アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

Motorsports

Formula E、Massaも参戦して新シーズン

電動エンジンを搭載したカーレース、Formula Eの2018-19シーズンのプレビュー番組が放送されていました。元F1ドライバーのFelipe Massaが今季からFormula Eに参戦するとか。以前は秋にシーズン開幕していたと思いましたが、来るシーズンは12月開幕のようです。最終戦はニューヨーク・ブルックリンでのストリートコースで2019年7月に。

自動車産業に於けるEV化の波は既に止められない世界の潮流であるようですが、そのトレンドに対して動きが鈍いのがアメリカ連邦政府及び基幹産業。欧州やインドなどは既に自国におけるEV化の目標年限を定めているところがかなりあります(いろいろ無理をしているとは思います)が、アメリカではそういう話はまるで出てきません。
政治的には自動車産業大国という面と、産油国という面と両方の面をもつアメリカ。早急な脱化石燃料の動きは産油州であるテキサスやアラスカでは死活問題。両州とも現在の与党共和党の地盤州。そういう政治的な思惑から米国ではEV化の掛け声が他の先進各国と比較して大きく遅れているということなんだろうなあと思ってます。自動車産業の方は静かに準備はしてることとは思いますが。

EV化時代のスポーツ界での象徴にもなりそうなFormula E。今季がFormula Eの5シーズン目。過去もTVでの放映はしていましたが今年は過去以上に気合が入っているように見えます。ドライバーの方では上記の通りFelipe Massaの参戦がある。製造としては日産が初参戦(旧ルノーのチームを引き継ぎ)。日本との関わりとしては他にPanasonic Jaguar Racingというチームがあります。同チームはNelson Piquet Jr.を昨季から引き続きドライバーとして起用。スケジュール的にはアジアでは日本での開催はなく中国と香港でそれぞれ開催。
レースは全戦時間制限制で争われます。固定の周回数はなく、45分間+ラストラップ1周で争われるためざっと1時間でスタートからフィニッシュまでが完了するという仕組み。TV向けに都合よくということか、それともバッテリー容量の問題か、はたまた長いスポーツイベントを見てくれる人が減っている21世紀的事情を鑑み他のスポーツイベントと差別化、最初から短めのイベントを意図か。

Joey Logano 気迫のシュートアウトでNASCAR Cupシリーズ初戴冠

NASCARが@Miami-Homesteadでのシーズン最終レースを行い、年間優勝の可能性の残っていた最後の4人「Championship 4」が熱いレースで覇を競い、残り20周からのリスタートで上位4人が前2列に集結。真っ向からの勝負となりJoey Loganoが初優勝しています。戦略と戦術と、さらにそれを超えたガッツの抜き合いが展開されてNASCARの良いところが最後まででた目の離せない好レースでシーズンフィナーレを飾りました。やったね、という感じのフィニッシュでした。

3週間前に発生したLoganoと前年優勝者Martin Turex Jrの遺恨。遺恨の発生したレースではLoganoがTurexを最終ラップで車体をぶつけながら抜き去ってChampionship 4一番乗り。Turexはその後苦労しながらChampionship 4に進出してこの日を迎えていました。あとの2人はKyle BuschとKevin Harvick。
両者ともに年間優勝の可能性を残している状態で最終レースを迎えたのでどちらが脱落しない限りあまり派手な報復・再報復行為はないであろうかなと想像していたのですが、やっぱり出ました。レースが60周を残した辺りでTurexとLoganoが競り合い。まだ60周もあんのにそこでそこまで張り合わなくても良いだろという時点だったんですが、どちらも譲らず。Turexの方から幅寄せして直線で接触。双方ともに大きなダメージは受けずに済みましたがお互いを意識しているのは間違いなく、残りレースでのさらなる絡みが期待される展開へ。

4人のうちKyle Buschが一回前のピット作業での失敗もあって前の3人に遅れを取った最終ピットのタイミングでただ一人ピットインせずトップに立つ。このままレースが進めばKyleの車はタイヤの摩耗で他のコンテンダーよりも遅くもなるし、そもそも燃料がフィニッシュまでもたない。でももう普通にレースをして他の3人に追いつくのはムリと判断。必要なピットインを一回飛ばして、イエローフラッグが出る可能性に賭けました。この辺がNASCAR的なおもしろさです。
燃料は減ってくる、他の3人との差も徐々に詰まっている。TV解説によればあと3周以内にイエローフラッグがでなければKyle陣営の賭けは失敗でKyleが4人のうち最初に脱落、というところでなんと出ましたイエロー。なんという都合のいい。

このイエローフラッグの間にKyleも含めChampionship 4の全車がピットインで最後の直接対決へ向けてニュータイアに。そしてリスタート時にChampionship 4が前2列に集結して年間優勝を決めデュエル、直接対決へ。当然遺恨の2人も間近。こ、これはすごいことが起こるかもという予感でハラハラです。

リスタート直後はスピードが伸びなかったLoganoでしたが、一発勝負を賭けて猛スピードで外側を駆け抜けてTurexを抜き去ったのが勝負の分かれ目。スピードの出しすぎで外側ウォールに突入するのではとも見えた場面でしたけど踏みとどまってトップ奪取。その後は他のコンテンダーを寄せ付けず逃げ切り。あのオーバーテイクが年間優勝を決めたオーバーテイクに。あれ、二人の遺恨を考えるとTurexがイン、Loganoが近いところから抜きに行ったらTurexは思い切って寄せてきてさらに緊張の一瞬となったかもしれないですが、Loganoが思い切って外に振ったのでそうはならず。
素晴らしいラストレースだったと思います。


尚、昨日のレースで下位カテゴリであるNASCAR Camping World Truck Seriesの方で日本人オーナーの所有するHattori Racing Enterprisesが年間優勝をしています。

NASCAR年度優勝の挑戦者4名が確定

またも波乱の多いレースでした。NASCARのシーズンも大詰め。次週の年度優勝者決定レース@Miami-Homesteadを前に今日のPhoenixでのレースでプレーオフの第3ラウンドが終了し、年度優勝に挑戦できる4名が確定してます。第3ラウンド第1レースで優勝したJoey Loganoと、昨年の優勝者Martin Turex Jr.、Kevin Harvick、Kyle Buschの4名。

今季のNASCARのレギュラーシーズンでそれぞれ8勝して勝利数トップタイのKyle BuschとKevin Harvick、そして4勝で勝利数3位のTurex Jr.と上位ドライバーが揃って年度優勝争いに勝ち残ったことは順当さが感じられて良かったのでしょう。これに嫌われ者役で3週間前にTurexを最終ラップゴール直前で押しのけて遺恨を残したLoganoが加わって激しいレースが期待されます。

TurexとLogano、両者がコンテンダーとして残ったことであまりひどいことは起こらないと思いたいですが、レースの流れによっては意地の張り合いやらなにやらが起こることも否定しきれません。それもNASCARらしさ、アメスポらしさとして楽しむのが吉でしょう。

レースの内容は終盤イエローフラッグ連発で間延びしたのが惜しかったですが、8強から最終4枠と目指して新世代Chase Elliotが好位置に付けてみたり、レース中はほぼ勝ち抜けノーチャンスに見えたAric Almirolaが最後の最後のリスタートで一発大逆転のチャンスを掴んだりと、NASCARプレーオフのルール設定のうまさがそこここに感じられる内容になってます。

NASCAR シーズン最終戦での復讐テロ来るか

MLB World SeriesやNFLの裏で独自の戦いをしていたのはサッカーだけではありません。NASCARもなんかすごいことになってますね。後追いでレースのダイジェストを見たんですけど、遺恨発生。

現在プレーオフが進行中で8人が4人に絞り込まれるプロセスの3レースの第1戦を終えたところ。そのレースで昨季の年間チャンピオンMartin Turex Jr.が最終ラップにJoey Loganoに体当たりをかまされて逆転負け。Turexから見るとLoganoのテロ行為に見えたようでレース直後にかなり激しい言葉でLoganoの陣営をやりあい。悪いことにLoganoっていうのは割と嫌われ者な役回りのドライバーなんですよね。
ビデオを様々なアングルで見返すと車体はガンガン当たっていて、Turexの車はスピンしかけて踏みとどまり最後の最後まで戦っている。ただ車体は当たっていても一応Loganoは抜きに行っているのであってテロ行為だったとは言いにくい。でもTurexから見たらそう見えても不思議じゃない、という状況。

この絞り込みの3レースで(有資格8人のうちで)優勝したドライバーは次のステージの4枠=決勝最終レースに自動当選という仕組み。Loganoはこのレースに土壇場で勝って勝ち抜け、Turexは3位タイ扱いであとの2レースで4枠内への当選を目指します。

これで最終レースの@Miami-Homesteadの4人にTurexも入ってくれば二人とも年間優勝がかかるのでさすがに報復行為はないと思われますが、問題はTurexが4人に漏れた場合ですね。自身の次ステージ進出確定が目前だったところから体当たりで逃し、この後の2レースで苦戦して最終の4枠に入れなかった場合に、MiamiでのレースでTurexがLoganoになにか仕掛けてくる可能性があるのかないのか。4枠に当選しても、周回遅れになって優勝の目がなくなった時点で報復行為があるかもしれない。露骨なテロ的な幅寄せなどはなくても、周回遅れでもLoganoには簡単に抜かせなかったり、リスタートの際に無用な接近をするなどレースの結果に影響を与える行為に出る可能性は残る。他のモータースポーツと違って各車の距離が近い場面が多数なNASCARではなにが起こるかわからないところがあります。

NASCAR Playoff Round of 16大混戦フィニッシュ

良いものを見られました。NASCARのPlayoffドライバーが16人から12人に絞られるレースとなった今日の@Charlotteのロードコース(正確にはRoval)での一戦。最後10周を切ってからが大接戦+大混乱の連続で大変なレースになりました。これはすごい。NASCARの現行のプレーオフ形式がこの大混戦を演出したことになり、運営側としてはしてやったりの大成功レースでしょう。

プレーオフポイントの足切りの12位争いが極僅差で、3名のドライバーがそれぞれあと一台抜けば、抜かれれば次週からの次のラウンドへ進出できるかどうかの運命が変わる状態になっていて、それぞれパックの中盤で必死のレースを展開。それに重なってピットインのタイミングのせいで完走するのに燃料を節約して走らなくては残りの周回を周りきれない車が混じっており、その中にはトップを走っていたBrad Keselowskiも含まれていて、速い車と意図的に遅くしている車ととにかく完走すればそれで良い車とが入り混じって大混戦。節約モードにしろとチームから指示が飛んでもそこはレースドライバーの本能なのかペースを落としきれなかったり、実況や情報提供がうまいのでハラハラし通し。そこへ次々とイエロー、レッドが入る。
普段オーバールコースを走っているNASCARドライバーたち。ギリギリのすり減ったタイヤでの馴れない競り合いがあちこちで発生するので壁をこするものが続出して何度も止まる。レッドが出たあとのリスタート前には足切りを争う88番Alex Bowman(1-3ポイント差で足切り接戦の3人の一人)がエンジンがかからないので押しがけでなんとかレース内に踏みとどまったりと細かいハラハラがたっぷり。勝負どころの最終盤の最後のリスタートでの第1コーナーでいきなり7台を巻き込む多重クラッシュ発生。その前までは足切りまでは余裕があったはずの2位だった42番Kyle Larsonも巻き込まれて車がボロボロ、タイヤホイールもひね曲がった状態に。でも無理やりでも周回してさっきの多重クラッシュで離脱した選手たちを公式に抜かないと今度はLarson自身が足切りになりそうという事態。
さらに最終ラップのゴール直前のシケインでトップに2位のJimmie Johnsonが猛アタックをかけたところJohnsonがコースアウト、シケインを横切って近道してしまいトップの車に接触、両車ともに停止。そこから立ち直ってもう目前のゴールラインにはたどり着いたものの両者ともに順位を大きく下げ、Jimmie Johnsonはなんとこのミスでシケイン不通過を取られたようで大幅減点。あのまま2位でおとなしくフィニッシュしていれば次週からのRound of 12に難なく進出できたのもフイに。ベテランのJohnsonではあってもポイントの計算・損得よりも、目の前にあるここで抜ければこのレース勝てる!という瞬間での沸騰・果敢さが生んだ最後の事故。レースに勝つこと以上の価値はないという熱さ、その熱さは支持したいです。
まだレースのドラマは終わらず。前述したボロボロになった42番が走っている車の中で最後にゴールラインへ。ゴールライン前に一台止まってしまった車があり、それを抜いて42番がフィニッシュ。この1台を追い抜いた1ポイントが効いて42番LarsonはRound of 12進出へ。

レースのことを書くことが少ないので、読者の方には読みにくいのではないかと危惧しますが、とにかく短時間の間に凝縮されたドラマ、登場人物多数のドラマ。それぞれの意地と熱とが伝わるすごいレースで興奮しました。

アメスポ夏枯れ週末

この週末、アメスポトピックとしてはフットボールの殿堂表彰式が一番の話題。Terrell Owensが表彰式に登場をしなかったことで少々モメてます。今後は殿堂は本人の登場を義務付けるとかなんとか。これはちょっと変な話ではあります。殿堂セレモニーがTVショー化して放映するTV局側からの意向を殿堂がそのまま喋っている感じですね。

個人的に見た試合中継で一番盛り上がったのはNASCARで22歳Chase ElliottがWatkins GlenでCup戦レース初優勝。テールに迫る昨季チャンピオンのMartin Truex Jr.とのデュエルを戦い切っての優勝は価値あるものかと思いました。Watkins GlenはNASCARシーズンの数少ない非オーバルコース。欧州型のテクニカルなコースではないですが、普段のNASCARとは違う趣、しかしながらNASCARらしい白熱のバトルが楽しめる好レースに。ミリ秒単位で迫るTruex、逃げるElliot。僅かなミスが差を広げたり縮めたりの終盤20周ほどはエンタメ度たっぷり。
過去数年でNASCARのジャンルとしての人気絶頂期を支えた人気ドライバーたちが次々と引退。新しい顔に入れ替わる中、新鋭の初優勝はNASCARの次の時代が始まっているんだなあと感じさせるものがあります。

MLBでRed Sox x Yankees完全決着というのも大きかったです。Red SoxがスイープでYankeesを蹴散らし。それも1-4から9回に追いつき延長10回で決着。ゲーム差が9と開いてさすがにAL東はこれで決まりでしょう。Yankeesが悪いというよりRed Soxがとにかくしつこい。こういう強さはじわじわ来ますね。
Yankeesは現実的にはこれで一発勝負のワイルドカードからの勝ち上がりを目指さなくてはいけないことになりそう。その一発勝負の相手は夏に入って以降勝ちまくり打ちまくりのOakland Athleticsか。怖いもの知らずの嫌な相手です。
ポストシーズンになれば投手陣は特攻回転で回すのでYankeesにとっても事情が変わってくる。強打線が火を吹き始めれば短期決戦のMLBポストシーズンの行方はわからないですが。

F1はESPNの支援でアメスポ市場定着なるのか

サッカーW杯の試合のない日曜日。来週末はW杯の決勝および3位決定戦になります。同じ週末にテニスの全英オープンが決勝の予定。記憶がないですがW杯年は毎回こうやってこの両イベントは最終日を重ねていましたっけ?今週末のアメスポのメニューが薄いのでテニスの決勝が今週末だったら良かったのになどと思いました。

今季からESPNがF1の米国内の放映権を得ています。スポーツメディア最大手のESPN系列は今後F1を積極推しするつもりでの乗り換えなのでしょう。今季5月にIndy 500とF1 Monaco Grand Prixを同日放送したときには、Indy終了後に続いて録画再放送したMonacoがF1のケーブル局での放送としては1995年以来最高の視聴率をあげたそうです。前年(他系列での放送)からは40%アップ。そして同じ日のIndyの方はなんと30年間で最低の数字だったとか。今後F1がどれほど支持を上げていくのかは想像がつきませんが、トレンドとしてはIndyに見切りをつけてF1に乗り換えたESPNが正しい舵取りということになりそうです。Indy 500でも神通力が切れてきたとしたらIndyCarは苦しい。
今日はF1のBritish Grand Prixを放送してました。

放映は英国で放送しているのものをそのまま流しているように見受けます。それが古臭い。こんなので良いのか。米国内のNASCARにしてもIndyCarにしてもレース画像以外に大量の文字情報が画面に流れるのが当然になっている目からすると、F1放送の順位表示(ドライバーの名前を3文字で表示)などは不親切かつ情報量不足で時代遅れに見えます。今年はESPN系列に変わって初年度なのでこのままの仕様でシーズンを過ごすのかもしれませんが、テコ入れしないとF1ドライバーの名前をほとんど知らないアメリカ市場ではこれでは役に立ちませんが。

MonacoとIndyを今年限りのセット売り

いまF1 Monaco Grand Prixが終わったところです。東部時間午前11時前。この後正午からはIndyCarのメインイベントIndy 500がスタート予定。Monacoの方はESPNで生放送。Indy 500は地上波ABCで。ABCとESPNは同系列です。事前にこの2つのレースをセットでずっと番宣していました。Monacoを持ち上げる番宣ぶりが目立ちました。

実はIndy 500は来季からNBCへと放映権が変わります。IndyはABC系列で54年も放送してきたというのですがそれが消えることになります。その代替ということなんでしょう、ESPN/ABCはF1放送にシフトするということのようです。
一昨年にF1がアメリカ資本に丸ごと買収されるという事件がありました。その後アメリカ本土でのレースが増えるという話も聞こえてこず、レース自体もアメスポ化するのかしないのかよく見えなかったのですが、アメスポ放映最強のESPNのバックアップを得てどうにかなるのか、ならないのか。

来季からIndyを放映するNBCの放映権契約は3年と短いので3年後にまた大きな動きがあるのかどうか。



追記:地上波ABCではIndy 500終了後にF1 Monacoを録画再放送していました。

NASCAR 激戦をかいくぐってTurex Jrが初優勝

今日はNASCARの今季最終戦@Miami戦があり、Martin Truex Jr.がぎりぎりの勝利で今季の優勝を決めてます。このレースは胃が痛くなるような大接戦が最後まで続く好レース。NASCARとしてはこれ以上はまず望めないような決勝レースとなりました。

優勝の権利のある4人のうちBrad Keselowskiは粘るものの終始遅れを取って、実質Turex Jr.、Kevin Harvick、Kyle Buschの3人の争いに。これはこのレースの前週までの準決勝ラウンドでもKeselowskiは他の3人より劣っていたので納得の脱落。

他陣営よりピットストップの回数を減らす戦術をとったKyle Buschが有利かにも見えたんですが、イエローフラッグ。Turex Jr.がうまく立ち回ってトップに。TurexがトップですがしかしKyle Buschの車の方が明らかに速い。どんどん差が縮まっていく。あと10周を切っていよいよ二人での勝負、差は僅かに。これは届くのか、逃げ切れるのか。逃げる方も追う方も必死でものすごい盛り上がり。

と、そこまでは明らかにスピードで勝っていたKyle Buschの周回速度がそこから伸びなくなってきた。差が縮まりきらない。残りは僅か。それを見てとってKyle Busch陣営はそれまでの内回りを選択していたのを外壁側レーンに変えてみたり毎周回ごとに可能な戦術を次々とるのですが、最後の最後までTurexはミスなしで振り切り。こんなギリギリのレースで年間優勝が決定するのかという。これは良かった。

Turex Jr.は初優勝。Furniture Row Racing所属。聞き慣れない家具屋さんのレースチームが出てきた頃は群小のチーム、いつ消えても不思議じゃないような存在だったのが、一昨年Turexで初勝利、一気に上位常連となり昨年4勝、今年7勝で最多勝。こういうのがあるからスポンサーは夢を見て参入してしまうんでしょうね。

この日のレースで人気ドライバーのDale Earnhardt Jr.が引退。女性ドライバーのDanica Patrickもシーズンフル参戦はこれが最後(Daytona500はまだ出たいそうです)。でもそういう過去の人気ドライバーの話題をまったく脇に追いやって、レースそのもので魅せたのは大喝采です。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文