サッカーの世界がW杯予選で盛り上がる中、アメスポ専門当サイトは別のサッカーの話をしてみたいと思います。アメリカプロサッカー二部NASLの優勝決定戦=Soccer Bowlが日曜日にありました。NASL参加初年度のSan Francisco Deltasが2-0でNew York Cosmosを下して初優勝しています。Cosmosは三連覇に失敗。放映はBeIN Sportsで地味に。場所はSan Franciscoの地元、Kezar Stadiumで9,600人という観衆を集めています。発足初年度でのこの数字はチケットの値段が安いにしても立派なものかと思います。シーズン中の同チームの平均動員はリーグ最下位の2,575人とか。

Kezar Stadiumというのはアメスポの歴史上では由緒正しいスタジアム。その昔NFL San Francisco 49ersもCandlestick Parkに移転する前にホームに使っていたスタジアムで、他にもAFL時代のOakland Raidersも使用、最近ではラクロスMLLや数々の男女マイナーリーグサッカーチームもホームにしてきた同市のスポーツ憩いの場に近い存在でしょうか。

試合の方は前半戦に混戦からCosmos GKが攻撃の選手を倒したと判定されたプレーでPK、Deltasが先制。後半は守りを固めるもしっかり統制が取れた守りを続けたDeltasがCosmosをほどよく押し返し、決定機をほとんど与えずに守りきり。試合終了間際に2点目を決めてそのまま試合終了。プロスポーツには珍しく観客がスタンドからフィールドに次々と降りたって地元の新チームの初優勝を祝うというアットホームな、なかなかの盛り上がりのフィナーレとなってます。試合のレベルは悪くないと感じました。

二部NASLの今季の平均観客動員は4,500人弱と発表されています。二部ですからこんなものか。NASLの稼ぎ頭はIndy Elevenで試合平均で9,000人弱という数字が。地元以外は誰も知らないマイナーリーグサッカーで9000人をコンスタントに集めているのは地味にすごいような気がします。

しかし実はこれ以上に動員をするマイナーリーグサッカーチームがあるのはご存じでしょうか。USL所属のFC Cincinnatiがそれです。2017年のホームでの動員がなんと21,000人超という、MLSも羨むとんでもない数字を残しています。

ここはおもしろいですよ。ホームはCincinnati大のフットボールスタジアムNippert Stadiumを使用しているんですが、これがビッグマッチになると満席になります。ほぼ無印のところから突然人気になり、いまアメリカサッカー界で注目の熱いサッカータウンと化しています。女子の代表もこの夏に初めて同地で親善試合を開催、めちゃめちゃ盛り上がっていて、大観衆に馴れているはずの女子代表も「今日は雰囲気最高で楽しく試合できた」と試合後語っていたほど。

FC Cincinnatiが始動したのは昨年2016年から。当初はチケット全席$5、Cincinnati大の生徒なら$2という激安でスタート。なぜかこれが当たって動員絶好調。2017年は$10と倍の値段になったんですがそれでも動員は衰えず。その上その大観衆の声援に応えてチームは謎のUS Open Cupでの快進撃。MLS同州内のColumbus Crewをホームで撃破。続いてMLS Chicago FireもこれもホームでのPK戦で倒して結局全米準決勝まで勝ち進んでしまったのです。準決勝もMLS New York Red Bullsを相手に延長戦2-3で惜敗。MLSチームを迎えた試合はどれも3万人超を動員。

特に対Chicago Fire戦はTVで私も見てたんですけど、大変な試合でした。とにかく走る、対人で踏ん張る。声援に押されて気合いで試合してるわけです。技量に勝るはずのMLSチームが次々と気合い負け。PK戦では奇跡のセーブが続いてホームチーム激勝、観客熱狂という、こんなサッカーの試合、アメリカじゃMLSでもないよという感じの凄い試合になってしまいました。以前も報告したことがありますが、MLSチームのホームでのUS Open Cup戦なんて冷めまくってますから。

その日の相手のChicago Fireには元ドイツ代表元Bayern Munich Bastian Schweinsteigerが所属していまして、PKでもSchweinsteigerが三番目に出てきて、Fireにとっては唯一のPKを決めたんですけれど、彼が出てきたときのとてつもない違和感は凄かったです。あの、あのSchweinsteigerが、なぜアメリカの地方都市で新興セミプロのGKを相手に必死な顔してPK決めてんだよ?!という。これはすごいことになったな、という感じでした。 FC Cincinnatiの所属するUSLと、昨日決勝のあったNASLは現在では共に二部扱いで上下関係も入替もなにもないです。マイナープロサッカー、一般の知らないところで盛り上がっているチームもある。こういうスポーツ観戦文化の幅広さもアメスポの魅力のひとつでしょう。とてもおもしろいと思います。