サッカーMLSのオールスター戦が開催。今年はイタリアからJuventusがオールスターの対戦相手に選ばれての試合。今オフにJuventusに移籍したCristiano Ronaldoは事前に知らされていた通り出場してません。場所はNFL Atlanta FalconsのホームおよびMLS Atlanta FCのホームでもあるMercedes-Benz Stadiumに公式発表72,317人を集め、MLSオールスター戦の動員新記録となってます。
試合の方は1-1。PK戦で5-3でJuventusが勝利してます。
Juventus側はRonaldoが出てませんが、MLSオールスター側もゴールを量産しているLos Angeles GalaxyのZlatan Ibrahimovicが出場辞退してます。表向きはともかくどうもご本人はアメリカ大陸横断の旅をしてまで余計な試合に出たくないのと、Mercedes-Benz Stadiumの人工芝を嫌がったということらしいです。New York City FCのDavid Villaも出場辞退。オールスター戦辞退者はオールスター明けのMLSの試合一試合を強制欠場させられます。まあ成功者の彼らからしたらちょうど良い骨休めで、ペナルティにもなってないような。Ibrahimovicは先週末の試合でハットトリックを達成、MLSとしては珍しくスポーツニュースで何度もゴールシーンのビデオが流れていただけに、MLSの露出を考えるとこのタイミングでの欠場はもったいないですが。

2005年に始まった欧州クラブを招いて、MLSの選抜チームと対戦する方式のオールスター。今回のJuventusで欧州4大リーグの有名チームはだいたい呼んだ形になりました。イタリアからは2013年にRomaと対戦してますが、あれは当時Romaに米代表のMichael Bradleyが所属していたからという理由。昨年はReal Madrid、2014年にBayern Munichとも対戦済み。EPLからはMan U、Chelsea、Arsenal、Tottenham Hotspurその他対戦多数。ハーフタイムのMLSコミッショナーDon Garberが少し触れていましたが、さすがにこの欧州クラブとの対戦という形式も飽きがきたと判断したか、今後の形式変更の可能性に言及してました。昔ながらのMLS内の対戦、または隣国メキシコリーグのオールスターチームとの対戦、良いアイデアがあればなんでもやるよとのこと。

年々GarberコミッショナーのMLSオールスターやMLS Cup決勝でのインタビューがつまらなくなってきているのはどんなもんでしょうか。その昔、MLSが零細リーグだった頃はこういう機会でもないとコミッショナー自らの言葉で情報発信することができないのもあって、質疑歓迎、時間もとって大いに語ってくれたものですが、最近は喋りたくないかのごとく。昨季末のときは生インタビューすら避けました。今回は一応生ではありましたが、質疑の相手はアナウンサーただ一人で時間も短い。過去は元選手である解説陣からの答えにくそうな質問も受けて丁寧な受け答えをしていたのを知っているだけに、MLSの経営が安泰になったらファンサービスとしての質疑応答への意欲が落ちたのだなという印象です。例えばアメスポ上位カテゴリであるNBAのAdam SilverやNHL Gary Bettmanなどはいまもこういう場で時事問題を含めて時間をとって自分の言葉で語るのに、まだまだの規模であるMLSがこんなで良いのかなとも思います。なにか避けたい話題でもあるんですかね?一般選手の待遇改善問題辺りでしょうか?