MLBオールスターの前日の呼び物であるホームランダービーの参加選手が発表になってます。がっかり、びっくりのメンバーとなってます。本拠地開催のWashington Nationalsの主砲Bryce Harperは条件をクリア無事出場メンバーに含まれていますが、他が。
8人出場でNational League所属の選手が7名、なぜかAmerican Leagueからは1名のみ。何があった?と舞台裏を勘ぐりたくなります。AL側には今季ホームランで上位の選手や人気選手が多いのに出場するのはたった一人、Alex Bregman(Houston Astros)のみ。28本でMLB全体トップのJD Martinez、2位27本Jose Ramirez、3位タイ25本のFrancisco Lindor、Mike Trout、Aaron Judge、6位タイのManny MachadoとALのスター強打者たちが軒並み不参加。さらに今季Bostonを1番打者として牽引する22本のMookie Bettsやホームランダービーの顔のはずのGiancarlo Stanton、Nelson Cruz(22本)もいない。ちなみにBryce Harperは22本で、つまりはHarperと同じ本数かHarperより多く打っているALの選手がことごとく不参加なのです。ALで唯一参加するBergmanは19本(ALで13位、MLB全体で19位)。これはなんだ?という状況です。

どうやってオールスター戦を盛り上げるのかという話題を取り上げたばかりなのに、それどころかオールスター戦そのものよりも人気があったとも言えるホームランダービーが死んでしまいそうな事態です。どうすんの?という感じ。
これはMLBが露骨に地元のHarper推しにするのを感じ取ったALの選手たちによる集団ボイコット?Harperが選手仲間の間であまり好かれていないという話はときどき漏れてきますからそういう面の影響もあるのか?


話は若干ずれますが連想したのはNBAのオールスター前日の人気イベントだったスラムダンクコンテストに有名選手が出場しなくなって無名選手ばかりのイベントになった時期のこと。そのときはNBAはしびれを切らして数年後にダンクコンテスト自体を取り止めました。数年後に復活、その後は最悪の時期よりは一流選手の参加者が増えてますが、その昔Michael JordanとDominique Wilkinsの名勝負だとか、Shawn Kempが必死にダンクキングの称号を追った時期とか、Isiah RiderがEast Bay Funk DunkをかましたときとかVince Carterの時期とは違うかなあとも思います。ダンクコンテストはもうバリエーション的にはやり尽くしたという面が強いので仕方ないですから、ホームランダービーとは意味が違いますが。