今夜サッカーの新イベント2019 Leagues Cupの準決勝2試合が開催。メキシコLiga MX所属の2チームが決勝へ駒を進めました。決勝は来月Las Vegasで。
準決勝に残っていた米国チームはLos Angeles Galaxyだけだったのですが1-2でCruz Azulに敗戦しています。

この新イベント、正体不明です。MLS所属の4チームとLiga MX所属の4チームの計8チームによる全ラウンド一発勝負のトーナメント戦。開催地はすべて米国内で、決勝を除きMLSチームのそれぞれの本拠地で開催されるもの。
この地区の国際クラブ戦としては既にCONCACAF Champions Leagueが存在します。そちらには米国とメキシコから各4チーム、他にカナダおよびカリブ中米各国からおおむね1チームが出場して争われていますが、そこから米国とメキシコのチームだけを抜き出したような形ですね。そしてLeagues CupにはCONCACAFは噛んでいないようなので、集客力が弱い他国を排除効率化、CONCACAFへの上納金も排除して米墨で富を独占、という目論見かと最初は思っていたわけです。

しかしながら今日のCruz Azul@Los Angeles Galaxy戦、Galaxyはまともに選手を出場させていません。スーパースターのZlatan IbrahimovicもCristian Pavónもベンチ入りもせず。これやる気あんのかよという。わざわざMLSのホームで試合をするべく企画したのにチームの方は勝つ気もないイベント。会場を埋めたのは圧倒的にCruz Azulのユニフォームに身を包んだファンばかり。上部席は空。

MLSが週中の試合での観客動員に弱いことは過去何度か述べています。またMLSの公式戦以外のカップ戦の類の動員が鈍いことも何度も触れています。それはわかっているのですが、それをわかっている上でさらにこのLeagues Cupなるものをわざわざ創設してまでやるのにまたこれか、という。