4年に一度のラクロスの世界選手権が二週間後からイスラエルで開幕。それを前にして米代表の壮行試合を兼ねたMajor League Lacrosseのオールスター戦がESPNUで放送されていました。通常年はMLL内で戦うオールスター戦ですが、世界選手権年とあって2014年に続いて米代表対MLLオールスターの対戦。

ラクロスの世界は米代表とカナダ代表が圧倒的に強く、この二強から優勝国が出る。カナダ以外で米代表が試合全編を通して本気を出してかからねばならない相手はイロコイだけ。他の国の実力と二強との差は相当に大きいです。その下にオーストラリア、そして前回2014年のDenver大会で躍進したイスラエルやイングランド・スコットランドなどが追うという構図です。日本は世界選手権での最高成績が4位、前回8位。他国が実力を伸ばしているのが見えた前回大会から巻き返せるのかどうか。
そういう構図のラクロスの各国の実力とあって、このMLLオールスターとの壮行試合は実は米代表にとっては全力を開放して臨める大事な腕試しの機会なのです。MLLオールスターの方が世界選手権の本番で当たる各国より強いからです。

実際に試合も好試合となりました。第4Q、米代表が連続ゴールで圧倒、14-8としたところからMLLオールスターが巻き返し。試合自体はMLLルールで行われているため、世界選手権では存在しない2ポイントゴールなども含めてMLLオールスターが一気に追い上げ。最後は13秒残りで同点ゴールを決めて延長戦へ。サドンデスの延長戦もMLLオールスターが決めて大逆転勝ちで米代表を下しています。
米代表にとっても良い経験となる敗戦になったんじゃないでしょうか。

試合中には米ラクロス協会の会長がアメスポ市場でラクロスが地位向上していく上での課題なども述べていたりとなかなかに良い番組になっていたと思いました。現状のラクロスの最大の課題はリクリエーションとしてのラクロスクラブの増加が進んでいないこととしていました。技量を重視するタイプのクラブは過去10年間で大いに増えたけれど、もっと気楽に子どもたちが加われるような環境の整備がラクロス人口の伸長のためには必要だという点が強調されていました。
ラクロスはアイスホッケーほどではないにしても装備で親の負担がほかのスポーツ比で大きいのが不利という認識。ラクロスシーズンは春。アメスポ的には野球・ソフトボールやサッカーとシーズンがかぶる中、一時期もてはやされたラクロスのプレー人口の伸びも踊り場に入った模様。次なるステージにステップアップするための時期になっているようです。