終盤のせめぎあいでしびれました。試合時間残り4−3分あたりでのKawhi Leonardの連続得点で一気に試合をひっくり返したところはRaptors初戴冠へ驀進、Kawhiのスーパースター化への語り草になる場面になるかとも見えたところでしたが、あそこからWarriorsは盛り返せるんですね。Splash Brothersの立て続けの3ポインター猛爆で再逆転です。
その昔Rudy Tomjanovichが「王者のハートを決してみくびるな!」と、連覇ながらアップセット優勝となったときに叫んだNBA史上に残る名場面がありましたが、あの雄叫びの言葉を思い起こさせる苦しい苦しい場面からの再逆転勝利で王者Golden State Warriorsが敵地で生き残りとなってます。
次戦第6戦は木曜日でGolden StateのホームOracle Arenaでの最終戦になります。
最終スコアは106-105。

しかしながらこの106点には復活出場したKevin Durantの11得点が含まれています。Kevin Durantは前半でまたも同じ箇所(と見えました)を怪我して退場。松葉杖をついて試合中に既に会場を去っていました。チームの瀬戸際となって遂に出場したもののこの退場。もう再度出場はないか。ないのならこの11点分を誰かが稼がないといけないわけですが。あの序盤のDurantの3ポインター連発で試合の序盤のトーンが変わってしまいました。
また先日から強行出場を続けていたKevon Looneyもこの試合でまた同じ箇所を痛めて退場この日はもう出場を諦めました。中二日空いての木曜日の試合、それもホームですからLooneyはまた強行出場してくるのかも。

あと個別で悪い方に目立ったのがDaMarcus Cousinsか。最終盤でオフェンスゴールテンディング(これは判定が辛かったようにも見えましたが)、ムービングスクリーンでオフェンシブファールと、気合は十分ですが歴戦のツワモノ揃いのWarriorsの面々と見比べるのはかわいそうですが、やはり大勝負馴れが足りてないかのごとくにも見えましたね。