アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

MLB/Baseball

CowboysオーナーJerry Jonesが跪く

いやいやいや。一週間前からは想像もつかないことが続いています。Monday Night FootballのDallas Cowboys@Arizona Cardinals戦。なんとあのDallas CowboysのオーナーJerry Jonesが試合前に選手達とともに(但し国歌演奏前に)跪くという事態に。驚愕の展開ですね。Jonesはこれまで抗議方法としての国歌演奏時の不起立には賛成しかねるという立ち位置だったのが急展開。まさかのご本人が参加してのコレです。

その場面、ライブで見ていなかったのが残念ですが、あのJerry Jonesが本当にそんなことまでするのかと。

Jerry JonesはCowboysのワンマンオーナーで組織内に面と向かって意見できるような人物はまずいない。NFL No. 1の人気チームのオーナーとしてSuper Bowlを勝ったHCすら次々切って棄ててきた。自分より目立つHCは要らない人です。そしてあの巨大にして美麗と異様を誇るAT&Tスタジアムの主。オイルミリオネアが集うテキサスでも特別な立場のビリオネア帝王。そのJerry Jonesが公然跪くとはびっくりです。まあ確かに芝居がかったことがお好きな方ではありますが。

昨日の日曜日の試合ではいくつかのチームのオーナーが選手達を腕を組んで組織全体での連帯を示す行動には出ていましたが、国歌演奏時には起立はしていた。そこからさらに一歩進んで、それもあのJerry Jonesが。これは一体どこまで行くんでしょうか。来週までには少しは沈静化しているのか。


一方、野球MLBで唯一膝付きの抗議行動にでていたOakland Athleticsのルーキー捕手Bruce Maxwellは抗議行動後初の試合出場を先発で果たしています。抗議行動が理由で干されているわけではない、ということになりました。

今日MLB Networkでもこの問題を議論していました。野球ならではの問題もあるみたいですね。30球団ありますが、なんでもアメリカ人の黒人選手はいま60人だか70人だかしかいないとか。各チームに2人の勘定です。そんなに少ないの?とびっくりしました。肌の黒い選手はたくさんいますが、ドミニカ共和国など中南米カリブの出身者の方がアメリカ国籍黒人選手より多いんですね。なかなか複雑です。あまりに少数なのでMLBではマイノリティとして声をあげにくいということをChris Archer (Tampa Bay Rays投手、今春のWorld Baseball Classicの米代表優勝チームのメンバー)が言っていたようです。うーん。WBCのアメリカ代表といえばWBCの期間中に監督だったJim Leylandは「国歌で起立しない選手は出場させない」と明言していました。

また別の意見としてMLBは毎日試合をする、この国歌問題を毎日誰が立つだ立たないだとやらなくてはいけないのは選手にとってすごく負担だ、という意見もありました。週一の(あとの6日間は練習に集中できる)NFLとは違う。だからできれば関わりたくないと。それも正直な気持ちとしてはわかる気もします。

Little League World Series開幕+MLB

今年も少年野球のLittle League World Seriesが始まりました。野球の楽しさを伝えてくれる恒例のイベントです。日本からも東京北砂が参加、今日初戦を戦います。ほぼ毎年のように日本代表チームは優勝候補だったのですが、昨年は一勝もできずにまさかの敗退。今年はどうでしょうか。

今年のMLBがLLWS期間中に開催地ペンシルベニア州Williamsportで公式戦を行うという新企画があります。MLB Little League Classicと銘打たれた試合。わざわざClassicと名前を付けるぐらいですから来年以降も続ける意図が感じられます。St. Louis Cardinals@Pittsburgh Piratesが8/20日曜日に。Pittsburghは同州内に本拠を置きます。LLWS期間中ということで少年チームたちも全員観戦に招待されている。

これは良い企画なんじゃないかと思います。日本チームなどはアメリカ遠征の際にニューヨーク経由で帰る際にYankeesスタジアムに寄っているのがよく報道されていますが、他国の選手達はそういう機会があるとは限らない。せっかく遠くアメリカまで来てMLBの試合に触れることなく帰国するのはもったいない話です。外国チームだけではなくアメリカ国内のチームにしても国土の広いアメリカ、MLBの開催都市から遠いところの選手たちもいるでしょう。今年だと僻地South Dakota州のチームが参加してますね。

アメリカでの野球離れが徐々に進行しているのはMLBにとっては大きな問題で、こんな機会にLLWSにやってきた選手・父兄が一生MLBファンでいてくれるように願っての交流企画はとてもいいのではないか。私なんかにしてもLLWSの試合はかなりの試合数を毎年見ます。短くさっさと進みさっさと終わりテンポ良い。見やすいんですよね。内容はプロに敵うわけもなく、日本の高校野球以下の内容なのは当たり前ですが、それでもなんら問題を感じさせない、野球の楽しさを再認識させてくれる絶好のイベント。ここにMLBが一枚噛んで野球全体で一体感を出すイベントに格上げされることになった、という感じでしょうか。


あと小ネタですが意外なTVレポーターが昨日の初日に登場していました。元女子サッカー米代表だったJulie FoudyがLLWSに初登場(のはず)。女子サッカーの解説で普段はよく見かけるFoudyですが、なんでまた畑違いのLLWSに起用されたのか。

バスケットボールの夏侵攻

ごぶさたしております。怪我をしまして、その後他にもいろいろあったのでそのままずるずると更新しないままになってしまいした。以前のようにはいかないかと思いますが、つれづれに。

久々に書いてみようかなと思ったのはこの夏のバスケットボール番組の多さがきっかけです。数年前から私はNBA Summer Leagueが好きでよく見ていたのですが今年はESPN系での放送回数もずっと増えたようで露出度がアップ。冠スポンサーもついて完全に定着。特にLas Vegasでの開催分などは興業的にも随分と盛り上がっています。今年の場合はドラフト全体2位でLos Angeles Lakersに加入したLonzo Ballのデビュー戦は戦前からスポーツマスコミで大々的に取り上げられていた(但し初戦は内容は乏しかった)り、その後二戦目から一気に調子を上げ、最後はLakersがSummer Leagueチャンピオンになるところまで、なにやら長編スポーツ漫画の序盤を見るような展開。Las Vegasという土地柄(Los Angelesの属国のようなところがあります)もありLakersファンが多数会場に毎試合詰めかけて応援。NBAの方で奮わない昨今の鬱憤を晴らす、近未来のLakers復活を想像させるような盛り上がりぶり。組織に復帰したMagic Johnson社長が気の利いたコメントをうまく出してくれるのもあってLakersの若手達の敢闘をより引き立てた感じでした。

気になったのは野球MLBとの関係。このSummer Leagueの開催中、ESPN Sports Center(アメスポ報道のデファクトスタンダード)でMLBの試合よりもNBA Summer Leagueの試合報道の方が先に来ることが多数だったのです。これはけっこうな衝撃ではないでしょうか。長い長いMLBのシーズン。過去様々な新興リーグ・スポーツがMLBのシーズン中にイベントをしかけてきた歴史があり、それらの後発組の単発ビッグイベントがMLBからスポットライトを奪うことはままあります。ゴルフやテニスのメジャーイベントがそうですし、Indy500やケンタッキーダービーなどもそうでしょう。MLBのシーズンに真っ向からそのシーズンをかぶせているNASCARやサッカーMLSなどもありますが、特別な試合・レースでもレギュラーシーズン対レギュラーシーズンの勝負ではNASCARやMLSの露出や話題がMLBを凌駕したことはないと言って良い。それがたかだか若手の腕試しであるNBAの二軍戦のようなSummer Leagueに露出と話題でほぼ二週間に渡ってMLBが後塵を拝したようなスポーツマスコミの扱いはちょっとしたショックです。

さらにその後、3-on-3のプロリーグであるBIG3の興業が続いてこれもけっこうな量のマスコミの扱いがありました。3-on-3は唐突に2020年東京五輪での公式競技採用が決まるという追い風が吹いている3-on-3のプロツアー。元NBA MVP私も大好き Allen Iversonのプレーする姿が再び見られる、とかDoctor JやDrexlerが監督するとか、NBA OBによるシニアツアー的なムードで10都市をツアー。

さらにまたその後にはThe Basketball Tournament 2017という大会がESPN系で大量に放送。こちらはカレッジバスケの元スターを集めて出身校を思わせる名前をチーム名として、カレッジバスケのシニアツアー的なものに。64チーム、6都市で開催。

優勝したのはSyracuse Orangeの元選手たちを擁するBoeheim's Army。BoeheimというのはSyracuseの殿堂入り監督の名前です。元VillanovaのチームはSupernova、Ohio StateのそれはScarlet & Gray、GonzagaはFew Good Menなど母校のニックネーム、チームカラー、名物ヘッドコーチの名前などを入れて母校を連想させるようにして(なおかつ母校の有する商標など法的問題を避け)疑似カレッジバスケットボールシニアツアー的に色づけした代物です。究極的には疑似March Madnessを目指しているんですかね。

と言う具合でNBA Finalsが終わった後も、ドラフト、サマーリーグ、BIG3、The Basketball Tournamentとバスケ番組が夏中ずっと続いた印象なのです。

これまでMLBの夏へのチャレンジャーたちとは違い、アメスポ本流のバスケの夏侵攻、というのは野球側から見れば大きな脅威じゃないでしょうか。後半のBIG3やカレッジシニアツアーの様なものが来季以降どうなるかわからないですが、運営費は低そうなのは確実、新たな夏の定番になるかどうかしばらく実験は続きそうです。BIG3は少なくとも2020年に向けて続けるんでしょうねえ。



0-0の投手戦のプレーオフ

San Francisco Giants@Chicago CubsのNational League Division Series(NLDS)がスタート。GiantsはWildcardに続いて終盤まで0-0の投手戦を演じて、個人的には満喫。エース同士の投手戦は見応えがあります。前戦はMadison Bumgarner対Noah Syndergaard (New York Mets)、昨夜はJon Lester (Cubs)対 Johnny Cueto (Giants)。Cuetoは昨年はKansas City Royalsの一員としてポストシーズンで活躍。今年は偶数年に強いGiantsに乗り換えて二年連続の栄冠に臨もうというところ。8回裏にソロホームランを被弾して0-1での完投敗戦。あのホームランは打った瞬間はうわ、行った、という感じのフルスイングと打球速度だったのですが、結果は意外にもぎりぎりホームランゾーンに届いての決勝打。Cuetoは責められない。ハイレベルな戦いでした。好シリーズが期待できそうです。

日本から見るとたぶんYu Darvishが4ホームランを浴びてTexas Rangersが2連敗となった試合の方が重要でしょうか。昼の試合だったのでちょっとだけしか見られませんでしたが序盤はカーブ(?)とボールになるハイヒートで相手打線を翻弄していたように見えたのですが、二連発を浴びた(同イニングの三本目は見られず)あたりでは打たれる前からボールが捕手の要求のところに行っていない風でしたし、いずれも直球系を打たれたのですからあの時点でボールの速度で押しきれない状態になっていたということでしょうか。

またもMadison Bumgarner完封でGiants、NLDSへ

いよいよ伝説の域に入ってきた感じです。10月のMLBはこの男がいないと締まらない。San Francisco Giants先発投手Madison BumgarnerがNational League Wildcard Gameで再び完封勝利。New York Metsを3-0で下して、Cubsの待つNLDSに進出決定。4安打完封。二年前の対Pittsburgh Pirates相手のWildcard Gameに完封勝利したのに続いて一発勝負のWildcardで二連続完封勝利。これに2014年のWorld Series第7戦での5イニングのロングリリーフでのゼロ封を含め、Do or Dieの試合で24イニング無失点とか。面構え、試合後のインタビューも含めて風格というか怖いぐらいの落ち着き払いぶり。

この完封劇、紙一重で不安定なGiantsのリリーフに頼らなくてはいけない可能性があったわけです。9回表、8番打者Conor Gillaspieのところで1アウト一二塁の得点機。見ていて、あーこれホームランかダブルプレー以外は(代打を出されて次打者の)Bumgarner降板だなあ…と思っていたら、なんとホームランですよ。この巡り合わせがすごい。3ランホームランで一気に3−0となって、ネクストバッターズサークルに出ていた代打を引き上げてBumgarner続投へ。そして最終回のMetsの中軸の攻撃も三者凡退で完封達成。Giantsのリリーフ陣は不安定でBungarnerが同点のまま降りたら先行きはMetsに有利に流れそうだったのにそこへ至らず。

勝利後のGiantsの喜びぶりがまた良かったです。勝ち抜くことに馴れたチームの佇まいではしゃぎ廻る選手は少数。最多勝Chicago Cubsとのシリーズが楽しみです。

9回表のGiantsの攻撃は無死二塁で、送りバントのケースにバカバッター(Angel Pagan)が走りながらバントを二度まで失敗。日本でなら中学生でもやらないようなバカげた失敗です。0-0の9回表、無死二塁でなぜお前は走ろうとする?いいからそこで腰を落としてしっかりバントせんか、と(別にどっちを応援していたわけでもないですが)ちょっといらついてしまったんですが、そんな細かいことは帳消しにする3ランホームラン、そしてBumgarnerの完封フィニッシュ。

Metsの先発Noah Syndergaardも7回を二安打無失点10三振で期待に違わない投手戦、0-0。こういうエース同士の緊迫した試合はいいっすね。久々に堪能。ただSyndergaardを下げてしまった後のリリース陣が締まらず。120球でもびくともしない自信と監督からの信頼を持つBumgarnerの実績も込みの勝ちと言えましょう。対Cubsの第3戦(@San Francisco)でもBumgarnerが投げるはずです。楽しみですね−。

事前の戦術シミュレーションが必要ではないのか

今夜はMLB National League Wildcard Game。New York MetsはNoah Syndergaard、San Francisco Giantsはプレーオフで最も頼りになる男Madison Bumgarnerの両エースの先発の好カードで期待してます。そちらはまた試合後にでも。

昨日のBaltimore Oriolesが絶対クローザーZach Brittonを投入し損ねた件です。MLB Networkではこの件を各解説者が熱を込めていろいろ語っているのですが、どうも今ひとつ我が意を得たりという意見が出てこないのでちょっと勝手に感想を。全体的によく指摘されているのはアウェイのチームのクローザーの投入をレギュラーシーズンと同じやり方でやるのは違うだろ、という点。それはごもっともな話です。セーブの場面でないと使えないという契約での縛りすらある場合もあるという話は以前にも聞いたことがあるので、通常の試合であればBuck Showalter監督が延長戦の表に得点して勝ちにいくときまでBrittonを温存するというのはアリなのかもしれません。ただ昨日に関しては試合後にBritton本人がメディアに発言しているところによれば「セーブ場面でなくても行くから」という自らの意志を監督コーチに伝えていたということで、契約や人間関係は問題ではなかった。使えなかったのではなく、単に監督の意志として使わなかったという問題です。

そこで気になったのは一体MLBのチームの首脳は事前に試合のシミュレーションをしているのだろうか?ということです。ALDS第1戦の先発予定の投手を除いた全員が出場可なのか、それともALDS第2戦、第3戦の先発投手まで使えないとするのか。先発投手の不調の場合の早い回でのリリーフは誰を想定するのか。明日のない戦いなのですから通常の試合とは違う2番手投入のタイミングと人選が必要なはず。延長戦になった場合の継投の順番は。そして今回問題となった絶対クローザーの投入タイミングについての想定はどうなっていたのか。

Torontoの方は実際に先発ローテのFrancisco Lirianoを投入したことから判る通りはっきりLirianoは投げると事前に決まっていたのであろうと思われますが、Baltimoreの方はよくわからない。通常の試合なら8回裏の試合を決まってしまいかねないピンチのときに先攻チームはクローザーを投入するかというと、MLBの場合、まずしない。でもこの日のような勝たなくては終わる試合なら投入すべきでしょう。少なくともその場合を想定して事前に検討・関係者に告知しておくべきで、戦術は当然変わっていいはず。これが7回裏だと2アウトだとしてもかなり判断に苦しむところですが、とにかくそれぞれの事態の前に事前に検討はすべきであると思うのです。それと同じように延長戦での投手のやりくりも。野球は比較的こういう場面場面を想定してシミュレーションをしておくことがしやすいスポーツのはずです。


こういう発想をしてしまうのは私がフットボールファンだからかもしれません。フットボールでは「8点差以下4点差以上、残り1分半で相手のタイムアウト2つ残りの場合」といったシチュエーションごとの攻め方というを想定して事前にまとめてあるのが普通です。そういう戦い方を常にするのがフットボールで、事前のシミュレーションは当然の準備です。野球はその点どうなのかな、ということを昨日の試合や、その後のMLB Networkその他のメディアの議論を聞いていて疑問を感じました。いつもと違う戦い方をするのがわかっているべきですから、各場面の準備も当然してあるべきかと思いますが、Buttonの投入機会を失ったBaltimoreの側に準備面の手落ちはなかったのか。その辺りが気になるところです。

例えば一昔前のYankeesの黄金時代のJoe Torre監督の時代ははっきりこういうのを周到に準備しているのが見て取れて、ああいいな、すごいな、と感心できたものですが、それからさらに時代が進んだのにクローザーの出し損ねで別の救援投手が三連続クリーンヒットを喰って終戦。なんか21世紀になったのに全然進化していないような匂いが気になりました。ちなみにShowalterはYankeesではTorreの前任の監督でもありました。

今年もカナダで祝砲 Blue Jays

いやー。振った瞬間に行った、と。またやった。MLB American League Wildcard Game Baltimore Orioles@Toronto Blue Jays、11回裏にEdwin Encarnacionのエクスタシーに達するような凄い打球が二階席に突き刺さったサヨナラ3ランホームランで決着。すごいスイングでしたね。思わず声が出る。これで勝ったBlue JaysはAL最高勝率のTexas Rangersとのシリーズへ進みます。カナダの地に唯一残ったMLBフランチャイズであるBlue Jays。ただプレーオフに出てくるだけでなく今年もファンを興奮させる大変な勝ち方で北の地でまたベースボールの人気を高めてくれたんじゃないでしょうか。バスケNBAの今春のプレーオフでToronto Raptorsの応援で使われた「We The North」のサインを掲げたファンがいましたけれど、いいなと思いました。この「俺達のチーム」という感じが大事なんですよね。

勝ったBlue Jaysにはまだオフシーズンの話は早いですが今日のヒーローEdwin Encarnacionも、昨年のバットフリップ王Jose BautistaもこのオフにFAになっちゃうんですよね。物事は順番というのがあってその問題は後で考えることですが、可能性としては昨年今年のスーパーホームランのヒーローが来年のリングセレモニーのときには二人ともいない、なんてこともありうるわけです。

敗れたOriolesは悔いの残る敗戦。サヨナラホームランを献上したUbaldo Jimenezはその前二人続けてレフト前にクリーンヒットを喰っている。1試合に全てが懸かるWildcardの、延長戦の裏の攻撃の、ぎりぎりの戦いでなぜそこで続投だったのか、という監督批判がBaltimore界隈では渦巻いていそうです。Oriolesの絶対クローザーZach Brittonを遅まきながら投入の一手かという場面でなぜかBrittonを温存。後がないのになぜ温存するのか。Brittonは元先発投手ですから必要なら回またぎでも行くでしょうし、そもそも負ければ後がなく、勝っても次戦は木曜日で連投はない。先攻ゆえリードしてBrittonを投入したいというBuck Showalter監督の考え(であろうと思いますが)もわからないでもないですが、1アウト1塁3塁、硬直した考え方とも言えます。もったいない話ですね。この負け方は来季以降に監督批判という尾を引く残念な負け方と言えそうです。


友に捧げるアッパーデッキ弾

MLBの試合を丸ごと見たのは今季初めてです。New York Mets@Miami Marlinsの試合がMLB Networkで緊急差し替え放送。同局はMLBの直属なので急な差し替えは割とよくあります。24歳エースJose Fernandezの急死の追悼試合となりました。試合前、試合後の様子もほぼノーカットで放送。この辺は手持ちのTV局がある強みでしょう。

一回裏、Marlinsの攻撃。1番Dee Gordonは左打ちですが、一球目を右打席に立って見逃し。死んだ友Fernandezの番号の入ったヘルメットで一球目を友に捧げたということでしょう。すぐにヘルメットを本来の左打ち用に換えて二球目から本番。そして三球目。Gordonの当たりは右翼席アッパーデッキに直撃の先制ホームランとなりました。これがGordonの今季1号ホームラン。試合終了直後のインタビューでの本人の弁によると打撃練習でもあんなに飛んだことない、とのこと。インタビュワーが「誰かが(Fernandezが、または神が、というニュアンス)打たしてくれたと思いますか?」と問うと「神様がいるって信じられるよね」とぽつり。元々Gordonはおとなしいタイプで、語り口も朴訥。今季はPED違反で長期出場停止を喰って選手としての評価を微妙にしてしまった失敗シーズンとも言えますが、シーズン最終週に男は上げたか。第四打席まで四安打とGordon本人は一生忘れられない活躍となりました。

尚、これもGordon本人によれば右打席で着用したヘルメットはFernandez使用のものではなく、Gordonのサイズの右打者用にFernandezの背番号を入れたものを使用したとのことです。

Gordonの神がかり先頭打者ホームランで勢いづいたMarlinsが7-3で快勝。ホームランを打ったときは涙が止まらなかったGordonも快勝の試合終盤にはGiancarlo Stantonと顔を見合わせて笑顔を見せるまでに。野球をやることが彼らを癒したか、勝ちを亡き友に捧げられることでホッとしたか。試合後はマウンドを囲んでMarlins全選手で肩を組んで円陣。最後は全員が帽子をマウンドに残してこれもFernandezに捧げたことに。


イスラエルがWBC本戦へ

ついさきほど終わったのですが来春の第4回World Baseball Classicの本戦出場の最後の一枠をイスラエルが英国に快勝して得ています。MLB Networkでやっていたので横目で見ていたのですがなかなか良かったです。この最終予選では前回大会で良いプレーで楽しませてくれたブラジルも出場していましたがそれも破ってのイスラエルの初出場です。B組で韓国ソウル大会へ出場予定。

本戦のB組はホスト国の韓国、台湾、オランダ、イスラエルの四カ国。第3回大会でのオランダの躍進の記憶はまだ新しく、さらに初登場となるイスラエル。これ、今日のメンバーは若い選手たちだけですが、例えば2011年National League MVP Ryan BraunだとかIan Kinslerなどといったビッグネームもご本人さえ乗り気になればイスラエル代表として出場可能なはずで、私も意識していないイスラエルの血を引く現役のMLB選手が大量に出場すればこのB組は死の組になる可能性なしとしません。アメリカの出場するC組が一番楽かな。

WBCも第4回になってかなり良い感じになってきましたね。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文