いよいよカレッジフットボールシーズンの始まりです。いやー良いですね。
先陣を切って登場したのはAPプレシーズンランクNo. 21で発進したUCF, Central Florida Knightsです。昨季はAuburnをも倒して全勝でシーズンをフィニッシュ。前HCのScott Frostとそのスタッフはごっそり引き抜かれたNebraskaに移籍。古豪Nebraskaの復活を目指すことになります。そちらも大変気になるところです。
Frostの後を承けたのはJosh Heupel。カレッジフットボールファンにはお馴染みの名前だと思います。2000-01年にOklahoma SoonersのQBとして全米制覇を達成したあのHeupelです。あの年のBCS全米優勝戦は衝撃でした。当時歴史的絶頂期でハイスコアリングチームだったFlorida StateをOklahomaが完全蹂躙、13-2で勝利。2得点、つまりはあのFlorida StateがFGすら通せない大惨敗。あの試合はびっくりしました。FSUが手も足も出ない状態にされるとは戦前には想像もつかなかったです。今調べてみても当時の試合前のオッズはFlorida Stateが11点差で勝つと予想されていたようです。

そのOklahomaのQBだったJosh Heupelにとって初めてのHC職での出陣です。昨季の裏全米制覇時のQB McKenzie Miltonが三年生として今年もUCFのオフェンスをリード。ハリーアップスプレッドを自在に使いこなして開幕戦の相手のUConnディフェンスを敵地でズタズタにしてます。今これを書いている時点で42-10、まだ第3Qも時間残ってます。前職Frostの財産をそのまま引き継いだHeupel新HC、変に我を出さずにMiltonのリーダーシップに任せても今日の時点では問題なしですね。

Miltonは今年はハイズマン賞候補としての出陣。ハワイ出身で、AlabamaのQBであるTua Tagovailoaとは高校時代に対戦経験もあるそうです。Tagovailoaの方はまだAlabamaの先発QBになると決まったわけではないですが、そうなれば同じハワイ出身者によるハイズマン賞争いに発展するか。

UCFは昨季の全勝裏優勝があるだけに、今年も全勝ならCFPに残ってくるんでしょうか、どうでしょうか。今年のPower 5校との対戦はPittsburghとNorth Carolinaとの対戦が予定されています。