MLB NetworkでAL Cleveland Indians@Boston Red Soxの四連戦の第1戦を観戦。MLB Networkでは翌火曜日の第2戦も全国放送予定と力が入ってます。それぞれAL東、AL中地区でトップを快走中の両軍。プレーオフで再び顔を合わせるとするとその場はたぶんALCSとなります。
ALCSのプレビューとも言えるこの四連戦初戦。エース同士の先発なのもプレーオフ風決戦を思わせる試合。ClevelandはCorey Kluberが序盤に3失点するも粘って自軍の反撃を待ち続けて7回途中まで粘投して試合を作りました。メンタルの強さを感じさせる投球内容、投球態度がプレーオフでの活躍を期待させわくわくしますね。
対するRed Soxは既に15勝を挙げている勝ち頭Rick Porcelloが先発。4回までCleveland打線を抑えていたんですが5回から3イニング連続被本塁打で計5点献上、逆転を喰いました。ライトスタンドへ次々と消えていく打球を見送るボディランゲージが若干気にかかる感じか。
2点ビハインドの終盤に追うRed Sox打線がしぶとく食い下がったのもプレーオフぽくてよかったです。ClevelandのクローザーCody Allenから上位打線が1点を奪い1点差とする接戦となり、観戦としてはとても楽しめました。これだけ好条件が揃うとMLBのレギュラーシーズンの試合も心地よい緊張感を持って観戦できます。