実質的にNFLドラフトのオーディションの機会となっているSenior Bowlが開催。ハイズマン賞選手としてはTim Tebow以来のSenior Bowl出場となったOklahoma QB Baker Mayfield、ドラフト予想で上位指名が見込まれるWyomng QB Josh Allenも出場しています。放送はNFL Netowrkで。NFL Netowrkでは今週同試合に出場する選手たちによる練習も公開・放映されていました。練習はなかなかに密度が濃く、ドラフトにかかるかかからないかのボーダーラインの選手たちにとっては得難い機会になったことでしょう。多くのNFLスカウトが集合して練習もそうですが、練習後には多くの面接が行われてふるい落としが行われたようです。数多いカレッジの試合では見過ごされがちな二部などの学校の生徒も奮戦していました。
NFLの今季のMVP候補であったPhiladelphia Eagles QB Carson WentzもSenior Bowlを経てトップドラフト指名候補にのし上がっていた選手ですし、Super Bowlに進んだNew England Patriotsの現在のロースターにも10名もSenior Bowl経験者がいるとか。誰しもが注目するスター選手ではないところに目をつけてドラフトの中位下位で好選手を拾ってくるのを得意とするPatriotsの選手選びや育成とSenior Bowlは確かに親和性が良いかもしれませんね。

期待のBaker Mayfieldですが試合の冒頭に2ドライブのみ出場。Mayfieldがあれだけ大量得点を叩き出してもプロのドラフト評価が上がらなかった理由はひとつは体のサイズ。NFLのQBとしては6フィートを僅かに超えた程度はかなり小さい。もうひとつはOklahomaのオフェンスラインが優秀で余裕を持ったパスプレーが多かったという理由です。この日のSenior Bowlではラインの戦いでMayfieldの北軍(Oklahomaなのに北軍?という疑問はなし)が破られ気味で第1ドライブは終了。第2ドライブではスクリーンパスなどで目先を変えてQBへの時間を供給しようとしましたが、ドライブは頓挫。どうも2ドライブ限定というのが当初からの予定だったようで消化不良のSenior Bowlとなりました。Mayfieldのドラフト株を上げる試合にはならなかったように見えます。カレッジでやっていないアンダーセンターのプレーを何度もやらされたり気の毒な面もありましたが、ちょっと圧力がかかるとパスの精度が悪いというように見えた、残念なプレーぶりとなりました。
一部のドラフト予想では全体1位指名もあるかもとされるJosh Allen。こちらはサイズはほぼWentzと同じ。ボールの初速は相当に速い。サイズがあるのにさらっとポケット内で縱橫に動いて相手に的を絞らせないのも好印象。スクランブルでサイドラインへのランも手慣れた感じで余裕。Allenのプレー時もMayfieldと同じくオフェンスラインはあまりがっちり守ってくれない中、いい感じでは投げているように見えました。前半はダウンフィールドで北軍のレシーバーが1-on-1でがっちりカバーされているプレーが多くてパス成功率の数字ではたぶんいい数字にはなっていないはずですが、後半に入ってからはカバーも悪くない狭いところへナイスタッチなパスが何度も通って最終的には9/13, 158ヤード 2TD。剛球を投げて良し微妙なタッチのパスも良しポケット内のセンス良し走って良しと、ほぼ満点のSenior Bowl出場になったんじゃないでしょうか。