少し以前のことですが書き落としていたので。もう一ヶ月ほど前になりますが久々にハーリングを観戦する機会がありました。ハーリングはアイルランドの国技のひとつ(もうひとつはゲーリックフットボール)で、その荒々しさとスピード感が魅力のローカルスポーツです。ボストンFenway Parkでアイルランドからやってきた4チームによる簡易トーナメントが行われその放送がありました。本式のハーリングとは異なるルールで時間も短く、ゴールの形状も簡易版(上の部分なし)、スコアの数え方も特別ルールと物足りないところはありますがそれでも久しぶりに見られてうれしかったです。
以前は着用していなかったヘルメットの着用が近年は義務づけられて以前の野卑な感じが減ったのは残念ですが、選手の安全を考えれば以前のヘルメットなしが異常だったとも言えるのでそれは仕方ない。特別ルールでの試合でも選手たちの熱いプレーぶりは伝わる良い大会ではあったと思います。
ヘルメットも着用することになって見た目が北米産スポーツであるラクロスにさらに似た感じになりました。北米先住民族由来という成り立ちへの敬意もあってたぶんアメリカではラクロスが同系スポーツの中(ハーリングの他、フィールドホッケーなど)では優位を保地続けるであろうと思われますが、それはそれとしてハーリングは男らしいエキサイティングなスポーツで、マイナースポーツ好きの方がいらしたら是非一度ご覧になっていただきたいものです。アイルランドの方々に長く愛されているのもわかります。こういう人気ローカルスポーツは良いですね。