Mike Troutは現在のMLBを代表する選手。2012年に若くして出てきた時期がBryce Harperと重なったこともあってよく比較されましたし、ともに将来MLB史上に残るような通算成績を残すのではと期待されました。現時点ではTroutの方がより万能とされており、Best player in MLBというとTroutでほぼコンセンサスがとれる。Harperの契約が今オフに先に切れ、Troutの契約は2020年までですのであと2シーズンあります。

と、そういう評価・常識が先にあって以下のコメントを聞いたので私はかなり驚きました。MLBの手持ち局であるMLB NetworkのトークショーでShohei Ohtaniの怪我問題を取り上げていた中で出てきた発言なのですが、曰く
「契約金額も格安なのに話題性ではTrout以上の選手。その上Anglesは向こう1-2年でタイトルコンテンダーになるようなチームでもない。1年のロスぐらいどうってことない」なんて言われていました。トミー・ジョン手術で大量の選手が離脱するのが常態となっている現在のMLBならではの見方でもあるでしょうが、驚いたポイントはそこではありません。

TroutよりもOhtaniの方が話題性が高いという発言。そうなのか!という感じでした。私は日本人なのでどうしても公平に見られないし、日本語情報もある程度入ってきてしまうので一般アメスポファンとは情報内容も違う。よってアメリカ国内でのOhtaniの露出力がTroutより上だという判断はしにくかったわけですが、アメリカ人MLBジャーナリストでもそう思うんだなあと感心しました。普通の選手じゃあないだけにMLBファンだけでなく一般スポーツファンへの訴求力があるという意味でOhtani効果の方が強いということなのでしょう。

以前にも少し触れましたがMike TroutがMLB最高の選手であるのに顔認知度が低いという事実があります。試合の時間帯が人口の多い東海岸に合わない西に所属する不利もあるしそれがTroutの非ではないのは確実ですが、実際問題として派手さは足りない。それと比較するとOhtaniの話題性が勝るという指摘なんですね。Ohtaniの普通じゃない活躍内容は西海岸での不利を超えているのか。おもしろいなと。

その続きでAngelsがTroutとの契約延長もできるかどうかわからないという話題もやっていました。Trout本人にPhiladelphiaに行きたい意向があるのだとかなんとか。Angelsには引き止める意思もあり、それを実現する予算上の余裕もある(現在Angelsの重荷になっているAlbert Pujolsの契約が2021年に切れます)のに引き止められない初めてのフランチャイズの生え抜きスーパースター選手のFA移籍例になるかもとのことでした。