アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

MLB/Baseball

MLB 戦術分析をさらに先鋭化へ

MLB Tampa Bay Raysが「Process and Analyticsコーチ」という新設のポストを作り、プリンストン大で数学専攻だったJonathan Erlichmanをそのポストに任命しています。2013年にインターンとしてRaysに入団。その後はフロント付きの戦術アナリストだったのを、今回コーチ職として正式に配転。今季はユニフォームを着てベンチ入りして実際の試合の中で戦術面の助言を担うことになるようです。こういう分析の肩書を持った現場のコーチはMLBでは初。たぶんアメスポ全体でも初。

Ive Leagueのプリンストン大を卒業したのが2012年となっていますので年齢はたぶんまだ20代のはず。同大の数学部はHarvardやMITなど並み居るエリート校をおさえて全米ランク1位の超優秀学部。そこの卒業生がなぜか野球の分析に熱意を発揮して2012年にToronto Blue Jaysにインターンで入り、翌年にTampa Bay Raysに。その仕事ぶりが組織内で評価されたということなのでしょう、今回こういう形で入閣となってます。

選手としての野球の実績があるとは思えない頭の良い若者を抜擢人事。どんなすごい分析と判断を下してきているのかは企業秘密ですから表には出てきませんが、どんなことになるのか実に楽しみです。ベンチでは電子機器は使えないというルールになっているので、分析結果をアンチョコでプリントアウトしてベンチに持ち込むということなんでしょうね。

古い野球一筋の選手監督が本当に
Erlichmanの分析で出してきた戦術に素直に従うのかどうか、という人間関係的な問題はまだ残りますが、そこはあとはその分析の正しさを現場で証明して信頼を得ていくことになるのか。

こんな突飛なことをできるのはサラリーの限られたスモールマーケットの弱小チームだからでもあるのでしょう。お金で選手を揃えられるところならこういう発想はしない。先発4番手と5番手をアップグレードして何勝かを積み増しするというような従来の発想になるところ、それができないチームの財政事情があって、だったらどうするか、ということで出てきたことかと。

2018年のTampa Bayは90勝72敗。AL東の上2チームRed SoxとYankeesがシーズン前半から飛ばしまくったのでTampa Bayはまったく目立ちませんでしたが、ワイルドカード枠まで7ゲーム差のAL全体の6位の成績。長年Raysの顔だったEvan LongoriaもDavid Priceも放出済みで静かに90勝。
決して悪くない。戦術の洗練化で7勝を積み上げられるならばプレーオフ進出が望める位置に既にいるのです。シーズン162試合中の接戦の7試合をひっくり返すというのはムリな目標ではないでしょう。

戦力的には36歳のクローザー25セーブのSergio RomoがFAで退団が濃厚でしょうが、それ以外はさしたるロスはない。若い選手の多いロースターを素材として分析班がどういう配置をして料理するのか。

こういうベンチ内・現場に分析班を投入するのは初めてとしても、MLBで戦術分析の重要さが強調される傾向は数年前から現れています。昨年のOakland AthleticsやBoston Red Sox、一昨年の覇者Houston Astrosもより洗練された戦術分析とその応用でかなりの勝ちを拾ったとされます。そのもう一歩先を狙ったTampa Bay。どんな成果がでるのか楽しみです。

GoldschmidtがCardinalsへ

オールスター常連選手であるPaul GoldschmidtがArizona DiamondbacksからSt. Louis Cardinalsへトレードになっています。ウィンター・ミーティングもまだの時期なのによく大物が動きますね。先日のRobinson CanoのSeattle MarinersからNew York MetsへのトレードはSeattleの組織内での軋轢が引き金で急に動いたと教えていただいたわけですが、今度のGoldschmidtはどうでしょう。St. Louis側から見れば現時点ではヒットなのでは。

St. Louisというのは一種独特なスポーツマーケットです。四大プロスポーツではMLB CardinalsとNHL Bluesのみ所在。数年前まではNFL RamsがいてSuper Bowlにも勝ったのですが、NFLのLos Angeles再参入政策でRamsは移転。またNFLチームを失いました。カレッジスポーツも準地元的な存在としてはMissouri Tigersが存在するにはしますがMissouriはフットボールもバスケもあまり強くない。NHLのBluesはなんとかMLBの裏作で生き残っているものの、基本的にはMLB Cardinalsの独占市場に近い都市圏と言えます。行くとわかりますが、地元のCardinals愛が強く、ファンがSt. Louis Cardinalsの歴史的戦績について強いプライドを持っているのが特徴です。全国的にはそういう認識があるかどうかはかなり疑問なのですが、地元的な視線ではCardinalsはNational League随一の名門で、American LeagueのNew York Yankeesに比肩するチームであるというぐらいのプライドの高さです。

そこへ2019年が契約最終年となるPaul Goldschmidtが加入。昨今のFA市場の冷え込みと契約交渉の進行の悪さは近い将来にFAを迎える大物選手にとっては悩ましいところ。Goldschmidt個人の意思が今回トレードの中でどのように作用したかまでは現時点では明らかではないですが、放出した側となったDiamondbacksから見るとGoldschmidtとの再契約は(少なくともGoldschmidt側が要求しているような内容では)ムリと判断してトレードで得を取ったということでしょうね。

一方St. Louisはプライド高い球団ですし、中部の中都市に見えてもお金は出すときは出すはず。来季2019年に31歳となる働き盛り。Goldschmidt側から見てもDiamondbacksよりは経営基盤・ファンの支持の強固なCardinalsの方が契約延長交渉ではより好条件が見込める相手なんじゃないでしょうか。そういう意味ではGoldschmidtはトレードを歓迎している可能性があるかと。
FA市場が冷え込んでいる中、St.Louisが31歳の野手に長大契約を提示するのかどうかはわからないです。Goldschmidt側の方も安全策を選んでFAになる前に7年程度の契約で手を打つ可能性はあると読むべきか。そもそもFAとは違ってSt. Louisは独占的にシーズン中時間をかけて交渉ができるのですから余裕があります。

今後もFA市場よりも既存の契約内のうちの再契約交渉を優先するようなトレンドが続くんでしょうか。

大差でOhtani AL新人王

えーそんなに大差なのか、とさっきの発表で驚きました。MLB ALの新人王の発表がさきほどありました。シーズン途中で離脱、さらに再離脱したときはもうさすがに新人王は無理かと思ったShohei Ohtani、逆転での新人王獲得になってます。そうなのかーと。おめでとうございます。
新人王争いの対抗の2人がともにNew York Yankees所属だったので票が割れてOhtaniがさらう可能性はあるのかなとは思っていましたが、圧倒的に1位票を獲得、票割れとか関係ない開票結果になってます。

大量の試合が連日行われるMLBというジャンルではどんな専門家でも候補者全員を連日追い続けることはまず不可能で、結局のところ残した数字で判断される面が強い。ところが今回はOhtaniという特殊な二刀流選手が候補だったので数字対数字での比較ができない、特殊な新人王投票になっていたわけですけれど、その比較しにくい中でOhtaniに支持が集まったのは、ベーブ・ルース以来100年に一度の特殊な才能を投票者たちが歓迎したということでしょう。

日米野球2018進行中

MLB Networkで2018 MLB Japan All-Star Seriesの放送がされています。東部時間帯では未明の放送で録画で見ました。野球は録画で飛ばし見ができたほうが見やすい面も強いので個人的にはこれで十分。ここまでYuki Yanagitaの活躍がなによりも目立っており、身体のサイズも大きめでMLBからしたらこんな良いバッターなら欲しがるところがかなりあるんじゃないでしょうか。日本での契約状況ではすぐにはMLBに来ることはできなさそうですか。

MLBポストシーズンに出場していない選手たちは既にオフシーズンモードに入って1ヶ月以上。トップコンディションではない選手もいるにしても日本に完敗なのはさすがに彼らの気に障っているはずで今後の奮起が期待されます。昔と違って遠い異国の試合でも本国で放映されているのもわかっているわけですしあまり無様なままで負け続けるのは嫌なはずですから。
World Seriesまで進出したLos Angeles Dodgers所属で一番トップコンディションに近いはずのChris Taylorが空振り三振に取られたときのリアクションがよかったような。インサイドのスライダー(ですか?)がまったく見えなかったようにキャッチャーのミットに収まったボールを振り返りましたよね。MLBのトップ選手にまったく見えない変化球というのはかっこいいような。
こういう試合や選手の反応を見ると、以前にも当ブログで書いていた日米の本気決戦の可能性を前コミッショナーBud Seligが探っていたときの日本側の反応が悪く実現しなかったのがいつも悔やまれます。

日米野球の放送は試合途中に挟まる古い映像がいつも楽しみです。Babe RuthやLou Gehrigをはじめとしたメジャーリーガーたちが第二次大戦以前に日本を訪れた当時の写真やエピソードなどを挟み、日米の100年以上に渡る交流の歴史を振り返るような話題が多く紹介されます。また近年の有名日本人メジャー選手の契約時の映像(Ichiro, Dice-K, Darvish, Tanaka, Ohtamiの5人が名前とともに紹介)や、MatusiやNomoのプレー映像が加わる今シリーズ用に作られた番組冒頭映像もなかなかに盛り上がります。

厳冬&険悪ストーブリーグの幕開け

いきなりビーンボールが飛んできてます。
オフシーズンに入ったMLB。各個人賞が発表になる華やかな時期でもありますが、同時に今オフの銭戦も始まっています。Washington NationalsからFAとなるBryce HarperがNationalsからの10年$300 Millionのオファーを既に蹴ってます。Harperの代理人であるScott Borasによればそんな金額ではまったく話にならないそうです。$400-500 Millionの価値があると考えているとか。

いくらが妥当かはさまざまな計算法と評価があるかと思いますのでどちらが正しいとは言いませんが、昨オフの厳冬契約状況を考えるとそういうふっかけ方してどこが言い値で拾うのかなあという気もします。たとえ年$40 Millionの価値がある選手だとしても、贅沢税とのからみがあるので新しい雇用主の負担総額は$40Mを遥かに超える額となる場合はそこに大きな差がでるわけでもあります。優勝を狙うコンテンダーが手を出そうとすればこの問題はとても悩ましいです。

金額の云々はともかくとしてHarperや、もうひとりの目玉となるManny Machadoの高額FAの行き先が決まらないと他のFAの選手たちは昨オフのような自宅待機を迫られることにもなりまた大変なことになるのでしょう。それが毎年の風景になるようだとMLBのストーブリーグの模様もかなり様変わりになります。それとも昨オフの教訓から早めに手を打つ選手が増えるのか。それとも代理人が横の連携をさらに堅めて全てが遅れるのか。

Borasのふっかけに対抗してかなにか、Boston Red SoxのアドバイザーのBill Jamesが面白いことを言って反対向きのビーンボールを投げています。要約すると「もし今現役選手が全員引退したとしたら、我々は代わりの選手を見つけて雇って試合をするだけのことだ。3年も経ったら(戦力も整って)何も変わらない。チームの方が選手より大事だ。大きな目で見れば選手なんて球場のビールの売り子と同じほどの影響力しかない」とのこと。FA選手と代理人に喧嘩を売るようなことを言ってみたわけですね。
そのアドバイザーのことは私はよく存じませんでしたがこの発言後の各関係者の反応によれば発言者はなかなか球界では評判の良い論客なのだそうです。なので一定の発言力・影響力はある人だと。ということは今年も厳冬オフになるぞという警告が非公式にFA選手陣営に向けてオーナー側から発せられたと考えても良いのかもしれません。
ただ現在の雇用主であるRed Soxは代理人や選手会から標的にされるのを危惧してかこのBill Jamesの発言はRed Sox球団としての意見とは違う、と距離を置くように逃げてます。

Alex Coraのプエルトリコ愛とリーグ拡張

Boston Red Soxの優勝で幕を閉じたMLBシーズン。優勝監督となったAlex Coraが「my island」と何度も呼んでその愛を隠さなかった出身地のプエルトリコではRed Soxの優勝が大きく取り上げられています。アメリカや日本のような大国に住んでいると忘れてしまうのですが、小国にとってはこういう出身者の大きな舞台での成功はエキサイティングな話題になるのでしょうね。プエルトリコは正確には国ではないですが。

野球でプエルトリコと言えばWBCでの活躍が記憶に新しいところ。2013年、2017年と連続で準優勝。日本のスポーツファンからすると2013年の準決勝での直接対決でYadier Molinaに見事にしてやられた試合が印象が強いんじゃないでしょうか。

プエルトリコというとMLBは一時期旧Montreal Exposの移転を考えていた時期がありました。結局ExposはWashington Nationalsとなって移転はそちらで大成功となっています。
プエルトリコの方はその後Puerto Rico Seriesとして公式戦の遠征試合を組んでいるもののリーグの拡張先候補地としては失格扱いになっている感じですね。現在MLBのリーグ拡張先として名前が挙がる都市はオレゴン州Portland、San Antonio、Charlotte、Las Vegas、そして仏語圏カナダMontrealへの帰還も名前が挙がりますが、プエルトリコという話はでなくなりました。老朽化したHiram Bithorn StadiumをMLB仕様に建て直すというだけの資金の見込みがプエルトリコにはないからです。それどころかプエルトリコ政府は巨額の累積赤字でデフォルトも視野にいれている財政難とされます。それでリーグ拡張先からは外して、短期間のPuerto Rico Seriesでお茶をにごしているわけです。

2018年シーズンはCleveland IndiansとMinnesota Twinsが遠征。今回のRed Soxの優勝でAlex Coraの出身地元である同地のファンはRed Soxの遠征を待望するでしょうが、お金のことを考えるとRed Soxの遠征は難しいかも。特に来年2019年はRed Soxのホームゲーム2試合を英国ロンドンでの対Yankees戦に振り向けています。元々常時満員に近いRed SoxのホームFenway Park。優勝で来季の動員はホームでもアウェイでも好調に推移することが確実。その上ロンドン遠征でホームゲームが通常年よりも2試合少ない。そんな状態でプエルトリコにも遠征というのは、AL東のどこか(Baltimore/Tampa Bay/Totonto)へのRed Soxのアウェイの試合を持っていくぐらいしか無理そうですが、相手チームにとってもRed Soxの試合はおいしい試合でしょうから難易度は高そうです。一年に二度の海外遠征というのも異例でしょうし。せっかくのAlex Coraの地元愛ですが試合という形では簡単には実現しないかもしれません。

World Seiresトロフィーは忘れられた島へ

Boston Red Soxが5−1快勝、4勝1敗でWorld Series制覇。Clayton Kershaw x David Priceの投げ合いで終盤まで突入するクラシックな展開。試合の全得点がホームランによるもの、という2017年ぽい経過でもありました。Red Soxは8回にJoe KellyがPriceを救援 、9回はクローザーのCraig Kimbrelは起用せず昨日の先発だったエースChris Saleを投入。8回9回を6人連続三振で斬ってとってWorld Series制覇のミッション完了。昨日の試合でふらふらだったKimbrelはブルペンで肩を温めることもなかったですが、この辺の見切りの速さはRed Soxの首脳陣=監督業初年度のAlex Coraのお手柄なのでしょう。

World Series MVPには今日2本塁打、シリーズ3本塁打8打点と活躍したSteve Pearce。ジャーニーマンの35歳がキャリア晩年に大きな勲章を勝ち取ったことになります。カレッジはSouth Carolina。カレッジでの優勝の可能性にこだわって大学3年のときにプロ入りをせず(しかし最上級生で臨んだシーズンも勝てず)お金の面では損をしてプロ入り。その後AL東の全チームに一時点で所属するという珍しい経歴の選手です。WARで言うと今季僅か1.4のヒーローの誕生です。

勝利後のインタビューでAlex Cora監督が出身地のプエルトリコに言及してました。監督を引き受ける条件のひとつに昨年大型ハリケーンで大きな被害を受けたプエルトリコへの救援物資を送ることを含めたことを問われて「もうひとつ(Soxのオーナーに)お願いしたいことができた。このトロフィーを僕の島へ持っていかせて欲しい」と地元愛を大いに発揮していました。
プエルトリコはハリケーン被害を受けたものの、昨年は他にもテキサス州、フロリダ州と被害が続出。トランプ大統領率いる連邦政府はテキサス・フロリダには援助を惜しまなかったのに、準州扱いで(大統領選では投票権がない)プエルトリコには援助が薄かった、とされます。本土から離れていて電力・通信のインフラが大きなダメージを受けたために被害の惨状が本土のマスコミに届かず、その被害への理解が進まなかったという事情もありました。Coraはそれに心を痛めていたということのようです。

MLBではRoberto Clemente賞という表彰があり、これはフィールド外でのチャリティに貢献した選手に与えられます。Clementeさんはプエルトリコ出身。3000本ちょうどの通算安打を放った殿堂入り選手でもあります。ニカラグアの地震への救済物資を積んだ飛行機に本人も同乗して行って、その飛行機が墜落して亡くなったという劇的な最期を遂げた方でもあります。この日のインタビューではCoraはClementeには触れませんでしたが同郷の偉人先人であるClementeさんへの敬意がそこにはきっとあったことでしょう。

良いポストシーズンでした。個人的な好みとしては昨年のHoustonのデータ野球もおもしろかったですが今年は優勝したRed Soxだけでなく、Milwaukee Brewersの投手起用などまた更にポストシーズン戦術が進んだ感じもあり、そういう意味で今年のポストシーズンの方が楽しめた気がします。

両クローザー 試合を締められず

今日もまた大変な試合でしたね。昨日のWorld Series史上最長の試合の二日酔いというか観戦疲れで正直今日は観戦意欲がいまいちだった試合だったのですが、0-4からBoston Red Soxが終盤に一気にまくって最終スコアは9−6でRed Soxが3勝1敗としてます。第5戦は明日。

Dodgersの方は2日連続でKenley Jansenが1点差を守れず同点ホームラン被弾。その前の7回表の時点ではRyan Madsonを投入したのですが、Dodgersはリリーフが人材不足なんですかね。Madsonはこのポストシーズン、ランナーを背負ってリリーフに入ってはことごとくそのランナーを返されてきているのに、やっぱりMadsonを起用。硬直した継投になっているんでしょうか?

対するRed Soxの方も5点差をつけての9回裏にクローザーCraing Kimbrelを投入したのに試合を締められずピンチを招いてます。四球とホームランで一死もとれないうちに5点差あったのが3点差に。その後もJustin Turnerにレフト前ヒット。三塁線際のヒット性の当りを三塁手の好守備(昨日のファールフライで観客席に飛び込んだのとは別の選手)でアウトにできたのが大きく、なんとか逃げ切り。ひやひやですね。速球の制球が悪いと見たのか85マイル前後のオフスピードピッチ多投でなんとかかわしきった感じですか。あと一人ランナー(特にMachado)が出たら第2戦での先発から3連投になろうかというDavid Priceも投入もあったんでしょう。シリーズを有利に進めているRed Soxの方が追うDodgersよりも攻めの投手起用で積極性を見せてるのが目立ちます。

Dodgersの方は第1−2戦の左投手用の右打者ズラリ打線をこの日はやめてきましたね。

最強打線を組んでもやっぱり打てず

MLB World Series第3戦。大変な試合になってしまいましたね。今延長13回裏にDodgersが2-2の同点においついたところ。既に東部時間午前2時。試合終了を待ってブログを書くのは諦めてここまでのことを書きます。
Dodgersの先発はWalker Buehler。初回三者凡退2三振でBoston打線を仕留めたのになんと26球を要してしまいました。ファール地獄。こんなことやってるとまた5イニングもたない(NLCSでの前回登板は5回途中降板)かもなと思っていたら、その後どんどん調子を上げて、結果は7回2被安打無失点で完璧な登板となりました。もしこのシリーズがこの先もつれて再び先発の機会が巡ってきたら、と考えると楽しみな快投となってます。

Bostonの先発右のRick Porcelloに合わせてDodgersはやっと最強打線を組めました。第1戦第2戦と先発から外れていた左打者のMuncy/Pederson/Bellinger + スイッチヒッターのGrandalの4人(4人合計でシーズン中に109本塁打)を加えて迫力のある打線でこれまでの貧打の鬱憤を晴らそうという試合。Pedersonが3回にライトスタンドで一閃ソロホームランを叩き込んで左の長距離砲を加えた最強打線の導火線点火!。と思ったんですが、そうはならず。その後は延長12回までゼロ行進。最強打線でもやっぱり打てずという結果に。困ったものです。好投のBuehlerを援護できず。
8回からクローザーのKenley Jansenを投入して1-0のままでの逃げきりを狙いましたが、Jackie Bradley Jr.にホームラン被弾で1-1。
第2戦の先発投手David Priceまで投入して継投を続けるBostonが、13回にやっと勝ち越し2-1。その裏の後がないDodgersの攻撃。1アウト1塁で3塁ファールフライをシフトでショートの位置から取りに行ったEduardo Nunezがフライ捕球もスタンドへ倒れ込む、その間に1塁ランナーが2塁へタッチアップ。これが勝負の行方を変えちゃいましたね。捕球後スタンドまではまだ余裕があり、ケガをしないためにああいう形で客席に倒れ込んだのは普通のプレーのうちかもしれませんが、状況を考えたら踏ん張ってフィールド内にとどまって進塁を許さない形にするのがベスト。記録にはエラーはつきませんがこのミス。これでランナーがスコアリングポジションへ。次打者=最後のバッターになりかかったPuigの打球は投手の足下を抜けて二塁方向へ。Ian Kinslerが捕球してムリな態勢から一塁送球するもこれがそれて2塁ランナーがホームインで同点。ボールが内野より遠く飛ばないままで1点をもぎとってます。まあKinslerにあの状態で一塁に投げたいのはしかたないのか。ベテランでも瞬時の判断はしにくい場面ですかね。あのままボールを持って一塁送球を諦めれば2死一塁三塁で済んだんですけど。たらればを言えばその前のNunezのミスがなければ二塁封殺でBostonの勝利で終わっていたかもしれなかった打球でもあります。
いま15回やってます。Kenta Maeda、ピンチですか。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文