アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

NFL/Pro Football

NFCカンファレンス優勝戦 タイムマネジメントの失敗

NCFカンファレンス優勝戦、Los Angeles Rams@New Orleans Saintsの方は第4Q終盤のパスインタフェアランスおよびヘルメットでのコンタクトが反則とコールされなかったことをスポーツマスコミやSaintsファンは言い立てていますが、私はそれは違うのではないかと思います。Saintsのクロックマネジメントの大失敗の方がよほど問題です。そこをなぜ誰も問題にしないのかの方が気になります。

あの反則が見逃されたのは審判のミスで審判は非難されるべきです。しかしながらあの反則があそこで発生するかどうかは誰にも予想できない。Saintsに事態の発生を左右することはできない事象です。
それよりもなぜSaintsがその問題のパスを含め最後の3プレーで2度もパスに行ったのかの方を問題にしたいです。そもそもがあの3rdダウンでのパスプレーは行くべきではなかった。パスに行かなくてはいけない事情にしてしまったこと、それはNew Orleansが避けるべき事態だったんじゃないでしょうか。

状況はこうです。同点で残り時間は2ミニッツウォーニングを過ぎて1:58、場所はRamsの13ヤードライン、New Orleansの1stダウンの攻撃です。FGはただのFG圏内だけでなく、チップショットでほぼ確実に入る位置に既にいるのです。Ramsの側にはタイムアウト2つ残りだったと思います。

この場面、New Orleansはランで相手のタイムアウトと時間を潰してできる限り残り時間を少なくしてあからFGを蹴るのが絶対の方針の場面です。既にFG安全圏なのですから、Ramsから見ればここで3度ランを喰うとタイムアウトを全部吐き出した上で1分残りで最後の反撃という未来が見えていた。
ところがびっくりなぜかNew Orleansは1stダウンでパスを選択して失敗、時計を自ら止めてしまった。何を考えていたのか。もちろんパスが成功した場合のバラ色のことを想像していたんでしょうが、あの場面はRamsディフェンスの裏をかいてパスプレーで即座にTDで7点取るよりも、時計を減らした3点の方がより勝利に近づく場面なのになぜ1stダウンでパス?ここで時計を減らすのに失敗したのはSaintsの明瞭な判断ミスでしょう。
2ndダウンはランでRamsのタイムアウトを一つ削りましたが、結局Ramsは1つタイムアウトをキープしたままで返しの最終ドライブに臨むことに。タイムアウトがあるばかりにSaintsディフェンスはフィールド中央へのパスもケアしなくてはいけないハメになるわけです。
3rdダウンでの問題の反則を見逃されたシーンにしても、反則は発生した(そして見逃された)ものの、反則の発生を事前に予期してパス攻撃を選択したわけでもないんでもないわけです。クロックマネジメントの観点から言えばあの3rdダウンでパスを選択した事自体が責められるべきことであって、反則の見逃しはSaintsにとっては不幸でしたが、そもそもが最初から褒められるようなプレーではないのです。

堅実に行っていればRamsは1分残りタイムアウトなしで3点を追う攻撃へ、しかし現実は1:40残り、プラスRamsにタイムアウトアリでボールを渡してしまった。
繰り返しますがあのパスインタフェアランスは明らかですし、ヘルメット対ヘルメットのパーソナルファールも反則とされてもRamsは文句は言えませんから、New Orleansが勝ち進むべきだったというのはまったくその通りなんで、その点は同意。ただあそこでパスプレーで勝負を決めに行かないといけないという心理状態になってクロックマネジメントを怠ったNew Orleansの失敗はそれ以上に批判されるべきかなあと思うんですがどうでしょうか。

多種目クロスオーバーのしあわせ

小ネタです。
今日のテニス豪州オープンのRoger Federerの二回戦の試合にNFL Arizona CardinalsのルーキーQB Josh Rosenが現地観戦来場していました。対戦相手の米国人選手21歳のTaylor Fritzはユースの頃、テニスでRosenと一緒に練習をしていた仲だそうです。当時のRosenはテニスでもなかなかの腕だったそうです。FritzはATPランキング50位。
複数種目を季節ごとにプレーすることや他のスポーツを観戦に行くのはアメスポにおいては珍しくもなんともないですが、フットボールとテニスという組み合わせは割と珍しいのでは。わざわざオーストラリアまで飛んできて観戦とはいまも好きなんでしょう。今季NFL入りしてお金も入って、チームは3勝13敗ですがシーズン終えたばかりで暇、若い頃の友達がFedererと試合というので地球の裏側オーストラリアまで飛んでいって観戦してみる。幸せそうです。NFLプレーオフなんてどこでもTVで見られるけど旧友のテニスの大一番は、といったところでしょうか。オーストラリアでもAFC/NFC優勝戦は見られるのかな?時差も合わないから見ないのか。
試合の方は結果はFedererの3−0ストレート勝ちでしたが、第2セットが惜しかった。終盤のFedererのサービスをブレイクポイントまで追い込んであわやFederer相手にセット奪取のチャンスだったんですが、そうはならず。
アメリカ男子シングルスはいまATPランキングで40-50位台に若手が数名が固まって入ってます。


テニス関連のジャンルミックスの最近の例だとESPNのテニスのレギュラー解説者のJohn McEnroeが正月2日のPittsuburgh Penguins@New York Rangers戦に現地観戦にきていたのも見かけました。場内で顔抜きされたのがビデオボードに写って観衆から大拍手を受けていました。へーMcEnroeはホッケーを見に来るぐらい好きなんだとちょっとした発見。仕事で全豪の放送でトーナメント開始前から豪州入りしていますから海外出張前の時期の息抜きでホッケー観戦だったというタイミングになります。

AFC/NFCともにシード1&2位がカンファレンス優勝戦へ

NFLプレーオフ二回戦の残り2試合が開催。AFCはNew England Patriotsが序盤から飛ばしまくり圧勝でLos Angeles Chargersを粉砕。後半追い上げて最終スコアは少し見られる41−28となりましたが現実的には手が届かないままで終始した試合。レギュラーシーズン中いまひとつ冴えなかったNew Englandでしたが今日は気迫で、12勝4敗の好成績だったChargersを寄せ付けず。ChargersのQB Phillip Riversが始終イライラしてましたね。
Patriotsは主戦レシーバーのJulian Edelmanが蘇って難しい捕球をし、相手にタックルされた後に2ヤード3ヤードを稼いでドライブを楽にしていったり、一応RB扱いですが今日はランゼロだったJames Whiteの馬車馬のようなレシーブぶり、新人RB Sony Michelが前半だけでランが100ヤード超など、アレNew Englandってこんなに強かったっけという試合ぶり。試合開始時のコイントスでNew Englandは勝って攻撃を選択した(通常はdifferで第3Qに攻撃からスタートするのを選択します)ところからして序盤から攻めまくる意欲満々だったってことですかね。お見事ということになります。Rob Gronkowskiはほぼブロック役ばかりでデコイ、この試合がホームのGillette Stadiumでの現役最後の試合になりそうだなあという内容でした。


NFCの方は見られませんでした。14−0とPhiladelphia EaglesがリードしたのをNew Orleans Saintsがまくって20-14という試合経過だったようですね。Eaglesは負けはしましたがプレーオフに最終週に潜り込み、ワイルドカードで1勝を挙げ、第1シードを苦しめてシーズン終了。前年覇者として恥ずかしくない結果でしょうか。Nick Folesは、不当に低評価な良いQB‥なんですかね。

Chiefs & Rams カンファレンス決勝へ

NFLのプレーオフ二回戦開始。上位シードがホームで勝って駒を進めています。
Kansas City Chiefsは25年ぶりにホームでのプレーオフ勝利とか。この試合前まででホームでのプレーオフの戦績が2勝7敗、相手のColtsは@Chiefsでのプレーオフの試合で2戦2勝だったそう。負けなくてよかったですね。試合の方は懸念されていたChiefsのディフェンスが奮起。特にバックスが1-on-1でのカバーでColtsのレシーバーに隙を与えない場面多数でColtsのパスオフェンスを封じました。
第6シードのColtsが敗戦したことで次週のAFC優勝戦が例の小箱の@Chargersのホームで行われる可能性は消滅しました。NFL本部としてはヤレヤレというところでしょう。

夜のDallas Cowboys@Los Angeles Ramsは、今季ずっとですがRamsの仮のホームであるMemorial Coliseumにビジター側のファンが大挙訪れ、声援を聞いているとほぼ五分五分の感じ。Dallasが先制のTDを決めて元気いっぱい大歓声。ホームチームのファンはちゃんといるのか心配になるぐらいでした。
試合はRamsがじっくりとランでDallasを仕留めたのが好印象。対するDallasも今季ずっとそうだったように強そうには見えないけど粘る試合ぶりで健闘していました。
RamsのHC Sean McVayはこの勝利でNFL史上プレーオフに勝利した最も若いHCになったそうです。32歳。

Kyler Murray NFLドラフト入りか

OklahomaのQB Kyler MurrayがNFLドラフト入りに傾いているとか。以前にその噂が出たときには当ブログは否定してかかったのですが、他のNFLドラフト候補のQBが今年は極端に少ないことから翻意したという観測のようです。
カレッジフットボールシーズンが終わったことでアメスポメディアの報道がNFLドラフトにシフト。その中で多く触れられているのがQBの出物の少なさ。現時点でのQBでのトップ指名になりそうなのがOhio StateのDwayne Haskins。ただHaskinsの評価は現時点では高いとは言えない。QBのトップ指名になりそうだったOregonのJustin Herbertはもう1年カレッジでプレーすることを選択済み。

NFL側の需要としてはNew York Giants、Jacksonville Jaguars、Miami Dolphinsなどが上位指名権を使ってQBを獲りに行くとされますが、ではHaskinsに1巡目を使って指名するほどご執心かというと、必ずしもそうではない、とされます。GiantsはQBを指名する場合人気のあるEli Manningの次の人材が必要なところで、Haskinsはその役には向かない、というのが地元メディアの論調。まあそんな論調などというのはドラフトコンバインや個別ワークアウトを経てどんどん変わっていくものなので現時点ではさしてあてになりませんけれど。

そういう報道が多々流れているタイミングで出てきたのがKyler MurrayのNFLドラフトエントリー説なわけです。つまり様子を見ていると今年ならMurrayがHaskinsを上回ってQBで一番手として指名される確率は確かにありそうには見えます。なのでこれまで抑えていたNFLへの色気が出てきたのかも。

個人的な意見としてはせいぜい175cmとされる背ではNFLでは相当に苦労することが予想されるように思われ、MLBでのキャリアに集中した方が良いような気もしますが、フットボールにも未練があるのはわからないでもないですし、ここ数日のドラフト関連報道を読んでいるとMurrayが自分にチャンスありと読むのもわかるような。これだけQBの出物が薄いドラフトも珍しいでしょうから。

個人的な好みでいうと、Murrayにはドラフトエントリーせずに、野球に精進、その後野球がうまくいかなくなった20代後半に1年分残っている大学でのプレーの権利を行使して電撃カレッジフットボールに復帰!なんていうのがよりおもしろいように思いますけど。NFLドラフトにエントリーしてしまうとカレッジフットボールへの復帰の目はなくなります。

Coltsが絶好調でAFC第1シードChiefsに挑戦へ

NFLプレーオフワイルドカードラウンド1日目。AFC最下位シードIndianapolis Coltsが快勝で第3シードのHouston Texansを下して二回戦へ進んでます。後半こそ少々スローダウンしましたが、試合開始から前半は着々とドライブを進めて試合の主導権を確保。ホームのHoustonを蹂躙して21−7で勝利。NFL全体でも有数のエッジを持つTexansを相手にColtsのオフェンスラインがこの日も奮戦。QB Andrew Luckに時間的な余裕を提供して安定感のあるプレーぶり。いまNFLで一番良いフットボールをしているのがこのColtsでしょう。

最下位シードでプレーオフに登場しているので次戦は@Kansas City Chiefsとの対戦が早々に決定。Chiefsは第1シードを確保していますがディフェンスに難あり。好調Coltsを迎えて、Kansas Cityが今季何度かやることになった点の取り合いの出入りの激しい試合になりそうです。Patrick Mahomes対Andrew Luck、好勝負を期待したいです。


NFCの方はDallas Cowboysが24−22でSeattle Seahawksを振り切って二回戦進出。うーん、シーズン中から強いようにも見えないのにCowboys、しぶといですね。

Bakerマジックは不発も楽しいNFL最終日

NFLのレギュラーシーズンが終了。最終日のスケジュールはNFLらしく工夫のこらされたスケジュールでプレーオフの枠争いで関連するチームの試合は同時刻に開催。うまいことやるなあとその運営能力の高さを感じないではいられません。
1PMからの試合ではAFCの一回戦回避争いとなったNew England PatriotsとHouston Texansがそれぞれ試合。結果は無風でどちらも勝って11勝6敗。シーズン開幕戦での直接対決で勝利していたNew EnglandがAFC2位シードを確保して一回戦回避。Houstonはシード3位で次週は後述のSunday Nightを制したIndianapolis Coltsを迎えることに。Houstonは対Patriots戦を含めて開幕3連敗だったのを立て直しての11勝は大いに評価されるべきシーズン。ワイルドカード週を突破してPatriotsとの再戦にたどり着けるか。

4PMからの放送枠ではAFC北の優勝争いとなったPittsburgh SteelersとBaltimore Ravensがそれぞれ試合、激戦となりました。Steelersがリリーフキッカーの活躍で接戦をしぶとくものにして先に試合を終了。Ravensが敗戦すれば逆転地区優勝でプレーオフ到達。Cleveland Browns@Baltimore Ravensの試合をスタジアムのTVモニタでファンも選手も観戦する展開へ。

Brownsよく粘りました。過去2年間で1勝しかできなかったNFL史上最悪のチームがここまで来たかという感慨すら覚える最終戦。プレーオフのかかったRavensを相手に、意地以外の意味のない試合を諦めずに追い続け第4Q半ば過ぎの11点差を、最後2点差でボールを奪い返すところまできました。新人QB Baker Mayfieldがカレッジ時代にさんざんやってきた終盤の大逆転Bakerマジックのお時間です。Oklahoma時代の窮地からの脱出逆転劇はカレッジファンにはお馴染みのもの。そのBakerマジックがプロ一年目の最終戦で炸裂するかもというワクワクの展開となったわけです。
結果は殺到するRavensディフェンスをBrownsオフェンスラインが支えきれず時間のないプレーが続いてBrownsは前に進めず、Bakerマジックは不発。あれだけRavensが前のめりのディフェンスになっていたので横にボールを散らしたらBrownsが勝てたんじゃないかな、タイムアウトも残っていたので立て直すチャンスもあったはずなのにとBrownsのオフェンスコールに不満が残りますが、それでもシーズン開幕時からよくここまで来たなという最終戦でした。
Ravensの方はシーズン途中でこれも新人のLamar JacksonにQBをすげ替えてのプレーオフ進出に。

第三部となる夜のSunday Night FootballはIndianapolis Colts@Tennessee Titans戦。勝った方がプレーオフ進出。なのですが、なんともしこの試合が引き分けに終わると、既に試合を終えているPittsburgh Steelersが両チームを逆転してプレーオフ進出ということになっての試合。これは僅差の試合での延長戦期待です。結果はエースQBを負傷で欠いているTitansを、復活Andrew LuckのColtsが余裕のオフェンスで勝利。ColtsがAFC最後の枠をゲットしてます。
Andrew Luck、当ブログでは本当はケガが発表されているよりももっとひどいのではないのかと何度も憶測記事を書きました。昨季を全休。Coltsは今季スタートダッシュに失敗、1勝5敗から盛り返してのプレーオフ到達です。この日のColtsオフェンスはオフェンスラインが完璧でTitansがまったくQB Luckに迫れない。こんな完全シャットアウトの試合ができるものなんだなと感心するような試合ぶりでした。
ColtsはHouston Texansでのワイルドカードへ。Texans、Coltsともにシーズン序盤大きく負け越したところからシーズンを反転させてのプレーオフ登場ということになります。

結局Patriotsが一回戦回避なのか

NFL第16週、ラス前。コンテンダーがかなり負けました。まずLos Angeles ChargersがBaltimore Ravensに敗退。Chargersは勝ってもAFC5位でのプレーオフ進出が濃厚だったので負けて失ったものは少ないとは言え、QB Philip Riversはかなりごきげんななめでしたね。逆転でのAFCトップシードへの意欲満々だったということでしょうか。それともプレーオフ一回戦で対戦する可能性のあるRavensに苦戦したのが気に障ったか。
勝ったBaltimoreはこれでプレーオフ進出に前進。同地区の首位Pittsburghが対New Orleans戦だったこともあって地区優勝も見える大きな勝ちでした。QBが大量に指名された今年のドラフトで一巡目で一番下の指名となったLamar Jacksonでプレーオフ進出となったら一種のアップセットではないでしょうか。

AFC第2シードの位置でこの日をスタートしたHouston Texansは終盤猛追で一度は逆転したものの、Philadelphia Eaglesに再逆転負けでAFC一回戦回避の絶好位置を手放してしまいました。

そして得をしたのはBuffaloに勝ったNew England Patriots。既報の通りWR Josh Gordonが離脱しての初試合。さらに試合中にWR Cordarrelle Pattersonも膝のケガで途中退場。シーズン前から足りなかったレシーバー陣を継ぎ足してなんとか回してきていたのですが最終週を前にしてまたもピンチに。Gordonの離脱の代わりも探せない中、Pattersonまでいなくなっては代替の補給もままなりません。
現時点ではAFC第2シード。ともに10勝5敗ですが直接対決でHoustonに勝っているのでPatriotsが第2シードで一回戦回避、Houstonが一回戦へ回ることになります。最終週はPatriotsがホームでNew York Jets、HoustonがホームでJacksonville Jaguars。Houstonは4勝11敗のJets頼み。まあPatriotsが結局一回戦回避かなという展開になりました。うーんJets戦はともかく、3週間後となるAFC準決勝までにPattersonは帰ってくるのか、補充は効くのか。

と、ここまでがこの日の前半に起こったあとの4PMからの注目試合のPittsburgh Steelers@New Orleans Saints戦は激戦になりました。Steelersっていうチームはホントしぶといです。試合の中でもしぶといし、シーズンの中でもしぶとい。離されてこりゃダメかなというところから巻き返してくるその粘りは、ファンにとってはたまらないでしょう。Super Domeにも多数のSteelersファンがつめかけていまいした。
第4Qのフェイクパント失敗は非難を浴びるのでしょうが、結果的にはNew Orleansを短めのTDドライブにさせたおかげで3点を追っての返しのドライブを1分半残して得ることができたので悪いギャンブルではなかったような。
Antonio Brownのサイドライン際の4th & 15キャッチなど見どころたっぷり。最後、FG圏内にたどり着いたと思った瞬間のファンブルロストで試合は決まりましたが、堪能しました。今季Drew Breesがこんなテンパった顔をして試合をしていたのは初めてかもです。

これでSteelersはAFC北地区首位から陥落。最終週はCincinnati Bengalsに勝って、さらにBaltimore RavensがCleveland Brownsに敗戦しないとほぼプレーオフから漏れます。シーズン初戦にグダグダの延長戦で当時17連敗継続中のClevelandと引き分けた、あのBrownsにシーズンの最後に救ってもらえるのか。


メンタルヘルスと違法ドラッグ

Josh Gorgonが自己のツイートでフットボールから去ってメンタルヘルスの問題に集中すると述べた後に、NFLからGordonに対して無期限の出場停止の措置が発表されています。外から見るとそういう時系列ですが、Gordonはツイートする前にNFLによる薬物検査でクロと出たの(または出るであろうこと)を知っていたと考えるべきなのでしょう。残念ながらもう選手としての復帰の目はないに近いのではないでしょうか。あれだけ才能があってもこうなってしまうんですね。Gronko、Edelmanの能力が落ちてきているのが目につくことが多かった今季、Gordonが難しいパスを紙一重でキャッチする様はなかなか良かったのですが。

Gordonが今回NFLから処分を受けた理由の薬物が何であったのかは公になっていません。マリファナまたは処方箋薬の濫用あたりが想像されますが、それは単なる想像に過ぎません。マリファナ程度なら復活可能でしょうが。

アメリカ各州でマリファナ=大麻の合法化が進んでいます。今年11月の選挙のときに私の住む近隣でも関連事項についての住民投票が同時に行われていました。隣国のカナダでは嗜好としてのマリファナの解禁が国レベルでなされており、毎日多数の人が行き来するカナダ−米国境を通してカナダ側の合法嗜好マリファナ商品がアメリカに流れ込んできています。
事情は各国異なるので、カナダやオレゴン州が先進、解禁しない国・州が後進ということでは決してないのですが、なにせ地続きの隣国で堂々売られているもの(大麻ビールとか)を押し止めるのはもう不可能で、遅かれ早かれアメリカ全土で解禁されていくのでしょう。テレビでのコマーシャルで以前なら飲酒運転を戒めるものだったのが、大麻パーティらしきところから運転して帰るところで捕まるなんていうものに置き換わっていたりしています。時代は変わってるんだなあとそのCMを見るたびに思います。

過去、アメリカで大麻が濫用される背景として、皆保険制のないアメリカでは保険を持たない人たち(主に貧困層)が鎮痛・鬱その他の症状に手軽に使う民間薬的な意味合いがあった、という説明がなされることがありました。それがオバマ大統領当時のいわゆるObama Careという健康保険改革や、貧困層向けの公的保険補助の強化を通じてその主張はほぼ無力化したはずで、それと軌を一にしてかどうか州ごとの大麻の解禁化・非犯罪化が進み、薬用として大麻の処方が保険適用される症状も公表されるなど、一般への衆知活動・全面解禁の準備が禁止州でも進んでいるようです。それとともにヒッピー(ここでは違法大麻愛好者と同じ意味ととってください)の人たちがその適用されるはずの症状を訴えて医者に列をなしているという笑えない事態も発生しています。

今朝のESPNの番組でJay Williams(元Dukeのエース、NBAでは成功できず)が自身が鎮痛薬オキシコドンの濫用をしていた事実を例に挙げて、今回のJosh Gordonを薬物依存から救ってあげる道を探すべきという主張を展開していました。この鎮痛薬の濫用問題も相当に大きな社会問題です。
鎮痛剤濫用というと元NFL Green Bay PackersのBrett Favreもこれに引っかかって、濫用事実を記者会見で公表してリハビリ施設に入った時期がありました。数年前に日本でトヨタの外国人役員が捕まったのもオキシでした。他のドラッグと違ってホワイトカラーにも広まりやすいのがこの処方箋薬濫用の特徴とも言えます。吸引であるとか静脈注射であるとかと言った異常な行為をせずに、単に錠剤を飲むだけという手軽さ・敷居の低さも問題です。但し死亡者数は処方箋薬によるものの方が、ヘロイン他の薬物禍よりも多いとされます。
Jay Williamsの場合はおしゃべりもうまかったこと、カレッジでの実績が抜群だったことで現在もESPNのカレッジバスケ番組のスタジオ解説として職を得てますがJosh Gordonは薬物がなくてもそんな良い仕事に就けそうな可能性はないような。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文