NHL Stanley Cupプレーオフ東一回戦最終決着第7戦 Toronto Maple Leafs@Boston Bruins戦がありました。この両チームによるGame 7は7年で三度目。2012-13シーズン、昨季、そして今季。そしてすべてBoston Bruinsに軍配があがってます。その合間の3シーズンはMaple Leafsはプレーオフに出場できていなかったりで、イメージ的には近年は常に毎度良いところまで行きながらBruinsに敗れてシーズンエンドというぐあいになってます。
NHLのプレーオフ形式が変わって地区内チーム同士が一回戦に頻繁に当たる形式になっていることもありこういう形での因縁が演出されていると言えましょう。プレーオフ形式の変更は成功だったと言えるのでしょうね。

この日の最終スコアは最後に得点差が開いて5−1。第1ピリオドMaple Leafsが試合開始から15分間押しまくりながらゴールを得られなかったのが、猛攻を耐えきったBruinsが立て続けに2ゴールを得て結果的にはそのリードを保ったまま勝利。

ここで問題にしたいのが最初のゴール。
直接の失点の理由はMaple LeafsのG Frederik Andersenがニアポストを固める際、表向きになっていたグラブの掌根本に叩き込まれたショットがグラブの手首側に漏れてわきの下を通過してゴールというシーンでした。これ自体もゴーリーのミスとされてます。その辺のゴーリーの細かい技術的なことはわからないですが。その直前のLeafsのゴール前にいた選手もパックに先に触れる機会があったのに反応が悪かった。

しかし問題にしたいのはそれより前の部分です。上述の通り試合はMaple Leafsが押しまくっていた。Leafsの攻撃からBruinsがパックを奪い返して、たぶん2-on-3での速攻になり、パックはゆるくゴーリーのところへ流れてきたのですが、これをFrederik Andersenは一旦受けたもののそのまま流してプレー継続を選択。Bruinsの選手はもう近くまで来ていたのでこの判断は珍しい。
結果的にはこのパックが一度もMaple Leafs陣から出ないままで先制ゴールになったのです。Andersenが流したパックをLeafsがゴールライン下で苦労しながらも回してLeafsの23番がクリア‥しようとしたのがブルーラインでカットされてBruinsの攻撃継続。そして先制ゴールへつながりました。クリアミスを犯した23番の選手はD Travis Dermott22歳、サラリーで言うとチーム内下から数えた方が良い選手。個人的にはまったく知らない選手ですね。Maple Leafsのような辛辣なファンの多いチームだとこのミスは後からボロカスに言われてしまうのかなと思われます。

疑問なのはなぜG Andersenが最初のパック処理でプレー継続を選択したのかです。0−0、Game 7、攻勢の第1ピリオド。無理をする理由はない状況でした。
個人的な推測は、Andersenは自陣内でのフェイスオフを嫌った。その嫌った理由が事前にAndersenの頭に入っていたスタッツだったんじゃないか、というものです。

今シリーズ第4〜第6戦の三試合でBoston BruinsのPatrice Bergeronがフェイスオフでのパック取得率が73%と圧倒的スタッツを残していたのが実はこのゴールにつながったんじゃないかと。
フェイスオフはどんな名手がやっても70%を超える取得率なんていうのは異常です。60%超えだって何十回もフェイスオフをしていればなかなかあるものではありません。Bergeronは今季ポストシーズン7試合合計で61.6%の取得率。今ポストシーズンで100回以上フェイスオフに臨んでBergeronに次ぐ高取得率なのはCarolina HurricanesのJordan Staalの54.9%。73%というBergeronの直近の驚異的なフェイスオフの数字がゴーリーの頭の中にあって普段なら危険を犯さないはずのプレーでキャッチ(=自陣内のフェイスオフ=73%獲られる、と頭の中で変換)せずプレー継続をさせたんじゃないかな、という推測なんですがどうでしょうか。

状況を以上説明した通り、Leafsの選手たちは攻撃をしていたところから速攻を受けて自陣にダッシュで戻りさらに守備が続いて長いシフトとなってかなり苦しかったんじゃあなかったかとも思われます。交代の暇もなかった。最後のゴールに至る辺りではLeafsの選手の反応はかなり悪くなっていた。Andersenが試合をあそこで切っていれば起きなかったことが起こってしまった、という感じでしょうか。