アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

NFL/Pro Football

CowboysオーナーJerry Jonesが跪く

いやいやいや。一週間前からは想像もつかないことが続いています。Monday Night FootballのDallas Cowboys@Arizona Cardinals戦。なんとあのDallas CowboysのオーナーJerry Jonesが試合前に選手達とともに(但し国歌演奏前に)跪くという事態に。驚愕の展開ですね。Jonesはこれまで抗議方法としての国歌演奏時の不起立には賛成しかねるという立ち位置だったのが急展開。まさかのご本人が参加してのコレです。

その場面、ライブで見ていなかったのが残念ですが、あのJerry Jonesが本当にそんなことまでするのかと。

Jerry JonesはCowboysのワンマンオーナーで組織内に面と向かって意見できるような人物はまずいない。NFL No. 1の人気チームのオーナーとしてSuper Bowlを勝ったHCすら次々切って棄ててきた。自分より目立つHCは要らない人です。そしてあの巨大にして美麗と異様を誇るAT&Tスタジアムの主。オイルミリオネアが集うテキサスでも特別な立場のビリオネア帝王。そのJerry Jonesが公然跪くとはびっくりです。まあ確かに芝居がかったことがお好きな方ではありますが。

昨日の日曜日の試合ではいくつかのチームのオーナーが選手達を腕を組んで組織全体での連帯を示す行動には出ていましたが、国歌演奏時には起立はしていた。そこからさらに一歩進んで、それもあのJerry Jonesが。これは一体どこまで行くんでしょうか。来週までには少しは沈静化しているのか。


一方、野球MLBで唯一膝付きの抗議行動にでていたOakland Athleticsのルーキー捕手Bruce Maxwellは抗議行動後初の試合出場を先発で果たしています。抗議行動が理由で干されているわけではない、ということになりました。

今日MLB Networkでもこの問題を議論していました。野球ならではの問題もあるみたいですね。30球団ありますが、なんでもアメリカ人の黒人選手はいま60人だか70人だかしかいないとか。各チームに2人の勘定です。そんなに少ないの?とびっくりしました。肌の黒い選手はたくさんいますが、ドミニカ共和国など中南米カリブの出身者の方がアメリカ国籍黒人選手より多いんですね。なかなか複雑です。あまりに少数なのでMLBではマイノリティとして声をあげにくいということをChris Archer (Tampa Bay Rays投手、今春のWorld Baseball Classicの米代表優勝チームのメンバー)が言っていたようです。うーん。WBCのアメリカ代表といえばWBCの期間中に監督だったJim Leylandは「国歌で起立しない選手は出場させない」と明言していました。

また別の意見としてMLBは毎日試合をする、この国歌問題を毎日誰が立つだ立たないだとやらなくてはいけないのは選手にとってすごく負担だ、という意見もありました。週一の(あとの6日間は練習に集中できる)NFLとは違う。だからできれば関わりたくないと。それも正直な気持ちとしてはわかる気もします。

LeBron、アメリカの分断を語る

つい先ほどLeBron Jamesの記者会見が終わりました。熱いコメントで強いメッセージを発していましたね。

個人的には過去のLeBronの発言はしばしば軽いことが多いように感じ批判的に聞くことが多かったのですが、今日のメッセージは力強く、考慮深い発言でとてもよかったかと思います。いくつもポイントはあったのですが、この先切り取って一番取り上げられるのは「あの男(トランプ)はスポーツを人々を分断するための道具にするべきじゃない」というところでしょうか。LeBronはトランプを大統領とも名前で呼ぶことも拒否して会見中あの男That guyと呼び続けました。

興味深く変わった発言となったのはCleveland Cavaliersの地元であるオハイオ州の投票者についての部分でしょうか。オハイオ州は大統領選挙ではSwing Stateと呼ばれます。オハイオやフロリダなどは大統領選挙での選挙人の数が多くなおかつ二大政党の勢力が拮抗しており毎回どちらに転ぶかわからない州。特にオハイオ州は1964年以来、全ての大統領選挙でオハイオで勝った候補が大統領選挙全体も勝利しているというリトマス試験紙のような州でただの選挙人18票分以上の意味合いのある州、全米全体の傾向の縮図的な州と言えます。1960年にJohn F Kennedyがオハイオで敗れながら大統領選に勝ったのがオハイオを落として勝ったのが最後というんですからただの一州ではないわけです。

Cleveland Cavliersのオーナーはトランプ支持者でトランプ陣営に多額の寄付もしている。記者会見ではオーナーとの関係も問われていました。オーナーとはこの件について話はしていないとしました。それは個人の自由で誰を支持しても良いわけですし、オーナーを批判するのは得策ではない。それはNFLでも証明されたとおりでオーナーたちを味方に引き込む方がいいんですね。まあLeBronについては今季後にClevelandを出て行く可能性が高いのもあるし、対オーナー、対地元オハイオ州民へのメッセージ、今後も微妙な言い回しが必要になるのかもしれませんが、今日のところはLeBronうまく良いメッセージを発するとこに成功したなという感じです。


全体的にはいろいろ悲しいですね。昨日の日曜日NFLは接戦の連続、ギリギリの逆転劇も多くあってとても良い週だったのに誰もゲームを語れないなんて。Sprolesが負傷全休になってのもまるで話題になりません。

アメリカの分断

大変なことになってきました。トランプ大統領がNBAチャンピオンGolden State Warriorsをホワイトハウスへ招待するのをキャンセルすると発表したのが一昨日。それが一気に他のメジャースポーツに飛び火して普段政治に興味のない層にも好むと好まざるとに関わらず目に見える形になってきてしまいました。キャンセルが発表された日はCarmelo AnthonyがNew YorkからOklahoma City Thunderへの移籍のニュースが出た日でもあり、本来なら大ニュースのはずのMeloの移籍が完全に吹っ飛んでしまいました。こういうのがMeloの星の巡り合わせですかね。

順を追うとまずWarriorsのエースにして、現在最も人気の高いアメスポスターと言えるStephen Curryを始め数名のWarriorsの選手がホワイトハウス行きの拒否を表明。当初はWarriorsの上層部は行って欲しそうな言動が垣間見えたんですが、結局折れてチーム内の和を優先。それを受けてホワイトハウス側がキャンセルを発表。しかし黙って侮辱を受けるようなトランプではなく、返す刀で国歌起立問題に言及。起立しないアスリートは解雇すべきと発言。それを受けた今日日曜日のNFLでは国歌演奏時に起立しない選手が一気に大量発生。以前のようにCollin Kaepernickが孤立して批判にさらされる事態から大きく事態が動いてしまった。トランプ側から見ればやぶ蛇。時系列は少し戻りますが、起立問題から間をおいていたMLBでNFLに先だって初の起立拒否者が発生。これはOakland Athleticsの新人捕手とかで、そんな立場の弱い選手が単独で思い切ったな…解雇されたらどうなるんだよ…という。この流れに反したのがNHLチャンピオンのPittsburgh Penguins。Warriorsの招待が正式撤回された後にホワイトハウス訪問することを組織として確認、発表しています。あちらこちら対応が異なり、荒れてきたな…という感じです。

トランプ当選後のメジャープロスポーツではNFL New England Patriotsが一番最初の招待対象でした。PatriotsはHC Bill BelichickやQB Tom Bradyがトランプ支持者。特にBelichickは選挙期間中から積極的に応援文書をトランプ側に提供していたという事情もあり、拒否という話にはまったくならなかった。大統領表敬訪問は慣例だからとさらっと訪問。まだトランプ当選のショックが強くてトランプ拒否のムーブメントができあがる前に済ませちゃった感じですか。

MLBの昨年のチャンピオンChicago Cubsはトランプが大統領就任する前に、前任のオバマ大統領を昨年中に訪問してこの問題を避けることに成功。オバマ大統領はChicagoにとっては地元のイリノイ州選出の議員でしたから、駆け込み訪問でしたが地元の大統領のうちに、という言い訳が立った。オバマはChicagoでもWhite Soxファンを公言しているのですが、まあそれはご愛敬。その後Cubsは今年6月にもホワイトハウスを訪問したのですがこれは「非公式訪問」だとかいうよく訳の分からない言い訳がくっついていました。

様々事情はあれ、NFL、MLB、NHLはホワイトハウス訪問。NBAは拒否。NBAとNHLはほぼ同じ時期にチャンピオンが決定するのでこの対応の差はまた嫌な話になりそうです。NBAは黒人選手が大半。NHLは非白人選手が極々僅か。ああやっぱり白人スポーツは人種融合にまるで興味ないんだね、みたいなとばっちりの批判を浴びるのはNHL側にとっては不本意でしょうが、そういうことになりかねない。そんな気がなかった選手やファンもそういう批判を浴びれば硬化してしまう人もでるかもしれない。結局はアメリカの分断は進むばかり。残念な話です。








Patritos、Chiefs ともに大丈夫そう

NFL第二週、開幕戦で激突、逆転惨敗したNew England Patriots、完勝スタートとなったKansas City Chiefsの両チームに注目していました。ChiefsはHC Andy Reidの元の所属先Philadelphia Eaglesと、Patriotsの方はNew Orleans Saintsとの試合。Chiefs QB Alex Smithの開幕戦の大当たりが今週も続くのか、開幕戦息切れしたようにも見えたPatriotsオフェンスラインのパスプロテクションは大丈夫なのか、気になる二週目。結果は両チームともに勝利。

Chiefsの方はかなり手こずって開幕戦ほどAlex Smithの大活躍というわけにはいかなかったもののPhiladelphiaを振り切って2勝目。最終スコアは27-20ですが順当勝利。

Patriotsの方は開幕戦では寂しい復帰戦だったTE Rob Gronkowskiに序盤からパスを集めて次々とスコア、第1QだけでQB Tom Brady 3TDを記録。開幕戦もオフェンスの出だしは好調だったという経緯があるので序盤好調だけでは安心できない、と見ていたのですが、そこからも巡航、試合の流れを手放さずに今季初勝利。Gronkoがまた試合中にケガ。試合展開が楽だったのでその不在は目立ちませんでしたが、既にWR Edelmanを欠いているPatriots。長いシーズン何が起こるかわかりませんが、とりあえず今日のところは攻守とも開幕戦のような破綻はなし。

あとはGreen Bay Packers@Atlanta Falconsの優勝候補対決をAtlantaが制してます。この両チーム、前述のPatriots、Chiefs、これに加えてPittsburgh Steelersと見事にいつものメンバーが見栄え良く勝ってます。

Las Vegasへの移転を控えたOakland Raidersが勝ち込んだりするとそれはおもしろいような。Chcago Bearsは惨敗でQBの代替わりが加速するか。

30年前のMonday Night Football

夕べのSports Centerでやっていたネタです。30年前、1987年シーズンのNFL San Francisco 49ers@New York Giantsのビデオを流していました。Monday Night Footballの試合です。30年ってこんなに違うんだ…と感心。

1987年というのは49ersにはQB Joe Montana WR Jerry Rice(ついでに言えばバックアップQBのSteve Young)も在籍していたシーズンですが、労働争議でこの試合には出場せず。試合は急遽補充された選手たちによって行われたという代物。MNFの試合だというのにGiants Stadiumはガラガラ。公式には16,471人動員という記録になっているようですが実際は数千人ですね。こんな酷い入りの試合をNFLもやっていたんだねえという感じ。

おもしろかったのは49ersがウィッシュボーンフォーメーションからオプションランをやっていたこと。ウィッシュボーンフォーメーションって今のファンは聞いたこともないのでは。カレッジでもたぶん高校でもそんなものをやるところはもう既に存在しないですから、博物館もののプレーです。Georgia Techとか士官学校などトリプルオプションをやるところはまだありますが、さすがにウィッシュボーンはない。こんなプレーを昔はしょっちゅうやっていたんですよね。大昔のローズボウルの放送なんかで見た記憶があります。

Patriots逆転惨敗開幕

いよいよNFLも開幕です。今夜は昨季のチャンピオンNew England PatriotsがKansas City Chiefsを迎えての木曜日開幕戦。なんでも五枚目の優勝バナーを飾るためにスタジアムをオフシーズンに一部改築したとか。優勝バナーを飾る場所が足りなくなるほど勝てるなんて、改築コストがかかってもオーナー冥利に尽きるコストかと。今回の改築で11枚まで飾れるそうです。スタジアムの耐用年数を考えるとさすがにそれ以上に勝てることはないと思います。

昨季を勝ったチームより今季のチームの方が強いのでは、全勝パーフェクトシーズンを狙える、など前評判のやたら高かったPatriots。WR Julian Edelmanを開幕前に膝の負傷で失った(全休確定)にも関わらず前評判はまるで落ちないままで開幕戦を迎えました。そのEdelmanは試合前の優勝セレモニーに登場して喝采を浴びてました。む、歩けるんだ、という感じです。

最初のドライブからPatriots絶好調。Edelman抜き、復帰したTE Rob Gronkowskiもボールに触らないままであっという間に先制TD。QB Tom Bradyにまったく圧力がかからない楽々のドライブ。その直後のKansas Cityの攻撃は初っぱなのプレーでファンブルロスト。そこからPatriots二度目のドライブはGronkoの見事なキャッチでこれまたあっという間に2TD差、これはとんでもないblow outゲームになっちゃうのかな、と思いました。この辺はシーズン前からの評判からの先入観もあってんでしょうが。そのGronkoのTDキャッチがビデオ判定で取り消し。続く4thダウン&ショートを失敗してPatriots無得点。あとから見ればあそこが試合の転換点。Bradyへの圧力はなかなかかからないまでもChiefsディフェンスが粘ってビッグプレーを許さない。ChiefsオフェンスはロングパスTDで派手に切り返して、試合はPatriotsが押しているようなのに点差は広がらず。

Kansas Cityは試合前の時点でRBは2人のみ。先発は昨年までマイナー校ToledoのRBだったルーキーKareem Hunt。ドラフト3巡目(全体86番目)指名、地味に入ってきた選手です。それが前述の通り最初のプレーでファンブルロスト。カレッジは4年間で一度もファンブルロストなしの選手(ファンブル自体は1回=自軍が回収)が、プロでいきなりこれ。本人涙目でサイドラインで同僚やコーチに落ち着け、俺の目を見ろ、なんて感じで諭されていた。まだその時点ではPatriots完全優勢な情勢だったのもあって、あーこれは苦しいなあという感じ。だったんですが、その後は立ち直って最終結果はランで148ヤード1TD、5キャッチ98ヤード2TD。こんな展開になるんですね。最終スコア42-27でChiefsの完勝という結末に。

New Englandは試合途中でディフェンスの要 Dont'a Highwaterを負傷で失ったから云々色々事情はあるでしょうが、それにしてもこんなにがっつりやられてしまうのか、NFLは厳しいなあという感想です。

NFLプレシーズン ドラ2 Trubisky好発進

NFLのプレシーズンが始まっています。もう秋が来るんだなあ…というところまで涼しくはないのですが、フットボールが始まるというやはり季節を感じます。フットボールが即季節感に繋がるのはアメリカならではでしょう。

プレシーズン初日となった水曜日、二日目木曜日といくつか試合を見ました。何と言っても夕べのDenver Broncos@Chicago Bears戦での新人QB Mitchell Trubisky のデビューぶりが出色。これは出来過ぎなほどの内容。先発はMike Glennonだったのですがこちらはまったく冴えず。代わって出てきたTrubisky率いるBearsオフェンスのドライブが見事な前進ぶり。相手ディフェンスの圧力をさらっとかわしてのパス、ポケットに留まってのパス、無難なRBへのハンドオフ。何も奇をてらっていないのにスムーズに前進していくBears。次のドライブも同じくきれいに進んでいくし、あまりにもきれい過ぎるような。なんていうんでしょう、Bearsのファンの好みにぴったりの派手さはないが文句なしというドライブ。ショートランなんかもドライブ全体で見るとそこでちゃんとランをしっかり混ぜているからこそドライブが上手くいったと納得できる感じで。

プレシーズンで相手の練度もわからない段階で過剰な評価は慎むべきではあるんでしょうが、100点満点と言って良いデビュー戦となりました。先発QB Glennonがまったく進めなかった相手はあのDenverの先発ディフェンスであり、Trubiskyの相対したのはそうではない。相手が逆なら結果がどうなったかは分からないわけではありますが、期待が膨らむ試合ぶりだったのは間違いないです。

試合翌日となった今日の記者会見ではBearsはプレシーズン第二週もGlennonの先発で行くと発表。Trubiskyは大事に育てようというところですか。

TrubiskyはNorth Carolina大出身。ドラフトでは高評価でしたがNorth Carolina自体は全米優勝争いから遠い立場だったのもあって私も昨季ほとんど実戦で見ていなかった選手。ドラフトの時期になってどんどん評価が上がっていったのですが、その評価、ひょっとして大当たりなのかも、という期待が膨らむ一戦でした。来週も楽しみです。

Colin Kaepernickにみるアメリカの自由

8月、アメスポNo. 1ジャンルであるNFLのキャンプ、プレシーズンの季節です。各チームのファンが様々な細かいニュースに一喜一憂する時期でもあります。

その時期にColin Kaepernickの話題をやってみようと思います。昨季までSan Francisco 49ers所属でしたが、シーズン後に選手側のオプションを使って契約解除して退団。49ersではこの先も干され続ける、他のチームに移ればもっと機会もあり、後述する国歌国旗抗議問題のイメージ問題も和らぐだろうという読みだったのかもしれません。しかし現実は予想外に厳しく抗議問題が尾を引いて再就職への大きな足枷になっています。

Kaepernickが試合前の国歌演奏の際に起立しなくなったのは昨年の今頃。ちょうど白人警官による黒人市民殺害など人種間遺恨が大いに話題になっていた時期です。現在のアメリカ国家の統治に黒人種としてプライドを持てない、などとして国歌演奏時にベンチから立ち上がらず。その後は片膝を突く形として抗議は続けるものの一定の敬意は表明する形に変えている。さらに2016シーズンオフには起立する、と態度は軟化方向ではあります。49ers内でもKaepernickに同調してKaepernickと共に片膝スタイルで国歌に臨む選手がいたし、他ジャンルでも例えば女子サッカー米代表のMegan RapinoeがKaepernickに同調。ちなみにRapinoeは白人選手です。

非暴力の抗議行動・意見表明はアメリカ憲法で保障された権利という意味でKaepernickやその同調者が罰せられるべきではない、というのが建前なのですが、現実はそうならず。例えばRapinoeが所属する女子サッカープロリーグNWPL Washington SpiritはRapinoeの抗議行動をさせないためにチームに知らせないまま国歌演奏を選手の入場前に済ますという奇手でかわしています。つい先日行われていたTournament of Nations(日本代表も参加)では起立していたようです。

まあ女子サッカー程度の露出と影響力であれば無視する方が、騒ぎ立ててニュースにしてしまうよりはマシというのが反抗議行動側の対処としては適当なのでしょうが、これがアメスポNo. 1ジャンルのNFLだとそうはいかないわけで、そこにKaepernickの災難があります。

Kaepernickが49ersで先発QBの座を追われたのは成績もぱっとしなかったこともあってそれ自体を差別行為・違憲行為だと糾弾することはしにくいですが、このオフシーズンの再就職でKaepernickが味わっている苦難は微妙に問題を感じるところではあります。NFLは現在のアメリカを代表する大衆エンタメであり、その先発QBは各チームの顔であります。Kaepernick以外にも同様の抗議の意志を示した選手は何人もいたのですが、なにやらKaepernickだけがこの問題の焦点とされてスケープゴート化してしまっている。元々フットボールというのは熱心なファン以外はスターポジションの選手ぐらいしか名前を知らないのが当たり前の世界でもあり、抗議行動から1年経ってKaepernickだけが残ってしまったようなことになってます。

オフシーズンにKaepernickを獲得することとしたBaltimore Ravensが、スポンサーからKaepernickを解雇せよと圧力を受けていることが判明したりまだまだ荒れそうです。Baltimoreは首都Washington DCから地理的に近くエスタブリッシュメントの影響力が強いのか、それがどこのチームだったとしても同じような圧力がかかったのかどうかは解りません。Kaepernickが抗議行動を開始した後に行われた昨秋の米大統領選で共和党のトランプ大統領が選ばれたのもこの問題に影を投げかけているかもしれません。オバマ大統領のままならKaepernick行動の賛否はともかく、人種間融合について間接的な援護射撃となるコメントを発して問題を緩和した可能性がありますが、トランプ大統領は警察力の強化統治を公約としていましたからそれはない。ほぼ逆方向に動くでしょう。国旗・国歌への敬意は国家統治・統合の上で重要だという意見はあって良いのでどちらが良いとか悪いとかではないですが、それがKaepernickへの憎悪または社会的抹殺として顕在化するのはいかがなものかとは思います。能力の問題ではなくKaepernickは多くのNFLバックアップQBを上回るというのは大方の関係者の見方であり、再就職ができないのはひとえに社会的圧力が理由であろうかと思われます。

人種差別の問題であればNFL選手会が介入するべきものですし、過去も様々なバックアップ活動があったものですが、なぜか今回の問題では選手会の動きはほぼ皆無。どうなんでしょうか。人種問題への抗議行動だったのが、(法的には成立しないはずの)不敬罪があったかのように問題が変質しているのも気になるところです。

0−2スタートのチームもさすがに良い

NFL第3週。開幕週も思ったのですがNFL32チーム、ほとんどのチームが良い状態でシーズンに入っているなあと。今日感心したのはWashington Red Skinsですか。@New York Giants戦での熱戦が気に入りました。開幕二連敗で迎えた地区対決で激戦を制して今季初勝利。Giantsの方もOdel Beckham Jr.のスーパーランが終盤飛び出したり、それがアンネササリラフネスで罰退喰ったりと紆余曲折、さすがNFLという試合展開。堪能しました。

もう一試合開幕二連敗で三週目に臨んだチームで感心したのがBuffalo Bills。難敵Arizona Cardinalsを迎えたの試合でしが怒濤の攻めで快勝。これなんかもゾーンブロッキングなどうならせてくれる良いプレーが多数あって未勝利のチームとは言えNFLは質が高いわ、と。開幕三連敗となったJacksonville Jaguarsも試合の中身は悪くなかったかと思います。Clevelandは…Terrelle PryorがWRとしてすっかりスター選手になっちゃいましたね。カレッジに入るときからずっと見てきた選手。ずっとQBだったのにプロに入ってからの転向・急造でも結局はスターってセンスなのね…という感じです。


記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文