まだ数週間残るカレッジフットボールシーズンですがイマイチ気合が入りません。理由は簡単。現時点のプレーオフ圏内4校がこのまま残り試合を勝ちすすみそうだからです。今季はアップセットが少なく燃えにくい上に、プレーオフ圏をうかがえる上位校同士の対戦も残り少ない。

上位で残っている試合はSEC優勝戦のNo. 1 Alabama x No. 5 Georgiaと、No. 4 Michigan@No. 10 Ohio Stateの2試合。Ohio Stateはこのライバル対決に勝ったとしてもプレーオフ圏に届かなさそうなのも燃えにくいところ。両校ともに9勝1敗同士なのにこの差はなんなのかというと、スケジュール強度ですね。Michiganの1敗は全勝No. 3 Notre Dameに喫した1TD差の17-24の敗戦。Ohio Stateの1敗はランク外Purdueに20-49の惨敗を喫した1敗という差が大きい。上位他校の状況によってはOhio Stateがプレーオフ圏近くまで浮上する可能性をなしとはしませんが、それでも苦しいでしょうね。
予想されるBig Ten優勝戦の相手が6勝4敗Northwesternなのも助けにならないし、Ohio Stateのnon-conferenceの最強の対戦相手のはずだった元「貧乏人の小娘」TCUが4勝6敗となって低迷しているのも誤算。Michigan戦でよほどの圧勝を遂げたらチャンスがあるかもというところなのでしょう。ただOhio StateのオフェンスラインのQBプロテクションがかなり怪しいのでMichigan側の圧勝になる可能性の方が高いかも。@Ohio StateでMichiganの圧勝なんていう場面となったとしたら何年ぶりのことか。
(追記:Michigan@Ohio Stateの戦歴を調べてきましたが最終スコアでMichiganの圧勝と呼べそうな試合は1976年の22−0まで遡らないといけなさそうです。1TD差以上だと2度、2000年の38–26がそれ以降の最大得点差試合の模様。記憶がないはずです)

No. 1 Alabamaがここ2戦29−0, 24-0と完封勝利を挙げていますが、得点力ははっきり低下しています。要因ははっきりしていて相手ディフェンスの積極果敢なQBへのプレッシャーが功を奏しているからです。当時No. 3だったLSUはブリッツ多用、ダウンフィールドの多くを1-on-1でというリスクをとって勝負。その結果が29−0では成功したと言っていいのかどうかはともかく、シーズン序盤のようにAlabamaにバカバカ点を取られるような試合ではなかった。それを受けて次戦となったNo. 16 Mississipi StateもQBへの圧力を強化。これもうまくいってAlabamaは今季最低得点の24得点。感謝祭週のIron Bowl No. 24 Aubrunも、SEC優勝戦のGeorgiaも同じことをしてくるはず。プレーオフでも同じこと。QBへの圧力で得点力が落ちるのも問題ですが、それよりも小型QBであるTua Tagovailoaの負傷の可能性が高まる方がより問題でしょう。
ただ勝ち負けでいうとシーズン序盤にそこそこ失点も多かったAlabamaディフェンスが締まってきているのでAlabamaオフェンスを3-4TDに抑え込んだとしても、それを上回る得点を叩き出せるチームがいるのか、ですね。