アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

NFL/Pro Football

脳震盪の呪い 混迷深まる

NFLのプレシーズンの試合でJacksonville JaguarsのWR Marqise Leeが相手のタックルで膝を負傷、シーズン全休に近い大怪我となったようです。詳細な情報はまだこれから。カレッジではUSCで勇名をはせたLee、現在26歳。NFL選手としては脂の乗った年齢のシーズンが始まる前にいきなり吹っ飛んでしまいました。
これがどう表題とつながるかというと、ディフェンダーがヘルメット同士での接触を避けるべく下に突っ込んだのがモロにLeeの膝に入ってしまい破壊につながったからです。昨季までもルールはあったんですが、このオフにさらにルール変更があり、ヘルメット同士の接触での罰則が強化されています。その結果、そのルールに適応すべくディフェンスの選手はボールキャリアとのヘルメット同士での接触を避けて昨季以上に下へのタックルを意識せざるを得ず、それがこの大怪我につながったとされています。この事故に直接関わっていない選手たちからも批判が噴出中。

この試合以外にもヘルメット同士の接触でディフェンスの選手がペナルティをくったりしているのはよく見るところ。ボールキャリアの選手が頭を下げて突っ込んでくると、絶対にヘルメットに当たらないようにしようしたらもうタックルできる面がないのです。一旦通り過ぎさせて横から後ろからタックルするのは可能ですが、正面前面から見たらもうタックルできる場所がない。それこそオフェンスの選手のヘルメットをディフェンスの選手が身体で受け止めるぐらいしかない。さらにそれを見越してボールキャリアが無理に頭から突進をすることを戦術化する。それが安全なんでしょうか。今回のルール変更は勝負所で変な判定を呼ぶのが必至なのでは。攻守のバランスも崩れそうな気もします。

それもこれも脳震盪問題に端を発しているところが問題です。脳震盪関連でNFLは多額の賠償金を既に支払い、今後も支払い続けることになる。これ以上問題を拡大させないためには目に見える形で対策を繰り返しているという行動を示す必要もあり、毎年のようにルール変更や運用変更をしているわけですけれど、それがいよいよゲームバランスを壊しそうなところまできたのではないか、というところが問題です。

アメスポ夏枯れ週末

この週末、アメスポトピックとしてはフットボールの殿堂表彰式が一番の話題。Terrell Owensが表彰式に登場をしなかったことで少々モメてます。今後は殿堂は本人の登場を義務付けるとかなんとか。これはちょっと変な話ではあります。殿堂セレモニーがTVショー化して放映するTV局側からの意向を殿堂がそのまま喋っている感じですね。

個人的に見た試合中継で一番盛り上がったのはNASCARで22歳Chase ElliottがWatkins GlenでCup戦レース初優勝。テールに迫る昨季チャンピオンのMartin Truex Jr.とのデュエルを戦い切っての優勝は価値あるものかと思いました。Watkins GlenはNASCARシーズンの数少ない非オーバルコース。欧州型のテクニカルなコースではないですが、普段のNASCARとは違う趣、しかしながらNASCARらしい白熱のバトルが楽しめる好レースに。ミリ秒単位で迫るTruex、逃げるElliot。僅かなミスが差を広げたり縮めたりの終盤20周ほどはエンタメ度たっぷり。
過去数年でNASCARのジャンルとしての人気絶頂期を支えた人気ドライバーたちが次々と引退。新しい顔に入れ替わる中、新鋭の初優勝はNASCARの次の時代が始まっているんだなあと感じさせるものがあります。

MLBでRed Sox x Yankees完全決着というのも大きかったです。Red SoxがスイープでYankeesを蹴散らし。それも1-4から9回に追いつき延長10回で決着。ゲーム差が9と開いてさすがにAL東はこれで決まりでしょう。Yankeesが悪いというよりRed Soxがとにかくしつこい。こういう強さはじわじわ来ますね。
Yankeesは現実的にはこれで一発勝負のワイルドカードからの勝ち上がりを目指さなくてはいけないことになりそう。その一発勝負の相手は夏に入って以降勝ちまくり打ちまくりのOakland Athleticsか。怖いもの知らずの嫌な相手です。
ポストシーズンになれば投手陣は特攻回転で回すのでYankeesにとっても事情が変わってくる。強打線が火を吹き始めれば短期決戦のMLBポストシーズンの行方はわからないですが。

地元メディアがBelichickに玉砕覚悟の取材

NFLのキャンプが始まる時期となりました。契約でモメた選手がキャンプに参加するかしないか、昨季全休したIndianapolis ColtsのQB Andrew Luckの復帰見通しなどの話題もありますが、一番私的にウケたのがボストンの地元メディアがNew England PatriotsのHC Bill Belichickに食い下がって質問した件です。
昨季のSuper Bowlでディフェンスの要の一人だったMalcom Butlerがディフェンスでの出場を許されずスペシャルチームでのみ出場。サイドラインで悔し涙を流すButlerとそれを慰める僚友。試合は接戦の末Patriotsが敗れたことからなぜBulterを出場させなかったのか、出場させていたら勝っていたのではないのか、Super Bowlの勝利を投げ出してまで課さなくてはならないペナルティとはなんなのか、とファン・非ファンを巻き込んでかなりの議論となりました。
この件については試合の当夜だったか翌朝だったかにButler本人が僅かに泣き言を記者に話したものの具体的な理由には触れず、さらに翌日にはButlerが泣き言を言ったことについて公式に謝罪し、それ以降は本人も完全に沈黙。その後移籍が決まったときもPatriotsに深く感謝の弁を述べて静かに退団していきました。
Butler以外からは一切情報が漏れてこなかった。そのため憶測を呼んできた問題ではありました。2018年新シーズンが始まる段階がたぶん最後の直接取材のチャンスだと踏んで地元メディアが腹を括ってこの話題をBelichickにぶつけたのでしょう。Belichickの返事は「2018年シーズンに集中している。過去のことは話さない」とまあ想像できる返事。しかし地元メディアは事前に粘りまくると決めてきていたのでしょう、4度ぐらいかな、ほぼ同じ質問を繰り返し(ちょっとした記者マナー違反でしょう)、その度にBelichickは不機嫌になるでもなく同じように返答して一切のヒントを与えず記者会見をこなしました。

この時点で地元メディアがここまで(漏らす見込みの極薄い)Belichickに食い下がったということは、オフシーズンに敢行したであろう他の選手や上層部から末端までの関係者、退団者、ひょっとしたらButlerの家族への取材がことごとく失敗したということなのでしょうね。特にBelichickの支配下にはないオーナーなども一切不満も情報も漏らさなかったというのはすごいかなと。この統制の凄さは組織の強さを表しており、Butlerの出場の是非とは別に、継続的に強いチームは違うなと感じさせてくれます。

アマチュア王者Fighting Cancerがプロを抑えてAFFL初代チャンピオンに

American Flag Football Leagueの初年度の決勝戦で、アマチュアディビジョンを勝ち上がったFighting Cancerが、NFLの元プロ選手を擁してプロディビジョンを制したGodspeedに完勝してAFFLの初代チャンピオンになっています。これはおもしろかった。意外なほどに。

まず初代王者となったFighting Cancer。チームのメンバーの多くが家族友人を癌でなくしていたのでこういう名前をチーム名としているとのこと。素晴らしいチームワークで元NFLのスーパーアスリートを翻弄して最終スコアは26−6で圧勝。賞金の$1 millionをチームメイト12名で山分け。このチームはAFFLのために結成したチームではない、というところがミソです。AFFLがNFL Networkで放映されることになる以前から、全米各地で小規模なフラッグフットボールの賞金大会があると聞くと、Fighting Cancerは遠方(New Orleansがホームタウン)から乗り込んで賞金稼ぎをしていたというんですね。つまりアマチュアとは言うもののチームとしての年季は入っていたと。
対するプロ側は先日書いた通りMicheal Vickなんかも出場している。この日の決勝に登場したGodspeedのQBはSeneca Wallace。プロではSeattle Seahawksに主に所属しましたが、私個人的にはカレッジ時代に弱かったIowa State所属で、ある年の開幕週に当時絶頂期だった強豪Florida Stateを相手に超絶のハイスコアリングゲームで追い込んだ雨中の大激戦の印象がやたらと強い選手です。他にも元Ravens S James Ihedigboなど元NFL選手で固めたGodspeed。4チームあったプロディビジョンを堂々勝ち抜いたコンディションもよさそうな面々。
この元NFLの猛者を相手にアマチュアのFighting Cancerがトラッシュトークを飛ばしながら完勝する様はなかなかに惚れ惚れするものがありました。プロ側はアスリートとしての才能は疑いもないものの急造チームで、アマチュア側がフラッグフットボールにおいてはプロよりもルールや戦術で馴れている面があったわけですね。Fighting Cancerは馴れで有利なだけでなく、ゴールライン際でもプレーを諦めないなどガッツあふれるプレー。それが次のスナップでのPick 7を呼ぶという劇的場面なんかもあって大変楽しめました。(Pick 6ではないです。AFFLのルールでは50ヤード以上のTDは7点というルールだそうで)。それもそのTDをバク転しながらエンドゾーンへという、NFLでは許されない行為もアリ。楽しいです。

僅か3週間のシーズン。決勝戦の行われたHouston BBVA Compass Stadium(サッカーMLS Houston Dynamoのホーム)に集まった観客は数少なかったですが、このTVでの放送を見たら来季(があるなら)結構入るのかもと思わせるところがあります。アマチュアに敗れたプロ側の来季の奮起も見たいところですし。

PGAツアーがNFLを避けるスケジュールを発表

男子ゴルフPGAツアーの2019年のスケジュールが発表され、その変更が注目を浴びています。細かい変更はいろいろあるんですが、プレーオフのFedExCupを短縮かつ一ヶ月前にずらして8月末に終了というスケジュールになったのが最大の注目点。この変更はフットボールシーズンを避けるのが主目的だとされています。フットボールは9月第1週にカレッジフットボールがシーズン開幕、続いて翌週にNFLが開幕というのが近年のパターンです。

NFLの視聴率の低下云々が言われる過去数年ですが、それでもやはり対抗するスポーツ他ジャンルにとってはいまだにNFLは脅威ということなのでしょう。特にPGAとNFLはともに週末型のイベントで、スポーツニュースでの露出でNFLに圧倒されているのは確か。せっかくプレーオフをやっていてもフットボールシーズンにかかっていては対抗しようがない。週末からイベントをずらすことは不可能なので、じゃあフットボールシーズン前にプレーオフをやってしまおうということですね。

アメスポのマイナープロスポーツには春夏シーズンのものが多数あります。学校の夏休み中の動員を当て込んでその時期にやるわけです。フットボールシーズンになったらフットボールに負けるというのもある。女子サッカーがそうですし男子ラクロスMLLもArena Footballもそう。男子サッカーのMLSも初期は9月中にレギュラーシーズンを終了してました。過去に隆盛を誇って長いシーズンを戦っていたIndayCarがそのマイナー化が進んだ時点でスケジュールを短縮、9月中旬にシーズンを終える形になってます。来季以降はさらに短くなるかもともされます。

アメスポ市場でフットボールが強い人気を誇るのは間違いないんですが、遂にアメスポ中堅で人気の底堅いゴルフまでNFLを避けるようになったか、というのは意外な感じもします。

Michael Vickがプレーしているのを再び見られるとは

American Flag Football League。その名の通りフラッグフットボールをやるリーグですが、そこであのQB Michael Vickがプレーしていまして何やらタイムスリップしたような感じ。真剣な顔をしてプレーしていました。60ヤード級のTDパスをブン投げたり。
Vickが所属しているのはRoadrunnersというチーム。いま生中継でやっている試合の相手はTeam Ocho。その名の通りChad Ochocincoがキャプテンのチーム。Ochocincoが40歳にして華麗なストップ&GOで相手を出し抜いたりしているのを見るのも楽しい。ご本人たちも楽しそう。まあなんでしょう、プロフットボールのシニアリーグ版みたいなものでしょうか。
よく仕組みがわかってないんですが、プロとそうでないディビジョンがあって、そのそれぞれの勝者が二週後に対決するんだとか。他のチームにはCarlos BoozerやNate Robinsonが所属しているとか。そうです、NBAおよびカレッジで活躍したバスケのあのCarlos BoozerとNate Robinsonです。お遊びにしては手が込んでいるし、かと言ってたかがフラッグフットボールだし、どう受け取って良いのかわからないんですが、とにかくこんな興行ができていたんですね。アメスポはあまりにも多岐にわたっていて、ちょっと油断するとこんな妙な興行がいつの間にか発生していたりする。そのバイタリティと起業家精神は大変なものだといつも感心させられます。スクラップ&ビルドのスピード感がすごいです。潰れるときも早いですが。

スポーツのシニア版で思い出しましたのでついでに。
今日小耳に挟んだところ、ゴルフでTiger WoodsとPhil Mikelsonの二人で$10 millionの賞金を賭けたマッチプレーをするんだとか。これを聞いて、あーやっぱり人気というか知名度と視聴率の期待値では現役バリバリの選手よりも彼ら二人の方なのかと感心するやら若干残念な気もした次第です。
確か日本には野球のマスターズリーグというのがあって、あれはアメリカにない試みでおもしろいなと思っていたんですが、なくなっちゃったみたいですね。

元Pro Bowlerが連続老女レイプ

Cleveland Brownsなどに在籍した元NFL TE Kellen Winslow Jr.が老女レイプ、誘拐、脅迫、強盗その他で逮捕訴追されています。父親もNFLの名選手だったKellen Winslow。まだNFLがパスプレー全盛になる以前の時代にSan Diego Chargersで当時の基準ではパスしまくりオフェンスの要として活躍した方でPro Bowl選出5回、NFLの創設75周年のときにはAll-Time Teamにも選出されているリーグ史上に残る名選手。その昔東京12チャンネルで父親の方はプレーを見たことがあります。息子の方もカレッジからスターとして活躍。NFLドラフトでは全体6位という高い位置で指名され、プロでは通算12年間NFLに在籍。Pro Bowlにも選出1回。スーパースターにはなれませんでしたが十分に成功キャリアと言っていい。2013年を最後にNFLを去ってます。
それが2018年になってこんな形で再び名前を見かけることになるとは。現在かかっている容疑が全て有罪となると終身刑が待っています。現在34歳。

スキャンダラスなのはレイプの相手の年齢ですね。対象となった被害者の年齢が54歳、59歳、55歳、71歳、86歳。うーん。個人の性癖はそれがなんであれ性癖それ自体は否定はしません(合意でやる分にはなんら問題がない)が、ああそういう趣味なんだなあという。50代ぐらいだとおきれいな方もいないではないですが、徐々にターゲットの年齢がアップしているところをみると目指しているのはおきれな方でもなさそうです。
本人も10年以上NFLのキャリアがあり、父親もNFLの名選手。経済的にはそうとうに恵まれていた人生だったはず。身体的にもNFLのTEの体の持ち主はたぶんスピードサイズバランスなど考えて地上最強に近いひとたちでしょう。自分より強い人間に会うことはめったにない人生だったんだろうなあなんて思います。そんな人生でも処理できない欲求が爆発しちゃうもんなんですね。一応アメリカではネバダ州は売春が合法で、聞くところによればどんなタイプの女性も(好むなら男性でも)調達できるとされます。でもそれじゃあダメだったんでしょうね、きっと。
今後は法廷での争いになりますが、例の脳震盪やらCTEやらのせいだとかいうキテレツな弁護が法廷で登場するんでしょうか。

そういえばキャリア絶頂期に殺人で有罪となり、その後獄中死したAaron HernandezもポジションはTEでしたね。

NFL Eagles、ホワイトハウスにキャンセルを食う

昨季念願のSuper Bowl初制覇を達成したPhiladelphia Eaglesのホワイトハウス訪問が前日キャンセルになっています。Eagelsのメンバーで訪問を拒否する選手もかなり出そうだったため、ホワイトハウス側がなら来るなとやった模様。
政治的ショー的な綱引きもあるのでどちらが正しいというのはないですが、せっかくの念願の初Super Bowl制覇なのにEaglesファンにとってはちょっと寂しいかもしれませんね。

昨年の優勝チームNew England PatriotsはHCのBill Belichickが積極的なトランプ支持者だったし、Bradyもそうだと言われていますし、チームのオフェンススター選手が白人選手で占められていたのでほぼ大半が出席したかのように見えた(実際は数人拒否)ので問題なくホワイトハウス訪問が実現しましたが、Eaglesはそうならず。
トランプ側から見ると自身の支持層によるNFL視聴拒否が数字に現れて昨季のNFLの視聴者数はダウンした、効いていると感じている中、トランプ自身がNFLに歩み寄る気はない、グダグダ言うなら来るなと突き放した格好でしょう。
トランプ大統領は支持層にとって何が大事かをよくわかっているとは言えます。
ただそういうやり方だと支持層とそうでない層との分断がさらに進むという意味では危険な舵取りとは言えます。しかしいまの調子ならトランプの二年後の再選は有力かと思われます。トランプの下品な言い回しにも皆が馴れてきてしまっているのもあるし、現実的にはあまり失策も多くないといえるので。

NBAでは昨季の覇者Golden State Warriorsがホワイトハウス訪問を拒否。今年もまたWarriorsが優勝すれば行くことはないでしょうし、もしCleveland Cavaliersが逆転勝利しても過去のLeBron Jamesの発言からすれば行かないのでは。LeBronが行かないならばよしんば他の全員が行くと表明してもホワイトハウス側は招待しないでしょう。

NHLは3勝1敗と王手をかけたホワイトハウスのお膝元Washington Capitalsはさすがに拒否はないか。NHLは外国人選手が所属の大半を占めるし黒人選手も極僅かなので拒否は少なかろうと思われます。CapitalsのDevante Smith-Pellyが黒人選手(カナダ人)として活躍しているわけですが、Capitalsが招待されるとなった場合にどう個人で判断するか彼にプレッシャーがかかることになりそうで、ちょっと気の毒ですね。Vegas Golden Knightsの方にも中心選手でPierre-Édouard Bellemareが黒人選手(フランス人)。彼はおしゃべりがうまいのでよくマスコミ取材でも登場します。
一般的に言ってNHLの黒人選手たちは発音も白人選手たちと同じでボキャブラリも豊富な場合が多く、あまりゲットー出身ぽく見える選手は見当たりません。

NFLドラフト なぜBrownsは

昨夜のNFLドラフト、ほぼ全編延々3時間以上見てしまいました。過去よりも各チームの指名間隔も短く見やすかったです。指名権のトレードも多く見応えありました。
指名内容の前にNFLコミッショナーの不人気っぷりのすごさに圧倒されましたね。猛烈なブーイング。コミッショナーの方もそれは予想していて、それを逸らすために最初に登壇したときはドラフト会場地元のDallas Cowboysの過去のスターを伴って出てきたんですが、そんなことぐらいじゃあ罵倒は避けられず、さすがの厚顔Roger Goodellも動揺してましたね。NFLの組織内では怖いものなしでしょうがファン(ドラフト会場に入れたのは各チーム50人のシーズンチケット購入者)相手ではそうはいかないわけです。

続いて伴ってきたCowboysのレジェンドRoger Staubachがステージからボールを投げた場面が素晴らしかったです。76歳であの肩!それも狙った先がSteelersのファンのところ。泣かせます。私、StaubachがSteelers相手に戦ったあのSuper Bowlは子供のころに日本で見てました。あの頃は毎年地上波でSuper Bowl中継していたわけです。
Staubachさんご自身の姿は日産提供の「Heisman House」というシリーズもののTVコマーシャルなどでよく見かけていたのでまあ普通のお爺ちゃんだなあと思っていたんですが、まさか今でもあんなボールが投げられるとは!素晴らしいものを見せていただきました。

さて注目のQB指名ですが、上から順に全体1位でCleveland BrownsがBaker Mayfield、3位New York JetsがSam Darnold、7位にドラフト指名開始後にトレードアップしたBuffalo BillsがJosh Allen、同じくトレードアップでArizona CardinalsがJosh Rosen、そして一巡目最終指名=全体32位でBaltimore RavensがLamar Jacksonと5人が指名されています。
他の注目選手では全体2位でNew York GiantsがRB Sequon Barkley、今ドラフトの最強エッジBradley Chubbは5位指名でDenver Broncos。Cleveland Brownsの4位指名はOhio StateのCB Denzel Ward。

5人指名されたQBのうち実に4人がトレードアップまでして指名されたことに。唯一のトレードアップではないBaker Mayfieldが全体1位。全員が請われてNFL生活をスタートすることになりました。それはそれでおめでたいことでしょう。それぞれの活躍を期待したいです。
3位のJetsから見ると市内ライバルGiantsがQB指名に行かなかったことで今ドラフトQBで一般的に一番評判の良かったDarnoldが獲れて満足のはず。Buffaloも元々の指名順のままではQB上位4人が残っていないかもしれなかったところ全体1位もあるかと言われていたAllenを獲れてこれも大満足でしょう。寒冷地のBuffaloを本拠地にするのには温暖なLAからやってくるDarnoldやRosenよりも、同じく寒いWyomingで揉まれてきたAllenの方が環境にフィットするという見方もあるようです。Allenはドラフト前日になって15〜16歳頃にソーシャルメディアに人種差別的な発言があったとスクープされてドラフト当日・イベント前にもメディアからそれについての質問ばかりでちょっとお気の毒でした。なぜ6年後のこのタイミングでそれが問題視されるのか意図的なものを感じないでもないですが、とにかく全体7位ならその発言の問題の悪影響はあったとしても最小限だったということになります。
UCLAのJosh RosenはQB4人の中では売れ残りになってしまいましたが、これも10位とまずまずの順位でArizona Cardinals行き。Pac-12圏内。殿堂WR Larry Fitzgeraldがなんでも捕ってくれるチームですね。TV解説に出演していたTroy AikmanがUCLAの先輩なのでRosenの擁護発言が多かったです。UCLAからの1巡目指名QBはAikman以来3人目でかなりの久々です。
最後のLamar Jacksonは意外でした。New Englandが31位指名権でJacksonをスルーしたところで、32位指名権のPhiladelphia EaglesはQB指名はありえず、ああもうJacksonはグリーンルームで待っていたけど今日は指名なしかお疲れさん、と思ったらなんとBaltimoreが動いて指名権ゲット。Baltimoreが後継QBを欲しがっているというのは事前に言われていましたから、自身の手持ち1巡目指名権を使わずにLamar Jacksonを獲得できて満足と読むべきなのでしょう。今年の2巡目と4巡目プラス来季の2巡目とかなりの犠牲を払ってJackson獲りに来ました。Baltimoreの場合他のQB指名チームと違ってまだJoe Flaccoが健在・契約も残っているので後継QBを獲るにしても慌てていないはずですが、それにしてはずいぶんと好条件を提示してJacksonを獲ったなと意外さがあります。来季のカレッジからの出物が少ないと見たか。

とそんな具合で各チーム満足の行くドラフトだったように見受けましたが、その中で一番疑問が大きいのがBrownsですよね。なぜDenzel Wardなのか。先日も指摘したように4位指名権は売りさばきたかったんじゃないんでしょうか。あの怪情報はやはりBrowns自身が流したブラフだったような気がします。ブラフと見抜かれて高い交換条件を持ち出すClevelandが、Chubbsに興味を持っていたチームからも相手にされなかったとか。実際にChubbsが必要ないと考えていてもそのままChubbsを指名して、指名後に売り払うというルートもあったでしょうがBrownsはそうはせず。
どん底Clevelandですからどのポジションも必要でChubbsを売り損なったとしてもそれはそれで使えたはずですが。
代わってChubbsを獲得したBroncosはVon MillerとChubbsのLB陣とグレードアップ、この方向でSuper Bowlを狙うことに。これはこれで良いんじゃないでしょうか。ディフェンスで再びSuper Bowlの栄冠を狙う。独自色があって楽しみです。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文