アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

College Football

GM & HCを解任したNFL Giantsに陰謀説

変なタイミングでNFL New York GiantsがGMとHCを解任発表しています。ここまで今季2勝10敗。HCが解任になるのは何ら不思議のない成績です。GMを一緒に解任というのもまあありなのでしょう。解せないのはGiantsはタンクしていたんじゃないのか?というところ。勝つつもりがあって、そのシーズンに希望がなくなってHCを解任するならともかくなぜ今とは思います。シーズンがダメなのは0勝5敗の時点で明らか。もしそれでも足りないというなら1勝8敗の時点でも良いですが、なぜここまで引っ張った?という感じです。途中からは忠実にタンクの役割をしていたんじゃないの?という疑問。

ニューヨークのメディアからは陰謀説も出ているようです。曰くGiantsのオーナーはとうにGMとHC解任の腹を決めていたのだが、連続先発記録を継続中だったチームの顔であるQB Eli Manningの記録を途切れさせる汚れ役を彼らに押しつけ、それが完了してからこれ以上用なしになった彼らを解雇したのだ、という説です。なるほど、あり得そうな話です。連続出場記録の類というのはなかなかにチーム側からするとうっとうしい記録。特にEliのようにGiantsに二度もSuper Bowl勝利をもたらしてくれた功労者の退場は気を遣わねばならない。自分で切ると批判がオーナー側に来るので中間管理職に責任を押しつけて次の時代へという感じでしょうか。

後任にはAlabama HC Nick SabanやMichigan HC Jim Harbaughの名前が早出し情報で挙がってます。む。Harbaughはぴったりの職のような気がしますね。ちょっと前にも書きましたがMichiganで今季はずいぶん静かに口を噤んで1シーズン過ごしましたし、あいかわらずOhio Stateに勝てないし、今オフには取り沙汰されないでしょうが同じようなシーズンがもう1シーズン続くと次オフには交替論が出始めそうなのはご本人も感じているはずです。Nick Sabanの方はまたプロでやろうなんていう気持ちを持っているんでしょうか。Dolphinsのときは散々でしたが。それにSabanのAlabamaはプレーオフがありますから少なくとも新年までは忙しい。まさかGiantsのHC職がプレーオフを抛って就くようなそこまでの魅力ある地位とも思えませんから、Saban狙いならNFLレギュラーシーズン終了後の話となります。だったら今HCを解任しなくてもいいですよね?

新GM、新HC、そして新QBで完全出直しモードのGiantsということに。Eli放出も現実的になってきたようです。

ESPNの解説者は見映えがいい

MLB New York Yankeesの監督にAaron Booneが決定しましたね。短期間Yankeesに在籍したことはありますがOBと呼べるほどの期間在籍したわけでもなく、最後はオフに契約解除事由となる(バスケをして遊んでいての)ケガで解雇されている。印象に残るポストシーズンでのホームラン一発だけがピンストライプでの記憶だった方です。その後ESPNで野球解説をやっていたようですが指導経験はないまま、近い将来が明るいYankeesの監督就任となりました。このYankeesの監督採用の途中経過を聞いていてもYankeesはベテラン監督を採用する気は最初からなかったようです。

カレッジフットボールで後任選びが難航(既に難破に近い)しているTennesseeも第一希望にESPNで全国放送Monday Night Footballを担当するJon Grudenを挙げていました。こちらはNFLでの優勝経験もあるので実績あり、Booneとは意味合いは違いますが。Grudenはオフシーズンにもドラフト生との1-on-1番組を毎年持っていてそちらでも顔が売れていました。

他にもESPNでNFL LiveなどNFL番組のスタジオ解説をやっていたHerm Edwardsが先日Arizona State Sun DevilsのHCに就任。こちらもNFLでのHC歴はありますがカレッジHCとしては初登場。カレッジの現場に携わるのも1989年以来とかなり意外な人選だと思いました。御年63歳。Hermは話がおもしろいのでレギュラー番組だけでなくESPNの看板Sports Centerや各種トーク番組にもゲスト出演するなど目立ったコメンテーターでした。

この3人の共通点はアメスポメディア最大手ESPNのレギュラー解説者としてTVで顔を見かける機会が多かったことでしょう。最近はFS1やNBCSNなど他系列も頑張ってはいますが視聴率・露出ではいまもESPN系列が日常のスポーツ報道では圧倒的な地位。そのESPN系で定期的に顔出しする立場の解説者達が好条件で指導現場で求められていることになります。安易な感じもしますが、若い選手たちにはそういう人の方が良いのか。

ノスタルジーに乗せてNebraska復活なるか

プレーオフやボウル戦の発表などカレッジフットボールの世界は話題が豊富な日曜日だったため地味な扱いになっていますがNebraskaの新HCに就任したScott Frostの就任記者会見がなかなか泣かせるものがありました。特に同州や同校につながりのない私が聞いていてもグッとくるような所信表明会見となり、古豪復活なるか期待したくなりました。

土曜日に前任のCentral Florida KnightsがAAC優勝戦を激闘の末勝ち抜き全勝でシーズンを終了。メジャーボウルであるPeach Bowl出場も決定。UCFのADは退任したFrostにPeach Bowlでの指揮をしてくれるよう公に表明。Nebraskaはボウルに出場しないのでFrostがNebraskaに就任しても公式の練習はできないため時間はある、なんていう理屈です。辞めた学校の指揮というのは珍しい話ですがどうなるか。今年からフットボールのリクルートのEarly signing dayが12月20日からなのでそちらが気になってとてもUCFのボウルの練習には付き合えないんじゃないかと思いますが。それでも辞任した学校からも惜しまれて去れるのは幸福な辞め方であるのでしょう。

Nebraskaで記者会見に臨むために同校に到着したFrostの就任を激励祝福するために100人ものNebraska時代のチームメイトが集まって出迎えたそうです。期待の大きさを感じたはず。続く記者会見ではFrost自身がTom Osborneの下でプレーした時代のように「ネブラスカ州の住民のすべてが連帯して誇りを感じるチームを再び作りたい」と熱く表明。UCFで0勝12敗だったチームを僅か2年後に12戦全勝のチャンピオンに作り替えた男の発言なので説得力が違います。いよいよNebraskaの逆襲復活が始まるのかもしれないと期待されられます。

Tom Osborneが退任したのが1997年。そしてその年がNebraska最後の全米制覇(スプリットですが)のシーズン。Osborneの後任だったFrank Solichの下で2001年のBCS優勝戦に進んだのがNebraskaが最後に全米優勝戦線にからんだシーズンでした。当時のNebraskaはプライド高く、僅か二年後に10勝3敗でSolichを解雇。プレースタイルを伝統のオプションランチームからプロスタイルへ変更したものの突き抜けた成績を挙げることができないまま目立たない地方校になってしまった。過去の栄光があまりに輝かしいので地元の落胆も相当に大きかったことでしょう。Big Tenに途中移籍して過去に激闘を重ねたBig 8/Big 12当時のライバル校との対戦がなくなったのもNebraskaファンにとっては寂しかったはずです。

Nebraskaが現在所属するBig Ten西地区はWisconsin以外は強い相手はいない。Nebraska自身の来季および近い将来のnon-conference戦もロクな相手が予定されていない(2020年にOklahomaと対戦するまで)ですからレベルアップがあればすんなりと勝ち星は増えるはずで、意外にも早く復活できたりするのか。私個人的にはやはりNebraskaは強くあって欲しいというノスタルジックな思いもあるのでこの若い有能なHCの登場は期待してしまいます。

Clemson x Alabama Oklahoma x Georgia

カレッジフットボールプレーオフの発表がありました。No. 1 Clemson, No. 2 Oklahoma, No. 3 Georgiaまでは大方の予想通り。No. 4はAlabamaが四年連続プレーオフ進出に成功。選出発表後のプレーオフ選抜委員会のコメントによればAlabamaとNo. 5となったOhio Stateの差はかなりはっきりあったとのこと。決まってしまえばこの四校であまり文句を付けるべき点はないと思われます。BCS時代のように1-2位での一発勝負でもほとんど異論が出ない結果であったであろうとも思います。

結果を見ると残った四校は今季のCFPランク初回発表分で1~5位(3位だったNotre Dameだけ脱落)を占めていた学校で順位の上下はあっても一貫して委員会から支持を受けてきた学校が最後も残ったことになります。

Ohio Stateの落選の要因のひとつとしてランク外Iowaに31点差の惨敗を喫したことが挙げられますが、もしそうだとするとあの試合でOhio Stateが逆転勝ちを狙ってアグレッシブに行ってINTを重ねたことが傷口を広げたことになるんでしょう。そうなると今後は負けるにしても点差を少なく、というような行動が出る可能性がある。2TD差を追いつく行動(=Pick 6で21点差となる結果もありうる)よりも、時間を使ってでもとにかく1TDを狙って、最終得点差の小さい敗戦の方が良いという場面が発生する可能性があります。それってどうなんでしょうか。

過去四年間のプレーオフ進出チームの最大の敗戦は初年度のOhio StateがVirginia Techに敗れたときの14点差が最大だった、ということを今日の発表番組で喋っていました。私は確認してませんが、もしそれが事実でOhio Stateが選ばれていたら、31点差惨敗のIowa戦だけでなく、15点差でホームで敗戦したOklahoma戦もプレーオフ時代の当選校の最大の得点差敗戦ということになります。でももしこの点が強調されるようになると、例えば15点差がシーズン末に問題になるという可能性があると考えれば時間切れ寸前に負けている側がFGを蹴ってしまうというようなものすごく変なことが起こりえます。


結果的には2敗校のプレーオフ進出は今年もなかったことになります。

プレーオフ進出が決まったAlabama HC Nick Sabanがニッコニコの顔でインタビューを受けていたのが印象的でした。

Tennessee 64歳Les Milesに声掛け

本気ではないような気がします。Tennesseeの新ADに就任したPhil Fulmerが元LSU HCのLes MilesにTennesseeの新HC就任を打診したというニュースが出てます。

即座に思ったのはLes Milesってもう歳だろ、ということ。LSUからクビを切られる前の数年はマスコミ対応なんかを聞いていてもずいぶん老けたなあという印象が強かったLes Miles。年齢を確認したら64歳のようです。一体64歳の方にTennesseeは何年契約のオファーをするつもりなんでしょうか?4年、どれだけ少なくとも3年は契約期間がないと、3~5年選手を預かるのにリクルートもできないでしょう。選手やその親からしたら長くいるとは思えない64歳のHCのところに、ひょっとしたらプロになって一攫千金なんて思っている4~5☆のトップリクルートを預ける気にならないに決まってます。Phil Fulmerご自身が67歳。本気で64歳の新任HCがありだと思っているんでしょうか?もしFulmer自身があと数年若かったらADじゃなくて「俺がHCやる」とか言い出していたんでしょうか。

それにしても67歳ADと64歳HCのフットボールチーム。FulmerのADは2年契約らしいですから今の危機を乗り切るためだけの役目ということでしょうが、HCはそんな契約期間では役に立たないですから。


Les Milesに声をかけたという同じ記事の中でやっとTennessee OB Tee Martinの名も候補として出てきました。MartinはUSCのQBコーチとしてPac-12を制覇してNew Year's Six Bowl行きの予定ですが、それを引き抜くのか。金額は桁違いの額を出せるでしょうし、Tennessee OB、FulmerがHCで全米制覇をしたときのQBですからMartinとの気心はしれているということなんでしょうが、それならなぜLes Milesにまず声掛けしたの?というのもよくわからない。

昨日も書きましたがこれだけ受け手がいない職はOB頼みでまず落ち着かせるしかないか。


別件ですがOBのHC就任というと全勝を維持したCentral FloridaのHC Scott Frostが母校Nebraskaの新HCと決まりましたね。こちらは内々には前から話がついていたように思われます。古豪復活をかけてOBの成功者Frostを迎えてどうNebraskaが変わっていくか楽しみです。Central FloridaとMemphisの間で行われたAmerican Athletic の優勝戦は62-55の大変な試合でとてもおもしろかったです。今週末では一番エンタメ度は高かったでしょう。

プレーオフに届くのはGeorgiaかAlabamaかOhio Stateか

各カンファレンスの優勝戦などが行われたカレッジフットボール最終週。まず結果から。No. 1 Clemsonが圧勝38-3でNo. 7 Miami-FLを下してプレーオフ確定。No. 2 AuburnはSEC優勝戦で敗戦、28-7と快勝でNo. 6 Georgiaが雪辱。No. 3 Oklahomaは41-17、TCUを破ってプレーオフ進出確定。No. 4 全勝Wisconsinが最後まで粘りましたが初黒星、27-21でNo. 8 Ohio StateがBig Ten優勝戦をものにしています。

プレーオフの4枠は11時間後、日曜日の正午から発表になります。先週時点で4枠内で、この日も文句なしの内容で勝利したClemsonとOklahomaはどういう順でか1-2フィニッシュになることでしょう。残りの二枠をSEC優勝1敗のGeorgia、Big Ten優勝2敗のOhio State、そしてこの日は試合のなかったNo. 5 Alabamaの三校から選ぶことに。初黒星を惜敗で喫した1敗No. 4 Wisconsinにもチャンスがあるか?ないでしょう。

どういう理屈で三校のうち一校を落とすか。たぶん三校の中ではGeorgiaが一番立場は良いのでしょう。三週間前にAuburnに惨敗を喫した借りを返しての快勝。Auburnは先週の試合で負ったケガの内容を公表せず強行出場したRB Kerryon Johnsonでしたが、先週Alabamaを撃破したときのようなプレーは望めず、その通りになりました。最終的に3敗となったAuburnにアウェイで1敗(但し大敗)しただけのSECチャンピオン。相当に落としにくい。

Ohio Stateが選ばれるとプレーオフ制になって初の2敗校のプレーオフ進出となります。比較対象のGeorgia、Alabamaが1敗なのでそれ以外の部分で説得力が欲しかったんですが、Wisconsinの逆襲を喰ってぎりぎりの逃げ切り。今日のメジャーカンファレンス優勝戦で唯一の接戦での勝利となってしまいました。

Alabamaを推す場合の理由付けとしては対象三校で唯一大敗がありません。1敗はAuburnとの14-26の敗戦。GeorgiaはAuburn相手に17-40の惨敗。Ohio Stateはランク外のIowaに24-55の大惨敗。これらの三つの敗戦は全てアウェイ戦。それに加えてOhio StateはホームでNo. 3 Oklahomaに16-31で敗戦。

こういう情報を並べるとOhio Stateを落とすことになりそうなんですが、Oklahomaと試合を組んだOhio Stateを罰してしまうと強豪各校が強豪同士のnon-conference戦を組むことを避けるようになってしまうことにもつながりかねない。そういう試合をより多くしたいのがカレッジフットボール「業界」の希望でしょうからOklahoma戦の敗戦を不問にしてOhio Stateを1敗校と同列扱いにする可能性も否定できません。

いずれにせよ明日には結果が出ます。今年も良いシーズンでした。

Tennesseeは状況をわかっていない

昨日ADを解雇したTennessee、新ADとしてPhil Fulmerを指名したと発表してます。BCS時代初年度にTennesseeに全米優勝をもたらしたときのHCであったFulmerです。これはTennessee、まったく状況を理解していないと言えるでしょう。

Fulmerの登用はファンウケは文句なしでしょう。しかしそれでHCハントの状況が好転するとはとても思えません。それとももう外部からの招聘は諦めて、Fulmerの下全米優勝したときのQB Tee Martinを採用することに決めたということでしょうか?そしてFulmerはMartinの後見人とか?もしそうならばファンからすればノスタルジーを刺激されて気持ちはいいでしょうが、そんなので勝てるんでしょうか。

前項のコメント欄でも書きましたが今回のTennesseeの醜態の収拾に最後はOBに頼るしかなくなるというのはまあわからないでもない。名門Michiganもそんなドタバタを数年前のHC探しの際に展開して最後はOB頼みで決着したことがありました。ただOBだというだけで採用したBrady Hokeは硬直的な戦術を繰り返す無能ぶりを発揮して受け継いだリクルートを使い果たすと大失速。それでもなり手があっただけマシだったとは言えます。Tennesseeもコーチ歴の浅いTee Martinなり他のOBに頼って早くいまの醜態を終わらせたいのでしょう。そのためにADも有能なADを探すなんてことはせず、身内のFulmerを即日指名。

でもこれはまた別のHC職を巡るトラブルを想起されます。Wisconsinが数年前にこれをやったんですね。Wisconsinの功労者でHCだったBarry AlvarezをADに格上げ。ところが外部から新HCを採用したもののAlvarezが現場への影響力を維持したために二重権力構造となって新HCが辞職、あっさり逃げられるという事態を引き起こしたのです。HC不在になると当然のようにAlvarezが臨時HCとして現場に降りてくるということを二度もやっており、その後のWisconsinのHC職が忌避されるんじゃないかと心配されたものです。最終的にはそれは杞憂となりその後採用されたWisconsin出身のPaul Chrystが今季見事全勝でプレーオフ圏内にとどまっているわけですが、これもあまりよろしい事例ではなかった。うまくハマっただけで、身内人事そのものです。

TennesseeがいまやろうとしていることはこのWisconsinの悪例に倣ってるように私には見えます。とても外部の人間が入って思い通りにやれるような環境を整えているようには見えない。OB以外では勤まらない体制をさらに強化している状態ですね。Paul ChrystがたまたまハマったWisconsinはラッキーでしたが、Tennesseeにそれと同じ幸運をもたらすOBがいるのか。名前がこれまで挙がっていないということは有力なOB候補がいないということかと思います。指導歴の浅いTee Martinになってしまうのか。ここに至っては美しい想い出にひたってFulmer-Martinラインでとりあえず事態を収拾するのはアリとは思いますが、それで勝てない可能性、その先がWisconsinやMichiganよりもさらにまずい事態になっていく可能性はかなりありそうです。

Tennessee ADを解雇!迷走深まる!

大変な話になってまいりました。カレッジフットボールTennessee Volunteersの後任HC選びが難航していたわけですが、ここへきてなんとADが解雇とか言うニュースが飛び込んできました。このタイミングでAD解雇ということは、夕べの段階で新コーチ採用が有力とされていたWashington State HCのMike Leachにも断られたということか?なんにせよ迷走に拍車がかかってきてます。カレッジフットボール史上最悪の後任選びとして語り継がれそうな状況になってきました。

もしMike Leachとも話がつかなかったのであればこれで実に8人目の辞退者となります。カレッジフットボール界でもっとも資金の潤沢なSEC所属のTennessee。金額では全米ほとんどの学校のHC職よりかなり高い額のサラリーをオファーできているはずなのに誰も来てくれない。断られた相手が一流校のHCならともかくBig Tenの下位常連Purdueだの、ACCで短期間狂い咲きしたDukeだののHCにも断られる始末。その失敗の連続が今回のAD解雇へ繋がったわけですけれど、これ、学校の上層部が激怒してADを解雇したところで次のHCがやってくるわけじゃないんですけどね。後任のAD選びの時間も必要ですから、そうなると現段階ではもう諦めてNFLシーズンの終わりを待ってプロのアシスタントからの引き抜きという方向に転じるのか。それぐらいしかなり手がないでしょう。

結果としては早い段階で話がつきそうだったOhio StateのDC Greg Schianoを、地元のファンが大々的な抗議行動で潰したのが尾を引いてることに。あの段階ではSchianoですんなり決まりそうだったのが地元の街角で、ネット上でSchiano攻撃の抗議行動が激化。それで話が壊れ、その後は誰に話を持っていっても断られ続けてます。TennesseeのあるKnoxvilleはカレッジタウンで山の中の孤立した街。何をもって魅力的とするかは個人の価値観次第ですがあまり人気のある場所ではないような。そこへSchianoへの抗議行動もそうでしたが、思い返すとLane Kiffin元HCがTennessee職を抛ったときも暴動に近いことが起きて誇張でなくKiffinは自分と家族の身の危険を感じて即刻退去したという話もありました。他に職のない浪人組ならともかく、現職でそこそこうまく行っているコーチがわざわざ選びたくなるような土地柄・環境ではなさそう。

Tennesseeは10万人超の巨大スタジアムを持つ地元では人気校。地元の民にとっては今回の同校HC職の人気のなさは衝撃的なのかもしれませんが、これはけっこう今後も後を引くかもしれません。今回のHC捜しだけでなく、その数年後にまた後任捜しになったときにも。

ホームに帰った日本人選手たち

先日書いたカレッジバスケGeorge Washington Yuta Watanabe、Gonzaga Rui Hachimura両選手はそれぞれ連休中の中立地での試合からホームに帰ってそれぞれマイナー校との試合を今日こなしてます。前戦で20得点と一気にブレイクしたHachimura選手は16分出場で18得点5リバウンド1アシスト、3ポインターが2/2。Watanabeはキャリアハイの26点、39分7リバウンド5スティール3ブロックの活躍、3ポインターは3/7。二人とも好スタッツを残しています。

ランク校であるGonzagaの方はESPN系のウェブ放送での視聴可能でした(がNo. 1 Duke@Indianaを見てたので見てません)が、George Washingtonの方は私の知る限り視聴方法はなし。どちらも対戦相手が351校あるDivison Iの中の最下層に近い学校なので、先週のようなメジャー校・ランク校相手の試合とは数字の意味合いが違いますが、少なくともWatanabe選手の3ポインターが今日は入っていたようです。

想像ですが先日のHachimuraの活躍の数字を見てWatanabeが発憤したなんていうことかもしれません。お互いに刺激しあって活躍できるのならそれは大変良いことですよね。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文