日曜日のNFL、いろいろあったんですが個人的に盛り上がったのはSan Francisco 49ersとNew York Giantsのタンク合戦です。試合前の段階で49ers 0勝9敗、Giants1勝7敗。これにCleveland Brownsが0勝9敗とこの3チームでドラフト指名権争い。Giantsがこの日敗戦したことでGiantsが49ersと指名権争い2位タイに浮上したことになります。

タンキング=故意の敗戦はここ数年バスケNBAでも話題になりドラフト改革に繋がりましたが、NFLではまだタンキングは有効です。最下位イコール全体1位指名権ゲットです。(NBAは元々くじ引き。最近の改革でくじ引きの確率を再調整)

この日の試合がこの最下位争いでの唯一の直接対決で、Giantsがうまくやったことになりますが、Clevelandが堂々全敗でシーズンを終える可能性は否定できず、Giantsは2位を確保できればハッピーという感じか。そもそも負け馴れているClevelandならともかく、辛辣なNew Yorkというマーケットでこれほど負けまくって、それがタンキングだとしてもそれほど来年のドラフトで獲りたい選手、ファンが納得するような選手がいるのかどうか。

カレッジシーズンを見ている限りは今季のQBは明らかに不作。試合に直接のインパクトを残すLBやDEに逸材がいるわけでもない。負けまくっている下位3チームに一人ラインの好選手が入ったところでどうなるものでもないでしょう。誰を獲りたくてタンクしているのかよく見えません。もう既にやけくそで「何のために」という目的は消えてドラフト順を上げるという手段が目的化しているのか。

もちろんCarson Wentzのようなカレッジの試合を見ていただけでは全く無名の選手がドラフトの穴、その後大化けとなる可能性もありますが、その場合はドラフト順というよりスカウトの見る目、育成の方が大事になりそうで、Clevelandほどスカウト・育成という言葉が似合わないチームも珍しく、ドラフト順だけ上げてもどうしようもなかろうという気がします。Giantsはその辺ひょっとしたら自信を持っているのかもしれませんが。