戦、今年で6シーズン目。成績の上昇は見られず今年のドライバーズランキングで24位。これが過去最高タイ。メインスポンサーだったGo DaddyがDanicaから降りたのが一昨年ですか。その後は年間スポンサーなしで納税時期に税務サービス企業のロゴを付けて走ったりとマイナー感いっぱい。今年35歳。メディアへの露出もすっかり減って、忍耐強いと評判のオーナーのTony Stewartも見切りを付けざるを得なかったんでしょうね。結局NASCARの男の世界では成功できなかったという結果になってしまいました。

まさか以前に噂されたF1転向なんていうのももうこんな落ち目では無理でしょうし。(そちら用のサプライズ参戦にはJeff GordonとかEarnhardt Jrとかもっと適役がいますし)

細かい修正が手早いアメスポ

ちょっと前から気になっていた小ネタをいくつか。

フットボールの陰でアイスホッケーNHLのプレシーズンが始まっています。新拡張チームVegas Golden Knightsの試合をNHL Networkでやっていたので見学。都市名はLas Vegasなわけですが語呂も考えてでしょう、こういうチーム名になっています。4大メジャースポーツでの(移転ではなく)新チーム創設、リーグ拡張はNHLで2000年にColumbus Blue JacketとMinnesota Wildの設立があって以来でしょうから21世紀初。一時期は労働争議からシーズンキャンセル、経営不振チームの売却がうまく進まなかったりゴタゴタした時期のあったNHLですが持ち直して反転攻勢に転じたことになります。

Las VegasにはNFL Raidersも移転がNHL進出決定後に決まって、NHL側から見ればせっかく今までメジャープロスポーツのなかったLas Vegasに勇躍進出したのにRaiders移転で話題を取られた形になってます。どれほど新マーケットに食い込めるものか。4大プロスポーツの中でLas Vegasに一番早く目を付けていたNBAが結局出遅れることになったのはどんなものか。NBAは先日のHouston Rocketsの転売価格が$2.2 Billionという大変な金額で取引される好景気となっており、下手に新チームの創設とかすると既存オーナーが損をする可能性がある、という事情もあるかと思います。

別の話。NFLは昨年の視聴率の下落を気にしてか細かくTV CMの挿入方法を変えてきました。この辺は手早いな、という感じ。昨年の視聴率低下は米大統領選の報道番組に喰われたという評価が一般的でNFLの人気低下とは受け取られてはいなかったものの、それでもさっさと手を打つところはカスタマーサービスの精神でしょうか。保守的なMLBではこういう風にはならない。日本に比べればMLBでもかなり動きは早いでしょうが、アメスポ全体から見るとやはりMLBの動きはちょっと緩慢でしょう。

もうひとつ別の話。NASCARはシーズン終盤。昨季までChaseと呼んでいたプレーオフ部分を今年からPlayoffと呼ぶように変更。その方が結局分かり易いということでしょう。10年以上Chaseという名前で頑張ったんですが、ある意味無意味な頑張りであったのも確か。なぜそんなにプレーオフと呼ぶのが嫌だったのかの経緯は存じませんが、既にジャンルとしての人気のピークは一度過ぎたNASCAR。素直に分かり易さで普段見ないスポーツファンにも見て貰える機会がある方がいいのでしょう。

F1はIndyを飲み込むか

久々に大型のアメスポ参入ネタが来ました。Fomula 1を米企業が丸ごと買収という大技です。買収総額は$4.4 billionとか。ざっと100円換算で4400億円。これが安いかどうかは見方次第。UFCが今年身売りしたのが$4 billionとされていますから規模としては近い。それぞれの競技のフロントの顔だったF1=Bernie Ecclestone、UFC= Dana Whiteを買収後も残すという合意も似ている。F1は欧州拠点のジャンルをアメスポ化、UFCはアメリカ側が売却と違いますが。
UFCとF1の現時点での露出力やブランド力を考えるとアメリカ国内ではUFCの方が圧倒的に上。UFCは格闘技ジャンルのトップブランド。F1は世界ではトップブランドでしょうがアメリカ国内にはNASCARというしっかり根を張ったビジネスが存在し、そこにどうチャレンジしていくのか興味があります。

アメリカのモータースポーツは全国的にメジャーなのはNASCAR。Indy 500という突出した知名度と歴史を持つレースを含むIndyCar SeriesがありますがこちらはNASCARに押し潰されてジャンル自体のマイナー化が著しい。そこへ今回のF1のアメスポ化。IndyCarにとっては見た目も近いF1のアメスポ化は危機感が強いはず。シーズン短縮で生き延びていたのに、ここでF1に参入されて攻勢を受けるとIndyCarにとっては死活問題になります。そうなるとF1とIndyCarの合併統合という離れ業でIndy 500のF1スケジュールに組み込みというのもあり得そうです。IndyCar側から見ればこれが高く身売りできる最後の機会の可能性が高いですし、座して死を待つよりはその方が良い。

以前に別の記事のコメント欄でこういうことを書きました。

IndyCarは全国的にはIndy 500、その存在が唯一の命脈と言えます。シーズンは縮小されマイナーリーグ化が激しい。残ったレースはそれぞれの開催地元で支持されていると理解していますが、もしF1が北米に本格進出してきた場合(アメリカ2 + カナダ1とか)一番割を食うのはIndyCarでしょう。NASCARは客層がF1とはあまりかぶらなさそうですし、ファン層の足腰も強そうです。現時点ではF1放送は地味なのでIndy 500を持つIndyCar有利でしょうが、これからどうなることか。
F1のアメリカ市場本格参入となれば現行のCircuit of The Americasでの一戦だけではなくもう一戦あって良い。IndyCarには西海岸でのロードコースLong Beach GPもある。Indy 500と比較すると知名度はガックリ下がりますがIndyCarの持ちレースとしては第2の存在。アメリカ市場への浸透・F1のカレンダーを考えるとLA郊外のこのレースが組み込まれるのは悪い話ではないようにも感じられます。

Jeff Gordon早くも復帰

昨季を最後にNASCARシリーズから引退したJeff Gordonが次の2レースに復帰するというニュースが速報で流れています。今季のNASCARは大きな話題が少なかっただけに今季初のメジャーニュースという感じですか。昨季辞めたばかりのスターの復帰が一番の話題というのもちょっと寂しいですが、さまざまなジャンルが注目を競うアメスポの世界では何でもアリでないと埋没してしまうのも確かです。

Gordonの車番である24番の復帰ではなく、Dale Earnhardt Jr.の88番を代役として運転するという話です。Jeff Gordonが88番、これはちょっとした話題になるのも納得のおもしろい場面と言えます。場所もアメリカで最も有名なサーキットであるIndianapolis Motor SpeedwayでのBrickyard 400で復帰戦というのも絵になることに。Dale Jr.は脳震盪のような症状が出ているため出場を回避、その代役としてGordonが出場ということです。

アメリカチームがF1デビュー戦で健闘

これは現時点では地味な話ですが、将来のスポーツの市場開放問題を考えると実は大きな事件の始まりなのかもと思われるのでメモ程度に。

Haas F1 Teamが2016年シーズンのデビュー戦でポイント獲得に成功。関係者は「我々にとってはレースに勝ったようなもの」とフィニッシュ直後から手放しの大喜び。F1自体はアメスポ市場ではまだまだマイナージャンルと言えますがこのHaas F1 Teamの好スタートが将来のアメスポシーンの変貌に一役かうことになるんでしょうか。

Haas F1 Teamは本拠をノースカロライナ州に置き、NASCARのStewart-Haas Racingと姉妹チームということになる存在。その存在の仕方からして異例です。ノースカロライナ州は多くのNASCARチームの本拠が所在するNASCARの総本山的な土地です。

過去アメリカのモータースポーツの世界はNASCARにせよIndyCar(名称は度々変わってますが)せよドラッグレースにせよバイクにせよアメリカ独自の国内レースがほぼ独占。F1を頂点とするFIA主催の国際レースはアメスポ内では存在感を示せないままで21世紀まで来ています。それが2012年の欧州型最新サーキットであるCircuit of the Americasの開場で風向きを変える体制を整えて各種の欧州型モータースポーツイベントが次々とアメリカに参入。徐々に地歩を固めて今年のHaas F1 Teamの参入となったわけです。過去にもアメリカ人ドライバーのF1挑戦はあったもののビジネスとしては成立せず。それが今回、アメリカのモータースポーツのメジャーリーグであるNASCARの有力チームであるHaasがその名を名乗ってF1参戦。そして2名所属のドライバーのうちフランス人ドライバーRomain Grosjeanが6位入賞。マーケティング的にはもう一人の若いメキシコ人Esteban Gutiérrezが勝ってくれればHaasにとって、そしてアメスポ市場での人気には良いんでしょうが、そんな贅沢は言えない。初戦でポイント獲得できたことで初年度から戦えるという手応えを得たと。参戦決断当時には下積みで何年か苦しむことだってあり得ると想定していたでしょうから、それと比較したら上々のスタートと言えます。

欧州とアメリカのスポーツ市場の相互開放という視点でこのアメリカチームのF1参戦や、Circuit of the Americasの開場が語れるのかどうかはもう少し勉強してからにしますが、NFLとEPLの成功例の次の事例として考えると、ラグビーは欧州でも決して大きなビジネスではなく、モータースポーツの方が市場開放のメリットは大きいだろうなとは想像できます。



Dakar今年も見てます

他のアメスポメニューが盛りだくさんなので書きそびれていましたが今年もDakarラリーのまとめ番組は連日チェックしています。

四輪のアメリカ代表Robbie Gordonは今年が11年目のDakar登場ですが、今季は第5ステージ辺りで早くも白旗を揚げ、さらに「自分たちのチーム全体を見直さないとダメだ」と撤退もあり得るかのような弱気コメントを発してました。その時点でトップ独占の勢いだったPeugeotのスピードにまったくついていけなかったことからの弱音だったんですが、いよいよRobbie Gordonも諦めムードですかね。成績が頭打ちになってからもう4~5年でしょうか。Gordonがいないとアメリカ視点のDakarが盛り上がらなくなるから頑張っていただきたいんですが。昨年の優勝者、Nasser Al-Attiyahも「こりゃ勝てない」と早々に白旗、相手のミス待ちでトップ3を狙うとまで言っていて、現場ではPeugeotのマシン性能が早々に他陣営の心を打ち砕いていたようでした。

Peugeotチームには今季はWRCの王者Sébastien LoebのDakar初参戦も含めて5台態勢。実質初日となった第2ステージからいきなりLoebが二連勝、第4ステージはPeugeotのエース格Peterhanselがステージ勝利、第5はLoeb、第6はPeterhanselとPeugeotの圧勝の連続。Loebは途中まで総合トップを走っていたんですが、いくらWRCの絶対王者とは言えDakarは初参戦、砂とマシントラブルに捕まって途中で順位を大きく落としました。それでもその後徐々に盛り返して来て現在総合トップ10に戻ってきてます。

Dakarはアメリカでは人気種目とは言えないしWRCに至っては存在感ゼロなので、一緒に観戦する機会のあったアメリカ人にLoebがどれほどすごいかというのを説明し、さらにX GamesのRallycrossでも参戦即優勝したのを説明すると「それってなんでも勝ってるってことじゃないの?すごいね!」と感心してもらえました。まあその翌日に大ダメージのマシントラブルに見舞われたわけですが。

アメリカ人選手では四輪でRobbie GordonのチームメイトとしてDakar史上最年少18歳のSheldon Creedが初参戦。Gordon後を見据えてスポンサーが若手アメリカ人を投入したということですかね。健闘していたんですがチェックポイントミスの連続の後、棄権となってます。Gordonがチーム全体の見直しなんていうことを言い出したので四輪アメリカ勢が来季以降どうなるか。確かにいまのままでは勝てそうにないようには見えます。

一方、二輪の方ではアメリカ人選手が善戦中。Dakar初参戦24歳Ricky BrabecがHondaに跨りコンスタントにステージトップ10フィニッシュでここまで来ています。残るは二日。好成績でのフィニッシュが期待できそうです。Brabecは見た目もホントにアメリカ人の普通の若者っていうルックス+喋りで、活躍できれば人気が出そうな気がします。

Dakarの二輪はKTMの強さばかりが目立ち、日の丸二輪メーカーは毎年後塵を拝している。今年も優勝はKTM(オーストラリア人初の優勝者となるToby Price)でもう間違いなさそうですが、Hondaが徐々に地歩を固めつつあり、来季は優勝を狙って欲しいところです。あとHondaもYamahaもKTMに負けるのはともかくHusqvarnaとかに負けるのはやめて欲しいなあと思います。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文