アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

College Basketball

NITでのGeorge Washingtonの試合を見ました

National Invitational Tournament (NIT)の三回戦Florida@George WashingtonをESPN2でやっていたのを見ました。ESPNの方ではNBA New York Knicks@Chicago Bulls戦をやってたんですけど、正直そんなカード見たい人ってどれぐらいいるんでしょうか。少なくとも私は見たくないなあ、というわけで日本からNCAA挑戦中のYuta Watanabe所属のGeorge Washingtonの試合の方にしたわけです。

試合はGeorge Washingtonが勝ってNIT準決勝進出。一進一退のまずまずの試合ではありましたが、一番最初に驚いたのはFlorida Gatorsの小ささ。ミッドメジャーのGeorge Washingtonに2~5番まで全ポジションでサイズに劣る状態。ケガ人のせいもあるそうですがそれにしてもメジャーカンファレンスSEC有数のバスケ校であるFlorida、それがここまで急激に選手のリクルートレベルが落ちていたのかと驚きです。全米二連覇を含めFloridaをSECの上位校に育てたBilly DonovanがNBA Oklahoma City Thunderへ栄転したせいでここまでリクルート力が落ちているんですかね?ちょっと極端なような。

さて日本の期待のWatanabe選手についてはこの試合ではほとんどボールが廻ってこない様な状態で5得点。日本のファンの方はWatanabe選手のみに注目して見るような見方をするのでしょうからなんとか彼が何をやっているか認識できるでしょうが、ざっと試合の流れを中心に見ていたら存在感もほとんどない状態といえましょう。シーズン前半の彼の3ポイントシュートのために作ってくれていたスクリーンプレーなどは完全に消えて、ボールがほとんど廻ってこない中ひたすらウィングで張って相手のディフェンスを一枚削るだけの仕事に近くなっていました。時に積極的にリバウンドに飛び込んだり、数少ない90度で得たボールをゴール下の味方に好フィードする(二度、いずれも公式記録ではアシストにならず)など悪い働きとまでは言いませんですが目立たない汗かきに終始した試合。シーズン終盤には急に得点が伸びた試合があったりしたのは認識していますが、その片鱗は見えない今日の試合でした。勝ち進んだことでこの時期になってもまだポストシーズンを戦える幸せを感じて来季につながる試合・経験を来週もしていっていただければというところでしょうか。

時代を超えてIndiana x North Carolina

さて皆さんのNCAAトーナメントの予想結果はいかがでしょうか。私のベストのエントリは420点、全体の74%の位置と冴えないながらなんとか二週目も楽しめる範囲内で収まっています。一回戦こそアップセットがかなり出たものの、そのほとんどが二回戦で力尽きて順当な残り16校になったとは言えます。それゆえにここからはもうどこがどこに負けてももうアップセットと言えるカードはほとんどないような。GonzagaがFinal Fourに出てくればアップセットですが、それぐらい。

あとは16校中、6校がACCからというのが目立ちますね。レギュラーシーズン中は決して評判が良いとは言い切れなかったACC。Syracuseが運に恵まれたり、Duke、Miami-FLがイマイチの試合をしながら勝ち抜いたり。

そのACCの二強の一角1位シードのNorth Carolinaは16強戦でIndianaとの対戦と決まっています。このカード、なんでもNCAAトーナメントで対戦するのは1984年以来32年ぶりとか。開催都市となるPhiladelphiaでの対戦は1981年の全米決勝戦での対戦以来35年ぶり。常連校同士ですが意外と対戦していないものなんですね。その1984年のトーナメントでもこの両校は16強戦で対戦。シード順もまったく今年と同じNorth Carolinaが1位、Indianaが4位。結果はIndianaが72-68で勝利を収めています。但しIndianaはその次戦の8強戦=地区ファイナルでVirginiaに敗れてFinal Fourには進めず。その試合というのはMichael Jordanのカレッジでのキャリア最終戦だったそうです。トーナメント自体も現在とは形式が違い、53校出場という仕組み。時代を感じさせる話です。

44秒残り12点差 それでも勝つ

March Madness NCAAトーナメント二回戦にすごい試合が来ました。3位シードTexas A&Mが44秒残り、12点差のもうダメというところから、14−2の猛追で同点。二度の延長戦を経て逆転勝ち。A&Mの応援ファンの多くも既に席を離れて退場していたところからのMarch Madnessの語りぐさの一つとなるであろう大逆転試合が展開されることになるとは。実況陣も11位シード Northern Iowaの勝ちを前提に語り始め、私もあーこれでSEC早々に全滅かとか我が予想もボロボロだなとか思っていたところからのまさかのカムバック。Northern Iowaはインバウンドプレーがボロボロで次々とターンオーバーを献上。普段のインバウンドの役目の選手が後半に膝をひねってベンチに下がっていたのが原因だと指摘されていましたが、3本も4本も続けざまにインバウンドができないのはそれだけが原因ではなく根本的に準備不足でしょう。相手ゴール後のインバウンドですから入れ手はレーンの端から端まで移動しても良いのだし、ここまで続けざまに入れられない、入れてもいきなりベースライン際に追い詰められトラップされてターンオーバーにしてしまう。それで得たボールを全てねじ込んでしまったTexas A&Mの勢いはMadnessの名にふさわしい大変なものになりました。フリースローも入らないし、その過程でNorthern Iowaの主力選手がファールで退場となったもの延長戦に響いて選手も応援団も頭を抱え込み立ち上がれない大逆転負けに。私にしても試合が決まったと思ってからもチャンネル変えずに見ていて良かったです。

カレッジの場合、各ハーフ、ファール7個目から1-and-1のフリースローが与えられる。10個目からは2 shots。この日のA&Mはファールが少なくそれが奏功して1-and-1の1本目を外したNorthern Iowaを急襲して史上に残るスーパーカムバックにつなげました。

事前予想ではA&Mにもう数試合勝ってもらう予想としていた私としてはA&Mの勝利で次週まで期待をつなぎましたが、そんなことよりもすごいものを見ちゃったなあという感謝の念の方が強いです。

March Madness三日目二回戦

二回戦の8試合が行われた土曜日。9位~12位シードの学校が計7校出場したのですが11位のGonzagaを除いてすべて敗退。3校の1位シード校を含めほぼシード順通りのチームが16強に進んでいます。唯一アップセットとなったGonzaga x Utah戦はUtahのシュートがまったく入らず苦しんでの惨敗。GonzagaにはKentuckyの2012年の全米制覇時のメンバーだったKyle Wiltjerも在籍。毎年March Madnessに登場して選手もコーチングスタッフも本番馴れしている上に下位シードながら会場も比較的近場のDenver。Utahの不出来もあったものの余裕でのSweet 16登場へ。

他の下位シードではButlerが1位シードVirginaを相手に健闘したもののVirginiaが振り切り。Wichita Stateは序盤最大21点まで離されたのを後半にやっと捉えて一瞬逆転したものの、そこまで。Miami-FLもあまり強そうには見えませんでしたが、HC Jim Larranagaがチームを掌握している感じが試合後にも見えて意外にメンタルで強いのかもと思わせれました。試合の放送中にも解説陣が10年前にLarranagaがGeorge MasonをFinal Fourに導いたあのチームとの相似性を指摘したりなかなか面白かったです。ただメンタルはともかく抜きんでた選手がいない。どれほど勝ち進めるものか。

Indiana x Kentuckyの4位5位対決は少々不思議な試合になりました。流れを見ているとKentuckyの方が良い攻め・良い守りをしているように見えるのに点差はちっとも付かない。後半に入ってIndianaのディフェンスが落ち着いてくると徐々にIndianaの攻勢に流れが変わりました。単純化すれば今年のKentuckyは3ポイントシューターに欠けているのが勝敗を分けたということですか。変だったのはいつもは熱血、叫びまくりのKentucky HC John Calipariが試合中の多くの時間をベンチに座ってずっと冴えない顔をしていたこと。病気か?と疑いたくなるほど普段と様子が違ったのです。普段は細かい指示を攻守にわたって飛ばし選手を叱咤し続けるのが、あれ?なんでここで怒ってないの?という拍子抜けの試合。

二回戦で消えたKentucky。例年と比較すると才能レベルで明らに劣った今年ですが、これでもまた3~4人はNBAドラフトにかかりそうなんですよね。ロッタリーピックが2人見込み。「レベルが低い」という基準が他校とは違うのでしょう。

二日目にして来た

March Madenss二日目にして来ました。アップセット、ブザービーター。こうでなくては。

それにしてもMichigan Stateの敗戦はショックです。過去NCAAトーナメント史上、16位シードによる1位シードを倒した例はなく、15位による2位アップセットは8度目。しかしこの2位シードは過去最強の2位シードではないでしょうか。他の1位シード2位シード校を凌いでKansasとともに今大会の優勝候補筆頭だったMichigan Stateをぶち破ったところに価値があります。結果はMiddle Tennessee State 90-81 Michigan State。試合後の記者会見のMichigan State HC Tom Izzoの高ぶり方も尋常の敗戦ではなかった事を物語ります。常勝校の中では他のブランド校(Duke, North Carolina, Kentucky, Kansasなど)と比較すると5☆リクルートに恵まれるわけでない中、毎年Izzoの手腕で勝てるチームを作り、トーナメントになると普通でない粘りで勝ち抜いてきた歴史のあるMichigan Stateが満を持して上級生を揃えて今年こそはと意気込んで臨んだであろう今大会でまさかの初戦敗退とは。

これで2012年大会から数えて5年間(=計20回)の2位対15位の対戦のうち4試合が15位シード側の勝利で終わっていることに。つまり15位シードの勝率は2割。これは相当の勝率と言えましょう。

他にもこの日は3位シードWest Virginia、4位シードCalが敗戦。6位シードのTexasがブザービーターハーフコートショットでNorthern Iowaに沈められるなど一発勝負の楽しさ満点の二日目。他にも敗戦はしたものの健闘した下位シードチームもいくつもあり、NCAA下位のカンファレンスの実力の向上がこれらの激戦を生んでいるのだと言えます。

今日は野暮用が多くMichigan Stateの敗戦も生で見られず残念でしたが、スマホで結果を見て目を疑い二度見三度見してやっと事態を把握しました。Madness。こうでなくては。

March Madness初日 アップセットあり でもハラハラは足りない

いよいよ始まりました。初日から12位シードが2校、11位シードが1校勝利を得て一回戦突破。(どうも今年からまた今の64校の段階を一回戦と呼ぶことに正式に戻したようです) アップセットの数としてはまずまずなのですが、ハラハラのブザービーターやギリギリの手に汗握るような展開の試合は乏しく(見てない試合も数試合ありますが)ドラマは明日以降に期待という感じでしょうか。

First Fourから上がってきた11位Wichita Stateが快勝で6位Arizonaを撃破して早くも2勝目。Ivy League王者の12位シードYaleがNCAAトーナメント初勝利を5位Baylor相手に挙げ、また同じく12位のArkansas-Little Rockが二度の延長戦の末にBig TenのPurdueを下しています。Wichita Stateは堂々としたもんです。

それ以外ではオープニングゲームとなったDuke、No. 1シードNorth Carolinaはともにモタモタした試合ぶりで残念。特にDukeの試合はレフリーの笛が鳴りまくりで層の薄い下位シードチームがファールトラブルになっているのになかなか攻めきれないDuke。それでもACCはVirginia, Miami-FLを含め4戦全勝で初日突破。二回戦での対戦を期待したKentucky x IndianaとKansas x UConnはそれぞれ期待通りに勝ち抜いてきてその組合せが土曜日のメインイベントになりそうです。

混戦模様なれど結局は上位なのか

March Madness = NCAAバスケットボールトーナメントがいよいよ今日木曜日正午過ぎから本格スタート。カレッジバスケ漬けの第一週の木~日曜日の興奮は他のどのアメスポにもない怒濤の迫力です。今年も感動と驚きのフィニッシュが生まれることを期待します。

さてトーナメント勝者予想です。先に私個人のチョイスを。10個までエントリが作れたのでTexas A&M, Michigan State, Kentucky, Miami-FL, North Carolina, Dayton, Kansasとしてみました。ブラケット予想は勝とうと思うとつまらない予想をする傾向になって選んでいてもつまらない。大胆に予想すると当たった時の快感は強いですが、大胆過ぎると第二週目に突入する頃には既に全滅に近いという具合。10個も作ればどちらもカバーできるのでまあ良いかと。

No. 1シードの各校=Kansas, Michigan State, North Carolinaが揃って順当に勝ってくるとトーナメントは面白くないかもしれませんが、シードの高さもそうですしそれぞれ名前の威圧感もあってやはり選ばざるを得ないかなと。特にMichigan Stateは期待です。ここ数年Michigan Stateはシード順が冴えないままトーナメントに突入して、しかし一旦本番のトーナメントとなると名将Tom Izzo HCの手腕で勝ち込んでくる存在。そのMichigan Stateが久々に本命の一角としてトーナメントに登場するわけですから期待したいです。

Texas A&Mが推されるのは同カンファレンスSECの常勝Kentuckyを抑えてSECを制したというところの印象点が大きいです。同校OBでNFL Super Bowl 50のMVPを獲ったVon Millerがシーズン中のKentucky@Texas A&M戦に現地観戦に来ていた試合も良かったですし、A&Mの山は比較的難敵が少ないのも好材料。優勝とまでは言わないものの4強8強まで進むと多くのエントリで予想してみました。

Miami-FLは実は怪しいチームで、ACCでも大事な試合で大敗の連続。シーズン前半に弱小校に簡単に敗戦するなどトーナメントでのバスト臭が強い学校ですが、HCのJim LarranagaのFinal Fourの経験を買ってみようかと。LarranagaはかのNo. 13シードだったGeorge Masonを率いてNCAA史上に残る快進撃をやってのけたコーチ。ソフトな人当たりでGeorge Masonの薄い陣容を率いて常勝校を次々と破ってFinal Fourへ導いた。Miami-FL自体はプレシーズンの評判よりは悪いシーズンだったように思いますが、これぐらいの注目のされない位置からなにかしてくれたらおもしろいかなと思います。

Daytonはここ数年の連続トーナメント進出でチームの練度が良いです。地味にAtlantic 10を勝って進出。

正午過ぎの第一試合はDukeの試合でスタート。待ち遠しいです。

NITの方にもコメント

NCAAトーナメントから漏れた学校のポストシーズントーナメントとなるNational Invitational Tournament=NITにも少しコメントを。ミッドメジャーからNCAAトーナメント進出が期待されたMonmouthやSt. BonaventureがNITに落ちてきてます。一部では当確を出しているサイトもあったんですが前項でも述べたSyracuseであるとかCincinnatiといったネームバリューがある学校に競り負け。ミッドメジャー校にとっては辛い選考になったかもしれません。ただ実際のところ試合を見ているとCincinnatiの方が強そうなので仕方ないような気も。Cincinnatiは強い試合はものすごく良いのでMarch Madness向き。

NITにメジャーカンファレンスSECからFlorida, Alabama, Georgia, Mississippiと並んでSouth Carolinaも登場。South Carolinaはシーズン前半を全勝で駆け抜け期待されたのですが失速してNITでNo. 1シードでの登場に。ここ数年SECのバスケはKentucky一極状態。過去対抗の位置にいたFloridaがHC Billy Donovanを欠いて再生できるのか。今年はTexas A&MがKentuckyの対抗として活躍したのでSECとしてはベターなシーズンではありましたがMarch Madnessからはスカされた形に。大量にSECからNITに出場校がある中、NBAドラフトでの全体No. 1指名確定的と言われるBen SimmonsのLSUはNITにも落選。以前のNIT選考なら話題性優先での選考だったのでLSUは選ばれやすかったのでしょうが、昨今の実績重視だと落選やむを得ずか。さらに下位のマイナーなポストシーズントーナメントも存在するのですが、LSUはそちらへの出場回避を発表。Simmonsのカレッジキャリアは先日言及した通りで惨敗僅か10得点での終了となりました。一般の報道はNITの結果までで、その下のトーナメントは一般には存在することも知られていないのでLSUのような学校が出場するのは意味がないのでしょう。LSUは元々この時期野球の方が動員が強いほどの学校でもあり、いまさらキャンパスで試合をやっても野球とバッティングするばかりで経済的メリットもありそうにないですし。

Yuta Watanabeが所属するGeorge WashingtonもNIT出場決定。Madison Square Gardenでの準決勝まで望めそうでもな位置ではあります。トーナメントで勝ち込む経験は成長の糧となりうるので頑張って戴きたいものです。

NITの本命は実はOhio Stateかもななんて思ってトーナメント表を眺めています。

March Madenss組合せ発表 また委員会が目玉試合を仕掛け

いよいよ春のアメスポの一大イベントMarch Madness=NCAAバスケットボールトーナメントの組合せが発表。概ね公平感のあるいい組合せになったように思います。先日から当ブログではSyracuseやMichiganが当確だと書いていたんですが、昨日までメジャーサイトでも両校が出場できないと予想するエキスパートなどもいて(例=ESPN.comはSyracuse外れと予想)ぎりぎりの調整が入りましたが結果は私には順当に見えます。毎年どこそこの地区は他と比べて厳しい等々組合せの妥当性にいろいろ議論が沸騰する発表直後のこの時刻ですが、これも今年はうまくいっているように私には見えます。

そういう公平性では成功した今年の組合せとは思いますが、その中に選抜委員会が目玉試合を仕掛けてきていますね。二回戦(意地になって二回戦と呼んでますが現在の公式の呼び名は3rd round)でKentucky x Indianaの元の定期戦ライバル対決が見込まれます。このバスケのエリート校・隣接州のライバル校で毎年の定期戦を持っていた両校が定期戦を廃止した当時には当ブログでも何度か取り上げて書いています(ここでも)。事情はともあれ定期戦が廃止されたこのカードをNCAAトーナメントが来週いきなり実施してくれるというのですから両校のファンだけでなくカレッジバスケファンにとっては期待の二回戦になることでしょう。うまいことNCAAの側がこのカレッジバスケ有数のドル箱カードをゲットというわけです。もちろん両校が初戦を勝ち抜いてくれば、ですが。さらに続く16強戦Sweet 16ではこの対戦の勝者がNo. 1シードのNorth Carolinaと対戦になるコース。KentuckyとNorth Carolinaはこれも定期戦を維持した仲。シード順は下げましたが今年もKentuckyの人気・注目度は高く対Indiana、対North Carolinaと続けばトーナメントのアクセントになるのは確実です。

Indiana x Kentucky戦が行われるのはアイオワ州Des Moinesの会場。このぐらいの距離ならKentuckyの熱狂的なファンは大挙遠征応援に来るのは必至。同会場での二回戦のもう一つの試合はNo. 1 Kansas x UConnになる可能性があり、Kansas, Kentucky, Indiana, UConnなんていう全部全米制覇複数回・Final Four並の凄い二回戦の会場になりそうでプラチナチケット化しそうです。ビッグマッチ感たっぷりの試合となることでしょう。この4校だとなんとKansasの3度の全米制覇が最少なのですからとてつもないです(Kentucky 8, Indiana 5, UConn 4)。

また滑り込みでNCAAトーナメントに入ってきたSyracuseは二回戦でMichigan Stateと当たる位置に。この常勝校対決もなかなかに人気面ではおいしい組合せです。公平な組合せ山を作りつつこういう好カードをうまく取り入れてしまうNCAAトーナメントのしたたかさを感じるところです。但しSyracuseの初戦の相手Daytonは簡単な相手ではなく良くまとまった好チーム。Michigan State x Syracuseが実現するかどうかは五分五分でしょう。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文