昨夜カレッジフットボールのCFPランク発表がされたのはカレッジバスケのChampions Classicダブルヘッダーの間でした。No. 1 Duke x No. 2 Michigan Stateが第一試合、No. 5 Kansas x No. 7 Kentuckyが第二試合。どちらも大変見応えのある好試合となりました。まだシーズン序盤、昨今は強豪校は程度の差はあれどこも才能溢れるブルーチップ新一年生を先発に組み込むため、チームプレーが稚拙だったりすることが多いのですが、この日はそういう部分は目立たず。この四校の中では一番二年生以上の才能が高いMichigan Stateがさすがのボール廻しからの得点を重ねてアドバンテージを感じさせましたけれど、大会場でのビッグマッチに新一年生達も奮戦。それぞれのチーム・選手の高いポテンシャルを示して各校の今季の活躍を期待させるに十分なイベントとなったと思います。カレッジを1年で通過してプロになるいわゆる1-and-doneの選手たちもこの四校の中には多いはずです。誰がドラフトまでに抜け出してくるんでしょうか。

第一試合はDukeの最上級生となったGrayson Allenが大爆発キャリアハイ37得点でMichigan Stateを振り切って88-81で勝利。Allenは3ポイントラインから下がってNBAの3ポイントライン辺りの距離からどんどんシュートを決める場面も何度もあり。この一試合で評価は云々しきれませんけれどあの距離からのショットにこのオフシーズンに自信を深めたのだろうと思われます。最上級生、NBAドラフトを見据えて相当努力してきた様子が見えたように思いました。昨年の試合と関係のない余計なトラブルを忘れさせてプロ転向できるか。同じDuke出身で期待は低いままNBA入り、シャープシューターとして生き残ったJ.J. Redickのような存在になれるか。

Michigan Stateの二年生Miles Bridges。昨季後1-and-doneだろうと大方が予想した選手ですがカレッジで優勝したいと残留してきたBridges、この日19得点チームハイタイ(3人が19得点)。まとまったチームの中でもやはりエースはこの選手か。例年Michigan StateはHC Tom Izzoの手腕でシーズン終盤までに良く練られたチームを造り上げて来る感じのシーズンが多い(逆に言うとシーズン中かなり敗戦する)ですが、この日の試合は今年は序盤から相当に強そうです。BridgesがNBAキャリアを一年削って残留したその心意気も大事なトーナメントの一戦では生きる可能性もあり期待できそうです。この日はMichigan Stateのタイミングを計った技ありのブロックショットも多く目立ちました。

第二試合はKansasがメンバーを欠きながら65-61でKentuckyを振り切り。Billy Prestonが自動車事故を起こしたとかでこの日はチームが自主的に出場させず。Prestonはシーズン開幕戦も授業に遅刻したという理由で出場させてもらえず、とKansasには珍しいトラブル型の新入生のようです。どうも自動車保険に入っていなかったとかそういう話っぽいです。試合の方はファーストブレイクでの失敗多発などいただけない部分もかなりありましたがなんとか試合をまとめて勝ちきり。シュート成功率35%で良く勝ちましたね。Kansasも今年もやってくれそうです。

シーズン冒頭バタバタしていた新入生多数のKentuckyがシーズン三戦目のこの試合では躍動。ポテンシャルの高さを示した試合になったと思います。とにかく全員サイズがある。この前までのマイナー校相手では圧倒的なサイズの差でなんとか勝ったような試合ばかりでしたが、この日強豪校のKansasの選手と見比べてもまだスパンの長さが目立つ、サイズのアドバンテージがくっきり。HC Calipariがハーフタイムに不満を表明していたリバウンドでも後半は健闘。Kentuckyの新一年生たちは現時点で横並びで誰がシーズンが進む中でエースとして浮上してくるのかまだ見えないんですが、そういう得点源エースの働きをする選手が出てくると一気にパワーアップしそうではあります。