March Madness NCAAトーナメントの準決勝2試合が今日夕方から開催。第1試合となるLoyola-Chicago対Michiganの一戦が気になります。第2試合の方はNo. 1シード同士のKansas対Villanova。
第11シードとして史上4校目のFinal Four進出となったLoyola-Chicago。過去の3校は全て準決勝で敗退しているのですが、4校目のLoyolaが勝ち進む可能性はどうか。

今年のMichiganはシーズン前の評判はさほど高くなかったところから、好調だったライバルのOhio Stateを下してAPランキングで浮上。NCAAトーナメントでも前評判が高かったとは言えない中、順調に勝ち進んできたチームです。その戦いぶりは劣化Virginiaという感じ。史上初のNo. 1シードの1回戦敗退となったあのVirginiaに似たロースコアリングの試合を得意とするチームです。
Virginiaは鍛え込まれたディフェンスで激戦区のACCを勝ち上がり、APランキングでも首位、NCAAトーナメントのシードでも第1シードで登場しながら、シュートの当たりまくった第16シードUMBCを追う展開となるとオフェンスでの火力が足りず、そのまま大差で史上初の不名誉を記録することになったわけです。
そう。あの試合を見ているだけにMichiganをVirginiaに、LoyolaをUMBCに見立てて似た展開が起こる可能性があるように感じてしまいます。Loyolaはトーナメントに入ってからシュートが好調。最初の3試合は接戦の連続でしたが、地区決勝ではバカ当たりでUMBCの勝利を彷彿とさせる20点差前後のリードを保ってFinal Fourに出てきたチームです。そんな試合になるかどうかはわかりませんが、ありえなくないと期待させるには十分ではないでしょうか。

準決勝のもう一試合は本命校同士、Kansas対Villanova。どちらもカレッジバスケットボールの名門。四つに組んだカレッジの最高峰らしい試合が期待されます。この両校の勝った方が決勝戦でも勝つと予想されることでしょう。
ではMichigan x Loyolaの勝者にはチャンスがないのか。そうとも言えないのが今年のNCAAバスケ。VillanovaがSt. John'sにホームで敗戦した試合はご記憶でしょうか。Big East最下位タイでシーズンを終了したあのSt. John'sに当時全米ランクNo. 1、絶好調に見えたVillanovaが負けてしまったのです。試合はやってみなければわからないんですよね。
会場となるのはSan Antonio Alamo Dome。決勝の会場はあまりにも広くてシューターたちが目測を誤って修正しきれない場合がしばしばあり、実力を出しきれないような場合もあります。そういう特殊な状況もあり決勝も決してVillanova x Kansasの勝者が鉄板とは言い切れないかもなーと期待してます。