アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

Olympics/World Sports

バレーボール男子Nations Leagueを米国開催へ

本当にそんなことができるのか、という感じですが室内6人制バレーボールのFIVB Volleyball Men's Nations Leagueが来年2019年から3年間に渡って米国がFinalsをホスト開催することが発表になってます。バレーボール、それも男子ですか、という感じ。
Nations Leagueというのは2017年まで開催されていたWorld Leagueを改称再編した国別対抗の国際大会で、2018年が初年度16カ国が参加したものです。2018年大会は米国は3位。女子の同名の大会も存在します。そちらは元World Grand Prixが同じタイミングで2018年からNations Leagueになってます。

米国バレーボールは男女とも各種国際大会ではまずまずの成績(直近五輪リオ大会だと男子3位女子4位)なのですが、いかんせん米国内で観戦スポーツとしての人気がない。女子の方はまだカレッジの試合が秋シーズンにかなりの試合数がTV放送になりますが、春シーズンに開催の男子の方はぐっと少ない。女子はNebraskaやHawaiiといった大学が独自の人気を集めて数千人単位を集客しますが、男子はそうはいかない。2019年Finalsの米国内の開催場所はまだ発表になっていませんが本当にお客さん入るのかな大丈夫か、という感想です。
2018年のWorld Leagueでは米国はシカゴ郊外で予選ラウンドを開催。それ以前のWorld League時代などではDallas、Los Angeles、 Wichita、Tulsa、 Renoといったところで米国内開催の実績はあるようです。開催各国での2017年のWorld League、2018年のNations Leagueの試合当りの動員は平均3000人程度のようなのでその程度でよければバレーボールの人気があるとは言えない米国内でも達成可能という目算でしょうか。今年のシカゴ開催分の動員のニュースを探せないのですが、きっと手応えのある動員ができたのであろうかと想像します。

米国内でバレーボールのプロ興行といえばほぼビーチバレーのことで、室内6人制は過去何度もプロ化が試みられましたが成功していません。2016年リオ五輪の時期にあわせて何度目かのプロ化の動きがありましたがそれも予想通り立ち消え。国内プロリーグという方法では突破口が見いだせないと見限ってNations Leagueでの男子米代表チームを単一ホームチームとして興行的成功を目指すという方向ですかね。都市名を冠したプロチームを複数作って広い国内を飛び回るよりはコストもずっと低いでしょうし。このNations League Finals開催でのバレーボールのテコ入れ企画に乗ってくれるTV局がどこかあるのかどうか。五輪の独占放映権を持つNBC系列が手を貸してくれればベストでしょうか。

ドイツが決勝進出決定 NHLの欧州進出にプラス?

平昌冬季五輪の男子アイスホッケーでなんとドイツがディフェンディングチャンピオンのカナダの猛追をかわして4−3で勝利、決勝進出を決めてます。これはNHLの不参加が意外なメリットとしてNHLに返ってくる状態となるか。

ドイツは決勝進出で銀メダル以上が確定。過去のドイツの五輪でのメダルは西ドイツ時代の1976年インスブルック大会で銅メダル、ヒトラー執権以前の1932年に銅メダル獲得の史上二度のみですので、現時点で同国の過去最高の成績となることが確定しています。前回ソチ大会には予選敗退で出場できず、その前のバンクーバー大会では11位。今回もグループリーグで1勝2敗(1勝は延長戦勝利)。オリンピックには来たもののメダル候補とはまったく考えられていなかったチームが、グループリーグで全体首位だったスウェーデン、ホッケー強国カナダを連破して決勝へ。ドイツの対カナダの過去の対戦成績は1勝27敗1分だったとか。決勝の相手はOARです。

試合は第3ピリオドにカナダが王者の意地での反撃で2ゴールを挙げてその後もドイツゴールに迫る緊迫の終盤戦となりました。ドイツは第3ピリオド、SOG1(唯一のSOGはペナルティショット→失敗)で防戦一方。身体を張って耐えきっての勝利となってます。
カナダは第1ピリオドでのペナルティ連発(2つ目はフェイスオフで審判の指示に従わなかったという無意味な反則)で5対3の場面となって先制点失点、第2ピリオドにドイツに押されまくった挙句、ラフ行為で5分のメジャーペナルティを食うなど自滅っぽい敗戦。最終ピリオドのあの迫力が出せるのに、その時点までギアがトップに入らなかったのが今回のチームの限界か。

このドイツの突然の確変。これが起こった下地はNHLの選手たちが今回の五輪に来ていないことでしょう。カナダや米国を始め、他のホッケー強国のベストの選手たちは大量にいまもNHLでシーズン拘束中。対してドイツは自国内リーグの選手たちで固めています。ざっと調べてみると現役のドイツ人NHL選手は7名、うち2名はゴーリー。過去の国際試合の戦績も冴えない、NHL内での存在感も低かったドイツが躍進できたのは他のホッケー国と比較するとNHL選手の五輪不参加でのチーム力低下が比較的軽微だったからでしょう。
そしてもしこの大躍進を期にドイツ国内でのホッケーへの注目度が高まったら、近年欧州での公式戦を頻繁に組んでいるNHLは喜んで来季ドイツでの公式戦を組むことでしょう。NHLが選手を五輪へ派遣しないことでの国際的な露出低下などデメリットを云々する議論もあったわけですが、ことドイツに関してはなぜかNHLの派遣拒否がホッケー市場の拡張に繋がったなんてことになるかもしれないのです。

決勝はドイツを応援してみたいと思います。ロシアの方がずっと強そうですが。

アメスポ例え話

小ネタなんですが、女子のフィギュアスケートのショートプログラムを観戦していたときの話です。最終組が練習滑走中に優勝候補の選手たちを紹介していたのです。解説に出演していたのはTara Lipinski(長野冬季五輪の金メダリスト)とJohnny Weir(マツコデラックスみたいな人)だったんですけど、Taraがロシアのツートップ、MedvedevaとZagitovaを紹介するのに「最高の選手が二人ともロシアから来ているというのは、LeBron JamesとKyrie Irvingが二人揃ってCleveland所属みたいなものですよ!Kyrieは出てっちゃったけど」というフィギュアスケートに知識がないであろうアメリカの視聴者向けに表現していたのがおもしろいなと。ちょっと違うかなとも思います(年齢から言ってMedvedevaがLeBronで、ZagitovaがKyrieってことになっちゃうとKyrieがLeBronより上の選手になってしまうから)が、概略を短時間で伝えるときはわかりやすさは正確さより大事ですから良しでしょう。

Tara Lipinskiはバスケを見てるんだな、というのはジャンルにこだわらずスポーツ観戦を楽しむアメリカっぽくていいなとも思いました。

ホッケー米男子代表準々決勝で力尽きる

NHL選手が出場していないこともあってほとんど見ていなかった平昌冬季五輪の男子アイスホッケー。4年前の当ブログの記事を見るとソチ五輪でのホッケーにかなりいれこんでいた様子が伺えて、今回との落差がすごいです。過去大会ならアメリカやカナダの試合だけでなくロシア、スウェーデン、フィンランド辺りの優勝候補どころかドイツだスイスだの予選の試合から相当の数の試合を見て各国の調子まで感じられるほどだったのに、今回はさっぱり。五輪が始まるまでKHLの選手が出場していることすら知らなかったほどです。

女子フィギュアスケートのショートプログラムを生中継で昨夜見ていて、その続きの時間帯で米男子代表対チェコの準々決勝を後半からシュートアウトまでを観戦できました。選手には馴染みはなくてもホッケーは見るとやはりおもしろいです。熱戦の第3ピリオド+延長の末、シュートアウトにもつれ込むと、「今、T.J. OshieがTwitterで”Terry Terry Terry!!!”とツイートしました」と実況が紹介。今回の米代表メンバーの中でシュートアウトのスペシャリストとされたTroy Terry(Denver大所属)を指しての応援ツイートというわけです。

T.J. Oshieは四年前にソチ五輪での対ロシア戦で伝説的なシュートアウト戦をやってのけた選手。当時はSt. Louis Blues所属、現在はWashington CapialsでスーパースターAlexander Ovechkinの相棒としてトップラインを張ってます。当時の五輪のシュートアウトルールは最初の3人が終わって同点の場合は、そこからサドンデス(現在は5人)。4本目のサドンデスからは既に出場した選手が何度でもシュートアウトに出場しても良いルール。ロシアとのシュートアウトは延々続いて8本目で遂に決着がついたのですが、T.J. Oshieはトータルで6本に出場4本を決めて米代表のヒーローになってます。ロシアの方はサドンデスに入ってからPavel DatsyukとIlya KovalchukとNHLの大重鎮スーパースターが代わる代わる出てきたのを、Oshieが一人で次々とゴールを決めて勝利。相手が相手。ロシア。Kovalchuk。Datsyuk。それを一人でねじ伏せたその鮮やかさで一気に人気爆発してOshieを人気選手にした伝説の一戦となったのでした。
そのOshie。ちゃんと真夜中なのに五輪ホッケーを生TV観戦してたんですね。タイミング良くツイート。好きなんですね。

残念ながら米代表は5人が一人もゴールを決められずシュートアウトは1−0で準々決勝敗退となりました。今回はマイナーリーガー大学生選手NHLから契約が貰えなかったベテランでの構成で、大きな期待はできない大会ではあったものの健闘はしたという評価になるのでしょう。特に若い選手たちはこの経験を糧に将来のアメリカホッケーを盛り上げてもらいたいところです。

五輪と言えば開会式・閉会式

今日ラジオ局で曲をかけながら言っていたんですが来週開幕の韓国冬季五輪の開会式で韓国出身のBTSが出演して歌うとか。五輪の開会式や閉会式の出演者って秘密の場合が多いように思いますが、あっさり明かしちゃうんだなと思って聞いていました。BTSっていうのは私も最近まで存在を知らなかったんですがアメリカでもなかなか人気なんだそうです。年越しのカウントダウンライブの番組で歌って踊っていたのを一緒に見ていたアメリカ人に教えてもらいました。BTSの存在は知らなかった私も曲は聞いたことはあったのでかなり流されていたはず。
で彼らが平昌五輪に出演すると聞いてなるほどと。五輪のあれは開催国の総力を挙げたお国自慢大会みたいなものですから海外で人気のある旬なグループがいるなら起用も当然かなと。

以前から東京五輪の開会式・閉会式のことは時々想像してたのです。日本のお国自慢大会。海外に住む私からするとどんなものが飛び出すのか期待が高いです。日本には世界最強のアニメ文化とゲームがある。Kittyちゃんだっているし初音ミクもいる。それらが総出演したらすごいだろうなあと。スーパー戦隊シリーズ全員集結とかコスプレーヤーで日本のアニメの歴史総ざらいとか。それらの方面では世界の多くの人がわくわくするようなことが起こるだろうと期待する反面、生身の人間で日本人の有名人ってあまりいないよなと思っていたわけです。音楽でもBTSレベルの知名度の方はいないような。今だったら一部で突出した人気を誇るBabyMetalぐらいか(Yui Metalの健康問題もあり2020年に向けて不安ですが)。One OK Rockがいるじゃないかと言われるかもしれませんが、現時点ではBTSとはかなり知名度に差がありそうです。

ここまでは前振りで、スポーツブログですので、スポーツ界で誰かいないのかな?という話です。日本目線からならMLB Ichiro、ゴルフ松山、テニス錦織圭、サッカーの誰かフィギュアスケートの誰かなど海外で有名そうと思われている名前は挙がるでしょうが海外から見てインパクトのある人やああいう場でのプレゼンには物足りないかなと思っていたわけです。個人知名度はともかくフィギュアスケートはプレゼンがしやすそう。ものすごく変な場所をスケートしてみたり日本製の氷の要らないスケートリンクという技術の宣伝もできるでしょうしそれはアリそうだと。人物じゃないけどTVフォーマットとしてNinja Warrior(SASUKEのアメリカ版題名)は世界各国で大人気ですから組み込まれそうな気がしますが。それでも寂しいかなと思っていたわけです。

そこで。ちょっと待てと。WWE世界ヘビー級王者はどうだ?と閃いたわけであります。WWEは最近は英国にも本格進出していますから悪くないのでは。東京五輪でShinsuke Nakamuraのあの入場パフォーマンスに、日本の誇る有名バイオリニストをからませたら?プラス一発芸でキンシャサでも披露したらこれは60秒分ぐらいイケそうな気がしますがどうでしょう?なにも事情を知らない方でも日本の武道のアレンジかなにかだと思って楽しんでもらえそうにも思えます。新日本プロレス的歴史を考えるとキンシャサより飛びつき逆十字とか延髄斬りの方が私個人は盛り上がるでしょうが、個人の好みの押し付けはまあ良い。個人知名度不足の東京五輪のリアル人間出演者にShinsuke Nakamura、いかがでしょうか。着物風コスチュームのASUKAとセットでもよろしいです。まあその前に実際にチャンピオンになってもらわないといけないですけど。

五輪団体競技 男女バスケ・バレー準決勝

五輪の団体球技で男女バスケットボール、男女バレーボールがそれぞれトーナメント準決勝まで進んでいた米代表。バスケの方は男女とも金メダルの本命。特に女子の方は死角なし。バレーボールは女子は優勝候補で、対抗であり苦手だったホームのブラジルが早々に敗戦しているので視界良好。バレーボール男子はGL最終戦に勝ってトーナメント滑り込み、どこまでやれるか、という準決勝が今日から開始。

先陣を切って登場した女子バレーボールがフルセットの末セルビアに敗れて今回も金メダルに届かずとなりました。うーんこれは痛い。トーナメント初戦では日本代表を相手に快勝。反対側の山で相性の悪いブラジルが消えていたのでバレーボール女子五輪初優勝が見えてきたと思っていたんですがセルビアにやられてしまいました。北京・ロンドン五輪では連続銀、今回こそで臨んだリオでも金に届かず。室内6人制バレーボールはプロ化を目指して数年前から勝負を賭けていたのですが、この準決勝敗戦はそちらへの影響でも痛いです。女子団体スポーツではアメリカでの人気は圧倒的にサッカー。実力なら圧倒的にバスケ。こういうことを言ってはいけないんですが、女子サッカー代表はほぼ白人、バスケ代表は黒人で占められており、サッカーが負けたからと言ってそのファン層がバスケに流れる感じはしない。女子サッカーがトーナメント初戦で敗れて得をするとしたら同じく白人選手が多いバレーの方だろうなあと思っていたんですがそのチャンスを活かせず。プロリーグの結成にどう響くのか。優勝候補ではない男子が勝ち進む可能性は低いです。そちらの試合は明日。

バスケの方は男女とも金メダル以外は失敗というハードルが課されている。女子の方はまず大丈夫かと思いますが、男子の方は準決勝スペイン戦も侮れず、好試合が残り二試合期待されます。

2024年の新アリーナ建設

NBAのニュースとしてLos Angeles Clippersが現在Lakersと共用しているStaples Centerを出て同市西側に新アリーナを独立で持つ可能性があるというのが出ていました。現在の成績ならClippersの方がLakersを大いに上回っても過去の実績と人気の蓄積、同市内での放映量・露出力ではいまもLakesが圧倒的に上回る中、別のホームアリーナを建てて同市内でも別の地区へ移転して独立独歩前進しようという意気のようです。

背景としてはClippersに実力が付きブランドとしても過去のドアマットのイメージから脱出したのと、オーナーが変わってMicrosoftの大立者Steve Ballmerとなったこと。前のオーナーだったDonald Sterlingはカネを惜しんでチームの強化を怠っていたという評判で、Lakersと同居していたのも運営コストが安いから、と言われます。Sterlingは例の人種差別発言で放逐された訳ですが、それ以前からNBAコミュニティから嫌われていたので他チームのオーナーからも擁護の声はなくあっさり切られてます。代わったSteve BallmerはClippersをNBAの人気チームに育てたい意志がある。いまのNBAは上げ潮の時期でもあり、LAという全米有数、いや世界有数の有名都市にNBAチームを持っているのにチマチマやっているのは馬鹿げているというところでしょうか。

ClippersのStaples Centerとの契約は2024年で終わるそうで、その時点で新アリーナに移りたいということのようです。ん?とここで引っかかりました。2024年?ああそうか。

実はLos Angeles市は2024年の夏季五輪の誘致を正式に発表して、最近はその招致ロゴをよく見かけるようになったところです。つまりそのClippersの新アリーナという話は五輪開催とセットでもあるんでしょうね。なるほど。

五輪ビジネスが8年後にどうなっているかはちょっと不透明な面がありますが、LAが当選すればアメリカも五輪ビジネスに協力していくことになるんでしょう。それに乗ってClippersもビッグチームになっているんでしょうか。

もしLAが落選したらどうか。もうじき始まるリオ五輪に国家ぐるみでのドーピングをしていると強く非難しているロシアの排除に失敗。その上五輪招致でもはぶられた場合にアメリカが国家戦略として五輪ビジネスから手を引く場合もあるのかもしれませんし、五輪の曲がり角になるかもしれません。

そういえばFIFAの汚職追及のニュースを聞かなくなりましたね。Blater逃げ切りでしょうか。

初のNFL出身五輪選手誕生へ

元NFL Detroit Lions RBのJahvid Bestが五輪陸上短距離で五輪に登場することが認められることになりました。NFL出身者の五輪登場は初とか(元五輪選手がNFL入りした例はあり)。NFLを語るときに「アメリカのフィジカルエリートが集う場」というような形容をすることがありますが、五輪選手は初なんですね。まあ陸上競技で求められる身体とNFLで求められる身体の組成が違うわけですから掛け持ちは無理でしょうが、こういうこともあるんだなということで。

Bestが代表として出場するのはアメリカではなく、彼の父親の祖国であるSt. Luciaの選手としてです。私はSt. Luciaはアイランドホッピングで行ったことがあります。遠いカリブの小国です。素朴で良い所でした。

様々な小ニュースから徐々に五輪が近づいてきたなというのを感じます。

Spiethは五輪辞退

予想されたことではありましたがJordan Spiethがリオ五輪不参加を表明。先日書いた陸上でOregonのフットボール選手が喜んでリオに行くのに対して、プロゴルファーの参加者はかなりボロボロの状態になることが確定しました。Spiethが行くなら自分も行くと言っていたRickie Fowlerは、Spiethが抜けても行くとかいう報道も出ていますが流動的な気がします。いずれにせよ五輪復帰初年度のゴルフはトッププロが抜けた状態での開催が確定的。今回は蚊を媒介した伝染病が問題と状況が悪いのでこうなるのは仕方ない。男子よりもより影響の大きい女子選手の参加動向の報道がない方が気になるほどです。

五輪競技に復帰したもののプロのスター選手不在というとMLBが参加しなかった野球競技のことも思い出されます。それぞれの状況は違うものの、プロ競技が成立するジャンルにとって五輪の価値が低いから出場しないという点では同じ。「五輪こそが至高のスポーツイベント」だというクーベルタン男爵の100年越しのマジックにまだかかったままの方ならともかく、現実主義的なアメリカ人からすればまっとうな判断だとは思います。

PGAのスケジュールを眺めると五輪のゴルフ競技の開催時期にJohn Deere Classicが開催予定。五輪に出ないSpiethその他の面々はこちらに出場するんですかね。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文