以前にも記事を書いたサッカーMLS Columbus Crewの移転問題。先日のMLS Cup決勝戦のハーフタイムに恒例のMLSコミッショナー Don Garberのインタビューの放映がありました。今回は録画で。以前はほとんどが生でインタビュー出演していたもんですが、なにか不規則質疑を嫌ったか。その中でColumbus Crewの移転問題にかなり時間を割きました。その件については硬く暗い表情を作ってColumbusの現状は厳しい手は打ち尽くした転出やむなしの方向と発言。来季2018年シーズンがCrewにとって最後のシーズンになる可能性が強まったということでしょう。ただGarberは役者なので危機感を煽って来季のCrewの地元動員が大きく好転する一助になればと考えている部分もあるような気もします。聞き手だったTaylor Twellman(元MLS得点王)は私と似たようなノスタルジーをCrewに感じているようで「初期のMLSの功労者的チームだったColumbusをなくすのか」と食い下がったんですがコミッショナーは「MLSのビジネスの基準が変わった(上がった)」とつれない返事。ビジネス上のどこが問題かについて述べる中でコミッショナーさらっと触れたのですが「企業セールスが伸びていない」ということを言ったのを私は聞き逃しませんでした。あー!と。

どこに合点したかというと、同市内にはアメスポ4大スポーツの唯一のチームNHL Columbus Blue Jackets(CBJ)が所在します。CBJが同市内にやってきたのはMLS Crew(1996)より後の2000年。ホッケーでの成績は伸びず弱いチームですが企業セールスではあっさりMLSやMiLBの先行地元チームを上回ってしまったとされます。ホッケーに縁があるような土地柄でもなかったはずですが、同市内唯一のメジャープロスポーツという触れ込みが効いたのと、アリーナでの環境のよい観戦環境が接待に用いられる企業セールスには向いていたということか。CBJ程度の成績でもこれぐらいの規模の都市でもとりあえずこのぐらいの利益にはなるという実例はNHLの今後のリーグ拡張を考える上でも参考になるところ。NHLのリーグ拡張についてはまた項を改めて論じてみたいです。


対するMLS Columbus CrewのホームであるMapfre Stadiumは屋根もなく、企業向けとなるであろうスイート席もオープンエア。3~12月がシーズンのMLSの観戦ではかなり寒暖厳しいでしょうから接待に不向き。NHLを含むメジャースポーツ会場のスイートのようなガラスで囲われ冷暖房完備の快適なものでも、入退室時の動線確保も含めて一般から隔離された美麗特別感のあるものでもない。Mapfre Stadium(当時はColumbus Crew Stadium)が開場になったのは1999年、まだサッカーがマイナーな時代でゴージャスな席の需要予測とか想像もつかない時代。先の見えない潰れるかもしれない赤字のプロサッカーのためにスタジアムを建てるだけでも大変だったのにスイート席もちゃんと作っただけでも当時は立派な判断だったはずなのです。あれからほぼ20年。MLSはこんなスタジアムじゃ企業セールスが伸ばしようがないからスタジアム建て替えてくれと市側に要求、嫌なら出て行くという話になってるわけですね。なるほど。言ってみれば後発のNHLに弾き出されたとも言える。
ただ一旦転出したとしてもMLSが同マーケットを完全に放棄することはまず考えられない。快適スイート席を大量に完備した新スタジアムとともにどこかの時点でColumbusに再参入してくるのでしょう。
ちなみにもし本当にColumbus Crewが出て行ってしまうとMapfre Stadiumは常打ちのメインテナントを失うことになる。Rock on the Rangeという毎年のサマーロックフェスがありますが、それ以外は単発イベントだけになりかねない。空き家になったら現在は同市郊外で興業しているプロラクロスMLLのOhio Machineが入り込むなんていうことがありうるのか。Rock on the Rangeはなかなかに賑やかで日本からはBabyMetalが来年も来るみたいです。BabyMetalは2015年にも同フェスに出演してます。

Columbus問題とはまったく別に、MLSは今後のリーグ拡張先として4都市の名前を挙げています。Columbusから近い同州内のCincinnati、Detroit、Sacramento、Nashvilleの四都市です。ここから二都市が当選予定。一番意外なのはDetroitでしょうか。SacramentoはメジャープロスポーツはNBA Sacramento Kingsしかないですから確かに狙い目。NashvilleはAltantaとの南部つながりの地域ライバルを作るのが目的なんでしょう。Cincinnatiは別途当ブログで報告済みですが、マイナーリーグサッカーで全米最大の動員をする昨年急浮上した謎の新サッカー都市です。