プレーオフ開幕前から注目していたNHLタイ記録の62勝を挙げたTampa Bay Lightningが意地を見せるもColumbus Blue Jacketsが押し切って4戦全勝のスイープで一回戦を制してます。個人的に注目していたのでNHLの歴史に残るシリーズを丸々観戦できたのは幸せですが、こんな負け方があるんだなと感心してしまいました。ホッケーは怖いです。

第4戦は最終スコア7−3。これは試合の残り時間が2分となったところでTampa Bayがゴーリーを引き上げて6人攻撃に出たあと3本もエンプティネットが決まってのもので、そこまでは4−3と崖っぷちながらTampa Bayも抵抗していたのです。

ただこの日も序盤からColumbusが押せ押せ。第1ピリオド開始早々にTampa Bayが反則してそのパワープレーでColumbusが最初のゴール。追加点も得てColumbusペース。Lightningが1点返し2-1、その後決まったColumbusのゴールが紙一重のオフサイド判定で取り消しになってもColumbusペースは変わらず。
第2ピリオド終盤にBrayden Pointが意地のバックハンドがトップシェルフに刺さる個人技ゴールで3−3の同点に追いついたのですが、その直後にColumbusのゴールが決まって第2ピリオド終了。なんともLightningへ流れがこない試合。早いつぶしが冴えるColumbus、ときにはLightningが自軍ゴール裏からのリスタートで自陣ゾーンから出られないほど形をつくらせてもらえない。

プレーオフ開幕前の記事のコメント欄に書いたことなんですが、NHL Networkのシリーズ前の解説で「StamkosがいなくてもLightningは勝てる、Kucherovがいなくても勝てる、でもHedmanがいないと勝ち抜けない」と言われていたVictor Hedmanは第3戦に続いてこの日も欠場。
レギュラーシーズンの終盤4試合を上半身のケガで欠場、プレーオフでは復帰、第1戦第2戦は出場していたのですが、第3戦から欠場。崖っぷちのこの日も出場しなかったということは状態はかなり悪いのでしょうし、第1-2戦も無理をして出ていたということだったんでしょうね。
Hedmanの明らかなパスミスからターンオーバー⇢1ゴールを献上した場面は確かにあったのですが、それ以外は悪いプレーをしていたとは思わなかったし、TVで見られる範囲では痛そうな顔を見せてもいなかったと思うのですが、かなり悪かったんでしょうし、激しいColumbusのチェックで再度ケガを悪化させたとかか。HedmanがColumbusに狙われている感じは確かに試合中もありましたからColumbus側はHedmanのケガが悪いのをはっきり嗅ぎ取っていた、そしてTampa Bay側も狙われている事実とケガの状態を鑑みて攻守の要のHedmanを外した、ということか。

Hedman欠場⇢Lightning敗退。NHL Networkの解説、ズバリの大当たりですね。感心しました。NHL NetworkはNHL観戦には欠かせない素晴らしいリソースです。


この日は人気チームのPittsburgh Penguinsも未勝利でスイープされて一回戦での敗退。東カンファレンスの模様が大きく変わりました。残っている6チームはどこもチャンスです。