NHL Stanley Cup Finalで王手をかけているWashington Capitals。今プレーオフが進む中、アウェイの試合の際に本拠地のCapital One Arenaをパブリックビューイング会場として満員のファンを動員してきています。第5戦はアウェイのLas Vegasで。その試合に合わせて今度もパブリックビューイングをやりたかったようですが、実は同日同時刻に女子プロバスケWNBAの試合が同会場では組まれていたため当初はそれができないかもとなっていました。

それがWNBAの試合の方を4PMから開始に繰り上げ、その後Capitalsのパブリックビューイングに会場を空けるということになったようです。NHLの方は8PM試合開始予定。平日4時の試合開始ではもともとWNBAの試合のチケットを持っていた人で観戦できない人もでたはずですが、同市のメジャースポーツにとっては26年ぶりの優勝の瞬間を大々的に祝う方が大事だという判断でしょう。さらにその後WNBAの試合は無料開放ということに決まった。既にチケットを持っている人は払い戻しまでして無料化するのだと。
そうなると会場での席取りを考えればWNBAの試合をやっている最中からCapitalsファンが大挙集結して満員になることが予想されます。そうなると記録上はWNBAの史上最大の試合動員記録になるかも。

これ、会場は優勝すればその場でグッズが飛ぶように売れる可能性が高く、また夕方から優勝決定まで長時間会場内にいる人たちは確実にメシ酒その他でかなりのカネを落とすというソロバンを弾くとWNBAの試合をまるごと買い取って押しのけるぐらいは構わないということなんでしょうね。それに素直に応じたWNBAもそれなりに儲かる条件が提示されたのでしょうからwin-winか。

それでもこの状況で大損をした人もいるようです。というのはWNBAの試合が無料開放となるという話が決定する前に、先にWNBAの試合が4PM開始となるというニュースが流れた。その段階でWNBAの試合のチケットが転売市場で暴騰、$500とか$1000とかで売られていたというのです。それを高値で買っちゃった人が若干名いたようなのです。パブリックビューイングで良い席を確保したかった人が。その後試合は無料開放と決まり、そういう席を高値づかみした人も額面分は払い戻しされることになりますが、WNBA Washington Mysticsの試合の券面価格は$20とか高くても$44とか。焼け石に水ですね。それでも良席は確保できたのだからいいのでしょう。そもそも一席に$1000を投じようと思う(それも本当の試合ではない)人はお金の余っている方でしょうしね、そういう方にとっては大損というほどの損でもないのでしょう。
いろいろおもしろいです。