アメスポのスケジュールを見ていつも思っていることのひとつは、うまく試合スケジュールを組んでいるなあということがあります。先日のMonday Night Footballの全国放送でNew Orleans SaintsのQB Drew BreesがNFLのパスヤードで史上最高を更新。だいたいBreesが毎試合まずまずの成績ならこの日辺りでPeyton Manningの記録を捉えそうだなと数えてみればそうなのですが、それを前もってしっかり意識して人気チームとは言えないSaintsの試合をこの週に合わせて全国放送に持ってくる、その仕込みの確かさが素晴らしいなと。
NFLの場合、昨季の成績で対戦相手は自動的に決まる仕組みでそこはいじれないのですが、その順列は放映権を持つTV局の優先権などを元に決定されているわけです。担当者が優秀、よくわかってるんでしょうね。

次週のSunday Night FootballがKansas City Chiefs@New England Patriots戦。こちらはさすがに予想して組んだのではないと思いますが、結果として全国放送に注目の好試合が入ってます。現役で最高の成績を残してきているTom Bradyが、QB新世代Patrick Mahomes率いる全勝Chiefsを迎え撃つという好カードです。NFLナンバーワンQBの世代交代の象徴的な歴史の節目的な試合になるかも、という期待が高まります。

Mahomesは父親にMLB選手を持ち、Mahomesの幼少期=父がTexas Rangers所属時代にはAlex Rodriguezとも顔見知りだったそうです。A-Rodも子供だったPatrickとの会話まで覚えていて、フットボールの方が好きになったというPatrickに「野球だよ、野球が君の将来だよ」と言って野球推しをしたのだそうです。「でもあのときの俺の言うことを聞かなくてよかったよ」なんて言ってA-Rodは最近笑っていました。
別の話ですが野球の殿堂入り選手であるBarry Larkinの息子もNBA入りしてバスケで(Mahomesほどではないですが)成功。その逆もあるのかもしれないので一概には言えませんが野球のサラブレッド人材が野球以外に流れている例でしょうか。それ以前に野球の人でも自分の子供に複数スポーツをやらせるのが当たり前というところはアメリカっぽいんでしょうね。