アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

Rugby

ラグビーセブンス米代表 Las Vegas Sevens初優勝

7人制ラグビーのWorld Rugby Sevens Seriesの今季第5戦、USA SevensがLas Vegasで行われ地元米代表がホームでの初優勝しています。シリーズ通算では2015年のロンドン大会以来の二度目の優勝になります。2004年にUSA Sevensがスタート、Las Vegasで毎年シリーズが開催されるようになったのが2010年からで、やっとホームでの優勝を達成しました。今季オーストラリア大会での4位、昨年のUSA Sevens3位とあわせていよいよ実力が世界レベルに近づいてきたということになるんでしょう。

決勝戦はアルゼンチンを相手に完勝28−0。14-0で折り返し、後半最初のプレーでアルゼンチンの深いところへのキックオフをさばくのに苦労したもののそこから3トライ目をもぎ取ったので勝負を決めました。最後はサブで入った最速Carlin Islesがスピードで相手を振り切ってダメ押し4トライ目。あっけないぐらいの快勝でした。アルゼンチンは密集でのボールの手かきなどつまらない反則も多くもの足りない感じでもありました。
今トーナメントは巡り合わせもよく、シリーズの首位2位の南アフリカとニュージーランドがそれぞれアメリカと対戦の直前の試合で敗戦して米代表は強豪と対戦せずに優勝できました。これで勝点22を追加してシリーズ全体では6位となってます。

トップスコアラとなったのはPerry Baker。Islesに並ぶ米代表のスピードスターです。元NFL Philadelphia Eaglesにドラフト外入団した経歴ありですがNFLでは出場経験なし。その後Arena Footballを経てラグビーセブンス入りしています。カレッジはDivision IIのFairmont State。つまりはフットボールでは無名の選手です。決勝戦でも4人抜きのトライを決めるなどオープンフィールドでの脅威になっています。
NFL離脱・カレッジフットボールのトップクラスのアスリートが何人もラグビーに本格参戦すればアメリカラグビーはすぐに強くなる、という期待というか憶測というか、そういう話はしばしば語られます。既に何人かがセブンス・15人制に挑戦しているのですが攻守一体のラグビーに馴染めないのかなかなか芽がでない中でフットボールでは無名のPerry Bakerが戦力になったということになります。守備の面ではBakerのところはまだまだ怪しく、決勝戦ではアルゼンチンの圧力が弱かったこともあって破綻しなかったもののはらはらさせるところもありました。

放送はESPNEWSで。ESPN.comではラグビーセブンス勝利の報道はトップページからは見えません。つまり群小のマイナースポーツ扱いです。
ラグビーセブンスのアメリカ進出では欧州ベースのGran Prix Rugby SeriesがLos Angelesをそのサーキットに組み込むという発表が昨年あり(場所はMLS Los Angeles FCの新スタジアム)、ラグビーセブンスとしては高額の賞金マッチを企画し、7年契約をしたとか。徐々にアメリカに浸透中とは言えます。

追記 試合翌朝のESPNEWSの画面したのスコアを表示するところで、ラグビーセブンスの優勝のことを知らせていました。他方メイン局であるESPNの方では表示なし。時間帯によっても変わるかとは思いますがそんな感じです。

6 Nationsラグビー開幕

欧州ラグビー6 Nationsが今週末からスタート。今季からはNBCSNがかなりの試合数を放映してくれるようです。15人制ラグビーユニオンの醍醐味をアメリカに伝えてくれる伝道師的な番組になってくれるかどうか。ただし今年はNBC系列では明日のSuper Bowlの放送、さらに平昌冬季五輪の放映を抱えるため6 Nationsの放送の宣伝は行き届いていなかったかと思いますが。

いきなり開幕戦で良い物を見てしまいました。Ireland@Franceの一戦。前半はフランスがずっと押し気味なのに点が取れず、序盤に3点を取ったアイルランドがその後も終始リード。後半に入ってアイルランドのポゼッションが増えてきたのもあってこのまま両軍ノートライのままアイルランドの逃げ切りかな、という71分にフランスがクイックスローインからの奇襲で一気に60mほど走りきってトライ!コンバージョンも決まって13−12と逆転、スタジアム歓喜。苦しい試合をついにひっくり返しました。しかし残り時間がなくなってから41フェーズを繋ぐアイルランド。一本パントがあったのを除くと膠着状態でどちらも相手のミス待ちの緊迫の勝負になったんですが、最後はアイルランド10番Johanthan Sextonのドロップゴールが距離ぎりぎり届いて逆転サヨナラ勝ちとなってます。好試合ですっきりしました。

ラグビーが普及しているとは言えないアメリカ市場でこういう膠着状態やら前半のペナルティ合戦のようなものが理解を得られるかというと、そう簡単ではないのでしょうが、やっぱり肉弾戦は良いです。見てるだけで気持ちが良いです。
NBC系列は2019年のラグビーW杯日本大会、そしてその次の2023年大会までの米国内での放映権を獲得済み。上でも書いた通り五輪放送が優先する今季は6 NationsがNBCSNのコンテンツとして注目を浴びるのは難しいかもしれませんが、来年のW杯放送のアシストも兼ねて来季も6 Nationsをプロモートするはず。15人制ラグビーの重厚な戦いの布教機会としてNBCSNが今季、地味にいい視聴者数の数字を残して来季以降につなげたいところでしょう。

じゃあラグビーリーグを見ようじゃないか

(ラグビーリーグのことは以前から一度書きたいと思っていたんですが、アメスポじゃないですし控えてきましたが良い機会なので一項を設けます)


アメリカンフットボールまたはラグビーの試合中のプレー停止・ぶつ切りの問題を解決したスポーツとしてラグビーリーグがあります。ラグビーリーグは13人制のラグビーです。日本で行われているラグビーはラグビーユニオンで15人制ないしは7人制。同じラグビーという名称ですがルールはかなり異なります。19世紀後半に枝分かれしておりどちらも長い独自の歴史を持ちます。(アメリカンフットボールの成立も偶然ながらほぼ同じ時期です)

ラグビーリーグのルールは実はアメリカンフットボールと発想がほぼ同じと言っていいほど似てます。ラグビーリーグではフェイズ、アメリカンフットボールではダウンと呼ぶ攻撃権の制限がそれです。攻撃権を制限まで使って攻めて、ダメならキックで相手陣深くへ戦線を移動させます。

アメリカンフットボールとラグビーリーグの試合の流れでの最大の違いはタックルでボールキャリアが倒れてボールデッドとなったのあとのリスタートが即時であること。ほとんど試合が止まりません。ボール保持者がダウンした場合、保持者本人がボールをリセットしてそのままリスタート役をします(手は使えません)。アメリカンフットボールのように攻守22人が時間をかけて全員セットしたりしない。ラグビーリーグにはほとんどスクラムもない(ありますがユニオンのそれとは違う)のでそこで途切れることも試合中僅か。
ぶつ切りだから見にくいという(対アメフトに限らず)競技批判を聞くといつも「じゃあラグビーリーグ見たらいいのに」と思います。私の知る限り最も試合が止まらないスポーツがラグビーリーグなので。

ラグビーリーグ、ラグビーユニオンともに英国内にプロがあるんですが、でも人気があるのはユニオンの方なのです。じゃあぶつ切りだからおもしろくない、というのは言い訳なんじゃないかなあと思うんですけどどうなんでしょうか?

世界でラグビーリーグが最も盛んなのはオーストラリアで、優勝戦=NRL Grand Finalはときには10万人規模の観衆を集め人気。この試合は毎年アメリカでも地味ながら放送があります。

ラグビー米代表GL敗退

リオ五輪男子ラグビー、日本四強進出。すごいですね。見る機会がなく内容はわからないですがニュージーランドに続いてフランスも破ってメダルの可能性もまだある。ほんの数年前の絶望感から完全に脱却して2019年のラグビーW杯開催に向けてまっしぐらというところでしょうか。期待の柔道で金を重ねられなくても国別メダルカウントで上位に食い込む日本代表全体の強さが目立ちます。ラグビーW杯といい、2020年東京五輪といい、上げ潮での開催になりそうです。

米ラグビー代表はGL最終戦でフィジーに逆転負け。負けても4点差以内なら決勝トーナメント出場という条件で、かなり良い線に行った時間帯もあったし、自陣深くでラストプレーも得たんですがあっさりラインアウトからボールを失って終戦。ラグビー中継を冷遇したNBCは正しかったことに。日本があれだけ15人制に続いて7人制でも上がってきているのを見るとアメリカラグビー、まだ先が長いのかなという感じです。

7人制ラグビーの放送が少ない

リオ五輪真っ直中です。近年はアメリカは陸上で勝てなくなっているのもあって五輪の最大の押し競技というと水泳になるようです。それは良い。そして前回ロンドン大会に続いて女子体操の活躍が目立つ。水泳と違ってこちらは人種間のバランスが良いのもウケの良い理由となります。他ではグループリーグ段階で小手調べ中とは言え団体競技のアメリカにとっての人気競技・女子サッカーと男子バスケもほぼ順調。

男子バスケは明日、オーストラリアとの対戦。オーストラリアにはこのオフに入ってNBA Golden State Warriorsからはみ出したAndrew Bogutも所属。Kevin DurantがWarriorsに加入したことでサラリーキャップの都合でBogutは放出されたばかり。BogutはWarriorsに残りたいと強く意思表示していたのですがそうはならず。そのDurantとの移籍確定後の初の顔合わせ。BogutはWarriors在籍時からシラっとした顔でラフなプレーをやらかすことがあり、まさかと思いますが明日の対戦でスクリーンのついでにDurantを一発吹っ飛ばしてみたりする場面があるのかどうなのかが見物です。他にはテニスも手厚く放送されています。

とまあ以上は期待・人気の高い種目ですが、寂しいのが今大会から採用されたラグビーです。既に終了した女子ラグビーは勝てなかったのもありほとんど話題にも上らなかったのはともかく、今日から始まった男子の方もNBCの扱いが低い。過去数年、五輪の独占放送をするNBC系列で7人制ラグビーの放送はかなり手厚くされていたので本番のリオでも取り上げて貰えるのだろうと思っていたんですが、そうはならず。初戦でアルゼンチンに土壇場に逆転負けした惜しい試合だったのにほとんど話題にも上らず。厳しいなあという感じです。ざっと放送を見ていると男女バレーボール辺りの方がラグビーよりずっと放送量が多い。さらにはアメリカにはほとんど縁のないハンドボール(ドイツ x ポーランド戦とか)なんていうのを全編放送していたりで、えーこれをこのチャンネル・この時間帯に流してラグビーなし?という意外なまでの冷遇になってます。うーん。決勝トーナメントに入ると違ってくるのかどうか。

PRO Rugbyの優勝決定戦は3400人動員

先日の記事のフォローアップです。15人制ラグビーのPRO Rugby初年度の優勝決定戦となったDenver Stampede@Ohio Aviatorsの試合の動員ですが主催者から3,400人だったと発表がありました。当初の記事で目測1,500人ぐらいかと書いたんですがその倍以上という発表です。PRO Rugbyの動員としては最多タイ記録。

見ていたところハーフタイムで入り口のチケットチェックは終了してその後は無料で入れるようになっていたようでした。入り口にカウンターで数を数えているような様子もなかったのでどういう勘定をしたのかは不明です。

PRO Rugby初代王者はDenver 観戦してきました

気が向いたので週末を利用して15人制ラグビーのアメリカプロリーグPRO Rugbyの初代王者を決定する最終戦に行ってきました。普段私はあまりどこの試合に行ったとは書かずにこっそり行く場合が多いんですが、今回はTV放送もない(ネット放送はありましたが)報道も皆無のものをどうやって見たんだ?ということになってしまうので行ったことを告白してご報告させていただきます。

試合前の段階での優勝争いの状況については前項で書きました。地元Ohio Aviatorsがボーナスポイントも含めて勝点5を得て逆転するか、首位Denver Stampedeが逃げ切るか。Denverの方から見ると1ポイントでも勝点を得ればタイブレーカー(勝点が同点だった場合は勝利数が次の基準、今日主催者に直接確認してきました)の都合上Denverの優勝が確定する。つまりOhioはボーナスポイントが欲しいので4トライ獲得が必要。Denverも4トライを挙げれば敗戦しても勝点1追加で優勝。またはDenverは敗戦しても1トライ差以内の点差ならそちらで勝点1追加、それでも優勝という状態でスタート。

試合開始10分は大量得点を狙うOhioがDenver陣に攻め込んでDenverはそこから出られない。Ohioは反則でもPGを狙わず攻める。トライ量産が必要な優勝条件からすると正しいし、普通に試合に勝つことを考えたら正解ではない状態に。この特殊な条件がこの序盤を難しいものにしてしまったと言えます。結局13分過ぎにやっとOhioがトライで5点先取。ただ結果的には前半はトライはこの1つだけ。

後半試合が佳境に入ったところでOhioのミスが続出。イエローカードで一時点では15人対13人に。枚数が足りない自陣でのポゼッションでもろに枚数の足りていない右側にロングパス。この判断ミスは痛かった。ターンオーバーとなって結局これがDenverの4本目のトライとなって、Denverが試合を逆転。4トライでのボーナス勝点獲得も確定=優勝決定となってしまいました。点数もこの時点(67分)でDenverの25-18。

しかしここからが良かったです。観客から「O-H!」「I-O!」の歓声が自然に盛り上がって優勝を逸した地元チームを鼓舞。最後はラストプレーからのトライ+コンバージョンも加えてOhioが32−25で逆転勝ちして場内を盛り上げました。優勝を逃したけれど応援していた、ということかどうか疑問でした(勝点その他についての場内説明などは試合前になし)が、アメリカらしい熱い応援、そしてそれに応える地元チームの最後までの頑張りでの逆転勝ちに大盛り上がり。優勝争いでは勝負がついても諦めない。ファンと一体感を持ってシーズンをフィニッシュ。優勝したDenverを相手に今季2勝1敗と堂々の2位。


この日の観客は目測が難しかったですが1500人といったところか(試合中・後の主催者発表なし)。試合前からチームTシャツの販売には行列ができていたりで盛り上がっていました。何度か観戦している方に聞いたところ今日はお客さんは普段よりずっと入っている、試合前の客足も早かったとのこと。

会場はサッカーMLS Columbus Crewが練習施設として長年利用している場所。以前はCrewはお客さんが見込めないカップ戦などはこの施設で開催していたところです。この日のピッチの芝はかなり長いと感じました。

「O-H!」「I-O!」のかけ声について。これはOhio State Buckeyesの基本の合いの手です。どういうものかというと「オーエイチ」と誰かが声をかけると「アイオー」と応えるのが礼儀となっています。試合会場以外でも。キャンパス内外のどこでもですね。そのように入学時のオリエンテーションで全学生に指導します。Columbus市圏ではこれはもう既にエチケットのレベルで浸透していると理解していただいて良いです。

この日の試合中でのこのかけ声を聞いてなぜこのPRO Rugbyのチームが都市名のColumbusでなく州名のOhioと名乗っているのかが判った気がしました。同市ではマイナープロスポーツとしてラクロスMLLのチームであるOhio Machineも存在します。きっとそちらでも「O-H!」「I-O!」のかけ声で地元ファンの一体感を演出しているんじゃないかなと思われます。この辺は地元だからこそのアイデアでしょう。

また真新しい感じの桜のジャージの日本人らしき観客の方一名を発見しました。地元の日系企業の方でしょうか。私はあまり日本人には見えないらしいのでたぶんあの方は私には気づかれなかったであろうと思われますが、たぶん2名は日本人ファン。周りの会話を聞いていると英国訛りの方、豪州訛りの方、非英語国出身者とおぼしき方など、やはり元々ラグビーが好きで来ている外国出身者もちらほらという感じでした。

PRO Rugby初代王者決定戦

15人制ラグビーのプロリーグであるPRO Rugbyが今週末で創設初年度のシーズンを終えます。確かシーズンがスタートした時点ではレギュラーシーズンを終えた後で上位2チームによる一発勝負の優勝戦を行うという話だったのですが、いつの間にかその話は消えています。

しかし優勝戦は消えたものの元々のレギュラーシーズンの最終週のカードであるDenver Stampede@Ohio Aviatorsの一戦が事実上の優勝決定戦となっています。最終戦を残した時点で首位Denverが10勝1敗勝点46。2位Ohioが8勝3敗勝点42点。勝利=勝点4を獲得。それにボーナス勝点(惜敗および4トライ以上獲得で発生)が加算される仕組みです。Ohioはここまで11試合を戦ってボーナスで10点の勝点を加えておりこれが効いて3敗ながら最後まで優勝戦線に踏みとどまっているところです。地元での一発勝負でOhioが勝利すれば勝点46で同点。但しその場合はタイブレーカーが勝利数らしいので、Ohioの逆転優勝のためには4トライのボーナス勝点1の追加が必要という状況でキックオフになります(なぜ「らしい」かと言うと公式サイトがきちんと情報を提供していないから)。

6月19日に両チームが@Denverで対決したときにはアウェイのOhioが6トライを挙げて48-27と快勝プラスボーナス点加算しており逆転優勝へOhioは自信を持って臨めそうです。また4月17日のPRO Rugby開幕戦でもこの両チームは対戦。除雪した雪が大量にフィールド外に残るコンディションの中で戦われたこの試合は16-13でDenverの勝利。あの試合を見たときの高地Denverは激寒、この週末はたぶん酷暑の中での優勝戦。ラグビーを北米の春夏シーズンでやるのは大変ですがそれでもやってみよう、と始まったPRO Rugby。その将来は見通せませんがカナダや東海岸から来季に向けて新規参入もあるかもと噂されています。Ohioはここまで5試合のホームゲームで平均1,350人の動員。事実上の優勝決定戦が地元開催になったものの情報発信力は弱いので動員の大幅な上乗せができるかどうかはわかりませんが、頑張っていただきたいところです。

知らないうちにチーム名が変わっていたPRO Rugby

今年からスタートした15人制プロラグビーリーグであるPRO Rugbyですが、ちょっと目を離していた隙に所属全チーム名が変わっていました。以前は都市名だけだったのが、アメスポ風のニックネーム付きに。Denver Stampede、Ohio Aviators、Sacramento Express、San Diego Breakers、San Francisco Rushとなっていました。準備を整えてから始めるのではなく、走りながら事業を始めるのはアメスポマイナースポーツにはよくある話ですが、チーム名がシーズン中に決まっていくというのはちょっと珍しいのでは。

DenverはNFLのBroncosからの連想でしょうか。Aviatorsというのはオハイオ州は飛行機を発明したライト兄弟の出身地だから、San Franciscoはゴールドラッシュからというところか。Sacramentoは日本の新幹線海外売り込みのモデル地区の一つだから?San Diegoはちょっとわからないです。

初年度シーズンは現在10週を終えて各チームが6~8試合を消化。先週まで全勝だったDenver Stampedeに2位だったOhio Aviatorsが初黒星をつけてやっとおもしろくなってきたところ。Ohioは3敗ながらボーナスポイントを稼いで1敗のDenverを僅かにかわして勝点同点ですが首位浮上(但しDenverが1試合消化が遅い)。今季の構成では5チーム中上位2チームが優勝戦を戦う予定になっており、この2チームに勝点4差で追うSan Diegoまでが優勝戦進出が望めます。

観客動員は最近では一試合当たり1000~1500人といった動員。黒字になるのは不可能な数字でしょうが、ラグビーがアメリカで極マイナーであることを考えれば4桁を維持しているのは健闘とも思います。この動員レベルだと来季に向けて脱落する経営者が出ても不思議ではないし、また逆に参入を考える意欲的な出資者があるかもしれないです。


記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文