破産となっていたXFLをThe Rock様が購入するようです。The RockことDwayne Johnsonとその投資家集団がXFLを購入して事業継続を目指すようです。購入額は$15 millionとなっていますが、たぶんそれ以上に負債も抱えているので投資総額はもっと多いはずです。

WWE所属レスラーとしてThe Rock、映画俳優としてのDwayne Johnson、いずれでも知名度抜群。この夏はNBC系列のスポーツリアリティ番組のThe Titan Gamesのホスト役でもTVの露出が多かったです。

アメスポが全停止する中、このThe Titan Gamesや、NFLのJJ Watt兄弟がホスト役を勤めるUltimate Tag、NBA Stephen CurryもからんだHoley Moleyといった疑似スポーツ・創作スポーツTV番組が今年は相次いでいました。日本発のSASUKE、アメリカ版ではAmerican Ninja Warriorがこの系統の番組のスタンダードとなっていたわけですが、このジャンルに他TV系列も挑戦していま各局が覇を競ってる状態であると理解してます。個人的にはあまり興味がなく見てないのですが、どこも番宣は多いのでやってることは興味がなくてもわかってしまうという感じでした。スポーツ放送がない中、どこもまずまずの視聴者を集めていたのが各種視聴率資料から見えます。僅差ですがThe Titan Gamesが同系統の番組の中では一番視聴率は高いようです。

フットボール選手としてのThe Rockはカレッジ時代はMiami Hurricanes所属でDT。1991年のMiami-FLの全米制覇を現役で経験しています。後にNFLプロボウラーとなるWarren Sappに後年ポジションを奪われたとか。NFLには進めず、CFLで短いプロ経験あり。1991年の全米制覇チームでフットボールでの一番の出世頭はJessie Armsteadということになりそうです。QBはGino Torretta。

しかしフットボール限定でないのなら間違いなく最大の出世頭がThe Rock様です。
そのThe RockがWWEでのボスだったVince McMahonからXFLを買い取って、XFLの3度目の挑戦が始まるとうことになるわけですね。売却側からのコメントで「最もふさわしい新しいオーナーを見つけることができた」という異例とも言える歓迎コメントが出てます。
この疫禍が来春2021年のXFLの想定シーズンの時期までに収まっているのかまだ予断を許さないところですが、いまこのタイミングで買い取ったということはやる気はもちろんあるんでしょう。

破産を宣言したことでその財務はかなりの部分公表されており、2020年の途中で終わってしまったシーズンでも約$20 millionの収入があったとか。もしシーズンを完走できていればさらに$20 million以上の収入があったということで、マイナースポーツとしてはずいぶんとカネまわりは良かったようではあります。Vinceが周到に準備して再挑戦した事業だったわけですから疫禍という大アクシデントが起こらなければなんとかなったのでしょうか。

XFLが2001年に初挑戦したときはまだ元気だったVinceが前面に出て大いにメディアを賑わせました。2020年の再挑戦の際はVinceは静かでほとんど表に顔を出しませんでした。2001年のときの失敗の反省もあってのことだったのでしょう。
3度目の挑戦となる2021年ないしは2022年はThe Rockが前面に出てくると考えた方が良いんでしょうね。