アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

NBA/Basketball

五輪団体競技 男女バスケ・バレー準決勝

五輪の団体球技で男女バスケットボール、男女バレーボールがそれぞれトーナメント準決勝まで進んでいた米代表。バスケの方は男女とも金メダルの本命。特に女子の方は死角なし。バレーボールは女子は優勝候補で、対抗であり苦手だったホームのブラジルが早々に敗戦しているので視界良好。バレーボール男子はGL最終戦に勝ってトーナメント滑り込み、どこまでやれるか、という準決勝が今日から開始。

先陣を切って登場した女子バレーボールがフルセットの末セルビアに敗れて今回も金メダルに届かずとなりました。うーんこれは痛い。トーナメント初戦では日本代表を相手に快勝。反対側の山で相性の悪いブラジルが消えていたのでバレーボール女子五輪初優勝が見えてきたと思っていたんですがセルビアにやられてしまいました。北京・ロンドン五輪では連続銀、今回こそで臨んだリオでも金に届かず。室内6人制バレーボールはプロ化を目指して数年前から勝負を賭けていたのですが、この準決勝敗戦はそちらへの影響でも痛いです。女子団体スポーツではアメリカでの人気は圧倒的にサッカー。実力なら圧倒的にバスケ。こういうことを言ってはいけないんですが、女子サッカー代表はほぼ白人、バスケ代表は黒人で占められており、サッカーが負けたからと言ってそのファン層がバスケに流れる感じはしない。女子サッカーがトーナメント初戦で敗れて得をするとしたら同じく白人選手が多いバレーの方だろうなあと思っていたんですがそのチャンスを活かせず。プロリーグの結成にどう響くのか。優勝候補ではない男子が勝ち進む可能性は低いです。そちらの試合は明日。

バスケの方は男女とも金メダル以外は失敗というハードルが課されている。女子の方はまず大丈夫かと思いますが、男子の方は準決勝スペイン戦も侮れず、好試合が残り二試合期待されます。

経済規模で強さが変わる

五輪は国威発揚の場だとしてヒトラーの昔から国を挙げて予算とエネルギーをつぎこんで強化する国もあれば、それがしたくてもできない国もある。限られたリソースの中から例えば先日五輪初のメダルを得たラグビーのフィジーであったり、プエルトリコのMonica Puigが女子テニスシングルス優勝であったりとそれぞれの思いを遂げて国民を狂喜させることもある。五輪がそれらの国でスーパースポーツイベントとして崇められるのはわかるような気がします。

さて表題の件。実はこれを思ったのが男子バスケのナイジェリア x ブラジル戦を見ていてのことでした。この両チームは男子B組の最下位5−6位を争っているチーム同士の最終戦。ブラジルはまだ決勝トーナメント進出の望みがあり、ナイジェリアにはありません。しかしながらなかなかの好試合で楽しめました。で、試合中に言及がありました。なぜナイジェリアの方にはNBAの選手たちが出場していないのかということについて。なんでもナイジェリア五輪協会がNBAの選手達を招集するのに必要な保険の保険金を支払う能力がなかったので招集を断念したというのです。Festus Ezeli(Golden State Warriorsから今オフにPortland Trail Blazersへ移籍)、Al-Farouq Aminu(同じくPortland Trail Blazers)という生きの良いところがいるんですが、招集できず。Ezeliは昨シーズン終盤にケガから復帰後に明らかにパフォーマンスが落ちていたのでもし招集が可能でも出場したか微妙ですが、それでもこの二人がいたらB組最下位ナイジェリアがもっと同組をかき回して大変な激戦になっていたかもしれません。額面通りに保険金がネックになったのだとしたら国の経済規模・五輪予算とNBAのサラリーとのアンバランスで出場できなかったということになり、経済格差がナイジェリアにベストメンバーを組ませることを阻んだということになります。

ナイジェリアと言えば男子サッカーの五輪チームが飛行機の未払いからリオ入りが試合当日になったり、選手・監督へのサラリー・ボーナスの支払いが滞っていたりとどうにもカネにだらしない可能性が見えているので、本当はNBA選手の招集・保険金ぐらいは払えるけれどケチったという可能性もあり、それほど悲惨とか、経済規模が勝者を決めるのはけしからん!などと主張する気もなくなるところもありますが、まあでもそういう公金の扱いのだらしなさも含めて後進国は後進国だよな…とも思わされます。日本にせよアメリカにせよコソコソ公金をくすねる人たちはいるのでしょうが、まあまだマシか…と思わされるところでもあります。

尚、ナイジェリアにはMichael Gbinijeという今オフにドラフトされてDetroit Pistonsに入るSyracuse出身選手が含まれています。この選手はOKということはサラリー額次第で保険金の額も変わるってことですかね。GbinijeはケガでSummer Leagueには出場していないので現時点ではNBAでの出場経験はありません。

四年前の五輪記事を読んでみるとおもしろい

ブログを長年やっていると過去の記事のことは自分でも忘れてしまうことがあります。四年前のロンドン五輪の頃の自分の書いたものを読んでみたらけっこうおもしろい記述がありました。例えば先日も話題にした女子柔道はロンドンでアメリカ柔道初の金メダルを獲得した決勝戦が僅か30秒しか放送がなかった(一試合全部を放送してくれなかった)なんていうのがあって、あーそうだったなぁと。今回リオ五輪では二大会連続で金メダルとなったKayla Harrisonの試合は3試合見ましたし、その露出は確実に上がったのでしょう。

もうひとつおもしろいなと思った話が男女の待遇の違いに関するもの。発端は日本女子サッカーへの待遇についての報道で、女子は優勝してもエコノミークラスだとかいう話から話題が膨らみました。四年後の今年は日本女子サッカーは五輪に到達できずその話の続きはなし。ロンドンで優勝した米女子サッカーは準々決勝で消えてしまいました。過去五輪・W杯で決勝戦で戦い続けた日米ともに優勝にからめなかったのですから女子サッカーの世界も動いているということでしょう。まあアメリカは古くさいスターシステムでこれからも女子サッカーは売るんでしょうから敗退のPKで外したAlex MorganとChristen Pressを推す姿勢は変わらないんだろうなあ…。

男女待遇の話で思い当たったのがバスケットボール代表が男女ともに豪華クルーズ船に宿泊しているという話です。高給取りのNBA選手は以前から選手村には入らないのですが、今回は特に治安の悪いリオでの試合。高級ホテルでも安心できない、ということでクルーズ船を借り切ってそこに宿泊。高級だそうですからレストラン・プール・遊戯施設その他完備。そこで快適に暮らしていると言う話です。おもしろいのはここに女子の方も宿泊していること。船室が100以上もあり男子側のスタッフでは埋まらないので女子にもお裾分けでそうなっているようです。経緯はともかく男女の待遇差がここではない、というところがポイントになります。

バスケ代表は男子はGL最終戦のフランス戦でも相手を突き放せず3戦連続での接戦となりながらも全勝でGL通過。女子は危なげなくダブルスコアを連発してこちらも全勝。男子の方はトーナメントでもはらはらする試合がありそうです。女子の方は初戦で日本代表との試合が予定されています。

女子サッカーでは消えた日米対決ですが、女子バスケ以外でも女子バレーボールもトーナメント一回戦で日米対決ですね。バレーボールは日本では人気が高く、アメリカでは地味ですが、アメリカ側でもインドアのプロ組織を近い将来立ち上げようという努力が続いており、今回は女子バレーは優勝がどうしても欲しい。女子団体競技ではサッカーが圧倒的に事前の人気が高かったのですが、そのサッカーが早々に敗退したことでバレーボールが若干注目度で浮上するかどうか。




五輪男子バスケ 二戦連続接戦

NBAの面々を揃えた米男子バスケットボール五輪代表が苦戦中です。まだグループリーグ戦中ですが予想以上の苦戦をどうみるか。対オーストラリア戦は事前に私もどういう試合になるか期待していた試合で、オーストラリア側のNBA選手たちが奮戦して好試合。最終スコアは98-88でしたがCamelo AnthonyとKyrie Irvingの勝負所での活躍がなければもっと近い点数になった試合。その試合はまあこんなものか、これに懲りて決勝トーナメントになればパワー全開で前半から引き離せるようになるんだろう、なんて思っていたんですが、次戦の対セルビア戦ではさらに問題が露呈。序盤にあっさり二桁得点リードしたので楽勝かと思ったら最後のポゼッションまで勝負がわからないところまで追い込まれての辛勝94-91。前戦対オーストラリア戦での接戦の反省から序盤にスパートをかけたところまでは良かったのにそれを維持できないのが今の米代表の戦力ということになるんでしょうか。Nikola Jokic(Denver Nuggets)ぐらいしかNBA選手がいないセルビア相手にここまで苦戦というのはいただけません。

12カ国参加8カ国がトーナメントに進むという(米代表にとっては)無意味に近いグループリーグ戦中なので勝っても負けても現実的にはなにも関係がない、単にチームとしての完成度を高めるためのプロセス、オーストラリア戦の接戦はチームを良くするためには良い経験だった、云々解説が付くわけですけれど、二戦連続の苦戦となるとそうも言っていられないような。明日のフランス戦には強さを見せてもらいたいところです。

7人制ラグビーの放送が少ない

リオ五輪真っ直中です。近年はアメリカは陸上で勝てなくなっているのもあって五輪の最大の押し競技というと水泳になるようです。それは良い。そして前回ロンドン大会に続いて女子体操の活躍が目立つ。水泳と違ってこちらは人種間のバランスが良いのもウケの良い理由となります。他ではグループリーグ段階で小手調べ中とは言え団体競技のアメリカにとっての人気競技・女子サッカーと男子バスケもほぼ順調。

男子バスケは明日、オーストラリアとの対戦。オーストラリアにはこのオフに入ってNBA Golden State Warriorsからはみ出したAndrew Bogutも所属。Kevin DurantがWarriorsに加入したことでサラリーキャップの都合でBogutは放出されたばかり。BogutはWarriorsに残りたいと強く意思表示していたのですがそうはならず。そのDurantとの移籍確定後の初の顔合わせ。BogutはWarriors在籍時からシラっとした顔でラフなプレーをやらかすことがあり、まさかと思いますが明日の対戦でスクリーンのついでにDurantを一発吹っ飛ばしてみたりする場面があるのかどうなのかが見物です。他にはテニスも手厚く放送されています。

とまあ以上は期待・人気の高い種目ですが、寂しいのが今大会から採用されたラグビーです。既に終了した女子ラグビーは勝てなかったのもありほとんど話題にも上らなかったのはともかく、今日から始まった男子の方もNBCの扱いが低い。過去数年、五輪の独占放送をするNBC系列で7人制ラグビーの放送はかなり手厚くされていたので本番のリオでも取り上げて貰えるのだろうと思っていたんですが、そうはならず。初戦でアルゼンチンに土壇場に逆転負けした惜しい試合だったのにほとんど話題にも上らず。厳しいなあという感じです。ざっと放送を見ていると男女バレーボール辺りの方がラグビーよりずっと放送量が多い。さらにはアメリカにはほとんど縁のないハンドボール(ドイツ x ポーランド戦とか)なんていうのを全編放送していたりで、えーこれをこのチャンネル・この時間帯に流してラグビーなし?という意外なまでの冷遇になってます。うーん。決勝トーナメントに入ると違ってくるのかどうか。

Westbrook残留 というか実質的にはFA延期

Russell WestbrookがOklahoma City Thunderと契約延長に合意したと報道されています。意外でしたが伝えられている内容を聞くとああなるほど、という感じもあります。この秋からの3年契約で3年目は選手側に契約破棄の権利あり。元々2016-17シーズンまでは現行の契約があったわけで実質的にThunderが新たに確保できたのは2017-18シーズンのみです。

この契約でThunderが手に入れたものは少なくともこれから2シーズンWestbrookが残る、とファンへの申し訳が立ちFAで離脱したKevin Durantに続いてWestbrookが去って誰もスターのいない空の地方チームになるのを防げたこと。来オフのFAを前にしてWestbrookのトレードの噂話がシーズン中ずっと言われるのを防ぐこともできました。丸1年は間違いなく通年でThunderに残ることでWestbrookはMVP狙い・得点王狙いのシーズンを過ごすことになるんでしょう。

WestbrookからするとDurant離脱で方向性の見えないチームで、トレード期限までいつ放出されるかをうるさく言われずに当面プレーに集中できる。チームに対するフリーハンドを得たことで、Thunder経営陣が(Cleveland CavaliersがLeBronに対してやったように)サラリーキャップの限度を超えて優勝を狙えるサイドキャストの選手を集める意志が本当にあるのかを見究めることができる。経営陣はWestbrookを引き止めるために補強の口約束はしているでしょうがそれが実際にどういう形になるのかは現時点では見えない。Westbrookが短期の契約延長をしたことでThunderが本気になって選手を集められるのか、FAの選手たちがOKCに来てくれるのかどうかなどを見た上で二年後に改めてFA移籍を考える権利を得たということになります。長期契約でないことで選手としての全盛期中にもう一度FA権を確保したのはKevin Durantと同じやり方とも言えます。

リスクとしては今オフ、そして来オフはTV放映権マネーがサラリーキャップ全体を押し上げてサラリーインフレになるタイミングを逃してのFAとなることです。

バスケ五輪代表壮行試合 ナイジェリア戦

いまバスケットボール男子五輪代表の壮行試合の対ナイジェリア戦をやってます。試合途中でKyrie Irvingが離脱(故障というほどではないが大事をとって)したまま試合を続けています。以前にメンバー選考のことで書いたときにも指摘してありますが今回の米五輪代表はPGに人材が欠けています。MVP Stephen Curry、Russell Westbrook、Chris PaulといったPGのスター選手が出場していない。PGのポジションが想定されたのはIrvingの他にはKyle Lowry(Toronto Raptors)だけ。LowryもIrvingもパスをチームに配球したり、コート上の司令塔というタイプのPGではない。とりあえずドリブルでボールをフロントコートまで運ぶのに適した背というだけの感じです。言ってみれば背の低いシューティングガードというところです。メンバーが決定した時点でPGはあまりよくないというのは誰が見てもわかる。そのPGでこの日はIrvingが欠けた。Lowryが出突っ張りというわけにもいかないのでKlay Thompsonなりがボール運びをしてみるんですが、ナイジェリアに簡単にボールをさらわれて失点という場面など、PGが手薄なばかりに変な苦戦をする場面があるかもなという感じにも見えました。

根本的にはPG以外の全てのポジションで人材に勝る米代表が多少あちこちでミスが出ても全勝優勝を狙えるのは間違いないのですが、それでもやはりPGがアキレス腱なんだなと確認できた試合となってます。

2024年の新アリーナ建設

NBAのニュースとしてLos Angeles Clippersが現在Lakersと共用しているStaples Centerを出て同市西側に新アリーナを独立で持つ可能性があるというのが出ていました。現在の成績ならClippersの方がLakersを大いに上回っても過去の実績と人気の蓄積、同市内での放映量・露出力ではいまもLakesが圧倒的に上回る中、別のホームアリーナを建てて同市内でも別の地区へ移転して独立独歩前進しようという意気のようです。

背景としてはClippersに実力が付きブランドとしても過去のドアマットのイメージから脱出したのと、オーナーが変わってMicrosoftの大立者Steve Ballmerとなったこと。前のオーナーだったDonald Sterlingはカネを惜しんでチームの強化を怠っていたという評判で、Lakersと同居していたのも運営コストが安いから、と言われます。Sterlingは例の人種差別発言で放逐された訳ですが、それ以前からNBAコミュニティから嫌われていたので他チームのオーナーからも擁護の声はなくあっさり切られてます。代わったSteve BallmerはClippersをNBAの人気チームに育てたい意志がある。いまのNBAは上げ潮の時期でもあり、LAという全米有数、いや世界有数の有名都市にNBAチームを持っているのにチマチマやっているのは馬鹿げているというところでしょうか。

ClippersのStaples Centerとの契約は2024年で終わるそうで、その時点で新アリーナに移りたいということのようです。ん?とここで引っかかりました。2024年?ああそうか。

実はLos Angeles市は2024年の夏季五輪の誘致を正式に発表して、最近はその招致ロゴをよく見かけるようになったところです。つまりそのClippersの新アリーナという話は五輪開催とセットでもあるんでしょうね。なるほど。

五輪ビジネスが8年後にどうなっているかはちょっと不透明な面がありますが、LAが当選すればアメリカも五輪ビジネスに協力していくことになるんでしょう。それに乗ってClippersもビッグチームになっているんでしょうか。

もしLAが落選したらどうか。もうじき始まるリオ五輪に国家ぐるみでのドーピングをしていると強く非難しているロシアの排除に失敗。その上五輪招致でもはぶられた場合にアメリカが国家戦略として五輪ビジネスから手を引く場合もあるのかもしれませんし、五輪の曲がり角になるかもしれません。

そういえばFIFAの汚職追及のニュースを聞かなくなりましたね。Blater逃げ切りでしょうか。

もしCurryが辞退していなかったら

五輪の男子バスケ代表の壮行試合が続いています。この日はNBA Golden State Warriorsの本拠Oracle Arenaで中国代表との試合。Golden StateにFA移籍したKevin Durantにとっては新ホームでの初の試合登場。地元ファンから熱い歓迎をうけていました。地元ということもあって米代表先発のうち3人はGolden Stateの選手達=Durant、Klay Thompson、Draymond Green。五輪代表を辞退したStephen Curryや元代表であるAndre Iguodalaも来場して観戦。これ、もしCurryが代表辞退をしていなかったら米代表の先発の4人がWarriorsの選手になっていたかもしれないです。さすがにそれはやり過ぎな気もしますが、実績から言って妥当でもある。この感じがWarriorsに戦力が集まり過ぎだと論ずる方の気に障るところなんだろうなあと思いました。実際のこの日の先発はPG Kyrie Irving、Klay、Durant、Draymond、DeMarcus Cousins。

また今オフにFAでGolden Stateから移籍したHarrison Barnsにも地元ファンから暖かい声援が送られていました。NBA TVでは代表キャンプの様子もかなり報じられていて、BarnsとKlayはいつも一緒に並んでウォームアップ、お喋り談笑していて両者にはわだかまりはない模様。KlayとCurryが率先してDurant獲り活動をしたとされる(=成功すれば当然Barnsは切られる)だけにBarns側にわだかまりがあるかもと想像していたんですがそういうことはないようです。ただ全編見ていたわけじゃないですがDurantとBarnsの絡みはほとんどみかけなかったような。

試合の方は開始直後のDurantの3ポインターから始まってダンクその他序盤はDurantショー。スコアとしてはどんどん差がついていったのですが中国もディフェンスで奮戦してペネトレーションを許さず、得点差ほどには米代表が圧勝したという感じではなかったです。最終スコア107-57。対中国戦はこれが二戦目。前戦では最終盤にDeAndre Jordanのフリースローからのエアボールで米代表ベンチ全員が笑い転げて試合終了したり和気藹々、チームのケミストリーは良さそうです。

国際試合になるとその得点効率の良さが光るCarmelo Anthonyがこの日も活躍。DeMarcus Cousinsは良いですね。NBAでは勝てないチームでくすぶっているのもあって米代表で気鬱を晴らして暴れて欲しいです。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文