アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

College Football

むりやり開催する@Miami-FL

大型ハリケーンの襲来で@Florida、@South Carolinaの試合は数日前に早々にキャンセルが発表されている中、@Miami-FLの試合は一貫して開催と言い続けています。No. 23 Florida State@No. 10 Miami-FL戦です。試合はプライムタイムの地上波ABCでの放送。FloridaのあるGainsvilleもSouth CarolinaのColumbiaも内陸の都市。ハリケーンの影響は出る可能性は確かにあったんですけれど、海に面しているMiamiとは被害や影響の可能性は大きくないはずでしたが、あっさりキャンセル。MiamiはMiami Beach市など沿海部の住民がハリケーン襲来の際には都市部に非難したり混乱する度合いは大きい土地柄。そもそもが湿地帯を埋め立ててできた都市ですから水にも浸かりやすい。さらには野生のワニも多数生息するので浸水すると人家近くにワニが来ちゃうという大変な場所であります。そんなMiami界隈ですが主催者のMiami-FLは一貫して開催すると発信しつづけています。SECが試合をさっさとキャンセルしたのとは対称的。

なぜ開催にこだわったかというとたぶんこういうことだと思います。Florida Stateとの毎年の定期戦はMiami-FLにとっては最大のビッグゲーム。そしてMiamiにとっては久々にトップ10にランクされての全米プライムタイムの放送の試合。過去10年近く低迷してきた同校にとってはこれ以上ない看板試合となるはずの試合で、それをハリケーンであっさり諦めきれないという経営上の思惑だったのだろうと思われます。逆にあっさり試合をキャンセルしたSECはその人気に自信があるからその判断が簡単だったのではないか。

Miami-FLがNo. 10といっても大した相手に勝っているわけでもなく、このFlorida State戦からNo. 1x North Carolina戦、@No. 25 Virginia Tech戦、@Notre Dameと続く4連戦で化けの皮が剥がれる可能性がかなりあるので、その前にビッグマッチをやってMiamiが復活しつつあるという印象をカレッジフットボールファンやリクルート生たちに与えたい、という思惑があったんじゃないでしょうか。今季のカレッジフットボール界の台風の目となっているLouisvilleなんかが大量にMiamiの地元の好選手をロースターに並べている。それはつまり地元のMiamiがLouisville程度(失礼)の学校にリクルートで負けるほど地元でのイメージが落ちているということです。そういうイメージの回復は重要で、そのためにはどうしてもこのFlorida State戦をやりたい、という判断につながっているのかなと思います。

No. 5 Clemson再逆転で全勝キープ

大激戦を制してNo. 5 ClemsonがNo. 3 Louisvilleに勝利、全勝キープ。Louisvilleのハーフタイム後の攻勢で苦しんだ試合をモノにしました。両チームのハイズマン賞候補QB ClemsonのDeShaun Watson、LouisvilleのLamar Jackson。両者ともに持ち味をたっぷり発揮しての試合。結果からするとWatsonの我慢がなんとか勝ちを引き寄せたと言えましょうか。惜敗であったため1敗となったLouisvilleもまだプレーオフ進出への望みを保った試合結果ともいえます。最終スコアはClemson 42-36 Louisville。

Louisvilleディフェンスはこの試合前までほぼ完璧と言えるシーズンを送ってきたわけですが、そのLouisvilleディフェンスを消耗させて第4Qに2TDを奪ったClemson、堂々たる勝利です。一方のLouisvilleも前半18点差をつけられて劣勢だったのを後半に入って26連続得点で逆転。Jacksonの魅力をたっぷり全国放送で知らしめた後半戦だったと言えるでしょう。スタッツで見ると両QBはほぼ互角。痛いターンオーバーが発生して試合の流れが揺れ動くエンタメ度の高い試合の中で、Jacksonのランが光るLouisville。対するWatsonはインターセプションこそ3個と嵩みましたが試合を通して慌てる場面は少なく、さすがに昨年一年大事な試合を多くこなしてきた経験を感じました。

勝ったClemsonはついさっきリリースになったばかりの新APランクでNo. 3に上昇。敗れたLouisvilleはNo. 7にとどまり、まだまだプレーオフは狙える位置。

APランクで目立つのは先週のNo. 10から一気にNo. 5まで上げたWashingtonですね。No. 6 Houstonをこの時点で抜いたのはプレーオフ争いでは大きい。No. 2 Ohio StateとNo. 4 Michiganの試合がどちらかを蹴落とすのでWashingtonはこれで他を気にせず自分の試合に集中していればプレーオフ出場が見える立場に。No. 7 LouisvilleはNo. 6 Houstonとの対戦があるのでこのどちらかがWashingtonを抜く可能性がゼロとは言いませんが。過去その存在感を誇ってきたSECからはNo. 8とNo. 9にTexas A&M、Tennesseeが並びましたが、この並びだと過去数シーズンのような「SECからの二校目」と言う声は上がりにくそう。TennesseeのNo. 9は高過ぎなような気がします。Appalachian Stateに押しまくられて延長戦まで引きずり込まれたのに全米トップ10ですか?この辺りはまだSECの威光がまだ効いているのかもしれません。No. 10には久々に上位に来たMiami-FL。Florida Stateも勝っていれば久々にFlorida State対Miami-FLが全米制覇争いの文脈で意味のある対戦になった可能性があったんですが、Florida StateがサヨナラFGで二敗目を喫してNo.23となり脱落しています。

No. 10 Washington圧勝で全米ステージ殴り込み

今週のカレッジフットボールはトップ10校同士の試合が三試合組まれています。その先頭を切って行われたのが金曜夜のNo. 7 Stanford@No. 10 Washington。結果はWashingtonの圧勝、44-6。ここまで一方的なスコアになるとは予想できませんでした。守ってはハイズマン賞候補Stanford RB Christian McCaffreyを効果的に囲み込んでビッグゲインを与えず、攻めてはStanfordの大型ディフェンスラインを正面から圧倒しての攻撃で安定感抜群。圧巻は第3Q終盤から第4Q残り5分半まで10分使ったWashingtonのTDドライブ。Stanfordがやっとのことで第3Qにこの日の初得点を挙げた続くWashingtonのドライブが延々試合時間にして10分をかけるロングドライブ。クオーターを跨いだのでWashingtonのディフェンス陣は実際は15分以上も休むことができた。時間もなくなりStanfordからも完全に戦意を失わせてのフィニッシュへ。

これでWashingtonは開幕五連勝、Pac-12のトップ校の位置も獲得して全米プレーオフ枠獲得へ好位置に立ったことになります。

WashingtonのHCはChris Petersen。そう、あのマイナーの雄としてBCS時代にカレッジフットボールを盛り上げてくれたBoise State BroncosだったあのPetersenです。マイナー校でリクルートの質が劣る中毎年なんやかやと好選手が出てきた選手の育成、細かな作戦の機微などはBoise State時代から疑いのないところ。メジャーカンファレンスに移動してリクルート面で大幅にアップグレードされた環境でいよいよChris Petersenの全米獲りのシーズンとなるかどうか。

Les Miles解雇

NFLの方でも言いたいことはあるんですがとりあえずこちらを。LSUがHCのLes Milesとオフェンシブコーディネータを解雇。現在2勝2敗のLSU。昨日の敗戦はぎりぎりの勝負での敗戦でもあり成績不振とは言い難いと思うんですが、思い切った手を打ってきました。

Les Milesのクビが危ういというのは二年ぐらい前から何度か話題になっていたところ。ここ数年SECはAlabamaが一強独走になりかかっている。その少し前まではLSUがAlabama一強を許さない強力な存在だったんですがかなり差がつき始めていた、というところがLSUを全米規模のエリートプログラムだと思えば物足りなかったようです。部外者の私からすると、この成績で功績あるHCのクビを切るとかLSUは自分を何様だと思ってるんだ?、という気もしないでもなかったのです。

以前にも書いたことがありますがLes Milesは数年前からがっくりお歳を召した感じが強くなっていた。現在62歳、カレッジフットボールのHCは高齢の方が多いのでさほど歳という年齢でもないんですが、全米制覇を達成した頃(2007年)や全勝で全米優勝戦へ進んだシーズン(2011年)の頃と比べると随分歳とったなあ、とは感じていました。

LSUのファンサイトなんかを読み込んでみるとどうもQBのリクルートがうまくいかないことへの不満が鬱積していたみたいですね。LSUはSECの有力校ということもあってリクルートは各ポジションで毎年のように好選手を獲得しているんですが、QBだけはダメ、という傾向がはっきりしている。LSU出身のQBとして思い出せるのは例えばJaMarcus Russell、Matt Flynn、Zach Mettenberger。ここ最近数代のQBは名前のリストを見ると、ああそうだったねぐらいの目立たない選手が続いています。名前を挙げた3名にしてもMettenbergerはトランスファーでLSUに来た選手でリクルートで獲った選手ではない。JaMarcus RussellはNFLドラフトバストの代表格みたいになってます(それはLSUのせいではないですが)。

なんでもLes MilesはデュアルスレットQBが好み。それが祟ってLSUの地元の五つ星ポケットパッサータイプのQBがLSUに入学コミットした後に、デコミットして他校へ進学した例が3例ほどあるそうです。どうもそれらの選手がLSU進学を発表後に「LSUに行ったらプロスタイルのプレーをさせてもらいない。プロへ進む道が閉ざされる」という”アドバイス”を受けて進学先変更するのだとか。Les MilesがHC職にある限りこの問題は変わらない、という不満が成績不振の度合いが小さいのにMilesのクビを危うくしていたということです。なるほど。いろいろ難しいですね。

ただLSUが以前次期HCとして招請を具体的に考えていたのは現Florida State HCのJimbo Fisherだったわけです。Jimbo Fisherもデュアルスレットの大成功例であるQB Jameis Winstonを擁して全米制覇しているわけで、どうもそのプロスタイルのオフェンスができないから本格派QBが来ない、という説もよくわからないですけれど







Wisconsin 一年生QB Alex Hornibrook

カレッジフットボール第4週。先週ビッグカードが大量に行われた反動か今週はコレというカードのない静かめの週。その中で一番目をひいたのがNo. 11 Wisconsin@No. 8 Michigan State戦。この試合、Wisconsinのレッドシャツ1年のQB Alex Hornibrookがプロ風の狭いターゲットにいくつもパスを決めていたのが気になりました。特にシーズン前から評判というような選手でもない。リクルート時は三つ星。Wisconsin以外ではRutgers, PittsburghあとはIvy Leagueを含むマイナーカンファレンスからのみ誘われた選手のようで今季まで名前が知られていないのは当然。そんな選手なんですが大事なプレーでズバリと良い所に投げます。カレッジとNFLの両方を見る方にはおわかりでしょうが、カレッジのQBというのはNFLのような相手ディフェンスがしっかり追従したターゲットの小さいところにはなかなかパスを決められる選手は少ない。それだけに今日のプレーぶりは目立ちました。試合はWisconsinが30-6で完勝しましたが、Hornibrookは16/26, 195yard, 1TD, 1INT。試合を見ていなければまるで地味で並なスタッツとなってます。こういう選手が大化けしたりするんでしょうか。それともあの数本のNFL風パスはなんかの偶然なんでしょうか。1本や2本なら私も偶然だと思ってしまうんですが、4~5本ズバリいっていたので狙ってるんだよなあ…と判断しましたが。

パス比重の低いWisconsin、Big Ten。地味なスタッツと、時代遅れな走れないQB。Wisconsinのクラシックなチームカラーも似合う感じです。次週も少し気にして見てみようかなと思います。

Lamar Jackson参上

すごいのを見てしまいました。No. 2 Florida State@No. 10 Louisvilleの一戦はLouisville完勝、63-20。これでも終盤にFlorida Stateが得点を重ねて点差が縮まったのです。Louisville QB Lamar Jacksonが投げて良し走って良し。この一試合でLamar Jacksonは一気にハイズマン賞候補筆頭に躍り出たと言える脅威のパフォーマンス。これでLouisvilleは今季開幕三試合連続で62得点以上。しかしこれまでの二戦とは相手が違う。そのリクルート力で常に最上級アスリートをずらり揃えることで定評のあるFlorida Stateディフェンスを相手にひらりひらりとかわしてエンドゾーンへ次々と走り込むその姿はちょっと過去の他の選手に例えられません。細身の身体で密集を抜け出すしなやかさというと、似てるものを探すとボクシングのFloyd Mayweatherの身のこなしぐらいでしょうか。

開幕二戦は相手がCharlotte、Syracuseだったのでそちらのディフェンスの能力が劣っていたから大量得点できたのではという懐疑論があったのですが、Florida State相手でもまったく同じ結果。これはLouisvilleはシーズンの目玉となったのでしょう。またLouisvilleディフェンス陣も堅くオフェンスの片肺チームでもない。来週以降も注目せざるを得ません。

Louisvilleのスケジュールを見ると二週間後に@No. 5 Clemson、そして11月に@No. 6 Houstonとトップ10校が控える。そしてそのどちらもデュアルスレットQBのチーム。昨年のハイズマン賞最終候補の一人で今季受賞のトップ候補だったClemson QB Deshaun Watsonとの直接対決となる二週間後が早くもとても楽しみです。

常勝校Florida Stateに完勝したことで今日午後発表になるLouisvilleの新ランクがトップ3に食い込んでくることが予想されます。No. 1 Alabamaがまたももたついたこともあって1位票もLouisvilleに入りそうです。No. 3 Ohio Stateがシーズン前から大期待だった@Oklahomaの試合をきっちり勝ったのは立派だったと思います。これでBig XIIは早くもプレーオフ進出校がなくなる危機です。Pac-12も冴えない。昨年のハイズマン賞のもう一人の最終候補RB Christian McCaffrey擁するStanfordが粘れるかどうか。SECも今年は怪しい試合が多い。Big TenはNo. 13 IowaがFCSの雄 North Dakota State Bisonの餌食となって逆転負け。この試合も良かったです。試合直後のインタビューでNorth Dakota StateのHCが勝因を「王者のメンタリティ」と言っていたのが印象的。これはすごいすごいと思いました。

カンファレンスごとで見ていくとここまで勝ち組と言えるのはACCだけという意外な展開になってます。

最終スコアとは違う内容だが及第点

No. 6 Houston@Cincinnatiの木曜夜の試合。最終スコアは40-16と大差になりましたがホームのCincinnatiの粘りもあって終盤までなかなかの好ゲームでした。マイナーカンファレンスから初のプレーオフ進出を狙うHoustonにとっては及第点の試合と言えるでしょう。主力メンバーに故障があって一気に突き放すことはできなかったものの最終スコアの見映えも確保したので。QB Greg Ward Jr.はケガを押しての出場でもその能力の片鱗は見せたといえそう。小型なので密集に突っ込むのが怖いし、パスも相手ラインの手にはたき落とされる場面も散見しましたが、抑制の利いたデュアルスレットで最後は連続TDでチームを大勝に導きました。

Houston側で特筆すべきは新一年生DT Ed Oliver。これは3年後=NFLドラフトを得る頃には凄い選手になっているかもしれません。普通、高校から入ったばかりのラインの選手はまだ身体パワーが上級生に追いつかないものですが、解説陣絶賛。先物買いのお好きなNFLファンには注目の選手になるかもしれません。☆☆☆☆☆のリクルートでPower 5カンファレンス外の学校へ行った近年では例のない選手。Alabama, LSU, Oklahoma, Notre Dame, Texas, Texas A&Mといった有力校を蹴って地元のHoustonへ。顔つきも良いしボディランゲージから匂い立つ雰囲気、プレーするのが楽しくてしかたないような様子。

この両校は近い将来のBig XIIの拡張の際の対象と考えられる両校。メジャーカンファレンス移籍のチャンスを目の前にしてのオーディションという部分もあったでしょうか。


早くもシーズン分け目の週来る Week 3

今週のカレッジフットボールは好カードがずらり。今季のプレーオフ四校の行方を占う大事な試合や、シーズン序盤二戦で飛び出したニュースター選手の真価の問われるカードが並びます。

まずは木曜日のNo. 6 Houston@Cincinnati。これはシーズン全体に及ぼす影響が大な試合。Houstonはマイナーカンファレンス所属ながら開幕戦で強豪Oklahoma(当時全米3位)を堂々破っているだけに全勝ならばプレーオフに出さないわけにはいかない。Houstonのスケジュールを眺めると11/17のホームでのNo. 10 Louisville戦が全勝達成への最難関の試合ですが、それに次ぐ関門がこの@Cincinnati戦。プレーオフ制になって三年目の今季。過去二シーズンはマイナーカンファレンスからプレーオフに該当すべきチームは出てこず、今季のHoustonがカレッジフットボールプレーオフへ臨む最初の非Power 5カンファレンス校となるかどうか。木曜日の全国放送の試合でもあり関係者の耳目を集める試合。ただ勝つだけでなく、勝ち方印象点もできれば稼ぎたいところ。Tommy Tuberville HC率いるCincinnatiは毎年下馬評以上の試合を見せる過去数年。好試合が期待されます。

本番土曜日は正午キックオフのNo. 2 Florida State@No. 10 Louisvilleでスタート。これもシーズンの行方を大きく左右する大一番です。シーズン前からFlorida Stateが今季の行方の鍵を握るチームだと書いていたわけです。昨季全米優勝戦まで進んだClemsonとともにFlorida StateはACCの優勝候補。Florida StateはOle' Miss、FloridaというSEC校二校との対戦もあり、星勘定によってはACCから二校がプレーオフに勝ち残る可能性もあるというのがシーズン前から見えていたところ。その場合二校とはClemson/Florida Stateが想定されていたわけですが、Louisvilleが予想以上の勝ちっぷりで序盤二戦を圧勝してきたことでACC二強にLouisvilleが割ってはいるかも、という一戦です。Louisville 二年生QB Lamar Jacksonの投げて良し走って良しの変幻自在ぶりがFlorida Stateに通用するのかどうか。ここでもしLouisvilleが勝つようなことがあると前述のHoustonとLouisvilleの11月の試合が事実上の全米準々決勝戦になる可能性さえ見えてくる。またJacksonが一気にハイズマン賞レースのトップに躍り出るかもという期待まである。Louisvilleのここまでの二戦は相手が弱かったからなのか、どうか。全米のカレッジフットボールファンがLamar Jacksonの真価を見定めようと注目する一戦になります。Florida Stateからしてもこの試合は負けられない。Florida Stateの今季のスケジュールは難敵を適度にばらけた迎えられる難度が高い割にはうまくセットされたスケジュール…だとシーズン前には思われたのですが予想以上にLouisvilleのオフェンスが冴え渡っているだけにこちらも正念場です。

同じ正午キックオフで下位ディビジョンFCSの雄 North Dakota State BisonがBig Tenに乗り込み@No. 12 Iowaと対戦するのも地味ながら注目の一戦。FBSの有力校に乗り込んで相手を苦しめるNorth Dakota State、今年も一発やってくれるでしょうか。Iowaのランクが高くなっているのも盛り上がります。

No. 1 Alabamaは@No. 19 Ole Missで。Alabamaは例年からの類推もあり、また最終スコアでは相手を圧倒しているのであまり誰も何も言いませんが、私の見るところかなりもたついていると思っています。HC Nick Sabanが不満を公言するのもわかります。開幕戦のUSC戦はプレシーズンのないカレッジですからもたつきは許されてもいいですが、二戦目も同じでしたから。Ole Missの方は既にFlorida Stateに敗戦しており早くもシーズンの勝負所。ここで一発Alabamaをまた喰ってSECを混乱に引きずり込めるか。Florida StateとAlabamaの間接比較、さらにはそのFlorida Stateを通してLouisvilleまで間接比較の対象になっていきそうなここまで三週のカードということになる。単なる好カードが多いというだけでなく、こういう複合的なところが今週のカードは魅力が強いです。

そしてナイトゲームで今シーズンのベストカードだとシーズン前から待ちかねていたNo. 3 Ohio State@No. 14 Oklahoma戦。これはすごいカードです。Oklahomaは既にHoustonに敗戦しているためもう絶対に負けられない。所属するBig XIIは昨年もプレーオフを逃しており、ここで早くもBig XII最強候補のOklahomaが2敗で脱落となればBig XII全体の浮沈に関わる。どうしてもホームでのこの一戦獲りたい。Ohio Stateに勝てれば開幕戦の敗戦は帳消し(というと言い過ぎか)にできる可能性のある大きな一勝になります。Ohio Stateから見ると同校にとっては珍しいアウェイの超ビッグカード。ここでOklahomaを叩き潰せれば過去シーズンの類推からプレーオフへの道は綺麗に開けてしまうであろう試合。激戦必至です。期待が高まります。

他にもMississippi State@LSU、Texas A&M@Auburn、Michigan State@Notre Dame、Texas@Cal、USC@Stanfordと好カードばかりで画面がいくつあっても足りない大変な週になってます。Colorado@Michignだって侮れないです。


カレッジフットボールはこのクレージーさがたまらない

さっき終わったCentral Michigan@No. 22 Oklahoma State戦。フィニッシュがすごかった。試合終了したかに見えたのがオフェンス側のファールで時間切れなのにもうワンプレーが与えられ、Central Michiganのよく練った疑似ヘイルメリーが見事決まって30−27でCentral Michiganが逆転勝ち。このめちゃくちゃさがカレッジフットボールの魅力のひとつです。

状況はこうです。地元Oklahoma Stateが27−24でリード。時間切れまで数秒残しということで4thダウンでパントやニーダウンをせずに、パスを遠くサイドライン外に投げてボールが宙にあるうちに時間切れ……のつもりだったのでしょう。スタジアムもチームももう勝ったと思ったはず。ところが審判団が相談した結果、QBがボックス内から投げ捨てた、よってインテンショナルグラウンディングとコールされ4thダウン失敗、QBが投げた位置からCentral Michiganにワンプレーが与えられました。ほぼ50ヤードラインの位置からの一発勝負。それがものの見事に決まって逆転TD。

しかししかし。いま勝負がついて30分ほど経過した時点なのですが、ひょっとしたらこの試合、Oklahoma Stateの勝利に戻るかもしれません。まだわからない。なぜかというと、あのCentral Michiganのワンプレーはルール上与えられないプレーだったはずなのです。ディフェンスチームの反則は時間切れでも常にワンプレーが与えられるのがルール。そうでないと時間切れの時間帯はディフェンス側が反則し放題になってしまいますから。しかしオフェンス側の反則については常にではないです。ルールブックによれば、オフェンス側によるLoss of downとなる反則があった場合は、時間切れ後に次のプレーは発生しないとなっている。インテンショナルグラウンディングはLoss of down。この場合4thダウンなので相手ボールになる次の相手側の1stダウンプレーは発生しない、と読める。なのでひょっとするとあの最後のワンプレーはプレイされるべきものではなく、事後に取り消される可能性をなしとしません。実際にはもうプレーしてしまったのですからCentral Michiganの勝ちとすべきでしょうが、いまはまだ試合が終わってすぐなのでどうなるかわかりません。



記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文