カレッジフットボールシーズンが近づく中、UConnがシーズンキャンセルを発表しています。UConnは独立校となっており、メジャーカンファレンスが既に対外試合をキャンセルする事態となって対戦相手にも欠く状態となっており、代替の試合をセットしてシーズンを戦うことよりもキャンセルが妥当という判断に傾いた模様。元々UConnはフットボールでは後発校で、昨季までAAC所属。今季から独立校化して将来の他カンファレンス移籍を模索していたのが、今回の疫禍で拠り所がなくなりシーズンキャンセルに追い込まれたことに。
同じ独立校でもNotre DameはACCに取り入ることに成功してACCチャンピオンへの道も開けているのとは人気実力TV契約格とすべてが違うので仕方ないです。

メジャーカンファレンスではSECがカンファレンス内のみと発表してSEC、Big Ten、Pac-12がひきこもり。ACCとBig XIIが1試合のみ対外試合ありとしているのですが、UConn視点だと予定されていたOle Miss戦がキャンセル。ACC所属の2校@Virginia戦と@North Carolina戦は開催される可能性はあるはずですがこの時点でUConnがシーズンキャンセルを決めたということは色良い返事をもらえていなかったということだと考えて良いのでしょう。
ACCが対外試合を1試合行なう可能性を残したのはSEC所属校との定期戦開催の可能性を考えてのはずですが、SECが対外試合をキャンセルしたことでACCも実質的にACC内の対戦のみになってしまう可能性もありそうです。

ほぼ同じタイミングでBig Tenがスケジュールを発表、シーズン開始を早めて9月3日からシーズン開始とか。キャンパス内でのクラスター発生など事が最悪の事態を迎える前にできる限り試合を消化したいということなんでしょう。伝統のOhio State x Michiganは10月24日の開催。例年シーズンの最後の試合として予定されるこの定期戦もシーズン途中停止の可能性が否定し難い中、開催可能性がより高い時点での開催を目指したってことでしょうか。