すごい試合を見てしまいました。私、MLSは創設初年度から見ていますけれどこんなすごいレギュラーシーズンの試合を見たことはありません。リーグ拡張新チームのLos Angeles FCをMLSの老舗Los Angeles Galaxyが迎え撃った一戦。地上波FOXでの全国放送。
LAFCが好ゲームを展開して3−0とリード。守ってはすばやくGalaxyの選手を取り囲み、攻めてはアタックゾーンに入ってからのボールの出し先の選択肢を多数提供して、LAFCの方がGalaxyより人数が多いかのごとくの試合で次々と好機を演出。反応の悪いGalaxyを翻弄。試合開始5分で先制。2-0で折り返した後半の冒頭にも速攻で攻め込みオウンゴールを誘って3-0。ビジターが圧倒的に押しまくり。新チームなのに良いサッカーしてるなあと感心していたのです。

しかしホームのGalaxyが覚醒。前半の攻守に走ったツケが回ってきたのか時間を潰そうとしたのかスピードと圧力の落ちたLAFCをGalaxyが捉えて61分にやっと1点を返し、3-1。そこへ70分、今週加入が決まったばかりのZlatan Ibrahimovicが交代でin。満員のStub Hub Center大歓声。その直後にGalaxyの2点目が入って3-2。
そこからはスーパースターの独壇場。77分に豪快40m弾をIbrahimovicが迷わず選択して度肝を抜く同点ゴール。見ていて飛び上がってしまう、とてつもないスーパーゴールで3点差をGalaxyが追いつく。その直前のリスタートでLAFCのGKがペナルティーエリア外から蹴っていて、ゴール前に戻りきれていないのを念頭に即座にノートラップであのロングシュートに行く判断はともかく、そしてそれがど真ん中に長距離ミサイルのように叩き込まれた様は、もう、ね。モノが違うというスーパーデビュー弾となってます。
それだけで終わらず試合終了間際には再びIbrahimovicが頭で合わせて逆転ゴール、4-3。MLS史上二度目の3点差ダウンからの逆転勝ち。たった20分強の出場でスーパーゴールと試合終了間際の決勝ゴールを決める世界のスーパースターのスーパーデビュー戦になってしまいました。
エンタメ度抜群の壮絶な試合。この試合がどれほどのスポーツファンに届いたかわからないですが、こんな試合を見せられたらサッカーを好きにならずにいられないような試合だったんではないでしょうか。まあこんな試合はめったにないんですけど。