アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

MLB/Baseball

MLBコミッショナーがTroutを批判

なにを言い出すかと思えばこんなことをMLBのコミッショナーが言い出すとは。MLBの未来は暗いなと思わせるものがあります。少なくともこのコミッショナーでは展望が開けることはないのでは。
MLBコミッショナーのRob ManfredがLos Angeles AngelsのMike Troutについて批判しています。コミッショナーの発言は迂遠なので適当に意訳して話を進めますが、要はTroutがホームランダービーに出場しなかったことにManfredは不満であり、またTroutの認知度が他のジャンルのスター選手に大きく劣っているのはTrout自身の努力不足のせいだと指摘してます。
ここで言うTrout以上の認知度を持つ他のジャンルというのは主にはNBA選手であり、次いでNFLや、さらには下位ジャンルであるサッカーのCristiano Ronaldoにすら顔と名前の一致でTrout以上(というかすべてのMLB選手以上)だというデータがあることに基づきます。(Ronaldoの通常の試合はマイナー局での放送なので視聴率は0.1%レンジの世界ですが、こと顔から名前を認識する認知度では高い)

一般アメリカ人の認知度不足の責任をMike Trout本人の努力不足だと言ってるんですね。とんでもない勘違い発言かと思いますが、これがいまのMLBのコミッショナーの認識なのです。
いや違うだろ、と。MLBがタコ壺化して野球ファンだけがMLBのベストプレーヤーであるMike Troutを知っているようになってきている、そういう問題だと私には思えますが、コミッショナーはそうは思っていないそうです。

この発言が飛び出たのはオールスター戦のときの話で、ホームランダービーへの大量参加拒否にコミッショナーがムカついていたタイミングであったでしょうから、言わずもがなな余計なことを言った面もあるのでしょう。確かに先日も当ブログで指摘した通りMLBの選手たちにはファンサービスイベントとしてのMLBオールスター戦やホームランダービーの意義を既に忘れてしまっていると思われるところはあり、コミッショナーが選手たちに苦言を呈したいという気持ちはわからないではない。MLB選手たちの危機感のなさは異常です。それは試合の時短への抵抗など他の面でも現れていて一向に改善のスピードはあがらない。このままではMLBが、ひいては野球がバスケットボールに完敗する将来は避けがたいように見えます。既に若い世代は野球をまるで見なくなってきている。それなのになぜそんなに危機感がないのか、理解不能です。

今日もMLB Networkの名物コメンテーターが嘆いていましたが彼の息子たちですらポストシーズンぐらいしか野球を見ないし、16歳の息子が「Cy Young」という文字を見て「シーワイヤングって何?」と彼に訊ねたというのです。野球の専門家の家庭でこのざまなのだと彼は自虐的に言って笑いをとってましたが、MLBへの若年層での興味の低下は笑い事では済まないレベルまで落ちている可能性があります。そして彼らはMLBのベストプレーヤーMike Troutの顔を知らない。こんなのはMike Trout本人の努力とかそういうレベルの問題ではないはず。

確かに選手側も問題があります。労使協定の交渉で「提供するオムレツは調理人が調理したものとすること」とか「移動のバスは選手一人当たり2席を割り当てる」とかジョークとしか思えない要求をしていたりする。オムレツが何だって?そんな要求はするが「オールスターでは投げたくない」「ホームランダービーに出て成績が落ちたら嫌だ」。MLB機構が推進する時短策にことごとく抵抗する。ああ、MLBの衰退は外から来るのではなく内からなのだなと思わせるものが多々あります。

だからと言ってコミッショナーがTroutを責めてどうなるのか、という点はどうでしょう。MLBという商品自体がそのアピールを失いつつあるから一般人が誰一人MLBの選手を顔認知できないのです。Troutがダービーに出ないなんていうのは枝葉の問題です。出た方が良い。良いですがそれは問題の矮小化です。MLBという商品の魅力低下の問題の核はそこにはありません。

MLBの現在地の縮尺版か

さきほどMLBオールスター戦が終了。終盤になって両軍ともに激しく得点を重ねたので遅い時刻まで付き合った観衆や視聴者は楽しめたかと思います。昨年のWorld Seriesの再現のようなチャンピオンHouston Astrosの選手がLos Angeles Dodgersの投手からホームラン連打。今年もHoustonなのかなあと思わせる持ってるぶりでした。

オールスター戦における最多試合ホームランの記録を大幅に更新。昨年のポストシーズンもそうでしたけれどホームランばっかりですなあという感じ。もうこういうものなのだと割り切って馴れるしかないのか。
他のスポーツでもそういうことはあります。NFLは現在パス全盛で、20年前30年前とはラン・パスの比率が完全に変わってしまってゲームのフローが変質している。NBAでは3ポイントシュートの割合が遥かに高まり、これまた試合の質が変わっている。それと同じようにMLBの試合がホームランと三振ばかりになっても仕方ない、馴れるべきなのかどうか。まだ議論が必要な気がします。

あと今日思ったのですが、オールスター戦なのだからレギュラーシーズンの試合とルールは別ものでも良いはずで、一度ベンチに退いた選手が再登場できるルールにしたらどうでしょうか。ファン投票で選ばれた選手が先発するというルールもあるため、試合が後半に行けば行くほど人気のスター選手抜きでの試合になってしまう。普段の試合では当たり前ですが、オールスター戦なのだから特別ルールで良いはずかと。それぐらいの工夫はあっても良いように思います。

ホームランダービーと愛国

昨夜のMLBホームランダービーで地元Washington NationalsのBryce Harperが優勝。決勝はかなり時間が苦しくなってきたところから一気にスパート、打ちまくって同点。ボーナスタイムの30秒で1本打てば優勝というところから2球目を文句なしの一発で決めてます。スター選手が大量辞退となって出場メンバーが寂しかった今回のホームランダービーを見事に地元のスターが救ったことに。
追い込まれてからの集中力がすごかったです。8本9本?連続で叩き込んで一気に追いつきました。投げていたのはHarperの父親。息子のスイートスポットである若干インコースを狙って投げ込むのですが、決勝までに既にかなりの球数を投げていたせいかうまくボールが来てくれないので息子が苦戦。つらい場面だったかと思いますが、そこから二人とも波に乗ってフィニッシュへ。本物のスターは違うわと感嘆させられるイベントとなりました。決勝で敗れたKyle Schwarberも納得の拍手。
Harperは今季後にFAでNationalsからの転出が有力視される中でのこの快勝。出ていくにせよ出ていかないにせよ、ひとつ武勇伝が増えたことは確実でしょう。

あと目立ったのはHarperが公式戦では使えない星条旗柄がプリントされたバットで打ちまくったところですか。イベント前からヘルメットを着用せずバンダナ姿。アンダーシャツも星条旗柄と愛国全開モード。
MLBとアメスポ第2位の地位を争うバスケNBAがほぼリーグ全体でアンチトランプの方向なのと対称的に、首都ワシントン地元で開催のMLBオールスターはそのような方向性はなし。
イベント前の米軍機によるフライオーバーは、出場選手紹介後にフィールド内で炸裂した花火の煙がたまったままで機影がまったく見えないというアクシデントもありましたが、無事終了ということになってます。あの煙はひどすぎる。事前にリハーサルとかしてないのか、観客席からは選手の姿も見えなかったみたいですね。

ホームランダービーの真裏でLakers x Cavs

わざとそうしたわけでもないはずですが、今夜のMLB ホームランダービーがESPNで放送されるその裏番組としてESPN2ではNBA Summer Leagueの準決勝Los Angeles Lakers x Cleveland Cavaliersの試合が放送される予定になっています。FAで移籍したNBA最大のスーパースターであるLeBron Jamesの元所属先対新所属先の対戦ですね。正直言ってSummer Leagueの方が見たい。これはかなりMLB的には少々まずい裏番組かもしれません。

LeBronはLakersの前戦を会場で観戦。今夜の準決勝も生観戦することが予想されます。たかがSummer Leagueです。が、GMやHC、さらには現役選手選手も観戦に訪れることの多いSummer League。LeBronとCavs関係者が旧交を温める場面が見られるかもしれず、気になります。
出場選手ではCavsの方は昨季LeBronとチームメイトとして働いたCedi OsmanやAnte ZizicがSummer Leagueに出場中。Osmanなどは昨季試合中などにもLeBronに大いになついていた場面が多く、今夜の試合でなにかからむような気がしないでもないです。HCのTyronn LueはLeBronが実質指名して前任のHCを廃してCavsのHCにしたと当時言われた仲でもありますし、これも何かからみがあったら話題になりそうです。

ホームランダービーの方がスター選手が大量に出場辞退で地味なメンバーとなっているのもありますから、Summer Leagueが視聴者を惹く面もあるのではないかなと思ったりもします。

ホームランダービーの死

MLBオールスターの前日の呼び物であるホームランダービーの参加選手が発表になってます。がっかり、びっくりのメンバーとなってます。本拠地開催のWashington Nationalsの主砲Bryce Harperは条件をクリア無事出場メンバーに含まれていますが、他が。
8人出場でNational League所属の選手が7名、なぜかAmerican Leagueからは1名のみ。何があった?と舞台裏を勘ぐりたくなります。AL側には今季ホームランで上位の選手や人気選手が多いのに出場するのはたった一人、Alex Bregman(Houston Astros)のみ。28本でMLB全体トップのJD Martinez、2位27本Jose Ramirez、3位タイ25本のFrancisco Lindor、Mike Trout、Aaron Judge、6位タイのManny MachadoとALのスター強打者たちが軒並み不参加。さらに今季Bostonを1番打者として牽引する22本のMookie Bettsやホームランダービーの顔のはずのGiancarlo Stanton、Nelson Cruz(22本)もいない。ちなみにBryce Harperは22本で、つまりはHarperと同じ本数かHarperより多く打っているALの選手がことごとく不参加なのです。ALで唯一参加するBergmanは19本(ALで13位、MLB全体で19位)。これはなんだ?という状況です。

どうやってオールスター戦を盛り上げるのかという話題を取り上げたばかりなのに、それどころかオールスター戦そのものよりも人気があったとも言えるホームランダービーが死んでしまいそうな事態です。どうすんの?という感じ。
これはMLBが露骨に地元のHarper推しにするのを感じ取ったALの選手たちによる集団ボイコット?Harperが選手仲間の間であまり好かれていないという話はときどき漏れてきますからそういう面の影響もあるのか?


話は若干ずれますが連想したのはNBAのオールスター前日の人気イベントだったスラムダンクコンテストに有名選手が出場しなくなって無名選手ばかりのイベントになった時期のこと。そのときはNBAはしびれを切らして数年後にダンクコンテスト自体を取り止めました。数年後に復活、その後は最悪の時期よりは一流選手の参加者が増えてますが、その昔Michael JordanとDominique Wilkinsの名勝負だとか、Shawn Kempが必死にダンクキングの称号を追った時期とか、Isiah RiderがEast Bay Funk DunkをかましたときとかVince Carterの時期とは違うかなあとも思います。ダンクコンテストはもうバリエーション的にはやり尽くしたという面が強いので仕方ないですから、ホームランダービーとは意味が違いますが。

MLB オールスター戦をどう盛り上げるかの議論

いまさらという感じはありますが、MLBのオールスター戦をどう盛り上げるかという議論がちらほらあがり始めています。

アメスポ他ジャンルでは、NBAが今年のオールスターで東西対決を廃して久々に良いオールスターをやったわけです。その前だとNHLが3人対3人形式での試合を取り入れてテコ入れ。あれもなかなかに面白く成功と評価していい。残る4大プロスポーツだとNFLのPro Bowlはどうにもうまく行ってない感じですが、それでもAFC x NFCという従来の形式は取り止めたりしながら試行錯誤中。他だとサッカーMLSはMLS選抜対欧州の強豪クラブとの対戦をオールスター戦にして成功しています。これはMLSの選手たちにとっては数少ない有名選手とのデュエルの機会になったり、いくら相手がバルサだろうが有名チームだろうが惨敗したらリーグの恥とばかりに選手たちがやる気を出して好試合になる場合がしばしば。

つまりMLBはアメスポで最後まで残ったAL対NLというオールスターで昔ながらの形式を維持したままのリーグとなったことになります。伝統を大事にする、というと聞こえは良いですが、ビデオ判定の導入のときも一番遅れたし、何をやらせても動きが鈍いという批判をされても反論しにくい感じでもあります。
またMLBオールスターは全30チームから最低1名が参加するという選抜ルールがあるため全国区で見ると知らない選手が出てきてしまう面が他のジャンルのオールスターよりも強いです。ベストメンバーぽくない。さらには一流投手がオールスターで投げたくないと言い出してみたりと、どうも良い話題が少ないです。

AL対NLじゃないならどういう区分けがあるかというと、野球記者の提案として見かけたのは2年目までの選手やルーキー資格のある選手たち 対 ベテランという案。一聴するとそれがおもしろいのかわからず一般にはウケにくそうな案ですが、実際に選手の名前を並べてみるとルーキー側がフレッシュなスターが並びそれはそれでよく、またベテランチームの方はAL/NL問わずに選手を集めるので全員スターな感じ、本来の意味でのAll Starぽいチームになるのがミソです。
でもこういう案はMLBだと絶対通らない感じですけど。大本営のMLBの方は何を考えていることか。他にも懸案はいっぱいありますからオールスター改革なんて後回しですかね。

Ohtani 打者復帰

独立記念日の前日、火曜日の試合からLos Angeles AngelsのShohei Ohtaniが打者として戦列復帰。ちょうどその試合が全国放送だったので見ました。この日の結果は4打数無安打3三振。バットに当たった打席もあっさりレフトへのファールフライ。長い欠場からの復帰なので仕方ないうちなのでしょう。その翌日=独立記念日は2安打2得点1二塁打とOhtaniらしいスタッツになってますが試合は見てません。

このタイミングで復帰した事情としては火曜日からの@Seattle Marinersとの3連戦、そしてその翌週のホームでの3連戦とMarinersとの6試合で大きく勝ち越さないとシーズンが終了してしまいそうだからというのがあります。
今年のAmerican Leagueは4強が突っ走っている。AL東のNew York YankeesとBoston Red Sox、AL西のHouston AstrosとSeattle Marinersが4チームとも現時点で勝率.630超えのハイペース。6月下旬の時点で既にこの4強は貯金が20勝以上で、これはMLBの過去に例を見ない状況だったとか。その後一進一退あったもののこの4強態勢はまだ崩れていない。現在のプレーオフのフォーマットでは西所属のAngelsはとにかくSeattle(または東のどちらか落ちてきた方)に追いつかない限りワイルドカードの望みも消滅してしまうわけです。Angelsは今回の連戦前の段階でSeattleに11ゲーム差。5勝1敗としても7ゲーム差までにしか減りませんが、とにかくここが早くもシーズンの正念場ということでOhtani復帰を含めやれることをやる。これで負け越すようなら早くも終戦モード、トレード期限に向けて売り手側に回るべく腹をくくらねばならなくなる。その前にもう一回だけ勝負をかけてみる6連戦という事情でした。

シーズン開幕当初はOhtaniフィーバーも含めてあれだけ勝ちまくったのに7月上旬で早くも終戦というのもひどい話だなという気はします。4月の下旬に開幕絶好調同士の対決となったRed Sox戦で惨敗の連続で3連敗。6月下旬の@Bostonで再び3連敗と対Bostonシーズン全敗を食ったのが象徴的。MLB全体の本命HoustonはともかくRobinson Cano抜きのSeattleにも大きく遅れをとってAL西からも脱落の瀬戸際というわけです。Angelsは勝率5割超で普通のシーズンならこの時点で脱落ということは考えにくいんですけど、その考えにくいことが起きているという現実です。
ALは中地区のCleveland Indiansがここへきて急に抜け出し(本日現在同地区2位に11.5ゲーム差)てきたため、オールスターもまだなのにプレーオフ進出の5チームが早くも確定かという異例の事態に発展中。プレーオフ争いから脱落したチームでもきっちり動員するMLBの人気の底堅さはあるにしても、これだけ早く終戦というのはちょっとすごいです。

独立記念日のMLB

7月4日は独立記念日でアメリカの祝日。この日行われていたMLBの試合では各球団がさまざまな形でこの日の特注ユニフォームを着用してプレー。国旗の三色や星をモチーフにしています。あまりかっこいいとは言い難いモノもありましたが、まあそれは良いとしましょう。

アメリカにおける国民最大の休日は11月の感謝祭。次いで独立記念日、クリスマス。ちなみにビールの消費量が一年で多い週末は9月初旬のLabor Day(訳すなら勤労者の日でしょうか。基本月曜日)の週末です。

アメスポでは祝日のうち感謝祭と言えばNFLがその担当。Dallas CowboysとDetroit Lionsが伝統的に感謝祭にホームゲームを開催。その伝統のおかげでその時期にシーズン中のNBAもNHLも全チームがお休みで選手たちは家族団らんで過ごせるわけです。
同じようにクリスマスはNBAの担当。NBAが現在は毎年5試合を展開。このおかげでシーズン中ですがNFLやNHLの選手は家で子どもたちとクリスマスを楽しめる。NFLはクリスマスが日曜日と重なっていなければ、ですが。

そういう担当でいうと7月の独立記念日はMLBの担当の祝日と言えます。メジャースポーツでこの時期にシーズン中なのはMLBだけですので担当でなくてもNFL/NBA/NHLの選手たちはオフを楽しんでいるので感謝祭やクリスマスのアメスポ内分担とは意味が違いますが、それでも独立記念日でスポーツといえばMLB、あとは例のホットドッグ早食い競争というのがアメスポ定番のイメージでしょう。今年は新たにCornholeの大会をもう一つの定番にしようとしてかスポーツニュースが報道してたりしますが。
NASCARはシーズン中ですが週末開催。独立記念日は他のアメリカの祝日と違って日付で固定(他は週末にくっつけて金曜日か月曜日が休みになります)なのでNASCARやゴルフなど週末型のスポーツでは合わせられないですね。サッカーMLSは今年は独立記念日にあわせて5試合を開催してました。

独立記念日でサッカーというとW杯の1994年アメリカ大会のときにノックアウトラウンドの一回戦アメリカ対ブラジルの試合が独立記念日に行われたことがありました。結果は1-0でブラジルの順当勝ちだったんですが、あれは一応狙ってあの日に設定されたと言われてます。もしまかり間違って勝てばアメリカサッカーの記念碑的な勝利になったかもしれないから、ということで。
当時のW杯は24カ国参加でGLは3位でも進出できる形だったので今の32カ国制のようにノックアウトラウンドの組み合わせを事前に想定しにくく、狙ったとしてもそう簡単にいかなかったはずですが、とにかくうまく想定がハマって当時最強のブラジル(その後同大会優勝)に実力の遥かに劣るサッカー不毛の地の地元アメリカが果敢に臨むという、サッカー版「Miracle on Ice」を狙った設定で、そこに独立記念日という愛国の日を重ねたという演出だったわけです。
2026年に再びサッカーW杯がまたアメリカに戻ってきます。48カ国参加になる予定でまた違う大会形式になりますが独立記念日に狙いで米代表の試合が入るように調整してくるような気がします。

ACCとBig TenがYankeesの試合で同じ位置に宣伝

先日メモ書きしておいたBig Tenのロゴ宣伝がYankee Stadiumのバックネット下に出ていた件の続きです。昨夜のMLB Boston Red Sox@New York Yankees戦でのことですが、カレッジのカンファレンスであるACCの宣伝が、先日のBig Tenが出していたのとまったく同じ場所に出ていました。こちらもロゴのみ。へーこんなところでBig TenとACCは競い合っていたのかと意外に思いました。夏場にニューヨーク地区のスポーツファンに存在をアピールするなら確かにYankee Stadiumのバックネット下のあの場所は最も目に付きやすい場所なのでしょう。
と思っていたらたぶん2イニング後にはACCのロゴ宣伝のあった場所は再びBig Tenのロゴに変わっていました。こんなところで両カンファレンスは存在感争いをやっていたのですね。うーん。

ACC所属校ではBoston CollegeとSyracuseがニューヨーク市とは地縁がある。Syracuseは距離は遠いですがニューヨーク州内同士という意味で、SyracuseがBig East所属だった頃からニューヨーク市内でバスケの試合を開催するとかなりファンを集めていた実績があります。ACC移籍後もSyracuseとNotre Dameのフットボールの試合を対岸の現Metlife Stadiumで開催したりとSyracuseにとってはニューヨーク市は準テリトリという扱い。Big Tenのニューヨーク浸透への尖兵となるRutgersよりはSyracuseの方がニューヨーク市民には訴求力は元々の支持の厚みはありそうです。
ただしDonovan McNabb後のSyracuseはカレッジフットボール界で存在感が薄め。ACC、Big Tenともにニューヨーク市場侵攻を目指しながら迫力不足というのが実態のように思われます。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文