6%の確率を見事引き当てました、New Orleans Pelicans!これはすごい。
NBAドラフトロッタリーの中継があり、なんと確率で7番目タイだったNew Orleans Pelicansが全体1位指名権を獲得。最後にPelicansとともに残ったのも同じ6%の確率だったMemphis Grizzlies。
最も確率の高かった3チームNew York Knicks、Cleveland Cavaliers、Phoenix SunsのうちCavsとSunsは惨敗くじ引きとなり、それぞれ5位と6位の指名権まで滑り落ちています。もうひとつのKnicksは全体3位の指名権を確保。RJ BarrettかJa Morantのどちらかを指名できそう。また2%と極低い全体1位指名権獲得の確率だったLos Angeles Lakersが最後の4チームに残って(そこで長いコマーシャル)まさかのZionとLeBronの合体の可能性が残ってハラハラしましたねー。いやいやいや。大変なショーになりました。

今季からタンクチームを有利にしないためにくじの確率を変えたNBAロッタリーですが、いきなり大きくオッズから外れた指名順になりました。これで来季以降のタンキングが少しは収まるんでしょうか?

いやー、これはAnthony Davisの今オフの動き・意向にも大きく関わってくるでしょう。Zionが来てもPelicansを出ていきたいと言うのか、それとも次期スーパースター候補Zionを相棒にしてPelicansで勝負してみる気になるのか。