アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

MLB/Baseball

Unwritten Ruleの廃止

"Don't stop and stare. Don't flip your bat. Respect the jersey...."
これ、MLB公式が昨年のポストシーズンから流しているTVコマーシャルです。今年も試合中継の合間に盛んに流されています。リンク先のビデオを見ていただくとわかりますが、立ち止まってボールの行方を見るなバットをわざと投げるななどなど音声で言っていることと反対のことを選手たちがバンバンやっている場面を写してます。そして最後にKen Griffy Jr.が”No more talk. Let the kids play”と締めるこのCM。
これ、つまりは野球のUnwritten Ruleの廃止を訴えるものです。これをMLB公式が作成して昨年から流し続けているというところに意味があります。

この話には伏線がありました。数年前にAtlanta Bravesの有望プロスペクトの選手のユニフォームの着こなしが悪いということで議論があった時期があったのです。当のマイナーリーグ選手がそれに真正面から反発したのでニュースネタになった小事件でした。アメリカ人黒人選手だったかと思います。名前を忘れてしまいました。意訳すると曰く野球は小うるさい不文律が多すぎる、バスケと違って自由がない、と。

それと時を同じくするようにメジャーで派手なbat flipが多くなった。たぶん転機はJose Bautistaの2015年ALDSでの熱戦を制したこの一打だったでしょう。このときのbat flip=バットの放り投げパフォーマンスは試合も熱い試合、熱い場面だったこともあって注目されました。私も見てましたけど大変盛り上がりました。当然のように伝統派からは批判の意見も出たのですが、翌年以降もいくつもの思い出深いbat flipの場面が再現されたのでした。
そしてBautistaの決勝ホームランから3年後にMLB本営がBat flipを公認したのが冒頭に紹介したTVコマーシャルであったと。

MLBがその商品である試合のエンタメ度の向上に(改革スピードは遅いながら)取り組んでいることは当ブログでも過去何度も触れているところ。多くの議論は試合のペースアップや、インプレー率、投打の優劣バランスなど試合の中身の話なわけですが、それとは別に試合にもっと現代にあった活力を注入するために長い伝統であったUnwritten Ruleの歴史を変えて、ストレートな感情をほとばしらせるような表現をMLBに導入しようと啓蒙しているのがこのコマーシャルなんですね。

何のジャンルでも保守派というのはいるもので、保守派の熱心なMLBファンもMLBにとっては大事なお客様なのは間違いがないです。ファンの年齢層が比較的高いMLBに於いては保守派の割合も高い可能性がある。また各地ローカル放送の解説者にも保守派は多く、bat flipに否定的な見解を延々試合中に述べたりという場面もしばしば。
そういうのを承知の上で選手たち(コマーシャル内ではKidsと呼んでますが)にもっと表現の自由を与えよと主張している、そしてそれがMLB公式の見解なのだ、というところが重要です。

さらに言うとこの啓蒙CMはこの視点を少年野球にも適用して欲しいとMLBは考えているんではないかな、とも思います。 Let the kids playのKidsとはMLBの選手たちだけではなく、少年野球に入ってくる子たちにも古い野球の因習を強要することよりも、楽しんで騒いで良いのだと草の根指導者たちにも訴えてるのかな、とも聞こえます。
他のスポーツとの人材の取り合いをしなくてはいけない中、野球だけが子どもたちにアレもだめコレもだめなど言ってる場合ではないという意味でもあるように感じます。

Amazonのセレブストアの人選

日本にこれに類するものがあるのか存じませんが、アメリカ側のAmazon.comには「Amazon The Celebrity Store」というページがあります。ひょっとしたら私から見えるのと他の方から見えるのが違うかもしれないのですが、1ページに28名のスポーツスターや歌手女優などが紹介され、それぞれその人のテーマに沿った商品を紹介するという趣向です。商品自体には特に興味は惹かれなかったんですけど人選はちょっとおもしろいかなと。

スポーツ界からは上に近い方から順にJames Harden (NBA)、Deontay Wilder(ボクシング)、Cam Newton(NFL)、Caeleb Dressel(水泳)、Bryce Harper(MLB)、Lindsey Vonn(アルペンスキー先日引退)、Jozy Altidore(MLS)、Juju Smith-Schuster(NFL)、Skylar Diggins(WNBA)、Dwyane Wade(NBA)、Rob Gronkowski(NFL先日引退)、Jordan Spieth(ゴルフ)などとなってます。Derek Jeterの元カノのJessica Albaさんも28人に含まれてます。

純粋に人気があるとかだけではなく、それぞれの契約先との絡み、男女比、人種割合、マイナーメジャーのアクセントをつけるなどのバランスの意図があるでしょうからこのリストにあまり深い意味を追求してはいけないでしょうが、MLBからはBryce Harper一人ですね。NBAは2名NFLから3名なのと比較すると、各1名様のマイナージャンル側に入れられてしまったような。それでも一人ならこういうのはHarperが一番適任かなとも思います。一人だけでメジャー感が出ます。
少し前にHarperの露出はMike Troutよりずっと上だから人気ではMLB最高の選手のTroutよりずっと上、比較対象にもなりますよ、という感想を書いたのですが、日本のMLBファンの方には今ひとつ納得いただけませんでした。こういう感じでHarperはあちこちにカッコ良い人のような形で登場することが多いので現役の野球選手としては露出力は一番高いでしょう。

他のメンツだとDeontay Wilderはすごい選手なんですが、生まれてきた時代が悪かったですね。知名度はかなり低いはず。サッカーはJozy Altidoreというのは意外な人選のような。男子のW杯出場失敗以降、あの時の代表メンバーの主力はあまり表立った活動がない半隠遁生活を強いられているところがありますから。Puma契約選手の代表として登場でしょうか。

契約延長成約続く 2021年回避問題

大物の大型契約延長が続いた今オフですが、開幕後にも契約延長の動きは続いてます。Xander Bogaertsの6年延長を最長に、Randal Grichuk、German Marquez、Ronald Acunaと4−5年の契約延長がバタバタと決まってます。これらの契約は満了時までにすべて2021年を超えます。最近の契約延長で2021年を超えないのはJustin Verlanderぐらい。Verlanderの新契約は2021年シーズン終了時に契約満了。

2021年は以前から指摘している通りMLBの労使協定CBAの改定期です。CBAの改定ということは新協定の労使の交渉が行われるし、交渉が難航した場合にはストやロックアウトとなる可能性がある。
過去2オフ、オーナー側のペースでFA市場が冷え込んでいるため今季2019年シーズン後にFAになる選手は暗鬱でしょうし、もっと悪いのは2021年に契約更改期が来る選手で、労働争議勃発で自分の契約交渉がまったくできなくなる可能性もあります。

そのリスク回避で4−6年の契約延長がバタバタと決まっているというふうに私には見えます。これは2月に「MLBのFA市場は厳冬から衰退へ移行していくのか」という記事を書いたときの読み筋が当たっていたということになります。ただあれを書いた当時はここまで選手側がバタバタと陥落していくとまでは思ってませんでした。大物が次々現在の所属先との契約延長を決め、ここへ来てそれよりもランクの下がる選手たちも2021年を回避する契約延長を次々と受け入れています。
Justin Verlanderは例外で、年齢的にもHoustonからオファーされた巨額の延長の内容で満足しているということでしょう。2021年は自分はもう引退するから契約がそこで切れても関係ないという意味でしょう。


舞台裏はこんなふうになっているのではと以下のように想像するのですがどうでしょうか。
厳冬FAで権利を侵されたと感じている選手たちがいる。特に今季後来季後FAを控えた選手たちが。たぶんそういう選手たちや選手会の指導層は選手会内や選手間で不満をぶちまけたり、次期CBAに向けて強行措置をとろうと他の選手たちに結束しての行動を呼びかけたりしている可能性があります。一旦労働争議となると労働法の規定に厳格に縛られてしまうので、選手個人とオーナーの接触は禁止されます。労働争議の可能性のある時期に契約が切れてしまう予定の選手は身分が不安定な状態のままスト突入になるし、労働争議解決後にやっと契約交渉を開始できることに。契約がCBA更改後までしっかりある選手とは比較にならない不安定さです。選手会の指導的メンバーからストの可能性の檄が飛べば飛ぶほど、一般選手はその時期に契約更改がぶつからないようにしたいと考えるはずです。それが開幕後にも関わらず契約延長の妥結が続いている背景なのではないか、と推測してみたいです。

Bryce HarperのWashington帰還

Philadelphia Phillies@Washington NationalsのMLB Networkでの放送予定が雨天で順延中。Harperがブーイングを食うのか歓迎の意を元のファンから受けるのかという試合でしたが予定通りにはいかなさそうです。

時間が余っているのでMLB NetworkがHarperのことをあれこれと解説していました。おもしろいなと思ったことをひとつ。
昨季のNationalsでの最後のシーズンのHarperの成績がふるわなかったのはMLBファンは誰しもご存知のことと思います。それをシーズン前半と後半に分けて対比。Statcastによる打球の射出角度と打率でそれを示していたのがちょっとおもしろいかなと。なんでも昨季前半戦のHarperの打球の平均射出角度は14.7度。これが後半戦は12.7度まで下がったんだそうです。その結果、打率が前半戦.214、後半戦.300だったとか。FA資格を得る直前シーズンということでHarperはかっこよくホームランを量産しようとして打ち上げまくっていたのではないか、というのがMLB Networkの推測。それが例のホームランダービーでの優勝を経て、チームに戻ったあとに打撃コーチと話し合い打撃を変えてみたというのですね。

打撃の変遷はそういう話なんですが、その結果の向上の結果として打率を持ってきてるのがおもしろいかなと。日本のMLBマニアの方にかかるといまさら打率を持ち出すのは無知の極み・時代遅れだと散々に言われるかと思うのですが、MLB Networkは一方ではStatscastという新しい道具を持ち出してHarperの打撃が前後半で変わったと示し、その結果が好転したという部分では最も古典的スタッツの打率で語るんだなあ、と。

追記
試合は45分遅れで開始。1回表Harperはブーイングされまくり。無死1-2塁のチャンスに登場して空振りの三振でスタジアム大喝采となりました。

MLB.com もう少し真面目にやるべきでは

まずMLB.comの昨季2018年シーズンの優勝争いの予想をそのまま記します。AL東 New York Yankees(ハズレ)、AL中 Cleveland Indians(当り)、AL西 Houston Astros(当り)、ALWC Boston Red Sox + Los Angeles Angels(ハズレ)、AL優勝Yankees(ハズレ)。NL東 Washington Nationals(大ハズレ)、NL中 Chicago Cubs(ハズレ)、NL西 Los Angeles Dodgers(当り)、NLWC New York Mets( ハズレ)+ St. Louis Cardinals(ハズレ)、NL優勝Dodgers, Nationals(なぜ2チーム)。World Series優勝 Houston Astros(ハズレ)。

優勝予想などというものはこのようにいい加減なものなんだなということですね。大本営MLB.comですらALを優勝しないはずのAstrosがWorld Seriesを勝つという予想をするデタラメをやるものなんですから。やっつけ仕事ですね。

同じくMLB.comの今年の優勝予想
AL東 New York Yankees、AL中 Cleveland Indians、AL西 Houston Astros、ALWC Boston Red Sox + Tampa Bay Rays、AL優勝 Astros。NL東 Washington Nationals、NL中 Chicago Cubs、NL西 Los Angeles Dodgers、NLWC Milwaukee Brewers + Philadelphia Phillies、NL優勝Dodgers。World Series優勝 Houston Astros。
ワイルドカード3チームが入れ替わった以外全部去年と同じ予想じゃないか。またやっつけ仕事かよという気も。MLB.comですら予想なんていう記事はこの程度のモノなんですね。

私個人はMLBの順位予想をするほど見識もないので予想そのものを否定する強い意思はないんですけど、大本営、もうちょっとワクワクする記事を書いてほしいような。


それはともかく個人的に好感しているのはSan Diego Padresです。期待の新人Fernando Tatís Jr.が弱冠20歳と2ヶ月で開幕戦先発デビュー。1990以降だとこの年齢での開幕戦先発出場は2番目に若いそうです。一番若かったのはAdrian Beltreが19歳で開幕戦先発。3−5番目はIvan Rodriguez、Ken Griffy Jr.、Bryce Harperと錚々たるメンバー。Tatisがこれらの殿堂クラスの名選手に近い存在になっていけるか。
まあこの記録はちょっと裏があって、現在のCBA労使協定のルールでは5月だったか6月だったかから出場し始めるとFAまでの期間が1年伸びる、よって球団側はこいつはすごいぞと思った選手でもメジャーデビューをその時期まで遅らせるという戦略をとることが多いので期待の若手の開幕戦デビューが減っているという事情はあるのですが。
そういう事情があってもTatisを開幕から使うという決断をしたということはSan Diego今年はやる気満々なのだと判断すべきでしょう。オフシーズンにFAでManny Machadoと大型契約。そして未来の全国区スター候補のTatisも最初から投入なのですから。Tatisは開幕2試合で6打数3安打2三振でスタートしてます。

Troutの新TVCM登場

小ネタです。たぶん昨日このCMはTV初公開だったと思います。NCAAトーナメントを見ていたらこれをやってました。新製品のスポーツドリンクのコマーシャルにNFL Indianapolis Colts QB Andrew Luckと、先日MLB Los Angeles Angelsとの契約延長に同意したMike Troutが出演。タイミングから言ってCMが企画制作されたのはTroutの契約延長前なのは確実です。

先日コメント欄でMike TroutはBryce Harperと比較して野球の試合そのもの以外の話題と露出が少ないということを書いたんですが、こういう形で登場ですか。珍しい。
コンビとなったNFL側の選手がLuckというのは若干微妙。Luckは2017年シーズンを棒に振って2018年シーズンに復活したばかり。一流QBではありますが、超一流ではないし、特に全国区の人気選手という感じでもないです。どういう意図だかLuckとTrout。公開日はMLBの開幕日に合わせたんですかね。

MLB開幕 Harperは無安打も喝采で迎えられてスタート

昨日MLBが各地で開幕。巨額FA契約でPhilladelphia Philliesに移籍したBryce Harperが新天地デビューしてます。ESPNでは同じ時刻のBaltimore Orioles@New York Yankees戦の放送をしていたのですが、HarperのPhilliesでの初打席に合わせて中継を切り替えて生中継していました。それだけ注目の移籍デビューであったということでしょう。結果は凡退もベンチへ戻るHarperには満員のPhilliesファンから大きな拍手が送られていました。結局この日は3打数無安打で終わってます。
Harperの契約が発表になってから24時間で10万枚のチケットが売れたとか、Harperの新ジャージの売上数がLeBron JamesのLakers移籍のときよりも多かったとか。地元の期待は高そうです。

ESPNは一日中各地の試合を放送。Yankees戦のあとは、Arizona Diamondbacks@Los Angeles Dodgers戦を放送。Dodgersが8本塁打をぶちかまして開幕戦の最多記録となった試合(キミたちその1本2本でも昨年末に打ってれば‥)。夜は昨季の覇者Boston Red Sox@Seattle Mariners。どこも盛況のようでした。運のいいことに各地とも晴天。緑が映えて見ているだけでも観戦に誘われる気がします。MLBの開幕戦は春の訪れとともにやってくるのもあってアメスポファンに特別な感慨を与えるところがあります。

Red Sox@Mariners戦では解説についたAlex RodriguezがMariners愛を語り、ゲストに今季の殿堂入りが決まったEdger Martinezが放送席に来る、また先週先行スタートとなったSeattleの東京での試合やIchiroの過去のエピソード披露などなどMariners側の話題をふんだんに盛り込んだ放送になっていました。
Edgerは苦労して殿堂入りとなったわけですが球場内には殿堂入りの日までのカウントダウンの幕が張られるなどチームを挙げて祝賀ムードを盛り上げていました。両者のチームメイトであったA-RodによるとEdgerとIchiro(IchiroとはYankees時代)の共通点はとにかく練習量やそれにかける時間が猛烈に長くコンスタントであることをあげていました。またDee Gordonからの又聞きとして紹介していましたがIchiroはシーズン終了後の翌日にもひとりだけで打撃練習をしていて驚いたという話も披露。
Ichiro選手はこの前の日本での引退発表のときにもその翌日もたぶん練習しているだろうと言っていたようですが、それは本当にそういうことを何年もやってきていたんでしょう。

Goldschmidtも契約延長 

Paul GoldschmidtがSt. Louis Cardinalsとの契約延長にサインしたようです。2019年シーズン後にFAとなる予定だったGoldschmidtが2020年からの5年延長。総額$130 milllonとか。現在31歳ですので37歳のシーズンで終了の契約。今オフの大物打者の契約更新の流れに沿ったFA回避および労使協定更新期にかからない契約が開幕前にまたひとつ決まったということでしょう。

37歳で終わりという契約はCardinals側からすると飲みやすい。金額はまあまあ。Goldschmidtからみれば契約最終年に将来が決まっていないとシーズン途中でのトレード⇢2ヶ月のレンタル助っ人⇢来オフシーズン直前まで身の振り方が見通せない暗黒FA市場でもがくという近い将来になってしまうので、それを嫌気したということか。GoldschmidtというとDiamondbacksのイメージがまだ強いわけですが、新興のDiamondbacksから伝統を誇るCardinalsに移籍してあっさり事実上キャリア最後の契約にサイン。この辺はCardinalsの伝統、地元での人気の分厚さを好感してというのもあるのか。


MLBの契約更新関係では他にはNew York MetsのJacob deGromの契約延長について、チームメイトの2枚エースNoah Syndergaardが「さっさと(deGromに)払ってやれよ」とつぶやいてMetsに圧力をかけるもMetsは動かず。deGromは年齢・契約終了のタイミングはGoldschmidtと似ていて、31歳で今季を過ごし、今季後に現行契約が終了予定。但しdeGromは遅咲きのため2020年は調停の権利ゲットのみ、2021年にFA。Metsからするとまだ慌てることはないとも言えます。

それとともに今オフの大物の契約動向は打者に偏重している点も見逃せない。次期CBA交渉という環境変化が投手、特に先発投手の契約に不利になっていく可能性を感じさせます。以前から当ブログで考察しているロースター拡大、オープナーを含む投手起用法の歴史的変更、トミー・ジョン手術の多発での投手の稼働率の悪さなどが相まってオーナー側が先発投手へのサラリー大幅抑制に動いている可能性が否定できません。






Trout、全方位ハッピーな大型契約

MLBの新シーズン開幕を前に大型契約がまた来ました。Los Angeles Angels Mike TroutがAngelsとの契約延長を選択。現在27歳のTroutが12年契約で$430 millionという速報です。選手側のオプトアウトなしであるとも情報が飛んでます。
これでFAのBryce Harper、Manny Machadoの両名、Colorado Rockiesと契約延長を選んだNolan Arenadoに続いて今オフ4件目の残りのキャリア確定契約。また近く記者会見の模様などが大きく報じられることでしょうが、Angels、Trout双方ハッピーな契約になりそうです。

MLBデビュー時が重なったこともあってTroutはHarperと比較されることが多いわけです。そのHarperを契約内容で圧倒しての終身Angelsとの契約での決着。Trout側としては満足すべき額なんじゃないでしょうか。Harperの契約より1年短くて$100 million多いのですから。
HarperはFAでしたから今季契約を結ばないことには野球自体ができませんが、Troutの方はまだあと丸二年契約が残っており焦る必要がない中、FA回避でAngels残留という決断となってます。

Troutの次期契約については10年$500 millionクラスだとかいう憶測もあった中、単年$37Mという金額はAngelsにとってはチームの財政的危機を招かない範囲内での納得の決着でしょう。単年$50Mは吹かし過ぎにしても$40M/年超えは避けられなさそうに思えた自前のスターをこの金額で確保できたのですから。
以前から指摘している通りAngelsは現在のサラリー政策の重荷になっているAlbert Pujolsの契約が2021年に切れます。今季$28 million、来季$29 millionという全然パフォーマンスが伴わない高額サラリーをPujolsに支払っている支払義務が終わり、その代わりが$37 millionでMLB最高の選手であるTroutを確保できるのならAngelsからすれば喜んで!というところでしょう。

Trout側から見るとHarperのFAでの苦戦と、Arenadoのハッピーエンド契約延長と両方見せられての決断なんでしょうね。
各種の成績の数字を比較するとTroutがHarperを上回っているとは言え、露出面ではHarperの方が上。さらにHarperの方が若い。なのでHarperの代理人も鼻息荒く元の所属先のNationalsのオファーをそうそうに拒絶してFA市場に打って出た。
ところがHarperはオーナー側の結託(憶測)にハマってFA契約の額が当初オファーからまるで伸びなかった。というかそもそもHarper獲得に手を挙げるチームが極少なかった。
さらにTroutのFA時の意中の球団とされていたPhilliesがHarperを獲ったことでPhilliesとTroutが相思相愛で移籍というシナリオが怪しくなってきた。その辺りの考察は別記事でやりましたのでそちらを参照しただくとして、Troutから見ればAngelsを出ていってもPhlliesの可能性が薄くなってFAでの行き先が不透明となり、迷走の挙げ句金額も伸びない可能性がある。
一方FA時期が来る前に契約延長を決めたNolan Arenadoのあのハッピー会見を見てTroutが自分を重ね合わせた可能性も十分にある。

MLBのFA市場の縮小衰退というテーマも先月書きました。その記事を書いた時点ではまだMachado/HarperのFA契約も、Arenadoの契約延長も決まっていない時点。その記事では次期CBA労使協定の改定時期に契約更改が来る選手たちが嫌気して早めに契約更改に踏み切る可能性を指摘しておいたわけです。今回のTroutの早期契約延長もこれと同じ線で読むべき事象と言えそうです。Troutは遥かに大物なので契約期間で球団側に譲歩しなくても済んだという意味では、SeverinoやNolaとは格が違ったわけですが。

もうひとつ指摘しておくべき点としては、MLBが地元放送局と結ぶ放映権契約で今後もTroutが引き続き在籍し続けるというのは球団側にとっては交渉をしやすくさせる点も見逃せないかと思います。野球の勝ち負けとは別に、地元の放映権契約という観点だとやはりスター打者の存在の方がスター投手よりも意味があると考えるべきでしょう。地元局は基本的に162試合全試合放送。地元TV局側、地元スポンサー側からすれば(投手のローテーションが革命にさらされて変わる可能性があるのは横に置くとしても)どんなに人気の大エースであろうと週に一回しかTVに登場しないわけで、多額の放映権契約金を払うのなら毎日登場する打者のスターの方が価値がありますから。そのスター打者を今後10年以上確保。カネを払う側にとっても安心して払えるわけですよね。
記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文