アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

Rugby

ラグビー英Premiership on NBC

15人制ラグビーのEnglish Premiershipの試合が地上波放送NBCで生放送になっていたのがつい先程試合終了しました。これがPremiershipの米国内での初の地上波放送となります。今日のSaracens@Harlequinsの試合が今季唯一のNBCでの試合。今季の他の試合はケーブルのNBCSNで。ということで今日の放送は市場テストでもありましょう。
今日この試合が地上波放送だったのは、この時期のNBCの土曜日のメインスポーツコンテンツであるNotre Dameフットボールの試合がNBCの手持ちではないからでもあります。No. 6 Notre Dameは@No. 24 Virginia Techとのプライムタイムの試合がABCであります。

私はラグビーPremiershipはマイナー局で放送されているころから割と見ていて、贔屓のチームもあります。プロの15人制ラグビーというとフランスのTop 14が規模は最大なんですが、英語放送をそのまま米国内で放映できるお手軽さのせいもあるんでしょうPremiershipが優先されてます。Premiershipが優先されている理由はそれだけでなく英米のスポーツ市場の相互開放密約のせいかもしれない、というのは過去既に当ブログで指摘したことがあります。2年半前の記事ですね。当たっていたのかもしれません。

この日の試合は激戦の末、Saracensが終盤にまくって逆転勝ち。なかなかに熱くすっきりした好試合でした。見る気がなくたまたま見てしまったラグビーに馴染みのないスポーツファンにも比較的解りよい試合展開だったと思います。

NBC系列は欧州国別対抗戦である6 Nationsの放映権も、2019年Rugby World Cupの放映権も確保しており、15人制ラグビー放送では他系列を大きく引き離しています。ラグビーがアメスポの「次」となる可能性に賭けているというわけでしょう。
前項でアメスポの「次」候補としてラクロスが認知されつつあると書きましたが、15人制ラグビーもそのもうひとつの有力候補でしょう。米国の東部で普及が圧倒的に先行したラクロスと、西海岸を中心に普及で強みを見せるラグビー。それぞれの地盤で互角の次候補だと思いましたが、こうやって海外でのコンテンツを使ってテコ入れされるとラグビーの方が華やかに見えがちではありますね。

Rugby World Cup Sevens in San Francisco

7人制ラグビーのWorld Cup Sevensが米国内で初開催。場所はMLB San Francisco GiantsのホームスタジアムであるAT&T Stadium。メインテナントであるGiantsはこの週末は湾を隔てた近郊ライバル@Oakland Athleticsとのインターリーグ3連戦でホームスタジアムをラグビーに提供しています。Oakland A'sの野球ファンが予想しなかった夏に入ってからの頑張りでAmerican Leagueのプレーオフ進出5チームが確定しそうだった無風状態を引っ掻き回し始めた健闘ぶりはまた別途書いてみたいです。

金曜日から日曜日までの三日間で男子24カ国女子16カ国が覇を競い、結果は男女ともにニュージーランドが優勝、ともに二連覇。男子の決勝戦後のメダル・トロフィーセレモニー後にはお約束ニュージーランドがハカを上半身裸で披露して大会を締めくくりました。連日35,000人の観客を集めて盛況。スタジアムのキャパは野球の試合で約40,000人、上部席までかなりのファンがつめかけて興行的には成功大会になりました。開催日時がかぶったサンフランシスコ湾の対岸で行われていたMLBの地元同士の試合も連日満員の大盛況で、サンフランシスコ程度の規模の街でもスポーツファンをしっかり集められるのだなあとあいかわらずのアメリカのスポーツ動員力に感心。

米代表は男子は準々決勝でイングランドに延長戦の末敗退。勝ったイングランドはその後準決勝で第1シードの南アフリカに完勝で決勝進出を果たしており、米代表から見ると僅かの差で地元大会での大躍進を逃したようにも見えます。もったいない。その後は米代表は敗者ブラケットにまわりスコットランドに勝利、アルゼンチンに完敗で大会を6位でフィニッシュ。
米代表女子の方もまた惜しかった。優勝した第1シードのニュージーランドを相手にした準決勝戦でハーフタイムでリードするなど大健闘。最終的には21−26で屈して逆転金星逃し。3位決定戦で敗れて4位で大会を終えています。男女ともにあと一歩を掴みきれなかったものの、地元大会を盛り上げホスト国として恥ずかしくない成績であったと評価したいと思います。

AT&Tスタジアムはレフトスタンド後方のコカ・コーラの瓶状、野球のグローブを模したオブジェが印象的なスタジアムですが、そのコーラの瓶を背景にしてコンバージョンを蹴るラグビー。フィールドとの距離も近いのが良く絵的にもなかなかユニークで良かったです。良い会場でした。

放送はNBC系列、NBCSNで。解説にNFL New England PatriotsのNate Ebnerが。Ebnerは現在はNFLで職を得ていますが、元々はラグビー少年として育ったアメリカでは異色の存在。マイナースポーツである他の一般ラグビー関係者とは違って服や髪にカネがかかってそうなのが目立って、ああメジャースポーツで成功するってこういうことなんだな、と思わせるものはありました。ご本人はラグビーが大好きなので楽しそうに今大会に関わっている感じはよく出ていてよかったです。

いつもながらラグビーは欧州産のスポーツですがサッカーとは違って審判がしっかりしていてサッカーのアンチテーゼになっているのを感じます。エンドゾーン裏にも審判を配置、ひょっとしたら選手の数より審判の数の方が多かったのではなんて思わせるほど。誤審らしい誤審は目立たず良い運営がなされたと思います。こういうスッキリ感は見る側にとっても親切。つい昨日ラクロスでひどい審判で試合が壊されるのを見たばかりで鬱々していたのを晴らしてくれました。

2025年に向けてのラグビーリーグ

今日、CBS Sports Networkで意外なものを見かけました。England対New Zealandのラグビーです。えっと思いました。こんな時期に? それもちょっと見ていたら試合場の壁に見慣れたロゴが。NFL Denver Broncosのロゴです。これは一体何?としばらく見て状況がつかめました。ラグビーはラグビーでもラグビーリーグの方です。ご存知の方は日本では少ないでしょうが、日本で行われているのはラグビーユニオンを単にラグビーと呼びますが、英国などではラグビーユニオンとラグビーリーグという別種のラグビーが存在しています。ラグビーユニオンの方が世界的に大きく広がっており、ラグビーリーグの方は英国やオーストラリアで盛ん。特にオーストラリアではプロのラグビーといえばラグビーリーグの方です。

アメリカでラグビーというと7人制が先に連想されてしまうという他国と違う事情があるんですが、それでもユニオンかリーグかというとユニオンが大勢です。それでも多民族国家、ラグビーリーグのTV放送も多くはないですが見かけます。という事情のアメリカで、なぜにEnglandとNew Zealandの代表が試合をやっているのか。

事後に調べたところ、こういうことがわかりました。ラグビーリーグは独自にW杯を開催しているのですが、その2025年開催分がアメリカ・カナダの共催で行われることが決まっていたようです。そしてその開催へ向けてアメリカ国内でのラグビーリーグの露出のために企画された試合だったと。私は今日までラグビーリーグW杯の北米開催はまったく知りませんでした。この露出機会に私のような物好きにW杯開催を知らせることができたのですからまずは成功か。パッと見、Mile High Stadiumは前の方だけに観客が入っていたので数千人規模の動員であったと思われます。
調べてみるとまだ米国内の開催地は未定。NFLやMLSのスタジアムを使いたいという意向らしいです。NFLスタジアム使ってってそんなに人が入るのか、収容2万人以下のMLSスタジアムにしておいた方が賢明な気がしますが。

ラグビーセブンス米代表 Las Vegas Sevens初優勝

7人制ラグビーのWorld Rugby Sevens Seriesの今季第5戦、USA SevensがLas Vegasで行われ地元米代表がホームでの初優勝しています。シリーズ通算では2015年のロンドン大会以来の二度目の優勝になります。2004年にUSA Sevensがスタート、Las Vegasで毎年シリーズが開催されるようになったのが2010年からで、やっとホームでの優勝を達成しました。今季オーストラリア大会での4位、昨年のUSA Sevens3位とあわせていよいよ実力が世界レベルに近づいてきたということになるんでしょう。

決勝戦はアルゼンチンを相手に完勝28−0。14-0で折り返し、後半最初のプレーでアルゼンチンの深いところへのキックオフをさばくのに苦労したもののそこから3トライ目をもぎ取ったので勝負を決めました。最後はサブで入った最速Carlin Islesがスピードで相手を振り切ってダメ押し4トライ目。あっけないぐらいの快勝でした。アルゼンチンは密集でのボールの手かきなどつまらない反則も多くもの足りない感じでもありました。
今トーナメントは巡り合わせもよく、シリーズの首位2位の南アフリカとニュージーランドがそれぞれアメリカと対戦の直前の試合で敗戦して米代表は強豪と対戦せずに優勝できました。これで勝点22を追加してシリーズ全体では6位となってます。

トップスコアラとなったのはPerry Baker。Islesに並ぶ米代表のスピードスターです。元NFL Philadelphia Eaglesにドラフト外入団した経歴ありですがNFLでは出場経験なし。その後Arena Footballを経てラグビーセブンス入りしています。カレッジはDivision IIのFairmont State。つまりはフットボールでは無名の選手です。決勝戦でも4人抜きのトライを決めるなどオープンフィールドでの脅威になっています。
NFL離脱・カレッジフットボールのトップクラスのアスリートが何人もラグビーに本格参戦すればアメリカラグビーはすぐに強くなる、という期待というか憶測というか、そういう話はしばしば語られます。既に何人かがセブンス・15人制に挑戦しているのですが攻守一体のラグビーに馴染めないのかなかなか芽がでない中でフットボールでは無名のPerry Bakerが戦力になったということになります。守備の面ではBakerのところはまだまだ怪しく、決勝戦ではアルゼンチンの圧力が弱かったこともあって破綻しなかったもののはらはらさせるところもありました。

放送はESPNEWSで。ESPN.comではラグビーセブンス勝利の報道はトップページからは見えません。つまり群小のマイナースポーツ扱いです。
ラグビーセブンスのアメリカ進出では欧州ベースのGran Prix Rugby SeriesがLos Angelesをそのサーキットに組み込むという発表が昨年あり(場所はMLS Los Angeles FCの新スタジアム)、ラグビーセブンスとしては高額の賞金マッチを企画し、7年契約をしたとか。徐々にアメリカに浸透中とは言えます。

追記 試合翌朝のESPNEWSの画面したのスコアを表示するところで、ラグビーセブンスの優勝のことを知らせていました。他方メイン局であるESPNの方では表示なし。時間帯によっても変わるかとは思いますがそんな感じです。

6 Nationsラグビー開幕

欧州ラグビー6 Nationsが今週末からスタート。今季からはNBCSNがかなりの試合数を放映してくれるようです。15人制ラグビーユニオンの醍醐味をアメリカに伝えてくれる伝道師的な番組になってくれるかどうか。ただし今年はNBC系列では明日のSuper Bowlの放送、さらに平昌冬季五輪の放映を抱えるため6 Nationsの放送の宣伝は行き届いていなかったかと思いますが。

いきなり開幕戦で良い物を見てしまいました。Ireland@Franceの一戦。前半はフランスがずっと押し気味なのに点が取れず、序盤に3点を取ったアイルランドがその後も終始リード。後半に入ってアイルランドのポゼッションが増えてきたのもあってこのまま両軍ノートライのままアイルランドの逃げ切りかな、という71分にフランスがクイックスローインからの奇襲で一気に60mほど走りきってトライ!コンバージョンも決まって13−12と逆転、スタジアム歓喜。苦しい試合をついにひっくり返しました。しかし残り時間がなくなってから41フェーズを繋ぐアイルランド。一本パントがあったのを除くと膠着状態でどちらも相手のミス待ちの緊迫の勝負になったんですが、最後はアイルランド10番Johanthan Sextonのドロップゴールが距離ぎりぎり届いて逆転サヨナラ勝ちとなってます。好試合ですっきりしました。

ラグビーが普及しているとは言えないアメリカ市場でこういう膠着状態やら前半のペナルティ合戦のようなものが理解を得られるかというと、そう簡単ではないのでしょうが、やっぱり肉弾戦は良いです。見てるだけで気持ちが良いです。
NBC系列は2019年のラグビーW杯日本大会、そしてその次の2023年大会までの米国内での放映権を獲得済み。上でも書いた通り五輪放送が優先する今季は6 NationsがNBCSNのコンテンツとして注目を浴びるのは難しいかもしれませんが、来年のW杯放送のアシストも兼ねて来季も6 Nationsをプロモートするはず。15人制ラグビーの重厚な戦いの布教機会としてNBCSNが今季、地味にいい視聴者数の数字を残して来季以降につなげたいところでしょう。

じゃあラグビーリーグを見ようじゃないか

(ラグビーリーグのことは以前から一度書きたいと思っていたんですが、アメスポじゃないですし控えてきましたが良い機会なので一項を設けます)


アメリカンフットボールまたはラグビーの試合中のプレー停止・ぶつ切りの問題を解決したスポーツとしてラグビーリーグがあります。ラグビーリーグは13人制のラグビーです。日本で行われているラグビーはラグビーユニオンで15人制ないしは7人制。同じラグビーという名称ですがルールはかなり異なります。19世紀後半に枝分かれしておりどちらも長い独自の歴史を持ちます。(アメリカンフットボールの成立も偶然ながらほぼ同じ時期です)

ラグビーリーグのルールは実はアメリカンフットボールと発想がほぼ同じと言っていいほど似てます。ラグビーリーグではフェイズ、アメリカンフットボールではダウンと呼ぶ攻撃権の制限がそれです。攻撃権を制限まで使って攻めて、ダメならキックで相手陣深くへ戦線を移動させます。

アメリカンフットボールとラグビーリーグの試合の流れでの最大の違いはタックルでボールキャリアが倒れてボールデッドとなったのあとのリスタートが即時であること。ほとんど試合が止まりません。ボール保持者がダウンした場合、保持者本人がボールをリセットしてそのままリスタート役をします(手は使えません)。アメリカンフットボールのように攻守22人が時間をかけて全員セットしたりしない。ラグビーリーグにはほとんどスクラムもない(ありますがユニオンのそれとは違う)のでそこで途切れることも試合中僅か。
ぶつ切りだから見にくいという(対アメフトに限らず)競技批判を聞くといつも「じゃあラグビーリーグ見たらいいのに」と思います。私の知る限り最も試合が止まらないスポーツがラグビーリーグなので。

ラグビーリーグ、ラグビーユニオンともに英国内にプロがあるんですが、でも人気があるのはユニオンの方なのです。じゃあぶつ切りだからおもしろくない、というのは言い訳なんじゃないかなあと思うんですけどどうなんでしょうか?

世界でラグビーリーグが最も盛んなのはオーストラリアで、優勝戦=NRL Grand Finalはときには10万人規模の観衆を集め人気。この試合は毎年アメリカでも地味ながら放送があります。

ラグビー米代表GL敗退

リオ五輪男子ラグビー、日本四強進出。すごいですね。見る機会がなく内容はわからないですがニュージーランドに続いてフランスも破ってメダルの可能性もまだある。ほんの数年前の絶望感から完全に脱却して2019年のラグビーW杯開催に向けてまっしぐらというところでしょうか。期待の柔道で金を重ねられなくても国別メダルカウントで上位に食い込む日本代表全体の強さが目立ちます。ラグビーW杯といい、2020年東京五輪といい、上げ潮での開催になりそうです。

米ラグビー代表はGL最終戦でフィジーに逆転負け。負けても4点差以内なら決勝トーナメント出場という条件で、かなり良い線に行った時間帯もあったし、自陣深くでラストプレーも得たんですがあっさりラインアウトからボールを失って終戦。ラグビー中継を冷遇したNBCは正しかったことに。日本があれだけ15人制に続いて7人制でも上がってきているのを見るとアメリカラグビー、まだ先が長いのかなという感じです。

7人制ラグビーの放送が少ない

リオ五輪真っ直中です。近年はアメリカは陸上で勝てなくなっているのもあって五輪の最大の押し競技というと水泳になるようです。それは良い。そして前回ロンドン大会に続いて女子体操の活躍が目立つ。水泳と違ってこちらは人種間のバランスが良いのもウケの良い理由となります。他ではグループリーグ段階で小手調べ中とは言え団体競技のアメリカにとっての人気競技・女子サッカーと男子バスケもほぼ順調。

男子バスケは明日、オーストラリアとの対戦。オーストラリアにはこのオフに入ってNBA Golden State Warriorsからはみ出したAndrew Bogutも所属。Kevin DurantがWarriorsに加入したことでサラリーキャップの都合でBogutは放出されたばかり。BogutはWarriorsに残りたいと強く意思表示していたのですがそうはならず。そのDurantとの移籍確定後の初の顔合わせ。BogutはWarriors在籍時からシラっとした顔でラフなプレーをやらかすことがあり、まさかと思いますが明日の対戦でスクリーンのついでにDurantを一発吹っ飛ばしてみたりする場面があるのかどうなのかが見物です。他にはテニスも手厚く放送されています。

とまあ以上は期待・人気の高い種目ですが、寂しいのが今大会から採用されたラグビーです。既に終了した女子ラグビーは勝てなかったのもありほとんど話題にも上らなかったのはともかく、今日から始まった男子の方もNBCの扱いが低い。過去数年、五輪の独占放送をするNBC系列で7人制ラグビーの放送はかなり手厚くされていたので本番のリオでも取り上げて貰えるのだろうと思っていたんですが、そうはならず。初戦でアルゼンチンに土壇場に逆転負けした惜しい試合だったのにほとんど話題にも上らず。厳しいなあという感じです。ざっと放送を見ていると男女バレーボール辺りの方がラグビーよりずっと放送量が多い。さらにはアメリカにはほとんど縁のないハンドボール(ドイツ x ポーランド戦とか)なんていうのを全編放送していたりで、えーこれをこのチャンネル・この時間帯に流してラグビーなし?という意外なまでの冷遇になってます。うーん。決勝トーナメントに入ると違ってくるのかどうか。

PRO Rugbyの優勝決定戦は3400人動員

先日の記事のフォローアップです。15人制ラグビーのPRO Rugby初年度の優勝決定戦となったDenver Stampede@Ohio Aviatorsの試合の動員ですが主催者から3,400人だったと発表がありました。当初の記事で目測1,500人ぐらいかと書いたんですがその倍以上という発表です。PRO Rugbyの動員としては最多タイ記録。

見ていたところハーフタイムで入り口のチケットチェックは終了してその後は無料で入れるようになっていたようでした。入り口にカウンターで数を数えているような様子もなかったのでどういう勘定をしたのかは不明です。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文