(ラグビーリーグのことは以前から一度書きたいと思っていたんですが、アメスポじゃないですし控えてきましたが良い機会なので一項を設けます)


アメリカンフットボールまたはラグビーの試合中のプレー停止・ぶつ切りの問題を解決したスポーツとしてラグビーリーグがあります。ラグビーリーグは13人制のラグビーです。日本で行われているラグビーはラグビーユニオンで15人制ないしは7人制。同じラグビーという名称ですがルールはかなり異なります。19世紀後半に枝分かれしておりどちらも長い独自の歴史を持ちます。(アメリカンフットボールの成立も偶然ながらほぼ同じ時期です)

ラグビーリーグのルールは実はアメリカンフットボールと発想がほぼ同じと言っていいほど似てます。ラグビーリーグではフェイズ、アメリカンフットボールではダウンと呼ぶ攻撃権の制限がそれです。攻撃権を制限まで使って攻めて、ダメならキックで相手陣深くへ戦線を移動させます。

アメリカンフットボールとラグビーリーグの試合の流れでの最大の違いはタックルでボールキャリアが倒れてボールデッドとなったのあとのリスタートが即時であること。ほとんど試合が止まりません。ボール保持者がダウンした場合、保持者本人がボールをリセットしてそのままリスタート役をします(手は使えません)。アメリカンフットボールのように攻守22人が時間をかけて全員セットしたりしない。ラグビーリーグにはほとんどスクラムもない(ありますがユニオンのそれとは違う)のでそこで途切れることも試合中僅か。
ぶつ切りだから見にくいという(対アメフトに限らず)競技批判を聞くといつも「じゃあラグビーリーグ見たらいいのに」と思います。私の知る限り最も試合が止まらないスポーツがラグビーリーグなので。

ラグビーリーグ、ラグビーユニオンともに英国内にプロがあるんですが、でも人気があるのはユニオンの方なのです。じゃあぶつ切りだからおもしろくない、というのは言い訳なんじゃないかなあと思うんですけどどうなんでしょうか?

世界でラグビーリーグが最も盛んなのはオーストラリアで、優勝戦=NRL Grand Finalはときには10万人規模の観衆を集め人気。この試合は毎年アメリカでも地味ながら放送があります。