今夜からNHL Stanley Cup Finalが始まります。第1戦は西のVegas Golden Knightsが東のWashington Capitalsを迎え撃って開幕します。

この両軍はGMつながりがあります。VegasのGMのGeorge McPheeは1997年から2014年までをCapitalsで過ごし、現在のCapitalsの主力のスターたちの多くはMcPheeが指名してきた選手たちで占められています。Capitalsの大エースであるAlexander Ovechkinもその一人。そしてMcPheeがGMになった初年度にCapitalsはStanley Cup Finalに進出しています。そして現職のVegasはリーグ参戦初年度にこれまたFinal進出に成功と、McPheeはGMとしてのキャリアで二度までのスタートアップの大成功を遂げたことになってます。
GMはあくまで背広組なのでCapitalsの多くの選手の特徴を事細かく知っているGMがいてもVGKが有利につながるとは言えませんが、どこかで微妙にシリーズの帰趨にこのことが影響してきたらおもしろいかもしれません。

表題の件。MLBのスーパースターWashington Nationalsの主砲Bryce HarperがStanley Cup FinalでVegas Golden Knightsを応援すると公言しました。Harperは生まれ育ちがLas Vegasなんですね。それでメジャースポーツ初のVegasのチームであるVGKのファンになるとシーズン前から言っていたわけです。HarperはWashingtonでMLBの若手スターになって7年目。Harperの出身地を知らないと当然WashingtonつながりでCapitalsの応援にまわることになるわけですが、リーグ参戦初年度のVGKと、レギュラーシーズン番長のCapitalsが勝ち進んでHarperにはつながりの深い二都市のFinalのカードになっちゃったわけですね。それでHarperがどちらを応援すると言い出すのか、それとも日和見でどっちも応援したいとか言い出すのか注目されていたんですが、その結論としてVegas推しするということを公言したわけです。
出身地とは言え新設チームで日本語風に言えばニワカファンです。WashingtonではCapitalsと同居して7年お世話になっているわけでVGKよりも所属選手同士で触れあう機会などは多かったんですが、Vegasと。

これうがった見方をすると今季終了後にFAとなるHarper。どうせFAでWashingtonからは出ていって縁が切れる可能性もあるので今Capitalsの応援なんてしても先がない。Vegasなら初年度から応援していたとずっと言える。だからVegasにしておこうという感じではないのか、もうNationalsから出ていくのはHarperの頭の中では既定路線なのでは、という話にもなるわけです。