アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

MLB/Baseball

Ohtani打者専で残りシーズンを

なにせ元々が格安契約なのでAngelsとしても損とは言えないのでしょうが、Shohei Ohtaniが残りシーズンをまた打者専門で過ごすことになるようです。今季2度目の先発での2回途中降板後、MRIを受けた結果、本人が訴えたという違和感は肘ではなく上腕筋肉の問題ということで、まずはひと安心ということでしょう。二度目のトミージョン手術を受ける選手もありますが好ましいことではありませんから、そういう方向に行かずに済んだのですから良しとしなくてはいけません。

今回の問題ですが、登板当日のTV解説者が腰の開きを指摘して、それがコントロールが定まらない原因だと言っていたことは当日も書きました。解説がぱっと見てわかるならAngelsのコーチ陣もわかっているべきこと。ストライクが入らなかったのは最初の登板での1回一死も取れず四球連発KO、そして2度目の登板の2回に同じことが起こってる。初回登板後に内々にその点は指摘して修正したものと思いたいわけですが、2イニング目にまた同じことが起こった。どうも今回の問題となった筋肉の問題は思い通りにならないコントロールを、腕でこじって普段使わないレベルで同じ筋肉を酷使したせいではないかという見立てが出てます。

そうなるとこれは避けられたケガであると言うことができそうです。2回にコントロールが乱れ四球を連発したところで投手コーチがマウンドに行ってますが、その時点で腰の開きの問題が再び出ていることを指摘したのかどうか。その点を本人も自覚できず、コーチ陣も指摘できずだとしたら避けられたケガを呼んだことにならないでしょうか。
今季デビュー戦でのふがいない結果を受けた2度目の登板。Ohtaniはあまり表立って意気を発言するタイプではないようですが、そこは一流スポーツ選手、強い決意で臨んだ2度目の登板だったはずです。それが2イニング目で前回と同じような乱れ方でさすがに焦りはあったはずで、思い通りに行ってくれないボールを無理に押さえつけにいった‥という展開かなあと想像するんですがどうでしょうか。

監督のJoe MaddonはOhtaniの二刀流は中期的には続行のようなことを言ってますが、それはMaddonのいつものこと。選手の操縦術に長けた方ですからマスコミ向けの発言は常に選手擁護、でも腹の中は違うはず。Angelsの監督を受けた時点でOhtaniの現状での二刀流は球団の意思での既定路線でそれは後から来たMaddonにとっては口を挟まない事案でもありそうです。少なくともその問題でMaddonの地位が揺らぐ話ではない。

ただOhtaniは目立つ存在なのでなぜ今回のケガが起こったのかという点について議論は長引きそうで、避けられたケガだったというのがもし定説としてマスコミにも上がってくるようだとMaddonはともかく投手コーチ辺りでクビになる人が出てくる可能性はあるのかもしれません。

で、打者専門でまた打つと打者に専念しろというまた同じ話が繰り返されそうで、あんまりその辺は聞きたくないような。

試合数が揃わない場合は勝率で優勝チームを決定と言いますが

MLBコミッショナーが予定される各チーム60試合を消化できず、勝ち数で優勝チームを決定できない場合には勝率で決着をつけると言ってますね。

現在NL東の首位は…離脱中のMiami MarlinsなんですけどMarlins地区優勝で良いんでしょうか。

そこまで極端ではなくても10試合とか消化試合が少なくなってエース先発投手の登板試合の比率が増えたらかなりの不公平感は出そうです。権藤権藤雨権藤ではないですが、都合よく試合が間引かれたら相当の有利不利がでます。

そういう不公平感をやわらげるために今季のプレーオフ枠が大きく広げてあるから良いのだ、と言えばまあそうかなとは思いますが。


野球ついでなのでさきほどまでShohei Ohtaniの今季二度目の先発試合を見てましたが、またも四球連発押出で2失点、2回持たず降板してます。

左腰が早くに開きすぎてリリースポイントが安定していないから制球が乱れている、というのが地元解説の方からの受け売りです。私にはそんな眼力はありませんので。曰く、トミージョン手術のリハビリで痛い思いをしているため、頭でもう痛くないとはわかっていても、身体が痛み発生を避けるように動くとこの腰の開きが出やすいそうです。

マイナーリーグが開催されていないのが痛いですね。下で調整できない。

Marlinsの選手がAtlantaで夜遊びしていて感染した可能性

MLBのコロナ感染の震源地になっているMiami Marlinsですが、漏れてきてる話として若干名のMarlinsの選手がAtlanta Bravesとの開幕直前のプレシーズン戦に遠征をしたときにアトランタ市内に夜遊びに出ていたと非難されています。そこで感染したんじゃないかと。ありそうな話だなあとは思います。
ほぼタイミングを同じくしてMLBコミッショナーが選手会に対してシーズン全停止の可能性を示して警告を発していました。そこでは夜遊びするなとは直接言ってませんでしたが、上記の漏れてきた情報とセットでたぶんそういう意味なんでしょう。

ここでピンと来た方もいるかもしれません。アトランタで夜遊びと言えば、NBAのバブルを抜け出してわざわざアトランタでストリップクラブに行っていた選手がいたという話が最近あったばかり。このNBAのケースは、当該選手の友人は家族の葬式に出席(アトランタ近辺ではない)したついでにわざわざアトランタに寄ってストリップクラブに行っていたということになってます。

ここでふふふと笑いを浮かべることができた方はアトランタに行ったことあるでしょ?ということになるのだと思います。ストリップクラブなんてどの大都市にもあるんですけど、アトランタ市内のそれはものすごーく目立つところに建ってるんですよね。それも何軒も大量に。アトランタに仕事の理由でしょっちゅう行っていた知り合いがアトランタは最高だよとよく力説していました。施設の規模も最大級で、ダンサーの数および質が他都市のそれと比較にならないレベルで抜群だと。

問題のNBA選手もMLB選手も彼に同意なのかもなと思ったら人類皆兄弟かなとちょっとほっこりします。

MLBコロナ感染が中地区にも

シーズン開幕やっと1週間のMLBですが、また別のコロナ感染者が出たようです。中地区所属のSt. Louis Cardinalsの選手2名の感染が確認され、CardinalsとMilwaukee Brewersの7月31日〜8月2日の試合が即中止になってます。選手の感染のため事態は(非選手の現場職員の感染の)Philliesより深刻。

Cardinalsは7月28日29日に@Minnesota Twinsで2試合を戦っていた。30日は試合なし。
TwinsはCardinalsが去った翌日30日にCleveland Indiansと地元で対戦、31日も同じカードの予定ですが、いまの時点でCardinalsの感染が明らかになったことで、@TwinsでビジターロッカールームをCardinalsの直後に利用したIndinansにも不安が掻き立てられているのは確実と考えるべきなんでしょう。既に30日に使っちゃった後ですが、31日のIndians@Twinsの試合の中止まで拡大するか。


今季の地区間の対戦のない形式の効用で東地区に問題を封じ込められていればまだ良かったのですが、中地区でも問題発生で事態は大きく悪化。

いま全国で小中高大学の秋スポーツの是非を巡って喧々諤々の議論がなされているのですが、MLBで次々と感染が明らかになり日々報道されるのが大きな宣伝となって学校スポーツの開催の是非議論に影響を与えそうです。

Astrosにビーンボールを投げたKellyが出場停止

根に持ってる人もいても当然なのか。Los Angeles Dodgersの投手Joe Kellyが8試合出場停止に。どうなんでしょうねこれ。Houston Astrosへの報復ビーンボールについてはシーズン前から増加が予想されていたわけですが、KellyがAlex BregmanとCarlos Correaに対してビーンボールっぽい投球をやってのけ、さらにHouston相手に挑発的なジェスチャーおよび発言をしたというのが問題になって、裁定は8試合の出場停止。

Kellyの投球はどちらも死球とはなってません。現場の審判は投球を危険球とは判断せず。
Correaへの投球は走者2人ありの場面で投げており、もし故意のビーンボールだとするなら進塁上等ってことで、打者側からすると意外性もある攻撃と言えましょう。まだ試合の行方のわからない試合の、それも得点機だからビーンボールはないだろう‥なんていう判断はできないという意味では打者からすると今後が怖いかもしれません。走者ありでも頭をめがけて飛んでるならそれ以下の状況ならいつでもアリってことになります。それで腰が引けたかどうだか、Correaは外角の沈むボールに三振。

Kellyへの8試合出場停止はかなり重い。MLBからすると自身の甘いAstrosへの裁定がこの事態を呼んでるという面もあるわけですが、事態の鎮静化に向けて重めの出場停止処分。これがさらに不公平だ、またAstros寄りだと火を注ぐことがあるのかないのか。Kellyは既にこの処分を不服として申立をしてます。60試合しかないのに8試合の出場停止はとても重く(比例でいえば162試合の通常のシーズンだったら20試合の出場停止に相当)、過去のほかの選手に課された出場停止処分との比較もあり、Kellyの不服申立てが通る可能性は高いのでは。

ESPNを始め全国メディアは当初Kellyに批判的でしたが、Los AngelesのスポーツメディアはKellyの復讐劇を称賛するものもあり、感情のこじれを感じさせます。

Philliesから感染者2名

出ちゃいましたね。MLB Philadelphia Philliesの職員から2名のコロナ感染者が発生したと発表がありました。前日の段階でPhilliesの職員でMarlinsとの開幕3連戦でMarlins側の世話をしていた職員が感染したという情報は漏れてきていたので、その1名を含むのであろうと思われますから、新たな1人が先に確認されていた職員と職員同士で感染したのかなにか感染経路をたどる努力がされているものと推測されます。

Philliesは感染者が大量発生して離脱中のMiami Marlinsと7月24−26日にシーズン開幕戦を戦った対戦相手で、Marlinsから感染者の大量発生が発表されたためPhilliesも7月27日から30日までの試合をキャンセルされていました。今回の2名の感染者が確認された段階でさらに7月31日からのPhillies対Toronto Blue Jays3連戦もキャンセル。MLB東地区全体のスケジュールがさらに混乱することが必至となりました。

これでMarlinsおよびPhilliesの2チームのリーグ戦への復帰の見込みは現時点では立たず。わずかな救いはPhilliesとMarlinsは8月4日〜6日に再び対戦予定だったため、その時期の他のチームのスケジュールには影響が出ないはずであることですか。つまりもし8月7日までに両チームが試合ができる状態に戻るならばなんとか元の軌道に修正できるチャンスがあるってことになります。

Philliesはまだ選手の感染者は出ていない。感染者が選手で出なければPhilliesは早急に復帰可能な陣容に戻りうるでしょうが、Marlinsの方は選手だけで19名だかに感染者が達しているため、感染者が8月7日からの試合に出場できない(たぶんそうなります)のであれば外部からの選手の補充が必要になりそう。感染者の個人名は公表されていないので、例えば捕手が足りないとかといったポジションごとの問題があるのかどうかもいまはまだわかりません。この先Marlinsが新たに選手と契約するのがMLBから公示されることで間接的にMarlinsのどのポジションの選手が感染被害を多く受けているかを観察することができそうです。

相手打者と一番近い位置にいる捕手がMarlinsでもPhilliesでも感染をしていたなんてなったら捕手や主審を守るための方策の検討であるとかまたひと悶着起きそうです。

バブル隔離をしないというNFLの判断

バブル隔離をしなかったMLBが早くも危機に陥ってるわけですが、近くキャンプが始まろうというNFLも同じくバブル隔離をしないという決定がなされており、それをうけて選手の離脱宣言が増えてきています。

MLBでの開幕早々のクラスター発生が問題化していますが、MLBより先に活動を再開していたマイナースポーツではバブル措置を実施。概ね感染者の抑え込みが奏功しています。
チームスポーツに限っても女子サッカーNWSLは1チームがバブル入り前に集団感染を起こして離脱したものの、その後は順調で短期シーズンを完走達成。男子サッカーのMLSも序盤に感染者が発生しましたがその後は順調。今日の発表分でバブル内の選手関係者全員654人に754回のテストを実施、陽性ゼロの結果とのこと。最後に感染者が出たのが7月24日。検査感染状況のレポートが公式サイトにアップされていて透明性も高いです。
シーズン再開を2日後に控えたNBAからも感染者発生の報告なし。カナダで2都市でバブル入りしているNHL選手からも感染者ゼロの報告が上がっています。

MLBの状況がMarlins1チームにとどまればなんとか踏み止まれるでしょうが、第2のMarlinsのようなチームが発生するとシーズンは危機的状況に。バブルなしで臨んだMLBの判断ミスだという結論になってしまいかねない。


そうなると既にバブル措置は取らないと表明しているNFLがそのポリシーで突っ張りきれるかが疑問視されることになってきます。

いつも書いてることですがNFL選手の選手寿命は極短い。これがNFL選手会を弱くし、労働争議でオーナー側が常に勝つ下地なわけですが、同じことが今回の問題でも選手たちにのしかかることになります。

現在NFLでコロナ対策の不備を理由に離脱を宣言している選手たちはかなりいますが、プロ選手として当落線上の若い選手からすればいまの状況はNFLでプレーするチャンスに見えてしまうはずです。既にミリオネアになった選手たちは家族や健康を考えるが、そうでない選手には大チャンスと言えオーナー側の提示するバブルなしのコンディションを感染上等で受け入れるはずです。そこまでは見えているのでオーナーからすれば代わりはいくらでもなり手がいる、高額サラリーの選手が離脱するなら安くあがって有り難いぐらいだということになる。

問題はMLBでのバブルなし措置がNFLキャンプ前に大失敗だと見做されるほど破綻する場合でしょう。Marlinsだけの問題でとどまるならともかく、そうでないとNFLも再考を求められる事態になる。対選手会ならオーナーの優位は動かないけれどあまりにも選手の健康を軽んじているとファンにも見做されるようになると事態が変わります。ファンは心情的には選手側につくでしょうから。
なのでNFLの首脳からしたらMLBには踏ん張ってもらわないと困る、という意味でMLBを応援してるところじゃないでしょうか。

カオス Marlinsの今週残りのスケジュールがキャンセル

MLB Miami Marlinsからさらに数名のコロナ感染者が発生。水曜日に行うはずだった対Baltimore Orioles戦がキャンセル。さらにその次にMarlinsが対戦する予定だったWashington Nationalsとの3連戦もキャンセル。MLBがNationals戦のキャンセルを発表する以前にNationalsの選手たちはチーム内で話し合いをもって、対Marlinsを拒否すると意思決定していたという話も漏れてきており、MLBとしてはそれを追認せざるを得ない状況だったようです。

またMarlinsが先週末対戦したPhiladelphia Philliesが、New York Yankeesを迎えるカードも結局全戦中止。YankeesはBaltimoreに移動してYankees対Oriloles戦2連戦が急遽組まれるようです。
さらにPhilliesはMarlinsとプレーした地元スタジアムを明け渡して徹底除染中の模様。Philliesは水木と@Yankeesで対戦予定があったのもキャンセルになった形です。なにもなければYankeesファンでFAでYankees移籍の可能性もあったBryce HarperのYankee Stadium登場の日だったのですが、そんなのんきな話は完全に吹っ飛んでます。

事態が急に動いているのでその中でなんとかできる限りの試合消化を目指しているのでしょうが、とにかく毎日試合が予定されている話なので影響を受けるチームが次々発生します。
いまはMarlinsと接触したBravesやPhilliesからはまだ感染者の報告はないので、最悪の状況には至っていないところと言えます。

社会主義がGreen Bay Packersを救ったという説

大統領選挙年は4年に一度のアメリカの政治の季節。長いプロセスを経て大統領が決まるその過程でなにがより重要なのかをゆっくり考える機会を与えてくれるイベントという意味ではけっこうなことだというのが私の米大統領選挙観です。日本の2週間ほどで突然選挙が始まって終わるプロセスとは相当に違う。

その4年に一度のタイミングに合わせて問題提起をする動きも活発化するわけです。2016年の前回選挙年にも起こった人種間闘争が2020年にも起こったのを偶然と見るか、大統領選挙年を狙ってわざと起こした計画的な事件だと見るかで大モメにモメたりもしています。
一警官が黒人容疑者をカメラの前で窒息死させてしまったのを計画的と唱えるのはムリだろと思われるでしょうが、実際にそういう主張をしている人はSNS上にいくらでもいました。トランプ政権幹部が決して「Black Lives Matter」とは言わない、Black Lives Matterは国民の分断の言葉だとまで言って反発するのは、人種問題が今クローズアップされているのは計画的な反乱行為だという主張と軌を一にしていると言えます。

そんな感じで国内でまともなものからトンデモまで様々な政治的主張が飛び交うのが大統領選挙年ですが、最近公共放送PBSで「America's Socialist Experiment」訳せば「アメリカの社会主義者実験」という番組をやっていました。これも政治の季節に合わせて制作されたのかなぁという感じの企画です。中身は中西部ウィスコンシン州ミルウォーキー市を題材にした番組でしたが、なんとそれに前MLBコミッショナーのBud Seligさんが出演していてびっくりしました。SeligはMLBのコミッショナーになる前はMLB Milwaukee Brewersのオーナーで、ミルウォーキー市生まれ育ちで往時を知る地元の名士の一人ということでこの番組に出演していたようです。

ミルウォーキー市というのはアメリカでは珍しいSocialist Partyの市長を3代も選んだ都市だったそうです。市長の政策が社会主義的だったという話ではなく、Socialist Party社会党の候補として当選した市長が3代計40年以上もあったと。一時点では民主党と共和党が統一候補を立てないと勝負にならないほど社会党の市長への支持が強かったという歴史すらあるそうです。それでその後同市やウィスコンシン州がさらに左へ行って共産化したかというとそうはなってないんですが、とにかくそういう歴史があったと。番組の中身はなかなかおもしろかったのですが、多くはアメスポと関係ないので当ブログで取り上げるべきことではないでしょう。


それで表題の件です。
ここからはSeligさんの意見なんですが、ミルウォーキー市が社会主義政策を推し進めたことでスポーツ界にも良いことがいくつも起こったと言うのです。その一つがNFL Green Bay Packersが生き延びることができたことだと言うんですね。話の展開があまりにも意外で見ていて、ほぅ、どうなるとそうなるの、と見入ってしまいました。
当ブログでは過去何度も書いていますがBud Seligコミッショナーは優秀な方でMLBの現在のビジネス的隆盛の大半はSeligコミッショナー時代の功績でしょう。1990年代のストによる人気低下後から就任。リーグ拡張、ポストシーズン改革、インターリーグ戦創設、ステロイド政策の策定、労使両方から反対されながらWorld Baseball Classicを創設したのもSelig時代の功績のひとつです。いまのコミッショナーとはリーダーシップで比較になりません。喋り方はぶっきらぼうなのに説得力はあるというなかなか味のある方でした。

Seligさんに言わせると社会党の市長の下、同市は市民ためのスポーツ施設の拡充やミシガン湖に面した公共のビーチの開発などに努めた。その流れの中、MLBチームもないのに公金でMLB仕様のスタジアムも建てたのだそうです。リーグ拡張に失敗して破産状態だったMLB Seattle PilotsをSeligさんが購入してMilwaukeeに移転してそのスタジアムにすっぽり入ったのは後のこと。

で、Packersですが、当時ウィスコンシン州内の小都市Green BayでPackersは財政難に陥り身売り移転倒産が間近だったと。Milwaukee市はPackersの移転誘致も念頭に同市内でのPackersの試合を開催。開催地は上述の公営Milwaukee County Stadium。同所での試合は多くの観客を集め、Packersに当座の資金とGreen Bayの新スタジアム建設を計画するための時間的な余裕を与えたのだというのがSeligさんの述懐です。Milwaukeeの公営スポーツインフラがPackersを救ったというわけです。
その結果できたのがNFLの名物スタジアムのひとつLambeau Field。大箱のLambeau Fieldを得たことでPackersは経営的安定を確保し小都市にも関わらず存続できたアメスポでも稀有な存在として生き残ったという流れだそうです。

私が最初に渡米した頃もPackersはまだ@Milwaukeeでも試合をしていたのを見た記憶がありますからLambeau Fieldができた後もMilwaukeeとの繋がりは末永く残っていたことになります。


アメリカでは国内で静かに社会主義が台頭しているという話はときどき耳にするようになっています。その流れの中で、アメリカ近代史で既に米国内で一度実際に社会主義の地方政権が存在した実例をまとめたドキュメンタリー番組だと理解してます。1960年以降は同市の市長には民主党候補が連続当選しているようで、なぜ社会主義は廃れたのですかという問いについては、社会主義的な政策で良かったものは大半既成政党が取り込んで当たり前の政策になって既に実現しているからだというのが同番組に出演していた識者の意見でした。その辺は日米を含め西側陣営各国似たような状況かと思いますので理解しやすいところです。
記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文