アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

MLS/Soccer

なぜにKlinsmann

日本のサッカー代表の次期監督に元米代表監督であったJurgen Klinsmannが有力だとか。Klinsmann時代ほぼ5年半、W杯2大会を指揮したその期間中を見てきたものとしては。何を考えてそういう人選になるのか想像もつきません。日本のマスコミでの紹介を見ると「前ドイツ代表監督」と紹介していますよね。米代表時代はどうでもよくて、日本的視点でありがたいのはサッカーエリート国の前監督ってことなんだなーと。「前」てなってますがドイツ代表監督を退いたのは2006年、もう12年も前のこと。単にドイツの現代表監督が長期政権だからってだけで「前」って最近みたいに言うのもなにやらまやかし臭いです。

では米代表でKlinsmannが何をやってきたかをかいつまんで振り返ってみましょう。
2014年のW杯ブラジル大会では代表選出過程で私怨で米代表の功労者Landon Donovanを切ったのと、自らがリクルートしてきた欧州育ちの二重国籍選手を重用したのがポイント。GLを突破、16強戦でベルギーに延長戦で敗戦してます。アメリカの実力を考えれば成功の部類のW杯でした。
2015年 Gold Cupでジャマイカに敗戦、3位決定戦でパナマにも勝てず4位と低迷。後から考えればこの辺りから既におかしかったのでしょう。ロシアW杯出場失敗への失敗ロードがここからスタート。
2016年の4次予選でトリニダード・トバゴと引分、グアテマラに完敗などモタモタしながら通過。グアテマラでの敗戦は序盤から連続失点となんとも冴えない試合でしたが、予選自体は突破。4次予選なんてのはカリブの小国などが相手で勝って当たり前。この段階の試合を見ているスポーツファンなんてほとんどいないので苦戦は不問。
しかし2016年11月に始まった最終予選は序盤二戦にメキシコ、コスタリカに連敗したところでKlinsman更迭。連敗もそうですが、ブラジル大会で二重国籍組が寵愛を受けたのへのルサンチマンでベテラン純粋アメリカ人選手や関係者から背後から総攻撃を受けた面も見逃せない。更迭後を承けたBruce Arena後継代表監督も二重国籍選手をパージして陣容を改めたんですが立て直しきれずに6チーム中5位で3.5枠の大陸間プレーオフにすら出場できない完敗となってます。

さあこんな履歴の前米代表監督をなぜ日本が欲しいのですか?と問い詰めたくなります。ほんとにこんな人で良いんですか?と。

W杯における成績を見ると日本とアメリカはほぼ同じ。GL突破と敗退を繰り返してます。日本が2大会連続のGL突破ができない中、米代表は2010年2014年と連続GL突破して若干日本より好成績に見えたのですが、2018年に本戦出場失敗。その大会で日本がGLを突破したのでまた日米はほぼ五分に戻ったところです。
で、なぜ2018年に出場失敗した米代表監督を、勇敢な試合でW杯を終えたばかりの日本が欲しがるのか。まあ名前が出てきたタイミングからして大会前に既に内定に近い状態だったのは想像がつきますが。たぶん英語でコミュニケーションができるから日本人にとっても楽ってところもポイントなのかなと想像します。

「サッカーは金持ちの白人の子のスポーツになってしまった」

サッカーW杯の試合のない日に妙な変化球があらぬ方向から飛んできました。元女子サッカー米代表GKだったHope Soloが(たぶん狙って)議論を呼びそうな発言をして(企みどおり)各所でその発言が取り上げられています。”Soccer, right now, has become a rich, white kid sport.” 
Soloは今年2月の米サッカー協会の会長選に立候補。全候補中知名度では抜群のナンバーワンだったのですが票を集めることはできずに落選しています。この時期にこんな発言をしてきたということはきっと次回の会長の改選に向けてのキャンペーンを始めたということなのでしょう。現在36歳。NWSLのSeattle Reignからも2016年シーズン途中で離脱してその後はプレーしていない。一時点では女子米代表の中心メンバーで人気選手だったSoloですが選手としてはフェードアウトで終了。人望もないため女子サッカー界での生き残りも難しく、今となっては次の道が見えない状態でもあり、炎上狙いで一発発言してみた感じは否めません。

ただ発言の中身はそれなりに意味のある部分もあるんでしょう。ニュースなど短信で取り上げられてしまうのは表題にした部分だけになってしまうんですが、その前段でSoloが主張しているのは、サッカー強化が先鋭化して自分の子供に投資できる経済力を持った親の子だけが生き残り、いまのままでは幅広い人口各層を吸い上げられなくなってきている、という問題を取り上げています。
Soloが念頭に置いているのは女子米代表チームの構成のことでしょう。ほとんどが白人選手で占められている。アメリカの総人口に18%程度を占めるヒスパニックや、13%とされる黒人、アジア系6%、この比率よりはるかに米女子代表におけるマイノリティの割合は低い。24人のロースターだとすればヒスパニックは3-4人含まれてよいし黒人選手も3人ほどいてざっと総人口比と同じ割合となります。でも実際は女子米代表は大半が白人選手。女子代表を例にしてみましたが、男子では女子ほど顕著ではないものの白人比率は他のメジャースポーツと比較して高めと言えそうです。
またSoloの出身経歴がそう言わせるのでしょうが、経済力がない家庭の子はいまのサッカー界では力を伸ばせないという点も同時に指摘してます。Soloの家庭はほかの代表の選手と比較して恵まれていなかったとされます。その辺りの屈折した心理もあって表題のような発言になってしまったようです。

で、これを言ってどうなるのか。Solo側の思惑を想像すればそういったマイノリティの会員票をまとめる発言を積極的にして次期会長選を目指すつもりかなという感じでしょうか。

サッカーの人気調査において女子米代表の人気の比率は相当に大きい。多くの調査が示す通りアメリカでのサッカー支持者の過半数が女性からという事実からもそれは強く示唆されています。若い白人女性が自分を重ねて応援できる対象としてのサッカー女子米代表は他にライバルがいません。他に女子のプロスポーツというとバスケ、テニス、ゴルフといったところでしょうが、バスケやテニスには白人スターが欠けている。唯一可能性があるとすれば白人比率が高めのバレーボール辺りでしょうがアメリカでのバレーボールの観戦スポーツとしての人気は極限定的。
で、現在女子スポーツ観戦需要の取り込みに唯一成功しているサッカー女子米代表が有色人種化して人気を保てるのかというのは問題がセンシティブで議論しにくい問題です。女子米代表はピッチ上でかつての圧倒的な地位から滑り落ちつつあり、ただでさえ以前のように圧勝して喝采を浴びるような活動はできない可能性があり、それだけでも近い将来の人気低下が懸念される中、コアのファン層が自己を重ね合わせている代表の有色人種の比率が高くなったときに彼女たちファンはファンとして残ってくれるのかどうか。昔みたいに強くもなければ自分を重ね合わせられる年格好の選手も減るとなったらどうなるのか、ということです。

繰り返しますがアメリカで「サッカー人気」と言った場合に占める女性の支持は過半数であり、ここが崩れるとサッカー人気と呼ばれるものの全体の数字が目に見えてダメージを受ける可能性もあるので、けっこうな問題なのです。

アメリカはW杯でどこを応援しているのか

さてサッカーW杯はGLを終えてノックアウトラウンドへ進むところです。ところで米代表が出場していないこのロシア大会、アメリカ市場のサッカーファンはいったいどの国を応援しているんでしょうか、という疑問に答える資料がありましたのがご紹介してみたいと思います。
今大会の開幕日にリリースされたこの記事によれば支持されている順にブラジル29%、メキシコ28%、イングランド25%、アルゼンチン20%となってます。この上位4カ国を足しただけで既に100を超えてしまうところからわかるとおり一択ではない調査結果ということでしょう。ブラジルはちょっと意外かと思いましたがあとはまあまあわかるかなという感じ。ルーツ的にはメキシコとイングランドはアメリカ国内でやはり存在感が高いというのは住んでいての実感に合います。それぞれGLで苦労しましたが人気上位4カ国ともノックアウトラウンドに生き残りましたのでTVマーケティング側からするとホッと一息という感じか。

また同ページではなぜW杯を見ると答えた回答者にその理由を問うていますが、W杯だから見るんだよ!という回答が一番多い。正直だなあという感じでしょうか。

レッドカード貰い合戦へ?

明日のW杯G組のイングランド対ベルギー戦ですが、ノックアウトラウンドのここまで決まったトーナメント表を見るとG組は2位通過した方が得ですよね。未定のH組とは一回戦で対戦しますが、どこが1位で抜けてきても怖くはないし。
現在イングランドとベルギーは勝点・得失点差・ゴール数のすべてで並んでいるので、この直接対決で負けた方が2位通過できるという状況です。わざと負けるんでしょうか?でももし両チームともわざと負けようとしたら0-0の引分になってしまうんですけど、そうなると次のタイブレーカーはフェアプレイポイント。イエローとレッドカードを得点化して決着を付ける仕組み。いま自分で数えてみたところこれまでベルギーがイエロー3枚、イングランドがイエロー2枚なので、イングランドが1位通過になるようです。

が、もしイングランドが本気で2位通過を目指すなら第3GKに先発させて故意でレッドカードを取らせれば逆転2位通過になれます。フェアプレイポイントが採用されたときからこういう可能性があるのは気づいていたんですけど、遂に実際にこの場面がやってきそうです。
それとも両チーム普通に試合をしてそんなおかしな場面にはならないのか。明日の両チームの先発GKの発表が楽しみです。

やれやれのメキシコ代表、GL通過

いやはや大変な結末になりましたね。サッカーW杯F組の最終戦。第1戦2戦と連勝グループ首位で最終戦に臨んだメキシコ代表が大破綻をきたして0-3でスウェーデンに大敗。ボロボロでしたね。対するスウェーデンは第2戦でドイツ相手に1人多い状態なのに完全にドイツの猛攻を受けるばかりで最後のToni KroosのスーパーFKで敗戦した姿から立ち直っての快勝。
スウェーデンに2点目3点目が入った時点では同時刻に行われているドイツ x 韓国戦はまだ0-0。そのままならまだメキシコは2位で勝ち上がる可能性はあったんですが、なにせ対象がドイツ。前戦スウェーデン戦での終盤の攻め達磨ぶりが記憶に新しいだけに、いかに韓国が奮戦しても最後に決めてしまうのはドイツではないかという想像はサッカーファンならだれもがしてしまう状態。

それがなんと韓国の勝利に。それも既に90分経過後のゴール、当初のオフサイド判定がVARで覆っての先制点。さらに時間切れが間近になりGK Manuel Neuerまで特攻で前へおしあげたところからエンプティネットでダメ押し2点目。ドイツW杯史上初のGL敗退となりました。やれやれなのは大敗を喫したメキシコ代表です。韓国の頑張りに助けられて大敗帳消しでGLを2位通過。GLを独走中→大敗瀕死→韓国ありがとう!というドラマ展開。韓国、立派な試合をやってのけました。既にGL敗退が決まっていて最後まで走りきった韓国代表には大きな拍手を送りたいです。

ドイツは‥国民落胆でしょうね。ドイツにとっては初のGL敗退(全試合がトーナメント制だった時代に初戦敗退はあり)。前回の優勝国がGLを突破できずに敗退するのはこれで3大会連続で、過去5大会で4度目。

VARの導入が見事な結果を生んだことをまずよろこびたいです。韓国の先制ゴールの当初のオフサイド判定がビデオで前(韓国から見て)へ出たボールは韓国の選手ではなく、Toni Kroosのバックパスだと確認されてオフサイドに該当せず、ゴールが認められました。あれをあの混戦でサイドラインから見ている線審にわかれというのは無理。VARがあったことで正しい判定が出てすっきり決着になったことはサッカーというスポーツにとって、またFIFA W杯にとって素晴らしい出来事だと素直に評価したいです。
ただVAR判定に持ち込まれるかどうかの判断基準が曖昧なのは改善の余地あり。この場面の判定でも主審がVAR判定に行くと意思表示するまでかなりの時間がかかりました。あれでVARルームの審判の見逃しがあったらどうなるのか。せっかくの良い取り組みが台無しになりかねないです。そこをどう担保するか。

メキシコ代表はヒヤヒヤの通過となりました。米代表が出場せず、メキシコ代表もGL敗退となったら北米市場としては大敗北の大会になってしまいます。
米代表を追ってきた人からするとこのメキシコ通過の経過は2002年を思い起こさずにはいられないでしょう。1勝1分でGL通過を目指して臨んだ第3戦でポーランドに完敗1-3、しかしもう一つの試合でホスト国韓国がポルトガルを下したため薄氷通過になったときです。そのときも米代表が0-3となって瀕死状態になってから、もう一つの試合の方で韓国が遅い時間帯になってからゴールしてやっとリードという展開でした。こうなると2002年は米代表が、2018年はメキシコ代表がともに韓国の最後までの頑張りに救われたということになりますね。アメリカ視線で韓国サッカーを意識することはまずないわけですが、結果としてはCONCACAFは二度も救ってもらったってことになります。

ところでこのGL最終戦を同時刻開始にする最終戦のしくみが今日のドラマを生んだわけですが、2026年は48カ国参加の3カ国 x 16グループによるGLとか。ということはこの手の最終戦同時スタートのドラマは消滅するということです。そもそも48カ国は多すぎる上にこれもなくなってしまうとか、まあ改悪ですよね。

まずは現実を認識していきましょう

まず少し前のコメント欄でも書いたことをここに再録しておきたいと思います。

英語の表現でリンゴとオレンジを比較するという表現(異質なものを比べる愚をいましめる)がありますが、なぜかサッカー人気を強調しようとすると極端なリンゴ・オレンジ比較が横行するようです。 (中略) 感覚的に言えば2026年では時期が近過ぎてサッカーが経済規模その他で三大スポーツの規模に迫る可能性はゼロでしょう。抜くなんて全然ありえません。恣意的なリンゴ・オレンジ比較で部分的に抜いたと強弁することぐらいは可能かもと思います。細かい理由は過去何度も当ブログで説明しているのでここでは触れません。

と、そういうことを書いておいていたところ、おもしろいコメントを前項にいただきました。まさに事前に指摘しておいた通りのリンゴ・オレンジ的なお話かと思います。
いただいたコメント内で紹介されているリンク先にSNSのinteractionsのランクがあってその上位をサッカーW杯が占めている、これは前項記事内で指摘しておいたアメリカ市場でのW杯視聴率での惨敗とは異なる結果ではないか、サッカーは健闘しているんではないのかというのがコメントの主旨かと理解しました。
複眼的視点を持つことは思わぬ発見をもたらしてくれることもあるので全否定はしませんが、さすがにこれは異質かつ量的にも比較にならないものを持ち出しているかと思います。以下検証してみましょう。

まず言われている「W杯の試合が上位に並んでいる」というランキングというのはご紹介いただいたURLに飛んで、一番右のSocialのタブをクリックして、さらにプルダウンメニューで「スポーツ限定のランク」を表示すると、出てくるランクの上位独占というものですね。よくこんな微細なところまで探してサッカー優位の情報を掘り起こされた方がいたものだと感心します。たぶんこの内容は日に日にアップデートされるものかと思いますので、現時点でスクショはとっておきました。

そのランク、ご紹介者はランク内の数字はちゃんと読まれたのでしょうか。FacebookとTwitterの合計で607,000件の言及があったというアルゼンチン x クロアチア戦がトップになっていますね。2位になると韓国 x メキシコ戦の514,000件、3位ドイツ x スウェーデン戦の396,000件などと続きます。
他方、同じページの非スポーツに分類されている方のランクに目を転じるとその中にはプロレスWWEの定時放送WWE Monday Night RAWが550,000件で非スポーツの5位、WWE Smack Down!が297,000件で同6位、NHLの今季のタイトルその他の賞発表・授与式(NHL Award)が295,000件で同7位などとなっています。これらは非スポーツに分類されていますけれど、スポーツファンが見ている可能性はとても高い番組ですね。これらをスポーツ限定ランクに当てはめるとRAWがスポーツ全体の2位相当、Smack Down!が4位、NHL Awardも4位相当です。区分を見直すだけで「W杯がスポーツ関連SNS上位独占!」というのとはかなり趣の違うランキングになるのが現実のようです。

NHL AwardはNBCSNで放送していたので私も少し見てましたけど冗長だったので早々に視聴から離脱したんですが、あれよりもSNSで語られた回数の多いW杯の試合が僅か3試合というのは多いということになるんでしょうか。私にはかなり少ないように感じられますが。(近年アメスポ論議でしばしば語られるようになったホッケー対サッカー・どっちがアメリカ市場で人気か?というバトル議論の中ではおもしろい比較資料にはなるかもしれません)

そもそもの話が最も多くSNSで触れられた試合で600,000件で飛び抜けて多いわけですよね。一方TV視聴者の話は2014年の1試合平均で3,550,000人から1,980,000人に激落したという話です。まさに桁が違うんですよね。「最多」「件数」(=複数投稿している人も当然いるので人数にするともっとずっと少ないはず)と「平均」「人数」を比較しても明瞭に桁が違うのですから、あとは推して知るべしでしょう。TV視聴者数の数字の変化の方が圧倒的かつ普遍的な資料かと思います。

つまりですね、リンゴとオレンジの比較して云々するのはやめましょうと申し上げたいわけです。人気面で今回のW杯の序盤は惨敗なのは覆い隠すべくもないという結論はまず受け入れて議論は進める方が健全かと思います。

この先ノックアウトラウンドの後半に行けば米代表もメキシコ代表も勝ち進まないのは前回も今回も同じ(メキシコ代表が勝ち進まないと想定)ですから、現時点よりもノイズが減って比較はしやすくなりますからその時点でまた数字を見ればアメリカ市場でのサッカー人気については語りやすくなると思います。

なぜスペイン語放送の視聴率まで落ちるのか

スペイン語放送のW杯視聴者の激減の理由はなにかというのが知りたいところです。

それで2014年大会と今回の大会とのスペイン語を母国語とするチームの差をまず見てみたいです。宗主国スペイン以外では北中米と南米の国々がその対象ですが、前回と今回で入れ替わったスペイン語母国語国は、2014年出場のチリ、エクアドル、ホンジュラスが今大会で本戦へ進めず、代わってパナマとペルーが出場中。チリを除けば本大会で勝ちこむことが期待される国々ではありません。移民の国アメリカなのでそれぞれの国の出身者は存在し前回・今回で1カ国減ですが大きな差があるとは思えない。少なくとも現在報道されているような大幅な視聴者ダウンを説明できるような理由にはならない。

またスペイン語視聴者の圧倒多数を占めるのはメキシコ系。メキシコ代表チームはここまでのGLの二戦はともに週末の試合でとても見やすかったはずです。対戦相手も初戦のドイツ戦は在米メキシコ人が数ヶ月前から期待していた大一番。実際メキシコ戦は個別には高視聴率を出している。それに後押しされて全体の数字が大幅に伸びていても不思議ではないところ、結果は激減。どうなっているのか。
前回ブラジル大会はアメリカと時差が少なく視聴者数に有利な時間帯の放送が多かった、という説明もある程度の理由になりますがすべてを説明するには足りないかと。あまりにも下落幅が大きいので。放映系列が今回からTelemundoに変わったのも影響している可能性はありますがそれで説明が付くのかどうか。

サッカーW杯視聴44%ダウン

ずいぶんと派手に落としたものです。どこを切り取るかのタイミングにもよるのでしょうがサッカーW杯ロシア大会の序盤の視聴率が前回大会比較で44%と大幅ダウン。これは英語放送(地上波FOXおよびケーブルFS1)、スペイン語放送ともに大幅な下落となっています。
英語放送の方は米代表が出場に失敗したことや、前回大会までの放送を行っていたESPN系列とFOX系列の基礎視聴者数の差があるので少々の下落なら説明可能ですが、44%というのは予想をはるかに超えたダウンと言えましょう。災厄レベルです。もっと不可思議なのはスペイン語放送の方でも同じく大幅ダウンとなっていること。米代表の出場失敗がスペイン語放送の方に与える影響は軽微かと思っていたらそちらも大幅ダウン。どこに理由を求めるべきでしょうか。スペイン語放送を見る英語の苦手な移民も米代表になんらか気持ちの上の肩入れ(またはアンチ視点?)をして前回大会までは見ていたのが今回肩透かしを食ってその分ダウンなんでしょうか?

FIFA W杯の放映権料は莫大ですからこの下落は痛い。英語スペイン語放映権料を併せて$1 Billion以上を張り込んでます。ESPN系列に競り勝って手に入れたこの放映権がこれは辛い。FOX系列は今回のロシア大会と次回のカタール大会をセット(正確にはその合間の女子W杯もセット)で獲得しているその半分がコレ。そして次回は今もって本当にカタールで開催されるのかも確定と言い難く、開催されるとしても冬の開催になりそう。FOXから見ればカネ払っちゃってから開催時期が冬になったのも大変な迷惑な話で、そちらはFOX自身も毎週の放映権を持つアメスポ最強NFLのシーズンにかぶってしまう。今年もFOXは手持ちの他のコンテンツとかなりかぶったということを先日説明しましたが、2022年のかぶり(NFL放送のある日曜日だけとはいえ)はより高額なコンテンツ同士のかぶりでFOXとしては損が見えている。困ったものなわけです。

米サッカー協会会長は2022年はすっ飛ばし

日本勝ちましたねー。私は日本代表の試合を見る機会はW杯しかないので細かい事情は存じませんが序盤の積極性が勝ちを引き寄せたことに。それはともかくコロンビアのハンドしてしまった選手、殺害されないと良いですが。1994年のアメリカW杯で自殺点を入れた選手は本国に帰ってから見せしめで銃殺されてしまいましたよね。

日本 x コロンビア戦の前のプレゲームショーに今年2月に選出された米サッカー協会会長のCarlos Cordeiroが出演していました。2026年のホーム開催が決まってからもまだロシアに滞在を続けていたんですね。出自がポルトガル系だそうでポルトガル x スペインの試合を見に行って楽しんだとか。ただ肝心の質疑応答の内容は皆無に等しいひどい出演でした。アメリカのスポーツの背広組トップはお喋りがうまい人が多いので自然比較してしまいますがこれはちょっと、という内容。せっかくこれから2022年2026年に向けて代表サッカーが人気復興をはからなければならないのにこういう発信力の弱い会長というのは残念な気がします。まだトップ就任から日が浅く馴れていないだけだと良いんですが。

唯一まともに質問に回答したのは次期米男子代表監督の選考についての質問。会長の答えは「その問題には私は口を出さない。GMになったErnie Stewartが決めることだ」というもの。そうなんだ!とちょっと驚きました。丸投げなんだと。先日もGMとなったErnie Stewartのことは少し触れました
何が誰の仕事の領域なのかが明確な事自体は悪いことではないですが、会長が完全にノータッチを公言してしまうのは珍しいのでは。

うがった見方をすると次期監督が誰になってそれで結果が出ても出なくても責任はErnieと最初から責任回避していると読むこともできます。会長にとっては2022年よりも2026年の自国開催の方が大事なので、そこまで会長職を務めるためには前段の2022年までの過程で批判を浴びないようにGMにピッチ上の全責任を押し付けておくのは賢いやり方とも言えます。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文