カレッジフットボール三昧の三連休も終わり、いよいよNFLシーズン開幕へ向かいます。
NFL New York Jetsがこの春のドラフトで全体3位指名で獲得したSam Darnoldを開幕戦の先発QBとすると発表してます。21歳、これが予定通りに実現するとNFLの開幕戦での先発QBとしては最年少になるそうです。
確かにDarnoldのプレシーズンでのできは上々であったようですが、それでも思い切ったなという感じはします。Jetsの開幕戦がESPNでのMonday Night Footballで全国放送というのもこの判断に寄与している可能性もあります。人気チームとは言えないJetsはMNFに登場する機会は多くないですから。

新人QBで開幕戦先発というとMatthew Staffordがそうでした。当時のDetroit Lionsは前年に16戦全敗のどん底で、チームにとって光が必要な状態。結局その年は怪我などもあって10試合の先発となってます。その後の静かな活躍はNFLファンご存知の通りです。

フランチャイズにとっての光が必要な全敗チームといえばJetsよりも、Cleveland Brownsの方です。Jetsは不成績とは言え5勝11敗、シーズン終盤に1勝6敗と負け込みこの最終成績になりましたが絶望シーズンではなかった。一方Brownsの方はこれ以下はない絶望状態。その前年の2016年シーズンも1勝15敗、2季通算1勝31敗とStaffordを獲ったときのLionsをさらに下回るNFL史上最弱状態。
ではBrownsはドラ1で獲ったBaker Mayfieldを先発起用するか、というと一週間を切って未定です。Mayfieldのプレシーズンは好調、好評。昨季プレーオフに届いたBaffaloから獲得したTyrod Taylorがいるのでそちらの方が安定感は勝るものの、光という意味ではMayfieldなんでしょう。
ただBrownsの開幕戦の相手が地区ライバルPittsburgh Steelersなんですよね。一時期の威光は薄れているとは言えディフェンスに定評のあるSteelers相手にチームの将来の光をぶつけるのか、潰されたらどうなる、という論点もあるようです。またBrownsは昨年まで13年連続で開幕戦敗戦連敗中だそう。
Brownsは昨季未勝利でもがく中で、外野の罵声に応えて昨季のドラフトで獲得したDeShone Kizer(Notre Dame)を先発に起用して、結果的にはKizerを潰してしまったという経緯もあります。そのトラウマもMayfieldの早期起用に躊躇する原因になっているかと推察できます。
スケジュールを見ると第3週にJets@Brownsの試合が組まれています。怪我がなければSam Darnoldの方はその試合もスターターとして出てくることでしょう。そこまでの2試合でのTyrod Taylorのでき次第ですが、Taylorがそこまでにファンに光を見せられていないと、そしてDarnoldがそこそこやっているようだと、Mayfieldの起用圧力が高まりそうです。