アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

MLS/Soccer

Landon Donovan、なぜかメキシコで現役復帰へ

変なタイミングで変なニュースです。元サッカー米代表のエースだったLandon Donovanが現役復帰するとか。それもなぜかメキシコリーグのClub Leonでとか。現在35歳。何を考えてるのかよくわからない現役復帰。ご本人の弁が聞きたいところです。

2014年に一度引退を表明。2016年に短期間古巣のMLS Los Angeles Galaxyで現役復帰をしています。あのときはGalaxyが負傷者続出で苦しい状況でのリリーフとしての登場でした。それからもさらに1年半後の今、なぜ現役復帰。それもなぜメキシコリーグなのか。

Donovanの引退への道は、2014年のW杯で当時の代表監督のJurgen Klinsmannとの確執から代表の選から漏れたのが始まりでした。Klinsmann政権下では代表復帰の目はないと踏んで代表引退、燃え尽きたかのようなコメントを連発してMLSでも引退へ。引退表明時はユース代表(U-15~17ぐらいを念頭)の監督がやりたいと言っていたんですが、それは実現せず。実現しなかった理由はつまびらかではありません。次にDonovanの名前を聞いたのは昨年後半の米代表のW杯進出失敗後に炎上した米サッカー協会の次期会長選にからんでのこと。本人は一時期会長選に立候補を考えたようですが、その後一転立候補しない旨を公言して撤退。協会会長選は来月でそちらの行方もまだわからない今、今度はまるで方向違いのメキシコでの現役復帰。迷走してるようにも思えます。

単に現役復帰したいだけならMLSでも良かったでしょう。いまさらDP待遇は無理でも、古巣のGalaxyでも他でも受け入れてくれるところはありそうなものです。それでもメキシコということは…メキシコの方がサラリー水準はMLSより遙かに高いからお金の問題でしょうか?

確執のあったKlinsmannは既に米サッカー界から放逐されています。Donovanがユース代表監督をやりたいと言い出したときはポストKlinsmannのシニア代表監督狙いなんだろうと思いました。代表監督がやりたいというより、Klinsmannのアンチ活動でもやりたいのかもなという感じではありましたが。シニア代表は今もKlinsmannの後継代表監督は未定のまま。でもここでDonovanが現役復帰ということは代表監督にも色気なしということなんでしょうね?

Nashvilleに新MLSチーム

昨日たまたま私はテネシー州Nashvilleにいてちょっとびっくりしました。大型街頭広告でMLSの新チームのチケット予約を促すものが出ていたからです。少し前にも当ブログでも書きましたがサッカーMLSは次期拡張先としてNashvilleを含む4都市から2都市を選ぶと発表していました。MLS Cup決勝のときの話ですから今月の頭のこと。結果から言うと水曜日の夜の段階でNashvilleが拡張先として決定したことが発表されていたようで、昨日金曜日に早くもチケット予約を宣伝という運びになっていたようです。私はその水曜日の発表を知らなかったので、まだ拡張先候補になっただけで宣伝しているのか?と驚いたわけです。候補として公表になってから決定までも早かったのでまさか既に決まっているとも思わず、決まっていたとしても一日半後に早くも宣伝が出ているというのも早い。その宣伝には既にチームのロゴらしいものも示されていて熱の入りようがすごいようです。

Nashvilleという街は近年になってプロスポーツが盛んになった街。NFL Tennessee TitansがHouston/Memphisから移転してきたのが1998年。NHL Nashville Predatorsができたのも1998年。いずれも歴史が20年に満たない。それ以前にはマイナープロスポーツしかなかった。しかし同州の経済的発展と軌を一にしてどちらも興業としては大いに成功しています。NFL TitansとかぶってしまったNHL Predatorsの方は出遅れていたんですが最近になってNHLで勝てるチームとなったことで営業上の危機を脱しています。全体の評価としてはこれらのメジャープロスポーツができたことで都市としての魅力と露出が大幅にアップしたと地元では評価されており、その勢いに乗ってプロサッカーMLSチームのNashville進出も決定したということのようです。

先日も少し触れた通りNBAやMLBがリーグ拡張に二の足を踏む中、MLSが着々と中都市に進出を果たしている。特に春〜夏シーズンの重なるMLBはこれで良いのか?、もうちょっと攻めのマーケット浸透をしないと将来取り返しのつかないことになるのではと他人事ながら気になります。MLBはいまは全国的に人気のあるチームや選手というのが存在しなくなっているので、各地元のローカルな人気がMLB人気全体を支える傾向が強くなっていますから、より多くの都市を網羅した方が良いはずですが。


MLS関連では別の話としてNew York City FCの新スタジアム構想が頓挫したようです。Nashvilleへの進出はMLSにとっては好ニュースでしたが、New Yorkではうまく自治体を取り込めず。全米各地で一進一退という感じでしょうか。

2015年シーズンからMLSに参入したNYCFCは現在MLB New York YankeesのYankees Stadiumに間借りをしており、近い将来に独自のサッカー専用スタジアムを建設することを目指していました。過去何度も計画が失敗しており、最新の案だったBelmont地区にスタジアムを建てるプランの代わりにその土地にはNHL New York Islandersのアリーナを新設するということに決定したとのこと。Islandersはつい最近Long IslandからBrooklynへ移転したばかりですが、そこからさらに再移転ということになるようです。まあBrooklynのアリーナが元々ホッケー開催を想定していない設計でアイスリンクがアリーナの中央からズレているという見映えの悪さ、見にくさがあったり、元の地元であるLong Islandからまるで逆方向であったので過去のファンから切り離されていたのもマイナス要因でした(とは言えそんなことは移転前からわかっていたことですが)。

MLSの新サッカー場建設とNHLの新アリーナ建設がそれぞれ推進されていたんですが、軍配はNHLの方に上がったことに。確かにNHLの方が試合も多いし、それNHL以外でもアリーナの方が稼働日数が多く利益になりやすいのは間違いないでしょう。サッカー場では他の使いようというと全米各地でよくあるのは高校フットボールのプレーオフの会場になったりというところですが、ニューヨークは高校フットボールが盛んとは言えませんし。

MLS Columbus Crewの転出問題 初のNHLとの競り合い負けの例か

以前にも記事を書いたサッカーMLS Columbus Crewの移転問題。先日のMLS Cup決勝戦のハーフタイムに恒例のMLSコミッショナー Don Garberのインタビューの放映がありました。今回は録画で。以前はほとんどが生でインタビュー出演していたもんですが、なにか不規則質疑を嫌ったか。その中でColumbus Crewの移転問題にかなり時間を割きました。その件については硬く暗い表情を作ってColumbusの現状は厳しい手は打ち尽くした転出やむなしの方向と発言。来季2018年シーズンがCrewにとって最後のシーズンになる可能性が強まったということでしょう。ただGarberは役者なので危機感を煽って来季のCrewの地元動員が大きく好転する一助になればと考えている部分もあるような気もします。聞き手だったTaylor Twellman(元MLS得点王)は私と似たようなノスタルジーをCrewに感じているようで「初期のMLSの功労者的チームだったColumbusをなくすのか」と食い下がったんですがコミッショナーは「MLSのビジネスの基準が変わった(上がった)」とつれない返事。ビジネス上のどこが問題かについて述べる中でコミッショナーさらっと触れたのですが「企業セールスが伸びていない」ということを言ったのを私は聞き逃しませんでした。あー!と。

どこに合点したかというと、同市内にはアメスポ4大スポーツの唯一のチームNHL Columbus Blue Jackets(CBJ)が所在します。CBJが同市内にやってきたのはMLS Crew(1996)より後の2000年。ホッケーでの成績は伸びず弱いチームですが企業セールスではあっさりMLSやMiLBの先行地元チームを上回ってしまったとされます。ホッケーに縁があるような土地柄でもなかったはずですが、同市内唯一のメジャープロスポーツという触れ込みが効いたのと、アリーナでの環境のよい観戦環境が接待に用いられる企業セールスには向いていたということか。CBJ程度の成績でもこれぐらいの規模の都市でもとりあえずこのぐらいの利益にはなるという実例はNHLの今後のリーグ拡張を考える上でも参考になるところ。NHLのリーグ拡張についてはまた項を改めて論じてみたいです。


対するMLS Columbus CrewのホームであるMapfre Stadiumは屋根もなく、企業向けとなるであろうスイート席もオープンエア。3~12月がシーズンのMLSの観戦ではかなり寒暖厳しいでしょうから接待に不向き。NHLを含むメジャースポーツ会場のスイートのようなガラスで囲われ冷暖房完備の快適なものでも、入退室時の動線確保も含めて一般から隔離された美麗特別感のあるものでもない。Mapfre Stadium(当時はColumbus Crew Stadium)が開場になったのは1999年、まだサッカーがマイナーな時代でゴージャスな席の需要予測とか想像もつかない時代。先の見えない潰れるかもしれない赤字のプロサッカーのためにスタジアムを建てるだけでも大変だったのにスイート席もちゃんと作っただけでも当時は立派な判断だったはずなのです。あれからほぼ20年。MLSはこんなスタジアムじゃ企業セールスが伸ばしようがないからスタジアム建て替えてくれと市側に要求、嫌なら出て行くという話になってるわけですね。なるほど。言ってみれば後発のNHLに弾き出されたとも言える。
ただ一旦転出したとしてもMLSが同マーケットを完全に放棄することはまず考えられない。快適スイート席を大量に完備した新スタジアムとともにどこかの時点でColumbusに再参入してくるのでしょう。
ちなみにもし本当にColumbus Crewが出て行ってしまうとMapfre Stadiumは常打ちのメインテナントを失うことになる。Rock on the Rangeという毎年のサマーロックフェスがありますが、それ以外は単発イベントだけになりかねない。空き家になったら現在は同市郊外で興業しているプロラクロスMLLのOhio Machineが入り込むなんていうことがありうるのか。Rock on the Rangeはなかなかに賑やかで日本からはBabyMetalが来年も来るみたいです。BabyMetalは2015年にも同フェスに出演してます。

Columbus問題とはまったく別に、MLSは今後のリーグ拡張先として4都市の名前を挙げています。Columbusから近い同州内のCincinnati、Detroit、Sacramento、Nashvilleの四都市です。ここから二都市が当選予定。一番意外なのはDetroitでしょうか。SacramentoはメジャープロスポーツはNBA Sacramento Kingsしかないですから確かに狙い目。NashvilleはAltantaとの南部つながりの地域ライバルを作るのが目的なんでしょう。Cincinnatiは別途当ブログで報告済みですが、マイナーリーグサッカーで全米最大の動員をする昨年急浮上した謎の新サッカー都市です。

Toronto FC完勝でMLS Cup制覇

サッカーMLSのMLS Cup決勝があり、Toronto FCが攻守に文句なしの試合を展開してMLS初制覇しています。創設11年目。MLSが初のアメリカ国外のTorontoを加えて13チーム態勢(現在23チーム、来季から24チーム)となりMLSがリーグ消滅危機から拡張・成長期へと転換しつつあった頃。その後長年勝てないままで、成績でも観客動員でも後発のMLSチームにどんどん抜かれ、プレーオフに初めて到達したのが創設9年目の一昨年。MLSのプレーオフはリーグ全体の半分以上が到達できる緩いものですからそれにすらなかなか辿り着くことができなかった、大いに苦労したフランチャイズと言えます。そういうチームがたった数年でMLS史上最強チームと呼ばれるようなチームを築いて、MLS Cup決勝でも前年チャンピオンのSeattle Soundersを圧倒、内容もMLSの進化を示すような内容で勝つことになりました。MLSというビジネス、アメリカにおけるサッカーがここまできたんだなと感慨があります(カナダのチームですけど)。


Toronto FCのどこが良いというと、良いサッカーチームが当たり前にやるべきことを90分やれるチームであることでしょう。1タッチ2タッチでつなげ、と言うと過去のMLSチームはすぐにボールを訳の分からないところに蹴って失ってしまう。タッチライン際を縦につなぐパス能力がないチームが大半の中、Torontoはそれをこなす。ファイナル1/3でのバラエティとそこへ絡んでくる選手が豊富で、チームが意識を共有しているのが見て取れる。ボールをロストした後の全力疾走での再奪取までが早い。カウンターの連動が良くちゃんと第2第3オプションが良い所にいる。欧州サッカーならいくらでも見られることばかりですけれど、MLSではこれができるチームが本当にない。なかった。それができるようになった、ということなんですね。

自軍トップサークルで奪取したボールをあっという間に4~6人つないでのカウンターから米代表FW Jozy Altidoreが決めたのが決勝点。最終スコアは終了間際に1点を追加して2-0。Jozyの得点以前もToronto FCが圧倒的に試合を支配していての試合をSeattleのGKナイスセーブでなんとか試合にしていたという試合でした。

元女子代表GK Hope Soloが米サッカー協会会長選立候補

混乱している米サッカー協会の会長選ですが、新たな立候補者が出ました。日本でもお馴染みかと思われる女子代表正GKを長年つとめたHope Soloが突然立候補を表明してます。もうなんでもアリだな、という感じです。現職の会長がつい先日再戦を目指さないと表明したばかりのタイミング。機会均等の国ですから誰が立候補するのも自由ですし、意見は多様な方が健全であると思いますので2月の投票に向けて具体的な政策を戦わせて良い会長を選んでいただきたいです。

女子側から強力な候補者が一本化して出てきたら女性会長が実現する可能性は十分にあるんでしょう。但しSoloでは無理なような。過去の問題発言・問題行動が多過ぎて足下の女子選手たちからの支持をまとめられるような気がしません。女子代表の中で一番浮いていた人、それがSolo。これ、代表の顔を長年勤めたAbby Wambachが例のコカイン使用問題で失脚していなかったら強力な会長候補になった気がしますが、それは後の祭。まだ他に女子の支持がまとまるような誰かがこれからまだ出てくる可能性もあります。

男子側では選手出身者の候補者が現時点では乱立気味。Landon Donovanは立候補しない旨のコメントを数週間前に出していましたが、色気を出している元代表選手は何人も名前が挙がっています。人数が多すぎて本当のところ誰が立候補するのかわからない。誰が当選するのかもまったく予測不能です。政治家の選挙ならば世論調査という手段がありますが、組織内の選挙、それも実に複雑な仕組みになっているためサンプルのとりようもない。確実に言えることは現会長のような背広組が当選することはほとんど可能性がないということぐらいでしょう。選手出身の会長が誕生してより良いサッカー界になるかどうかはまったくわかりません。

新会長の最大の仕事は2026年のW杯の誘致ということになるはずです。これは大きな金額のお金の絡む大仕事。例のFBIによるFIFAの汚職追及・CONCACAF内の理事逮捕・締め上げという問題があったのでナイーブな選手出身の会長がCONCACAF内の他国協会から足を掬われたりして混乱する可能性もなしとしません。


代表キャプテンMichael Bradleyは大丈夫かマジで

昨夜MLS西カンファレンス優勝戦2nd legがあり、Seattle Soundersが楽勝3-0、二戦合計5-0でMLS Cup決勝へ。二年連続でToronto FC x Seattle Soundersの決勝となりました。場所はToronto、次週土曜日。Soundersが二連覇を狙えることに。

今年のSoundersのレギュラーシーズンはホームで11勝1敗5分と圧倒、アウェイで3勝8敗6分と低迷。MLS随一の地元観客動員を誇るSoundersがホームで声援に後押しされて好成績なのは良いとしてアウェイがあまりにもひどい。3勝したアウェイの相手は西カンファレンスの最下位3チーム相手。ホームで唯一敗戦していた相手が決勝で対戦するToronto FC。そして決勝はアウェイ。Soundersにとってはあまり良い条件ではないことになります。一発勝負ですからどちらに転ぶかはまったくわかりません。


表題の件です。前日のToronto FCの決勝進出決定試合の記事の中で書き落としたんですが、試合直後のTVインタビューでToronto FCキャプテンであり米代表の主将でもあるMichael Bradleyがおかしかったんですが、あれはなんなんでしょうか。喋りがとても変なのです。受け答えも変だし声も震えている。質問を繰り返したり、自分自身が言ったことを何度か繰り返したり。寒くて体調不良・エネルギー切れ?とも考えてみましたが、そこまで極端に寒い試合ではなかったのでそれもちょっとちがうような。大丈夫なのか?アスリートの試合後のインタビューでこんな奇妙なものはあまり見た記憶がないです。場慣れしていない人ならともかく過去数限りなくこんなインタビューは受けているBradley。私も過去何度も彼の発言する場面は見てきてますけど、こんな喋りじゃなかったよなあと。

Michael Bradleyといえばここのところアウェイに行くとボールを触るたびにブーイングを喰っています。坊主頭で目立つからでもあるでしょうが、ブーイングの理由は例の米代表のW杯出場失敗の責めです。W杯予選敗退はアメリカサッカー界では大問題・大荒れで、敗退以来代表キャプテンのBradleyは直接間接の批判を受けて相当苦悩していても不思議ではない。最終予選を通して選手としてもBradleyは目立った動きができなかったのも事実です。

救いはMLSに帰れば所属のToronto FCはカナダなのでアメリカ人サッカーファンからの責めにはあまり直接遭わずに済んでいるのでしょうが、アウェイだと一試合丸々ブーイングを食い続ける始末。そんなストレスの高い境遇なのでまさかとは思いますがあの奇妙なインタビューの受け答えを訊いて、なんか薬やってる?という疑いが頭をかすめました。精神安定剤みたいなものとか。

Toronto FC決勝進出 手負いのAltidore決勝点

MLSプレーオフ東決勝の2nd legがあり、東1位だったToronto FCが1-0でColumbus Crewをホームで退けてMLS Cup決勝に進出しています。この日のコンディションはキックオフ時で摂氏で2度前後。この時期のカナダのナイトゲームでこのコンディションなら問題なし。勝ったTorontoがMLS Cupのホストになることも確定。

この試合、前半はColumbusがうまく中盤を優勢に作ったように見える時間帯は多かったんですが、その先ゴールに迫る手数があまりにも少ない。1st legが0-0だったのでアウェイの今夜1ゴール奪えばColumbus圧倒有利になる試合なんですがゴールがまるで遠い。結果はShot On Goalが今夜は僅かに1。Columbusは1st legでもSOGが3。二試合通してColumbusオフェンスが完封されたということになります。60分に米代表FW Jozy Altidoreの先制ゴールが決まってビハインドになってからもColumbusは前がかりになれない。良い形でボールが前に入っても全然中盤の選手たちが押し上げがまったくないので攻めが続かないし、あれではTorontoが守り易い。期待外れな終盤でした。

前半Columbusの22歳GK Zack SteffenがPKをセーブしたり(このGKは良い。将来の米代表GKになっていくかも)で踏みとどまっていたCrewを打ち砕いたのは1st legで出場停止を喰っていたJozy Altidore。その決勝ゴールの10分ほど前からJozyは足首をひねったようで足をひきずりピッチに座り込んでしまったり、これはもう交替かなというような感じだったのですが、一度外に出て足をテーピングして再びピッチに戻った、そのすぐ直後の決勝点。あそこで決めてしまうのがスターということになるんでしょう。Columbusの3バックは前半から危うい場面が多かったんですけど、この決勝点は最終ラインとその前の間が開いたところへTorontoのゴールキックが急に縦ポンで入ってそこへ殺到したTorontoの攻撃陣が決めてしまった感じです。

MLS プレーオフ再開 Houston大敗危機を免れ望み残す

サッカーMLSのプレーオフ=東西各カンファレンス決勝の1st legが開催されてます。結果は東ではトップシードのToronto FCが@Columbus Crewで0-0引分。西ではSeattle Soudnersが@Houston Dynamoで2-0と勝利を収めています。

まず東ですが無得点ながら味わい深いところのある試合でおもしろかったです。以前にも報告していますがToronto FCはこの試合イエロー累積でMLS屈指のスコアラーであるSebastian Giovincoが、また米代表FWのJozy Altidoreが前戦でのフィールド外レッドカードでともに出場できない。点取り屋二人を欠いたアウェイでの試合。慎重に試合を展開して望み通りの引分を得たという結果です。スタッツでは確認してませんがボールポゼッションは圧倒的にホームのCrewなのに攻められない、Torontoの余裕の受けの試合が引き立つ展開に。これ、見てる私の側に今季のTorontoは強い、そしてこういう展開になりうるという予備知識があったせいもあるでしょうが、思い通りの引分を得たTorontoの守りに感心。Crewは良い形で攻撃1/3エリアに入っていけません。現在のMLSプレーオフはアウェイゴールがタイブレーカーなので理想的とまでは言えませんが、あとはホームでの2nd legでフルメンバーで勝てば良いという静かな自信も感じられます。MLS史上最強チームとも言われる今季のToronto FC。栄冠に届くかどうか、期待してます。この日は移転騒ぎもあるColumbusは満員札止めの盛況でした。寒い火曜夜の試合で満員を動員できるようになったMLS。一昔前と比べると人気の足腰が強くなりました。

西の方は試合が壊れてしまいそうなところでなんとか踏ん張ったHouston Dynamoの健闘を称えるべき試合となってます。試合開始早々11分にビジターのSeattle Soundersが先制。さらに25分~30分頃にもSoundersがゴールに殺到し続ける。決定機にHoustonのディフェンスが反則=PK & レッドカード退場。アウェイゴールありのルールでいきなりビジターへアウェイゴール2点目献上で、さらにまだあと1時間も試合をしなきゃいけないのに10人になる、これは早くも絶体絶命ではないか…という状況。ここでHouston GKがPKを止める。続いてのCKからもゴールを襲うもこれもからがら防いで1-0で踏みとどまる。そこからも試合は一方的にSeattleのもの。前半終了目前で2点目が入ってしまいましたが、結局それが最終スコア。Seattleとしては2nd legを待たず一気に勝負をつけられる大チャンスだったのに取り逃がしてホームでの2nd Legはまだわからないということに。Houstonはよく堪え忍んで2-0で済ませました。これ、ホームの22,000人満員の観衆のおかげではないでしょうか。前半だけで3-0、4-0となっても仕方ない流れの中、つらい試合を10人で最後まで心折れず戦い切れたのは見ていてくれる人たちがいるからでは。プロスポーツは見て貰って良くなっていくのかな、と思わされた一戦でした。


W杯失敗国を集めて裏トーナメント?

米サッカー協会が言い出したらしいですが、来年のロシアW杯への出場失敗した国を集めて米国内でトーナメントをやりたいそうです。もしそれが実現するならばホスト米国、イタリア、オランダ、チリと核になるチームはいます。何カ国集めるつもりか知りませんが、これに中国、ガーナ、ギリシャ、ニュージーランド(まだ敗退確定してませんが)など加えればそこそこワールドなムードと体裁は整いそうな気がします。再選の怪しい現米サッカー協会会長が言い出したのかなんなのか、変な変化球であります。

しかし開催時期にもよりますが、そんなトーナメントをFIFAが許可しますかね?W杯に時期が重なるようなら参加各国でのW杯本番の視聴意欲にも影響するでしょうからFIFAとしても簡単に許可するとは思えないです。米国内で言えばロシア大会からW杯の放映権はFOXに移ったばかりですが、前回ブラジル大会までW杯を放映していたESPN系がその新トーナメントの放映権を握ってしまったらFOXは大損ですから猛烈に反対するはずです。ロシア大会はアメリカにとっては時差が問題のところ、地元米国内でのそのトーナメントは米国の視聴者の一番都合の良い時間帯に開催できてしまいますから。


また実際の戦いを考えても、W杯進出に失敗した各国にとっては既に次の2022年を見据えて若手起用に大きく舵を切るタイミングですし、そんな一回こっきりになりそうな色物トーナメントに一流選手が来てくれるのかどうかもわからない。五輪のU-23代表以下の陣容にもなりかねない。

そもそもアメリカは次の代表監督も決まっていない状態でその新トーナメントに突入することになるのか。世界各国のリーグが終了したとこで代表監督を選びたいとか、ロシアW杯が終わってから他国の代表監督をスカウトすべきとか次期米代表監督選びは迷走中なのに、そんなわけのわからないトーナメント、どうするのさ?ということになります。


たぶん想像するに、先日も少し触れましたがアメリカサッカーの次世代のスーパースター候補生である19歳Christian PulisicをW杯出場失敗で売り出す機会を逸した米サッカー協会が、なんとか露出をということでひねり出した案という感じがします。

アメリカ人はアイデアが豊富なのは良いし、ダイナミックで即行動というのも悪くないですが、さすがにこれはアイデア倒れになりそうな気がします。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文