MLBもシーズンが終わりストーブリーグの方へ移行。日本がらみではYankeesのMasahiro Tanaka投手があっさりオプション行使を諦めFA回避、Yankeesに残留してます。次期監督は決まらないのでそれは少々不安要素でしょうが、今年のYankeesの若手選手たちの躍動ぶりを見たらTanakaのここからの契約の残り三年間は希望に溢れたシーズンになるでしょうから無理な移籍を画策することもなかったのでしょう。


MLBとともに春秋シーズンのメジャースポーツというとNASCARです。NASCARはプレーオフが進行中、次々週がシーズン最終レースとなります。シーズン終了を前に早くもオフシーズンネタが出てきました。女性ドライバーとしてNASCARで揉まれていたDanica PatrickがStewart-Haas Racingの10番の車を失うことが決定したようです。

2012年からNASCAR参戦、今年で6シーズン目。成績の上昇は見られず今年のドライバーズランキングで24位。これが過去最高タイ。メインスポンサーだったGo DaddyがDanicaから降りたのが一昨年ですか。その後は年間スポンサーなしで納税時期に税務サービス企業のロゴを付けて走ったりとマイナー感いっぱい。今年35歳。メディアへの露出もすっかり減って、忍耐強いと評判のオーナーのTony Stewartも見切りを付けざるを得なかったんでしょうね。結局NASCARの男の世界では成功できなかったという結果になってしまいました。

まさか以前に噂されたF1転向なんていうのももうこんな落ち目では無理でしょうし。(そちら用のサプライズ参戦にはJeff GordonとかEarnhardt Jrとかもっと適役がいますし)