Nebraskaが苦闘してます。今日もPurdue相手に敗戦して今季4戦全敗。昨季終盤の4連敗と合わせて8連敗。泥沼、同校史上最悪の連敗記録とか。次週は@No. 15 Wisconsin戦で9連敗となって連敗記録の継続必至か。その次の@Northwestern戦(現在1勝3敗)で連敗ストップできるのか。
ちなみにNebraskaが最後の勝ったのは昨年10月の@Purdue戦。ホームでの勝利は昨年9月23日の対Rutgers戦で、なんとNebaraskaのような名門校が丸一年以上ホームで勝利がないという悲惨な状態となってます。Nebraskaが今のAlabama並の絶対王者の地位にあった時代を知るものとしてはこの状態はなんとも寂しい限り。
OBとしてNebraskaのファン・関係者の期待を背負って採用されたScott Frost HCも連敗続きで試合後の記者会見でももう言うべき言葉が見つからない感じです。ディフェンスが毎試合崩壊の上に、今日はパーソナルファール5個とか。選手たちのメンタルも崩壊していないか?と心配になります。

昨年疑似全米制覇をUCFで成し遂げて勇躍母校への帰還。Nebraskaを再び栄光の時代へ導いてくれるはずと大歓迎で迎えられたFrostですが、さすがに苦しくなってきました。Frostがコーチ陣をまるごと引き連れてNebraskaに移籍したのに、コーチ陣総入れ替えになったUCFの方は全勝で勝ち続けけているのも、Nebraskaの状況をより悪くみせています。UCFはFrostなしでも勝ってる。今日もACC所属のPitts相手に完勝。リクルート力で劣るUCFの選手たちを全米レベルで戦えるチームに育てたという実績がFrostのNebraska再建への期待につながっていたはず。Nebraskaの威光は落ちているのは知っていましたがさすがにリクルートのレベルはUCF以上だったはずなんですけど、改善しません。



NebraskaのScott Frostと、UCLAが他校との争奪戦の末射止めたHC Chip Kelly。ともに大きな期待を背負ってシーズン開幕したのにともに未勝利。どちらがより悲惨かというと、UCLAも見どころが全然ない敗戦の連続でどちらもひどい。ものすごい低レベルでの比較になってます。UCLAも次戦はトップ10入するであろうWashingtonが相手。Nebraska、UCLAともシーズン初勝利、新HCの初勝利はもう少し先のことになりそうです。