ESPNのスポーツトークの人気番組First TakeにWWEのTriple Hが出演するというので録画してまで見ました。タイミングとしてはあと10日ほどに迫ったWrestleMania 34の番宣なんでしょう。Stephen A SmithもMaxも牙を抜かれた呆けた内容で、わざわざ見た私にとっては物足りない内容でしたが、まあ仕組まれた番宣ですからこんなもんか。
以前にもご報告した通りCBS SportsがWWEのニュースをスポーツニュースの範囲内としてWWEの試合結果なども報道するようになっているわけですが、今回はスポーツ報道最大手のESPNもこのようにWWEの番宣とは言え取り上げている。なんていうんでしょうか、純粋なスポーツに飽き足らない視聴者が増えてるっていうことでしょうか。

ひとつだけおもしろかった内容としては「WWEの歴代のレスラーで誰が最大のスターでしたか」という質問への回答でしょうか。一緒に出演していたStephanie McMahon(Vinceの娘、Triple Hの嫁)はAndre The Giantを挙げ、Triple HはThe Undertakerという回答でした。

私、個人的にはThe Undertakerには思い出があります。私が渡米して最初期の頃にWCWの興行が近所に来たので見に行ったことがありました。そのときのメインはRic Flairで、ほとんどの出場スター選手は日本のプロレス雑誌その他で知っていたお馴染みの選手だったんですが、一人だけ見たこともない名前も聞いたことのない、しかし異形の大型選手がいたのです。それがその後WWEに移ってThe Undertakerになる彼だったんですよね。当時のリングネームは思い出せません。
その時代はスポーツも音楽もチケットが日本の感覚だとすごく安くて、そのWCWの興行もリングサイド最前列・フェンスに肘を乗せて見るような席でも安かったのでそれを買って見たんですけどなんか陰惨な顔したでかいのが来たなあ‥って見てたのです。まさに眼の前、汗の匂いもかげるような距離に立ってくれて見得を切る若き日のThe Undertaker。やーいまから考えたらあのとき写真の一枚でも撮っておけば良かったという。当然ながらその当時にはスマホなんて素敵なものはこの世に存在してません。
それが1年経ったか経たないかの頃にWWEデビュー。あ、こいつ見たじゃん、と。最初の頃はあの変なマネージャーが一緒であんまりキャラはかっこよくなかったのが、本人の圧倒的な存在感でいつしかスーパースターに。そしてTriple HをしてWWEの史上最大のスターに名前を挙げさせるような選手になったのですね。

ちなみにその夜のメインのRic Flairは場外戦を散々やってくれて我が目の前のフェンスを飛び越えそうな大立ち回り。どさくさに紛れてFlairの汗まみれの背中をペタペタ触ることができました。いやー最前列にして良かったなあと。
興奮冷めやらぬまま試合が終わって車に乗って帰ろうとしたときになぜか車内にいい香りがするのです。あれ?こんな香りのモノは私も同伴者も使っていない。どこからこの香りが‥ とそこで気づきました。それはハンドルを握る私の手から匂っているのです。つまり!Flairのコロンの香りってことですよ!触ったときは汗で濡れていたのが車内のエアコンで乾いて香りを発していたのです。これは盛り上がりました。そっかーこれがFlairのコロンなんだー!と。そして再びいやー最前列にして良かったなあと。