アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

NFL/Pro Football

スターのトレード要求 SteelersとTimberwolvesの場合

アメスポスターが所属チームにトレードを要求するのはよくある話。様々な衝突があってこんなところじゃやってられないとトレードの要求をする。また悪いことにその要求は多くの場合通ってしまうので、似たようなことを言い出す選手は後を絶ちません。

NFLではPittsburgh Steelers WR Antonio Brownがソーシャルメディアでトレードを要求して、その後すぐに消したとか。感情の赴くままに全世界に向けて発信できてしまうソーシャルメディアは激情型の方はやらない方がいいと思いますが、まあそうもいかないのか。
NBAではMinnesota TimberwolvesのJimmy Butlerがトレードを要求してます。行き先としてはBrooklyn Nets、New York Knicks、Los Angeles Clippersを指定しているとか。たった1シーズンでButlerに愛想づかされたMinnesota。空中分解へカウントダウン始まったか。

Steelersの方は私はあまり心配していません。シーズン前からいまもチームに合流していないRB Le'Veon Bellについてチームメイトがイラついて公の場で批判し始めたのがレギュラーシーズン開幕直前。その前もイライラは募っていたのでしょうが本番になってもLe'Veonが来ないことでオフェンスは構想練り直しが必至。その状態で始まったシーズンが0勝1敗1分。ただ引分の相手が最弱Cleveland Brownsだったので、チームとしては開幕二連敗と同じムードであろうことは想像に難くない。それでイライラがさらに増してAntonio Brownが試合中に暴発、そのままツイートしてトレード要求。明けた月曜日のビデオセッションにBrownが現れず、未公表の処罰が与えられています。試合停止には及ばない模様。
オフェンスのスターが次々と問題を起こしており、不安は感じるものの、Steelersオフェンスは昨年もグダグダ言いながら結局は調子を上げてプレーオフにからんできた。昨年の今頃はQB Ben Roethlisbergerが引退するだなんだと泣き言を言って意気が揚がらず先行きが不安視されていたものですが、それでもなぜかわからないままに立て直せた。Steelersは以前からチーム内の統率力は優れた組織である、という信頼感があります。Le'Veonはもう帰ってこないかもしれませんが、それでもあっさり惨敗シーズンに沈むようなチームではないと期待してます。

NBA Minnesotaの方は逆にフロントオフィスの信頼感ゼロですね。このオフシーズンの始まった時点で既に若手スターであるKarl Anthony Townsが背広組とうまく行っておらず放出の可能性があるとされていました。Townsの放出はそれっきりでどこからも話題になりませんでしたから、TimberwolvesはTowns放出の意思なしということなのでしょう。
たぶんTownsの残留確定が銃爪を引いたということなのでしょう、Townsとやってられないという理由(とされます)で昨季獲得したJimmy Butlerがここへ来てトレード要求。Butlerは来オフにFAになる契約なので、こんな時点でトレードと言っても対価で大した見返りは期待できません。
このオフに同様の条件でSan Antonio SpursがKawhi Leonardを売りに出しましたが、Leonardが移籍を希望したとされるLos Angeles Lakersには足下を見られてSpursが求めるようなトレードは実現せず。来オフなら対価ゼロで獲得できるLeonardを1年早く獲得するためにサラリー効率の良い若手スター選手を放出するなどLakersにとっては意味がなかったのでしょう。Spursにとっては運の良いことにプレーオフでの惨敗続きで模様替えが必須になっていたToronto Raptorsが手を上げてくれて、LeonardとDeMar DeRozanのトレードが成立してオールスタークラスの選手を得られました。
Minnesotaはそんな幸運なトレードを実現させることができるのか。キャンプインも目前となったいまの時点でどうなのか。その上Jimmy Butlerがトレード先として指定しているチームどこも今季の優勝の望みがないチームばかり。それどころかプレーオフ進出も怪しい。そんなチームが大きな対価を払ってくれるかは疑わしく、最良の場合Butlerを騙し騙し使いながら(Butlerがスト行為をしなければ、ですが)トレード期限までにケガ人が出たコンテンダーのチームに売るぐらいか。そのトレードにButlerが同意するかはわからないですが(後述の契約期間の問題もあるので)。

ButlerがNets/Knicks/Clippersを指名したというのは、いろいろ考えた末のことなんだろうなと想像できます。Townsと合わない。もうひとりの若手スターのAndrew Wigginsはちっとも伸びてこないしガツガツしたバスケットボールへの意欲もまるで感じられない。チームが元Bullsの大人の面々が引っ張るもまるで若い二人はついてこない。勝てそうにない。またMinnesotaの田舎にたった1シーズンでうんざりしたっていうこともあるんでしょう。希望移籍先はニューヨークとLA、大都市のチーム。希望移籍先はどこも来季以降のサラリーキャップに余裕があり、来オフにButlerにMax契約をオファーできるチームです。Butlerから見れば来オフにMax4年契約を得るよりも、今季のうちに移籍しておいてそこで所属選手としてMax5年契約をもらう方がお金の面ではずっと有利。来るシーズン開幕時には30歳になるButlerにとってはキャリア最後の大型契約になる可能性が高く、4年契約か5年契約かは大きな差です。そこを考えると今トレードして貰うと20億円程度の差がでるってことですね。
Antonio Brownは感情が激してトレード要求したのですが、それとは対極、よーく考えた上でのトレード要求をしたButlerはたぶんその意思を貫徹しそうで、来オフのMax5年契約をすると今の時点で思い定めてKnicks辺りが手を上げてくれるものかどうか。

Browns キッカーの首をすげ替え

次の試合が近いので切らないかなと思ったのですが、日曜日にPAT2本、FG2本を外しまくったキッカーをBrownsがクビにしてます。連続試合未勝利記録継続の戦犯ではあったのですが、次戦が木曜日夜の試合で中3日。さすがに上層部も腹に据えかねたというところか。外し方が3本左に外して、最後は右に大きく外したのを見てもメカニクスというよりはメンタルな感じが強く、立ち直る期間が短いのでメンタル的にまっさらなキッカーの方が良いのはそうなのかもなとも考えられます。「実は負傷していた」とか後付のニュースが今日辺り出てますが、距離はちゃんと出てましたから‥ 

Brownsがらみの選手の移動ではWR Josh GordonがBrownsからNew Englandへ移籍が発表になってます。これはwin-winでしょうね。Brownsは第1週が終わった時点でGordonの放出の方針を発表していて、10チームほどが興味を示したとか。第2週にNew Englandの敗戦の仕方が明らかにレシーバーの枚数が足りないことで、QB Tom Bradyも苛ついていましたから第5週にEdelmanが帰ってくる前にレシーバーの補強手当は必要でした。問題児Gordonがやる気を出してくれればPatriotsには従来いない大型のWR。Randy Moss以来のプレミアクラスのWR(ポテンシャルは)でしょう。
対価は来季のドラフト5巡目指名権というのですから、他の興味を示したというチームもあまり大きな対価は提示しなかったということ。Browns的にはタダよりマシという感じですね。タダでも出した方が良いと思っていたところを足元見られた感じですか。その上、限定クーリングオフ付き(Gordonが十分出場できないなら見返りにドラフト7巡目がPatriotsへ送られる)という話です。
NFL最弱Brownsから常勝Patriotsへの移籍でGordonがやる気を出してくれるのかどうか。楽しみです。

Bortles, Jaguars、Patriotsを快勝で下してAFC制覇へ狼煙

今週の注目試合だったNew England Patriots@Jacksonville Jaguars戦。この試合は事前の勝敗予想で、数年ぶりにPatriotsが負ける可能性が50%を超えると予想された試合。過去数年、ホームゲームはもとよりアウェイの試合でもPatriotsは常にfavoriteとされてきたのが、この試合はJacksonvilleがfavoriteであった稀な試合。その予想に違わぬ好試合を攻守で見せてJacksonvilleが31−20で勝利。同カードでJacksonvilleがレギュラーシーズン初勝利を挙げてます。プレーオフではJacksonvilleが勝利したことあり。

前半を21−3とJacksonvilleが圧倒して終了。第2Q中盤にPatriotsが8分以上を使って延々をドライブして迫ってきたところではいよいよNew Englandが目覚めるかにも見えたのが結局FGの3点のみ、Jaguarsが14−3でリード。その返しのドライブでJaguarsがTDを決めて21-3。後半が始まると攻撃権を持ったJagursが第3Q最初の8分以上を使ってFGで24-3。双方のロングドライブで時間消費が激しい。Patriotsの戦術Gronkoを巧みに抑え込んだJacksonvilleのディフェンスデザインが冴えてレシーバー陣が手薄なPatriots、さすがに今日はダメか?という試合展開。それでも簡単に勝たせなかったのは常勝Patriots、さすがということになるんでしょうか。第3Q後半に数少ない手持ちWRのChris HoganにTDを通して24-10。第4Qに入ってFGを追加して24-13と11点差まで来ました。

で第4Q半ばのPatriotsのドライブが疑問。残り10分弱で自軍9ヤードラインからドライブ開始。結果的にはこのドライブは3 & Outでパントしてしまったのですが、これ、4thダウンは行くべきだったのではないでしょうか。
こういう事情でした。3rdダウンでRB James Whiteへのパスが通って当初の判定は1stダウン獲得だったのです。が、これがかなり微妙な距離で審判がチェーンを持ち出してまず確認して、チェーン数個分で1stダウン獲得と再び判定。それに対してJacksonvilleがチャレンジフラッグを投げ入れました。
私は見ていてこのチャレンジは無駄だからやめたほうが良いと思ったんですね。その時点で第4Qの残り8分強。もしチャレンジが成功したとしても4th & very shortになるだけ。既に残り時間は多くなく、2ポゼション差なので、4th & shortにしたところでPatriotsはどうせランプレーまたはQBスニークで1stダウンを獲得する可能性がとても高い。だからチャレンジ権は残した方が得、と思って見ていました。
結果は私が大ハズレで、チャレンジは成功、そしてPatriotsは4th &ハーフヤードをパント選択。Jacksonvilleの方はPatriotsがパントチームをフィールド内に入れても、自軍のディフェンスチームをフィールド内に残してフェイクパントに万全に備えており、Patriotsがその気があってもトリックプレーに行けなかったです。
ここが試合の勝負を決めるアヤの瞬間だったかと。前述の通りこの3rdダウンの4thダウンの間には数分の間隔が空いたため受ける側のJacksonvilleの側に様々な状況に対する準備ができた。4thダウンが最初からショートと判定されていればそのままPatriotsが速攻に行けたかもしれないのが、そうはならなかったし、フェイクパントを出そうにもそれについてもJacksonville側に通常と違うプレーをするメンバーを配置できたし、注意事項など指示出しもできた。Patriots側が餌をまいたフェイクスナップでのオフサイドの反則誘導も失敗した。

それはともかくとしてJacksonvilleは昨季からの勢いをそのままで今季に入ってきてますね。攻守に隙がないです。


Browns 負け方がひどい

あまりの酷さに呆れるのをはるかに超して大笑いしてしまう敗戦。NFL Cleveland Brownsがまた勝てず。2016年シーズンから通算して1分を挟んで18連敗となってます。
いやものすごく頑張っていいプレーもしているのに、でもやっぱり負けちゃうのかという大変な負け方。18−21でNew Orleans Saintsに敗戦してます。試合も終盤、2ミニッツウォーニングを過ぎて12-18で追うBrowns。4th & longの敗戦間際のプレーで47ヤードTDパスを決めたときはうぉおおやったぁ~とファンでもないのに飛び上がってしまいました。ところがPATが逸れて18-18の同点止まり。もうね、この締まらない試合ぶりがBrowns。信じられないミス。
いや信じられなくはないのです。私は見ていない時間帯にこのキッカーZane Gonzalezは既にこの試合でPAT1本とFGを1本外していたというのですが、この勝負どころのPATも前の2本と同じく左へ逸れて行ってしまいました。
試合の残り時間1:16からのNew Orleansの返しのドライブは決してよいドライブではなかった。前進はできて結果的には決勝のFGを得ることはできましたが約30秒の時間を残してしまった。21-18。その時点でBrownsはタイムアウトが1つ残っていた。Brownsのタイムアウトを消費させることもせず、New Orleansが敗戦していたらクロックマネジメントでコーチ陣は総たたきに合うような内容でした。

さあQB Tyrod Taylor、もう一度前のドライブのようなプレーができるか、という最後のドライブ。期待に違わぬパスが2本ズバリ決まってあっという間にFG圏内に到達。さあ、さっき外したキッカーにとっては名誉挽回の機会‥だったんですが今度は右に全然外れて敗戦‥ 

弱いチームとはこれほど弱いのかと感心しちゃいますね。いやいや。



NFL開幕 Browns連敗阻止も勝ちには届かず

NFLも開幕してすっかりアメスポの秋です。
昨年16戦全敗したCleveland Browns。13年連続シーズン開幕戦連敗中でもあったBrownsが敗戦記録のストップに成功してます。第4Qに怒涛の追い込みで地区ライバルPittsburgh Steelersを延長戦に引きずり込み、21-21で引分。QB Tyrod Taylorでなんとか引分。全敗チームにとってはポジティブな結果と考えるべきなのでしょう。第4Qまで7−21でも残ってくれていた多くのファンの声援を受けて、最後のブロックFGまで戦い抜いたことに。未勝利記録は続きますが連敗記録は止まった、ということになるようです。

同じオハイオ州のCincinnati Bengalsは@Indianapolisで勝利、ColtsのQB Andrew Luckの復帰試合での勝利を阻止。最後はpick 6で勝利確定。Bengalsが@Coltsで勝利したのは1987年以来とか。当時のQBは今CBSのスタジオ解説でお馴染みのBoomer Esiasonの時代。1988年にSuper BowlにBengalsが行った時期に近い遠い昔の話です。

New England Patriotsは結局戦術Gronkoで開幕戦勝利。先制TDもRob Gronkowskiを左ワイドアウトにセットしてのプレーでのもの。Gronkoは7キャッチ123ヤード1TD。2本めのTDはスロットにRBのJames Whiteを立たせたフォーメーションからのTDパス。事前に予想されていたとは言えWRの人員不足(人材不足ではなく、それ以前に人数が足りない)を非WRのパス捕球能力で補っての安定の勝利となってます。立派なもんです。

謎のPED使用での処分はトレンドか

NHL Vegas Golden KnightsのNate SchmidtがPEDの使用で20試合の試合停止をリーグから言い渡されています。
どうも変な事件です。NHLからリリースされた資料には検査に引っかかった薬物の名前がない。NHLはこの件に関して既にくだされた判断以上の情報提供は一切公表しないとしていますので一般に何が引っかかったのかはわからないままになりそうです。Schmidtはこの判断に反発していますし、発見された物質も極微量であったとされます。 リーグとの取り決めがあるのでしょう、Schmidt側もその疑惑物質の名前の公表はしていません。

似た事例にこのオフシーズンにNFL New England PatriotsのWR Julian Edelmanも使用薬物の名前が公表されないままでPEDルール違反を問われて4試合の出場停止処分を受けてます。こちらのケースではEdelmanは謝罪コメントを公表しており、処分内容や検査結果について争わないことで決着してますが、いったい何がどうなってPED違反が起こったのかは外部からは謎のまま。
それが謎だったせいもあり、延焼もしています。PatriotsのQB Tom Bradyの個人トレーナーであるAlex Guerrero(チームのメディカルスタッフと対立して、結果昨季スタジアム内の個人クリニックが排除された)からEdelmanに禁止物質が渡ったのではないかという疑惑がどこからか上がって(ソースは謎。謎が多いのです)、マスコミがBradyにその件を直接尋ねました。Bradyは不機嫌に馬鹿げていると一言残したままそれ以外はノーコメントとしてその記者との会話を打ち切ってます。

Edelmanは前年のプレシーズンで右膝のACL損傷で2017年シーズンを全休。そこからの復活を目指す2018年シーズンのハズでしたがいきなりケチがついた形になってます。PEDが負傷からの復活の過程での筋肉の増強を図ったものかもなあと想像します。
同様の怪我・手術をしたアスリートを個人的に知ってます。術後、ドクターから運動OKが出た時点で見せてもらったのですが、怪我をした側の足の筋肉はごっそりなくなってました。ご本人によれば結局左右の筋肉の差が目視でわからなくなるまでに2年ほどかかったと言います。 プロのトレーナーが付いて一般人とは違うメニューで復活に向けて鋭意トレーニングをしたであろうEdelman。元々Edelmanは誰よりも毎日早く練習に現れる練習の虫として知られる選手ですのでリハビリも現在のスポーツ医学のベストの方策が取られて、本人の努力も大変なものがあったのでしょう。ただその最中の時期にPED違反で捕まったわけですからリハビリで禁止物質を使って復活への速度を早める意図があったのであろうと想像されます。

16試合制のNFLでの3試合出場停止は、18.75%
82試合のシーズンのNHLでの20試合出場停止は、24.4%
Schmidtに下された処分の方がシーズンに占める比重は高いですね。意図的な摂取なのが明らかになったEdlemanの処分が比較的軽いのは事実関係を争わないことで1試合程度出場停止処分期間を短くしてもらった可能性があります。もし4試合出場停止だとシーズンの25%であり、ほぼNHLがSchmidtに下した処分と同じ割合となります。

使用物質の詳細を明らかにしないのはリーグ内外での模倣犯の出現を防ぐためでしょうか。プロのアスリートが違反のリスクを犯しても使おうをした物質となれば宣伝効果は抜群でしょうから、公表すればその違反物質の製造流通に関わる人間を利することになりますから。

WRを3人、TE2人で回せるのか

先週末からNew England Patriotsのデプスチャートを毎日のようにチェックしていました。理由はあまりにもオフェンスのスキルポジションの選手の数が少なかったからです。CBSのデプスチャートによると今日現在でPatriotsはWRの登録選手はやっと6人(+1名怪我人)になってます。やれやれです。というのは数日前までWRの選手が4人しか健康体の選手がいなかったのです。その4人には昨季を全休した人気者Julian Edelmanを含みます。EdelmanはオフシーズンにPEDで引っかかりプレシーズンでは元気に出場してましたがレギュラーシーズンが始まると4試合の出場停止処分が発動する。つまりレギュラーシーズン開幕戦に出場できるWRが3人しかいないという大変な状態だったのです。
WRは同一プレーで3人出場することは常時発生するポジションです。なんらかの事情で試合中に1人欠けたらパス必須のダウンでもWRは2名しか出られないとかいう事態もありえました。3人が健康で出られても交代するサブWRはいないのですからダウンフィールドにディープラウトを走ったあとその選手を1-2ダウン休ませたら次のプレーの選択肢が極端に狭まるはず。
さらにTEの方もRob Gronkowskiとあと1名のみ健康体。こちらは今日に至っても改善しておらず2人体制でシーズン開幕しそう。
名将Bill Belichickが率いるPatriotsですから、RBをWR位置にセットしてプレーなどで人員不足は補うなど策は重々準備していると想像しますが、それにしてもあまりにも少なくないか?という。
やっとRB、WRに補充人員の手当をして、WRは一人怪我印が取れて復帰して本番開幕戦に臨むようです。

ファンとはありがたいもの

前項で書いたNFL最弱Cleveland Browns。先日のプレシーズンの試合が全国放送だったのをたまたま見たのですが、見ていて感心したことがありました。その試合は前年覇者Philadelphia Eaglesが全敗Cleveland Brownsの本拠地FirstEnergy Stadiumに訪れての試合。最終スコアはなんと5-0でBrownsの勝利。最終スコアが2点または4点5点というのは難度がとても高いわけですが、それが発生してます。約3時間の試合でタッチダウンゼロ、FGが1本のみ成功というオフェンス不在の大変な試合。
その試合の何に感心したかというと、Clevelandの地元ファンの応援ぶりです。Brownsは昨季16戦全敗。その前年1勝15敗。2季合計1勝31敗。NFL史上これほど負けまくったチームは存在しません。そんなチームが5-0なんていう試合をやっても応援してくれるファンってすごいなと感心したわけです。平日木曜夜のキックオフ時も既にお客さんはスタジアムは十分入っていて、熱い声援を送っている。

ありがたい商売ではないでしょうか。最弱チームがどうしようもない試合をやっても応援してくれる。なかなかこんなファンが付いているプロチームは少ないと思います。
Clevelandの場合、旧BrownsがBaltimoreに転出してNFLチームを失ったという歴史があり、弱くてもBrownsがこの街にいてくれるだけでもありがたいなんて感じなんでしょうか?旧Brownsの転出は1996年の話で既にあれから20年以上経っているわけですけど、こんなありがたいファンがいまでもたくさんいるものなのですね。
Clevelandは昨季までLeBron Jamesが所属して毎年タイトルを高いレベルで争ったNBA Cleveland Cavaliersがありますし、MLB Cleveland Indiansも今年も好調。同市内の他のジャンルのチームが強いのに、それでも最弱Brownsを応援してくれるファンって奇特な、とも思いますが、他のプロチームの経営者からしたら羨ましいのではないでしょうか。

ちなみにその木曜夜の5-0の試合は木曜のプレシーズンの試合としてはかなりいい視聴率を出したそうで、NFLのコミッショナーがNFLの視聴率低迷から脱したとコメントしたりしてました。ドラ1Baker Mayfieldが長時間プレーしたりなんやかやで私も長いことその試合は見てしまったので、なんとなくClevelandファン以外も惹きつけるものがあった試合だったのかもしれません。

New York Jets 新人Darnoldを先発QBに指名

カレッジフットボール三昧の三連休も終わり、いよいよNFLシーズン開幕へ向かいます。
NFL New York Jetsがこの春のドラフトで全体3位指名で獲得したSam Darnoldを開幕戦の先発QBとすると発表してます。21歳、これが予定通りに実現するとNFLの開幕戦での先発QBとしては最年少になるそうです。
確かにDarnoldのプレシーズンでのできは上々であったようですが、それでも思い切ったなという感じはします。Jetsの開幕戦がESPNでのMonday Night Footballで全国放送というのもこの判断に寄与している可能性もあります。人気チームとは言えないJetsはMNFに登場する機会は多くないですから。

新人QBで開幕戦先発というとMatthew Staffordがそうでした。当時のDetroit Lionsは前年に16戦全敗のどん底で、チームにとって光が必要な状態。結局その年は怪我などもあって10試合の先発となってます。その後の静かな活躍はNFLファンご存知の通りです。

フランチャイズにとっての光が必要な全敗チームといえばJetsよりも、Cleveland Brownsの方です。Jetsは不成績とは言え5勝11敗、シーズン終盤に1勝6敗と負け込みこの最終成績になりましたが絶望シーズンではなかった。一方Brownsの方はこれ以下はない絶望状態。その前年の2016年シーズンも1勝15敗、2季通算1勝31敗とStaffordを獲ったときのLionsをさらに下回るNFL史上最弱状態。
ではBrownsはドラ1で獲ったBaker Mayfieldを先発起用するか、というと一週間を切って未定です。Mayfieldのプレシーズンは好調、好評。昨季プレーオフに届いたBaffaloから獲得したTyrod Taylorがいるのでそちらの方が安定感は勝るものの、光という意味ではMayfieldなんでしょう。
ただBrownsの開幕戦の相手が地区ライバルPittsburgh Steelersなんですよね。一時期の威光は薄れているとは言えディフェンスに定評のあるSteelers相手にチームの将来の光をぶつけるのか、潰されたらどうなる、という論点もあるようです。またBrownsは昨年まで13年連続で開幕戦敗戦連敗中だそう。
Brownsは昨季未勝利でもがく中で、外野の罵声に応えて昨季のドラフトで獲得したDeShone Kizer(Notre Dame)を先発に起用して、結果的にはKizerを潰してしまったという経緯もあります。そのトラウマもMayfieldの早期起用に躊躇する原因になっているかと推察できます。
スケジュールを見ると第3週にJets@Brownsの試合が組まれています。怪我がなければSam Darnoldの方はその試合もスターターとして出てくることでしょう。そこまでの2試合でのTyrod Taylorのでき次第ですが、Taylorがそこまでにファンに光を見せられていないと、そしてDarnoldがそこそこやっているようだと、Mayfieldの起用圧力が高まりそうです。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文