日本期待のYuta Watanabe選手がSummer Leagueに登場。所属するBrooklyn Netsは他のNBAチーム同様に既に契約上のロースターが埋まりつつあり生き残りは至難ですが、とにかく与えられた機会を最大限に活かしてG-League入り(Nets傘下のままならLong Island Nets)の契約獲得を目指すことになります。
初戦の相手はOrlando Magic。TV放映はNBA TVで生中継。Summer Leagueは少数の注目試合などはESPN系列で、それ以外の試合はNBA TVが基本的に全試合を生または録画で放映予定。

試合の方ですが、注目の的はOrlandoがドラフトで全体6位で指名したMohamed BambaまたはMo Bamba。7フィート10インチ=240cmの驚愕のウィングスパンのセンターです。ドラフト6位ですがそのポテンシャルはこわいものがあります。ベンチスタートだったWatanabeは出場時間帯が合わずBambaとのからみはなし。
Watanabeは前年2017年ドラフトの全体6位でOrlandoに指名されたJonathan Isaacを1-on-1で守る機会が多かったんですが、正直完敗ですね。ケガで昨季あまり出場できずNBAでの出場27試合先発10試合というIsaac、この試合20得点でトップスコアラー。得点が全てがWatanabeの責任ではないですが、このクラスの相手だといろいろやられちゃうんだなあという感じです。試合のアナウンサーも「WatanabeはA-10のDefensive Player of The Yearですが、ここはA-10じゃないですからねー」とコメント。まさにそういう感じです。公称だとWatanabeの6feet9,205lbsに対して、Isaacは6feet10, 210lbsとなってますが遥かにIsaacの方が大きく見えるし、なのに大きい相手のその足についていくのが大変。チームプレーで簡単にシールドされたり。今日に関しては相手がNBA一軍クラスの選手、遥かに上の選手だったということでやむなしという感じではないでしょうか。第2戦以降のマッチアップに期待。今後も4番で継続的に使われることになるのか。急造チームなのでディフェンスでのスイッチが粗雑で、簡単にIsaacを自軍の2番の選手に渡してしまって簡単にスコアさせたのなんかは、誰の責任というふうに評価されるのか。
オフェンスの方では第3Qの終了直前の3ポインターはきれいに入りましたが、あとはちょっと。前半戦に打った3ポインターがハズレかかったのを味方選手がタップインしたかに見えたようなのがWatanabeの得点3点にカウントされたのを含めての3ポインター2本成功(アテンプト6本、33%)、それ以外はFG1本成功で計8得点。試合の終わりのときに落ちてきたリバウンドをプットバックするチャンスがあったのを大きく外した。ああいうのを決められるかそうでないかも評価に関わってくると思います。
今日の内容はGeorge Washington時代のプレーと比較すればまずまずの試合と言えますが、プロでの生き残りのアピールとしては弱い試合というふうに見ました。日本からの応援の一団がスタンドにいました。ご家族でしょうか。

という感じでWatanabeの挑戦はスタート。もしG-Leagueに加われた場合のこととして以下。
Brooklyn Nets傘下のG-LeagueチームであるLong Island NetsはNassau Coliseumで試合をしているようです。例のNHLのNew York Islandersの元のホームアリーナですね。その昔、現Brookyn NetsがNew York Netsというチーム名だった時代にホームとしていたアリーナでもあります。ABA時代やNBA初期には最上位カテゴリのチームの本拠だった場所を、今はそのファームチームが使用しているということであり、プロバスケットボールの歴史的な地位向上を感じさせる話でもあります。