毎年すごい高校生が集まる伝統のバスケットボール高校オールスター戦=McDonald's All American Game。今年はまたすごいのが出場していました。各種の高校リクルートランキングで全米1位から3位の選手が揃ってDukeにこの秋進学する予定で、これに加えてフロアリーダーのPG Tre Jones(元Duke現Minnesota TimberwolvesのTyus Jonesの弟)も同時にDukeに入学予定。事前に来季のDukeのリクルートクラスは史上最強と教えてもらっていたので期待して見たAll Ameican戦でした。
2013年のKentuckyのリクルートクラスがカレッジ史上最強と当時呼ばれました。当ブログでも当時そのリクルートクラスが出場したMcDonald's All American Gameの記事を書いています。6人の5つ星リクルートを含む大評判だったクラスです。が、いまから見返すと当時のスターリクルートの面々、あまりNBAで活躍していないですね。Julius Randleぐらい。うーん。同年のAll Ameican Games出身者ではAndrew Wigginsが出世頭ということになります。

さて2018年版史上最強リクルートクラスはどうか。リクルートランキングで全米2位とされいたZion Williamsonというのがすごいです。これホントに高校生かよという厚みのあるできあがった身体と運動能力。厚みはPFの身体ですが動きはSFという。肝も座ってる感じでこいつが来季のDukeでコーチKの下でどれほど伸びるのか、末恐ろしいです。でもこれが2位って、もっとすごいのがいるのかよ、という感じの選手です。
リクルートランキング1位のR.J. BarrettはWilliamsonよりもオールラウンダー。Wlliamsonと一緒にDuke進学ということでBarrettがSF、WilliamsonがPF風に使われるんでしょうか。この才能ある二人が入れ替わりバスケットにアタックしてくるのが来季のDukeかぁ‥なるほどすごいことになるかもしれません。

North Carolinaに進学予定のNassir Littleが試合のMVPを獲得。上のDukeの二人のような圧倒的な才能というタイプではないですがシャープな攻守の動きで来季North Carolinaを背負って史上最強リクルートのDukeに立ち向かうのがこの男ということになるのでしょう。早くもDuke x UNCの伝統の一戦の次の試合が楽しみです。

他にもまだ進学先未決定のRomeo Langfordなど好選手がその才能の片鱗を見せてくれていました。ほぼ毎年のようにMcDonald's All American Gamesは見てますが今年のメンバーは例年以上にすごいように見えます。彼らはNBAドラフトで言うと2019年に1&Doneでエントリーしてくるであろう素材の選手たち。つまりもしGonzagaのRui Hachimuraが来季までNBAドラフトへのエントリーを伸ばした場合の競争相手の選手たちです。いやーこういうスーパー高校生を相手にドラフト順位を争うのか〜、来季残っても競争は激しそうです。
2019年の早出しモックドラフト各種を見てみるとR.J.Barrettが全体1位指名の本命なのはほぼコンセンサスがとれてますが、Zion Williamsonは全体5位とか9位とかかなりばらつきがある。えー、こんなすごい素材がそんな順位で取れちゃうのかと驚きます。ちなみに現時点でWilliamsonを9位としているこのモックドラフトではRui Hachimuraは15位とロッタリーピックぎりぎりの予想。他のモックで評価の高いところだとHachimuraに2019年全体5位なんていうところもありましたが、このAll American戦を見せつけられると、これを相手に全体5位指名とかが本当に実現できるならものすごいことだと思いますね。それも3年生で。この才能の塊のようなZion Williamsonより高い評価ってすごいですよ?そんな楽観ができるような相手には見えないですが。

なおZion Williamsonは試合の後半にフロアに変な形で手を着いて、たぶん親指の靭帯を伸ばしてしまったような感じで退場しています。大事に至らないと良いですが。