アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

MLS/Soccer

MLSが自前のチャンネルを持てる日は

前項で急にNHL Networkでの海外ホッケーの試合のことを書いたのはちょっとした前振りでした。NHL Networkはその名の通りNHLの手持ちのTV局ですが、番組は非NHLのものも多いです。アイスホッケー関連であればなんでも流している感じです。各種国際大会や北米のマイナーリーグ、ユースなどなど。唯一流れていないのは欧州の雄KHLだけでしょうか。
これは例えばNBAでもそうでした。EuroLeagueが欧州で最もレベルの高いバスケットボールリーグ=NBAの次の実力を持つリーグですが、レベルが高いゆえに潜在的な競争相手と言え、あまりプッシュするのは問題があるんでしょうね。NBAの手持ち局のNBA TVは放映権だけ獲得して実際はあまり放送しない、という潰し戦術をとったいたように見受けました。NHLにとってのKHLも似た存在でしょう。KHLの北米放映権はマイナー局が保有しており一般家庭で目にする機会はまずないはずです。

NHLがNHL Networkという手持ち局を持っているのは情報発信基地として大きいです。ネットで情報をとることが多くなった現在ですが、しかしながらまだまだTVの方が優位な場面も多い。手持ち局なのでコンテンツの使い方の制約が少ないし、例えばドラフトとかいまだと元旦のNHL Winter Classicの前あおり番組など、他局では流せないような情報をまとめて発信しています。

私は個人的にNHL Networkはとても重宝してます。根本的には私がホッケーをよくわかっていないからですが他のメジャースポーツジャンルよりも同局の解説番組で「あーそうなんだ」と感心させられる機会が多いからですね。ホッケーというスポーツが試合のチラ見では試合やチームの状態がわかりにくい(例えばバスケやフットボールと比較して)ジャンルであるからでもあるでしょう。

現在アメスポ上位ではNFL/MLB/NBA/NHLは自前のTV局を持っている。カレッジフットとカレッジバスケはカンファレンス割ですが専門局が複数既にある。つまりアメスポ上位6ジャンルは自前の情報発信のTV局を確保しているということです。その次に位置するゴルフはGOLF Channnelという専門局を持っています。テニスもある。NASCARにはない。

そこでサッカーですが、以前はFOX系列でFOX Soccer Channel(FSC)というのが存在していましたが、数年前のFOX系列局の再編のときに消滅しています。アメスポにおけるサッカーの地位が極低かった時代1997年にサッカー専門局として誕生、2013年にその役目を終えています。
FSCができた当時は画期的であったのですが、同時にタコ壺化もしました。サッカー好きの主に移民たちが見るものの域を出られませんでした。視聴率も常に0.0%か0.1%。それがその後EPLの米市場侵攻、FIFA W杯の認知度上昇などもあってサッカーコンテンツが見直され、結果としてFSCとして抱えられるサッカーのコンテンツが減り、専門局としての維持が難しくなり消えたということになってます。タコ壺的な部分はいまもFOX Soccer Plusというマイナーチャンネルが存続してカバーしていますが、こちらは配信家庭数が限られます。

やっと本題にたどり着きました。ではサッカー国内リーグのMLSはいつか情報発信の橋頭堡として自前のTV局を持てるようになるか、という問題です。そもそもそれが必要か、あった方がいいのかというところから問い直すべきでもあるかもしれません。
例えばMLSでは昨日、来季からリーグ参入するFC Cincinnatiのエクスパンション・ドラフトがありました。メジャー局、メジャースポーツサイトは誰も話題にしてくれません。同じことをNHLが新加入のSeattleチームでやったらNHL Networkは時間をかけて報道します。他がやってくれないなら自前で報道するわけです。でもその拠点のがないMLSではできない。公式サイトではもちろんやってますが、それでは露出にならないのです。

サッカーだとMLSの試合以外で放映できるものがあまりないのが問題でしょうか。MLB/NBA/NHLならシーズン中なら毎日試合があってネタに事欠きませんが、基本週一開催のMLSでは、例えばUS Open CupなりCONCACAF Champions Leagueなどを加えたとしても試合開催日は限られる。NBA TVならオフシーズンに女子WNBAの放映をしたりしてますが、WNBAはNBAと同一の組織だからできること。女子サッカーのNWSLとMLSは資本関係もない他の企業です。協力しようにもシーズンもかぶってますからNBA/WNBAのような補完関係にならない。
週一開催のお手本となるとNFLが唯一のお手本になるのでしょう。それと比較で考えるとNFLは理屈っぽいプレーがサッカーよりずっと多い性格のスポーツなので、解説番組をサッカーよりやりやすいという差異がありそうです。

と考えてくるとNASCARともども自前チャンネル向きではないということになりますか。

MLS cup、20年ぶりの好視聴率

昨夜のFOXでのMLS Cupの放送が好視聴率を出したようです。速報値で1.2%(コア年齢層0.5%)、133万人が視聴。数字で他のメジャースポーツジャンルと比較すると見劣りはしますがMLSとしては大きな数字が出ています。昨年の2017 MLS Cup比較で70%以上アップというのですから大変なものです。昨年はカナダのToronto FCが出場していたので大きな視聴者ブーストになる地元都市のうち一方が米国外でその分米国内の視聴率では損をしていたのを勘案しても大きな上昇と言えます。

都市別ではAtlantaで11.5%、Portlandで7.5%と出場チームの地元で飛び抜けた数字を出したのも健全ですが、都市別第3位にMLS Cupとは一見無関係なMilwaukeeが2.2%という数字を出しているのが目をひきます。当日TVを見ていた人にはなぜかがわかるこの結果。実はMLS Cupの前のFOXの番組がカレッジバスケのNo. 12 Wisconsin@Marquetteの延長戦の熱戦だったからです。MarquetteはMiwaukee市に所在し、州の旗艦校であるWisconsinともども地元校なのでMilwaukee市周辺にとってはかなり視聴率の上がる試合だったはずで、その続きでTVチャンネルが合ったままだったご家庭がかなりあったということかと推測できます。


Atlanta United、MLS初制覇

サッカーMLSのプレーオフ決勝であるMLS CupがMercedes-Benz Stadiumで行われ、地元のAtlanta UnitedがMLS参戦2シーズン目での優勝を遂げています。リーグ創設初期を除くと2シーズン目での優勝は1998年のChicago Fireに次ぐスピードリーグ制覇となりました。動員の公式発表は73,019人。同所のメインテナントであるNFL Atlanta Falcons以上に入れたことになります。MLS Cupの動員記録更新であり、全MLSの試合(除メキシコ代表だとか米女子代表の試合とのダブルヘッダーでのまやかしの動員の試合)の最高動員記録更新にもなったようです。まやかしの試合を含めるとMLS史上5番目の動員記録。こうなってしまうと過去のまやかしの動員の数字が邪魔なほどですね。

試合の方は前半39分、ベネズエラ人フォワードJosef Martínezがオフサイドを見逃されて先制点。後半にセットプレーから追加点で、2-0でAtlanta Unitedが勝利。相手のTimbersはなんとも冴えない試合で、試合の緊張感は足りなかったかな、試合場のムードでなんとか見られましたが、そうでなければ凡戦の類かなと思いました。
Martinezは今季31ゴールを決めてMLSの得点王となった躍進の最大の原動力ですが、あの先制点はオフサイドではないでしょうか。でもTVはそこを見せないんですよね。普通ならオフサイドか否かの微妙なときは遅くともハーフタイムにビデオ検証するのは当然かと思いますが完全にスルー、ただの一度もスローでそこを見せないというのですから現場のディレクターの指示なでしょうね? せっかく盛り上がっている、あのまま1-0で決着がついてしまう可能性もあるところで決勝点にケチを付けさせたくなかったとか?

2-0となって終盤に入ったところでオーナーがVIP席で立ってうろうろしているのが写されてました。あーいまからピッチまで降りてくるつもりかな。やめといた方が良いんじゃないかなーと思って見ていました。
なぜかというとですね、Atlanta UnitedのオーナーのArthur BlankさんはNFL Atlanta Falconsのオーナーでもありまして、2017年のSuper Bowl LIにFalconsが進出。Atlantaが絶好調で28-9と圧倒リードで第4Qを迎えたのです。もう勝ったと思ったのでしょう、オーナーは奥さんと連れ立ってVIP席からフィールド上へ。ところがそこからSuper Bowl史上に残るNew England Patriotsの大逆転劇が。降りてきたときは笑顔だったオーナー夫妻ですが、攻め寄せるPatriotsのTDが決まるたびに顔が硬直・蒼白化して大変なことになったのです。かと言っていまさら去るわけにもいかずという状況でカメラに抜かれまくってものすごい痛々しい状況になってしまったんですよね。
サッカーで2-0、あと15分。試合の流れもTimbersに覇気がなく策もなくまあ勝ちなんですけど、それ、Super Bowlのときもそんなところから大逆転でしたからね。やめといた方がいいですよオーナー!という感じでした。

Atlanata Unitedの要のパラグアイ人MF Miguel Almirónは今季後高額の移籍金で欧州リーグへ移籍の可能性が高く、監督のGerardo Martinoはメキシコ代表監督就任。エースストライカーのJosef MartínezはMLS Cup前日にAtlantaに残りたい欧州移籍は希望していないと言ってましたが、今季の圧倒的な活躍で引き合いは間違いなくある。ビジネス的な成功はともかく、Atlanta Unitedのピッチ上での成功はこの優勝で一段落ということになる可能性があります。

そう言えばJosef Martínezは勝利後にチームがステージ上ではしゃぎまくる中、一人だけステージの端にひとりでポツンと離れて立っていました。性格的に派手好みじゃないとかそういう感じなんでしょうか。

MLS Cupを放映しないESPNによる扱い

サッカーMLSの決勝戦であるMLS Cupが今夜FOXで放送予定ですが、MLSのもう一方の英語放映権を持つESPNがESPN.comでトップページ(二番目ですが。トップはカレッジフットボールのハイズマン賞関連)でMLS Cupを取り上げているのが目立ちます。ESPNは番宣も兼ねて自系列でのイベントは実際の注目度以上にニュースで露出をあげてくる傾向にあるのですが、今回のMLS Cupは他系列での放映。カレッジフットボールがシーズンを終了して今週末は比較的スポーツイベントが静かな週末で対抗するネタが少ないとは言え、10年前なら想像もできなかった厚遇であるように思います。
英国人解説者たちが真面目な顔をしてAtlanta United x Portland Timbersの戦力分析を語りまくっているのが普通の欧州のビッグマッチ前の番組の雰囲気です。こちらのビデオの終盤ではMLSが零細だったころにMLSで活躍(2002-2012)した元ベネズエラ代表のAlejandro Morenoが、元MLS選手として7万人の大観衆を集めるようになったMLSの成長を問われて感無量という感じで語ってます。私個人もMorenoと同じ感慨を感じます。MLSが高校や大学のフットボールスタジアムの間借りや、閑散としたNFLの巨大スタジアムで試合をやっていた時代のシーズンチケットホルダーだったので。
Seattle SoundersがMLSに参入したのが2009年。当時はまだMLSが経営不振から崩壊する可能性も十分にあった時期だったのですが、あれからの10年、いろんなことがほぼうまく行っているように見えます。

サッカーに興味のない一般スポーツファンや、MLSを見下しているサッカーファンが今夜ちらっとTV画面で試合を見て、その会場のあまりの盛り上がりに引き込まれる可能性っていうのはあるんでしょうね。観客動員では健闘するMLSの弱点はTV視聴率の低位横ばいなわけですが、そのトレンドを変えられる可能性が今夜あるのかないのか。

MLS Cup 史上最多動員必至

カレッジフットボールシーズンが終わった次週の土曜日にサッカーMLSのプレーオフ決勝=MLS Cupが開催予定。今回は現在のMLSの動員稼ぎ頭のAtlanta United FCが勝ち抜きでホストに。ホームである収容7万人以上を誇るMercedes-Benz Stadiumでの開催となり、MLS Cup史上最多の動員が見込まれます。過去の最高は2002年シーズンにGillette Stadiumで記録した61,316人となってます。

MLS Cupはリーグ設立当初はNFL Super Bowlに倣って(MLSの首脳はNFL出身者)前もって決められた中立地での試合開催という形式でしたが、2012年からプレーオフシードの高い側のホームでの開催に改められています。上記のGillette Stadiumでの動員記録の2002年当時は前もってGilletteでの開催が決まっていたところへ、地元のNew England Revolutionが決勝に進んだために動員が伸びたものです。やはり地元のファンを動員できない中立地方式はよほど広い人気の裏打ちがないとなかなか難しいところがあります。

上位シードの地元開催とする場合の難点は前もって前売りがしにくいこと。そしてMLSのチームは2万人程度の規模のホームスタジアムがほとんどなので動員が伸ばす余地がほとんどないこと。時期が12月と北米の多くの場所ではかなりの寒さの中でのサッカーとなって条件が厳しいことなどがあります。
昨季はカナダのToronto FCがMLS Cupのホストとなり、それが決まった時点では極寒で大変なことになるんじゃないかと心配されました。防具その他を着て肌の露出が少ないフットボールのCFLですら既にシーズンを終えている時期の北国カナダで野外サッカーですから。結果はこの時期の同地にしてはマイルドな気温となり普通に試合が進みました。

というわけで昨季は開催地未定の負の部分が心配されたMLS Cupでしたが、今年はそれが一転、MLSの動員最強のAtlantaでのMLS Cup開催です。そしてインドアなので天候の不順は問題になりません。Atlanta Unitedの今季の平均動員が53,000人。MLS Cup決勝ということでMercedes-Benz Stadiumのキャパ一杯の72,000人規模の大観衆が期待できそうで、MLS Cup動員記録更新は確実でしょう。

Atlantaのスポーツシーンはシーズン中のNFL Falconsも期待を裏切るシーズンになってますし、NBA Hawksも最下位争いでドラフトでのZion Williamsonのくじ引きにまっしぐら。NHLは移転済み。カレッジは同州内のGeorgiaが同じMercedes-Benz Stadiumで先週No. 1 Alabamaと熱戦を戦ったとは言えもうシーズン終了。Atlanta United FCにとってもMLSにとってもまず今後ももうないほどの好条件が揃いまくっている状態での開催といえそうです。
アメスポ序列では第5位(または8位ぐらいとされる場合もあり。カテゴリ分け・順列の付け方次第)のMLS。言ってみればアメスポミッドメジャージャンルとして次のメジャー昇格を狙うMLSにとっては今回7万人規模の動員となれば良い箔付けになることでしょう。

ルール誤認もPortland Timbers西決勝進出

カレッジバスケットボールも開幕してアメスポメジャー6種目(プロ4大スポーツ+カレッジフットボール+カレッジバスケ)のうちMLBを除く5種目がシーズン中のこの時期。その裏でミッドメジャーとも言えるジャンルがそれぞれ独自の戦いを展開してます。この厚みがアメスポの強みでもあります。
ストックカーレースNASCARは今週末がシーズンラス前レース@Phoenixで、そのレースで最終戦で年度優勝を争うドライバー4人が確定します。そして次週に@Miamiでの一発勝負の決勝レースへ。
他では女子サッカー代表が昨日は@ポルトガルで親善試合。意外な苦戦を強いられながら1-0でなんとか勝ってます。女子代表史上500勝目の勝利になったとか。いまはポルトガル女子辺りを相手にしてももう無双試合はできないんですね。観客は多くはなかったのですが、さすがにサッカーがわかってるお客さんが多く好プレーへの反応が良かったです。

サッカーMLSはカンファレンス準決勝2nd Leg1試合が昨夜行われてます。地域ライバルであるPortland Timbers@Seattle Sounders。1st LegでPortlandがホームで2−1で勝利したのを受けた第2戦。これが若干混乱しました。90分で2−1でSeattleの勝利、タイとなったのでそのまま延長戦。延長戦に入って両軍が1ゴールづつを追加して3-2で終了。2試合合計で4−4。ただ第2戦のアウェイ側のTimbersの選手たちが状況を理解していなかったようです。MLSプレーオフはアウェイゴールルールありなので、この日のアウェイ戦で2ゴールを挙げたTimbersが、1アウェイゴールのSeattleを上回って勝ったと誤認して終盤をプレーしていたようです。
延長戦に入ってからのゴールはアウェイゴールにカウントしない、というところがわかってなくて3-2で終了した時点で自分たちTimbersの勝ちだと思っていたらしいんですね。これはちょっと珍しい場面ではないでしょうか。
その後PK戦となってTimbersが勝ちを収めてます。

欧州Super League構想とアメスポ

欧州サッカーのスーパーリーグ構想が「リーク」しています。リークではなくて非公式な発表なのだと理解した方がたぶん事実に近いのでしょう。
日本の方がアメリカよりもサッカーの報道は手厚いので日本のスポーツファンの皆さんは既に概要はご存知かと思いますが、11の欧州のビッグクラブ(Real Madrid/Barcelona/Bayern Munich/Manchester United/Liverpool/Manchester City/Chelsea/Arsenal/PSG/Juventus/AC Milan)が固定メンバーとして参加。これに5チームのゲストチーム(当初Intel/Roma/Atletico Madrid/Borussia Dortmund/Marseille)を含めて16チームで構成されたリーグが編成されるというプラン。5チームのゲストというのは欧州5大リーグの国内チャンピオンを意味するのか、それとも他国のチャンピオンもなんらかの資格(例えば前年のEuropa Leagueのチャンピオンでしょうか)でゲストとして招待参加させることもありうるのでしょうか。参加するメンツから言って現行のUEFA Champions Leagueからこの新スーパーリーグに移行するということと理解してますが、ひょっとしたら国内リーグからも完全に離脱してという話かもしれません。早ければ2021年から始動と、時期まで表明されています。

この話のどこがアメスポかというとですね、まずアメリカ人オーナーたちがこの計画の推進役であるという点がひとつ。固定のメンバーで世界最強リーグを戦うというコンセプト自体がアメスポ的であるというのがもうひとつ。さらにゲスト枠についてはっきりしたプランが伴っていないので可能性としては将来北米チャンピオンが参入して大西洋を超えたリーグとなる可能性があるという点もあります。
第1点と第3点については2011年の段階で「米人オーナーの強豪サッカーチーム囲い込みでサッカーメジャーリーグ輸入が成立する可能性」というタイトルで当ブログで触れてます。

固定メンバーとされる11チームのうちManchester United、Liverpool、Arsenalは米国人オーナー。さらに当初のゲストメンバーとされるRomaも米人オーナーの経営です。
固定メンバーの中ではAC Milanが他のメンバーと比較して見劣りするのが目立つ他、ゲストの5チームのうちなぜかイタリア勢が2チームというのも目立ちます。なぜそこまでイタリアにこだわってるのか見えにくい。アメスポオーナーが語らってこの計画を推進しているということもありそのよしみでRomaがなんとかムリにゲストとして入り込もうとしているのではというようなのは見えます。
ゲスト5チームを欧州5大国内リーグとリンクさせるとすればEPLからもゲストクラブがあっても良いはずですが今回のリーク分ではそうはなってません。これは固定11チームの方にEPLから5チームも入っているから、ということでしょうが、今回名前の漏れたTottehham Hotspurのオーナー辺りは激怒しているであろうことは容易に想像できます。なぜRomaやMarseilleごときが入ってSpursが外される?と。

今回の構想から漏れた周辺諸国のそれぞれの盟主クラブも大いに不満でしょう。漏れた中で最もUEFA Champions Leagueの過去の成績が最も良いオランダのAjax、漏れた中で最も最近に優勝をしている2004年のポルトガルPorto、CL準優勝で比較的時期が新しいBayer LeverkusenやMonaco辺りも不満たらたらでしょう。同じフランスリーグからならMonacoの方がMarseilleより出せと言われたらカネ持ってそうですが、そうでもないんでしょうか。
本当はMonacoやHotspurは入れてやっても良いんだけれど当初にハブることで、猛然と資金を投入して巻き返して割り込んでくることを期待してわざと外したとか、そういう観測は穿ちすぎでしょうか?

またこの新スーパーリーグをお金の面で最強にしたいならばゲストに呼びたいのは国ごと財政難のイタリアやスペインなどのクラブなどではなくロシアCSKA Moscowだったり、北米MLSから代表を呼び込む方がよほど儲かるはずです。そういうカネで枠を買って参入してくるクラブ・リーグが出るのを期待してゲストの5枠をわざと欧州5大リーグとリンクさせているわけじゃないんだよ、と見えるようにイタリア勢に2枠振ってバランスを悪くした例をリークしたのかもしれません。

2011年の段階でも書いたことですが、こういう外国の超一流メジャークラブとまじわることでアメリカサッカーがメジャー化するという可能性の方が、MLSが地道堅実にサッカービジネスを育てていつかメジャーになれるかもなんてやってるよりもよほど早くビッグビジネスとして成立しうる可能性はあるんでしょうね。

MLS Decision DayでGalaxy敗退

サッカーMLSがレギュラーシーズンを終えてます。NFLの定番日の日曜日ですが、その裏でMLSはDecision Dayと銘打ってレギュラーシーズンの最終日の試合を開催。年間のスケジュールで唯一この最終日だけが全チームが試合をする日でもあります。全11試合が同時刻にキックオフ。全チーム参加が基本ですが今季は奇数の23チームがリーグ所属のため1チームがDecision Dayからあぶれます。それがたまたま悪いことに西カンファレンスでプレーオフの最終枠を争うReal Salt Lakeでした。
Decision Dayを前にした段階でReal Salt Lakeは西の6位。プレーオフは各カンファレンス6位まで(計12チーム)が出場。7位のLos Angeles Galaxyが勝点1差で追っており、ホームでの最終戦でGalaxyが勝てばGalaxyがプレーオフ出場、引分以下ならRSLがプレーオフ出場という状態。Galaxyの最終戦での相手であるHouston Dynamoは既にプレーオフの望みは消えており、Galaxyだけがやる気アリという状態でスタート。
結果はGalaxyが逆転負け2-3で敗戦、自宅待機だったRSLがプレーオフ進出に成功してます。Galaxyはシーズン終盤で勝ちこんでプレーオフ圏に迫っていたんですけど届かずという結果に。試合は一般のチャンネルでの放送はなく見てないので中身のことは書けません。

特筆すべきことはこの試合の動員でしょう。GalaxyのホームのHome Depot Centerに27,000人以上を集めてほぼ満員。この日は同市内では別項にも書いたNFL Green Bay Packers@Los Angeles Rams戦がLos Angeles Memorial Stadiumで、MLB World Series第5戦がDodgers Stadiumで56,000人それぞれ大観衆を集めて開催されていたわけです。メジャースポーツが覇を競うその市場で同日開催のMLSの試合が開催されてもちゃんと満員になるというのは立派なものかと。新聞のスポーツ欄ではRams、Dodgersとの扱いの差は歴然ですが、地道にファンを固めているのは確かなようです。

MNFの裏

月曜日のNFLの全国放送であるMonday Night Football。現在はESPNで放送されている(以前は地上波)MNFですが、今年からは系列第2局であるESPN2でも同じ試合が放送されています。スペイン語で。ESPNは系列にスペイン語放送のESPN Deportesという局もありますが、配信家庭数が少ない。通常の家庭でも視聴できるESPN2にMNFのスペイン語放送をもってくることでNFLのファン層の拡大策になるんでしょうね。
現在アメリカ全土でのヒスパニック人口は3800万人以上と相当に多い。カナダの総人口(3600万人ほど)以上なのです。そしてその規模はさらに増えることはあっても減る可能性は低い。ここを外していてはスポーツに限らずどのジャンルでも商売としてまずいのは確かなのでしょう。

MNFは相当に強い番組なので、基本的にアメスポは総じてMNFの裏にわざわざ自らの番組をぶつけたりしません。現在進行中のMLBのポストシーズンもMNFを避けて明日からWorld Series開幕します。シーズン中のNBA, NHLは試合は開催しますがそれぞれ手持ち局であるNBA TV, NHL Networkでの放送。外部の他系列に試合を販売できてません。相手がMNFでは他局は良いお値段では買ってくれない、だから自前局で放送という感じでしょうか。

ではMNFの裏でスポーツ専門局他局はどうしているかというと、これも今年からだと思いますが、FOX系列FS2でLiga MX=メキシコリーグのサッカーの英語放送をやってます。これはおもしろいなと思いました。ESPN2でNFLのスペイン語放送しているその裏で、メキシコリーグの英語放送。なんというか入れ子になっているというか、相互乗り入れみたいな感じというか。どちらも共通しているのはスペイン語圏出身者(メキシコ人が大半を占めます)のスポーツファンへのアプローチという点ですね。(細かい事を言うとFOXのLiga MX放送は権利関係がリーグとの契約ではなくMonterreyとSantos Lagunaの試合を放送するという形でクラブから買い取った放映権だそうで、アメスポ常識とはちょっと違う形態のようですが)

さらに以前にも紹介したのですがマイナースポーツ局のbeIN SportsではMonday Night Soccerという番組をMNFの裏でやってます。MNFの裏番組の名前がMonday Night SoccerというのはMNFを意識してるんでしょうね。前日までの週末に行われた欧州サッカーを数試合まとめて放送するという番組で、MNFに興味のないサッカー国からの移民向けにはこういうのもアリかなという番組でした。先行してMNFの裏番組としてサッカー番組を提供するというニッチを狙って成立していたわけですが、いまはこれにFS2のLiga MXの試合をかぶされてしまったという形ですね。

尚、beINは以前は欧州スポーツの放送の局だったのですが、最近はConference USAと契約してカレッジフットボールも放送するようになってます。C-USAとは男女バスケ、野球、ソフトボールなどの放送もする契約で、したがってbeIN Sportsがアメスポ化し始めています。結局アメリカ市場でスポーツ局として生き残るには欧州スポーツ専門では苦しいということでしょうか。そうなるとbeINが過去放送していた欧州マイナースポーツの放送が何か削られてしまっていることにもなります。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文