MLB New York Metsからおもしろい話が流れてきています。エース級以外の先発投手には基本的に打順三巡目は投げさせない、という投手起用とするという案があるとか。ここで言うエース級とはNoah SyndergaardとJacob deGromを指してます。Matt Harveyはとりあえずダメ組のようです。

これはなかなか斬新で面白い話だと思います。そんなことしてリリーフ投手の数は足りるのか?足りないならブルペンに先発型の投手を第二先発として置くようになるの?とか年間の先発投手の投球回数が激減するのは今後の投手のサラリー、ひいてはチームのサラリー構成全般に大きく影響するんじゃないのか?などさまざまな疑問は沸きます。

他方、MLBで懸案になっているあまりの肘の故障、トミージョン手術の続発、先発投手への身体への負担の軽減へのひとつの回答になるのかもしれません。MLBチームが先発型の投手を現在よりも多くロースターに置くようになれば将来日本型の6人制ローテということも実現できるようになるのかもしれません。

でも打順三巡目ってちょっと早いと4回、かなりきっちり抑えてないと5回には来ますよね。

言うだけで実際は実施できないかもしれませんが、とりあえず今はオフシーズンのネタ提供ということです。