サッカー女子代表がW杯で優勝した余勢をかって8〜10月に5試合の全米ツアー興行をすることが発表されています。但し初戦を収容9万人余のRose Bowlで開催すると発表した以外の4試合は開催日は決まっています(TV局側の都合上)が開催地がなかなか発表にならなず、各地のファンがやきもきという状態になってます。

前回2015年カナダ大会での優勝時には同じように優勝後にVictory Tour 6試合を開催。当時の開催地はPittsburgh、Chattanooga、Detroit、Birmingham, AL、Seattle、Orlando。開催時期がアメスポジャンル1位&2位のNFLとカレッジフットボールのシーズンにかぶるのもあって、開催地はそれを避けた感のある都市名が並んでます。
体感的に言って今年2019年大会での国内での盛り上がりは2015年よりかなり上だったように思えるので、ひょっとしたら思い切ってフットボールに勝負を臨むような意欲的な興行を模索しているのかもしれませんが、同時にシーズンがかぶるので大箱のスタジアムの手当に苦戦している可能性もあります。日程だけは先に決まっているだけに柔軟なスケジュールは組みにくいですし。

うがった見方をすると女子代表が米サッカー協会とモメている代表選手への待遇闘争への反感もあって積極的には貸してくれないスタジアムもあるのかも。南部であるとかMLSのスタジアムとかだと絶対にないとは言えないような気もします。


そのEqual Pay男女報酬格差是正の問題ですが、大会終了直後にはMegan RapinoeやAlex Morganはマスコミに多く露出してやんわりとその主張を繰り広げていました(例1)。おおむねクリーンに勝ってしまったので彼女たちは余裕、あまり強く口に出してこの問題の主張をする必要がないんですね。人気トークショーのホストが「どうして同等の報酬を受取るべきだと主張してるんですか?男子は弱いんだから女子の方がもっと報酬もらうべきなんじゃないの?」などと勝手に話を盛り上げてくれたりするわけです。深夜のトークショーや、朝の定番番組など非スポーツファンでない人が見る番組に多く登場して問題提起をできているのもおいしいところでしょう。

反面防戦側のサッカー協会の方はどうもセンスが悪いです。この流れではほぼ男子代表と同等かはともかく、大幅な女子選手の報酬アップを受け入れなくてはいけなくなるのは避けがたいように見受けますが、サッカー協会長はこのタイミングでもまだスピーチで渋って待遇改善策について予防線を張ってるのが目立つ。男女間の協会内のパワーバランスなど様々事情はあるんでしょうが、対外的なイメージ戦略という意味では思い切って決断しちゃった方が良いんじゃないのかなとも思いますが。勢いのあるいま妥結すると振りなのでほとぼりが冷めるまで放置するつもりか。来年は五輪もありますから引き伸ばし策はあまり有効ではないような気がしますがどうか。

女子代表の方が余裕でその主張を浸透させつつある中、男子側は完全にだんまり。黙らざるを得ない。女子W杯と平行して開催されていた男子代表が出場したCONCACAF Gold Cup。決勝は4大会ぶりにメキシコ対米代表の最も視聴者を集める可能性のある決勝戦のカードとなりました。女子W杯の決勝と同日の夜の試合だったのですがこちらの視聴者数は152万人。
女子決勝の方は既報の通り1427万人。女子決勝は昨年の男子W杯の決勝以上の視聴者数を集めており、Gold Cup程度ではベストカードでもまったく太刀打ちできませんでした。ちなみにGold Cupの優勝はメキシコ。

女子W杯とGold Cup(および南米Copa America)が同時期に開催されることについてはMegan Rapinoeがサッカーファンの興味が分散する(言外に女子W杯への興味を削ぐために重ねてきた、FIFAの陰謀じゃないか)と事前に文句を言っていたのですが、こと米国内に関してはGold Cupが女子W杯に影響した可能性はほとんどないと言って良いのでしょう。どちらかというと女子W杯試合放映中にその晩のGold Cupの試合を大会期間中ずっと宣伝できた(両者ともにFOX系列での放送)男子Gold Cup側により恩恵があったかと思われます。
その上で女子側完勝なのですから、結果的にはその人気の差を見せつけることができてGold Cupと同時開催だったのは米女子代表に有利に働いたことになります。